トップ of Central Sun Ascension Report

スピリチュアル先祖供養

今年もスピリチュアル先祖供養を行ないます。元々、「お盆」はインドの盂蘭盆会(うらぼんえ)がモトになっており、お釈迦様の弟子である目連(もくれん)が神通力を身につけ、亡くなった母親の死後の世界を調べていたら「餓鬼地獄界」で苦しんでいました。目連がいくら食べ物などを送っても母親の目の前で灰になったり凶器のようになったりして、母親は空腹のままでした。

 目連がお釈迦様に相談したら、同じような状態の人に奉仕をすること、と言われました。ちょうどそのころ、修行者たちは雨季の前の修行を終えて戻ってきたので、行者たちに目連が食べ物などを用意してあげたら、修行者たちが大変に喜び、その喜びが母親に届いて母親が救われた、と言われています(諸説あり)。この雨季に合わせた修行を終える日が7月15日でした。

7月15日というのは単にインドでの雨季の時期であり、地域差があります。日本では旧暦の7月15日に合わせていましたが、江戸時代、参勤交代が広がると、江戸でのお盆と地元に帰ってからのお盆の2回、行なうようになり、7月15日と8月15日になりました。しかも日本では、神通力のある人が供養する、ということはしていません。逆に死者をお墓に閉じ込めたり、家の中に閉じ込めたりしています。

 昨年、本当のスピリチュアル供養を行なったのですが、とにかく疲れました。はじめ10人ちょっとと想定していましたが、希望者が増えていき、最終的には40人ぐらいになりました。時間も想像以上にかかりました。依頼者の39人のうち、人間に憑依していたのが10人、お墓や土地に縛り付けられていた人が16人であり、あの世にも行けていない人が67%で した。日本独自に発達した仏教の悪いところばかりが受け継がれている感じです。

 今年のスピリチュアル供養はかなり工夫します。昨年、先祖供養した「ご先祖様」は今年はできれば遠慮していただければと思います。というのも、人間世界からみれば1年ですが、地獄界の住民たちからみればおそらく数日~数週間です。まったく時間が経っていない人(!? 靈)もいるでしょう(無間地獄)。そんな頻繁に行なっても「ムダ」な人もいます。人間世界でいえば、10分おきに御馳走が届けられるようなものです。でもどうしても気になる、という場合は受け付けます。

 今年も一人あたり2人までの先祖供養に限定します。昨年、供養できなかった人を今年、やってみてください。供養そのものは8月にしようと思っていますが、8月もすでにいろいろ日程が詰まっているので、7月~8月のあいている日をうまく使って、供養していきます。結果的に、7月~8月は休みなしの日々になりそうなので、合間を見て行なっていきます。実際の受け付けは7月以降です。



第2波がくる !?

 東京での感染者数がなかなか「0」にならないのにもかかわらず、緊急事態宣言が解除され、段階的に自粛がゆるやかになってきています。感染者数もまた増えだしてきました。もし第2波なら、ちょっと気がかりですね。6月には普通に戻っているかな、と思っていましたが、どうやら夏も自粛中かもしれないです。

 緊急事態宣言の解除が早すぎるという意見もあります。確かにそうですが、東京はとにかく地価が高い。普通の住宅用マンションでも、ほんの2LKで月に15~20万円、ましてや事業用なら月に数十万~数百万円、複数の店舗をもっていたら数百万~数千万円になると思います。新型コロナウイルスで死亡する人より、お金がなくて自殺する人の方が圧倒的に多いでしょう。原因がコロナウイルスであったとしても、結果的に無収入で一家が路頭に迷う人の方がはるかに多いのです。とにかく事業を活性化させないと、東京は死んでしまいます。本当に、「コロナウイルスと共存する」という、受け入れたくない現実を乗り切るしかないようです。とにかく、皆で生き残りましょう。

 でもやはり東京はヤバイ。夜の歓楽街、20代、30代の若者たちに注意しましょう。



※新型コロナウイルスの感染において、アーガルタン/セントラルサンにおいては、7月も夜の交流会や瞑想会を自粛します。セミナー日程も自粛版になります。予約していた方はご確認をお願いします。原則的に少人数制か、延期、中止になっています。一部、Zoom版でも対応していきます。



特別セミナー「光の日本人の目覚め」:7月24日(金) 11時~17時  第四密度・光の五次元世界における日本人の役割を学びます


覚醒セミナ-レベル1初級:7月16日(木)[11時]
覚醒セミナ-レベル2初級:7月19日(日)[11時]、8月6日(木)[11時]
覚醒セミナーレベル3初級:7月28日(火)[11時]
覚醒セミナ-レベル3上級:7月27日(月)[11時]
覚醒セミナ-レベル1上級:7月11日(土)[11時]、7月29日(水)[14時半、後半部のみ]
覚醒セミナ-レベル2上級:7月27日(月)[11時]、9月5日(土)[11時]
覚醒セミナーレベル4初級:8月7日(金)[10時半]
覚醒セミナーレベル4中級:7月15日(水)、8月26日(水)[茨城]/8月31日(月)[東京、要確認]
覚醒セミナ-レベル3初級~3上級:8月20日(木)~23日(日)[札幌]


金剛靈氣初傳:6月18日(木)[11時]
金剛靈氣奥傳:6月16日(火)[11時]
金剛靈氣療法上傳:8月27日(木)[11時]
金剛靈氣療法奥傳:9月23日(水)[11時]
金剛靈氣秘傳1:8月4日[11時]
金剛靈氣療法外傳1:7月5日(日)[茨城]、7月8日(水)[11時]
金剛靈氣療法外傳2:9月30日(水)[11時]

聖白色同胞団第一儀式:7月23日(木)[11時]

密教セミナー1:8月5日(水)[11時] 新規開講!!
密教セミナー2:9月16日(水)、9月26日(土)[11時]
密教セミナー22:7月1日(水)[11時]
密教セミナー13:7月26日(日)[11時]
密教セミナー14:8月30日(日)[11時]
密教セミナー19:9月6日(日)[11時]


チャネリング講座6:7月6日(月)[11時]

ユニバーサルカバラ3:8月29日(土)[11時]

月例セミナー「新たなる宇宙意識」:7月20日(月)[満員です]、21日(火)[Zoom版] 

横田滋さんの御魂、浄化供養しました


2020年2月時点で、聖白色同胞団第一儀式受講者は740名(アデプトプログラムを含む)、カバラ1受講者は473名(+再受講104名)、カバラ4修了者は353名(+再修了96名) です。


part 1木村花さんの自害において

 SNSによる誹謗中傷に耐え切れず、自害した木村花さん(元女子プロレスラー)。彼女の魂の浄化・供養にはまだ早すぎるので、しばらく様子をみてから挑戦しようと思います。この事件をスピリチュアル的に見たとき、誹謗中傷した不特定多数の人はカルマを背負ったのか。本来、自殺は本人だけの問題であり、人生の流れとしては、自殺したくなる精神状態に追い込まれるところまでは計画的ですが、実際に生命を自分で断つという現実はつくられていません。それを乗り切り、最後まで生きるという風に計画されています。そのため、自害してしまうと、まだ人生の計画が終わっていないために死後の世界に入ることはできず、地縛霊となってその場に残ってしまいます。ただあまりにも執拗な誹謗中傷だと、「殺人」的な死になり、誹謗中傷した側にカルマが発生することも考えられます。皆さんはどう考えますか。

宇宙に聞いたら、とんでもない答えがきました。「本人が本当に正しいと信じていたら、カルマはつくらない」とのことです。善悪の判断基準において、「正しくないこと」を行動したらカルマになりますが、正しいと心の奥底から信じていたら、カルマにはならないとのことです。確かに、昭和のころ、アフリカのある部族では人肉を食べていました。でも昔からの普通の慣習であり、その部族の人は誰もカルマを作っていないのです。また、昨年のメッセージでも、「間違ったことをした場合、カルマによって間違った行為をした場合はまたカルマをつくるが、単に未熟で間違った場合はカルマにはならない」と言われました。カルマになるかどうかは知性の発達レベルも関係しているようです。

SNSでの不適切発言において、本当にひどい書き込みでも、調べたら小学生であることもあるそうです。匿名などの書き込みでは、小学生が大人のフリして背伸びをするんでしょうね。でもこれらのマナーなどを教えるのは大人の責任だと思います。また国自身も問題があると思います。日本はこういうIT関係のルールづくりが特に遅く、野放し状態といえます。無知な小学生が、悪いことと思わず、正直に書き込んでいたのであれば、カルマは発生せず、単に自害した、という状態になります。実際には多数の書き込みがあり、また事件後、アカウントを消して逃げた、とも言われており、罪の意識はあるようです。その場合はカルマが発生しているでしょう。

ところで「心から正しいと信じていればカルマは発生しない」のところですが、では本当に「殺人」でさえも、正しいことと信じていたら、そのカルマは発生しないのでしょうか。大きなテーマになります。本当に大きなテーマです。ぜひ、皆さんも考えてほしいテーマです。答えを知るより、自分でぜひ、考えてほしいテーマです。1週間ぐらい考えてから、次の行にいきましょう。

真剣に考えましたか。もしちゃんと考えずに、ただ読み続けていくと、アホな第三密度の人間になってしまいますよ。ちゃんと考えましょう。

...そして1週間後...

本当に考えてから、次に進んでほしいです。先ほど、「知性の発達レベル」という言葉を使いました。小学生レベルでは中学生の課題はカルマにならない、ということです。今、大部分の人類は第三密度の学びを行なっており、正邪善悪の判断力を試されています。この正邪善悪のレベルでカルマが発生し、間違ったことをした場合、再体験させ、正しく行動できるまで、カルマは何度も戻ってきます。

不条理な言動のとき、「本人が正しいと信じて行動した場合」、行動が間違っているのではなく、「正しいと信じている基準」が間違っています。基準が間違っていても、本人が正しいと信じていれば、カルマにはなりません。たとえば、お彼岸やお盆、何の効果もありません (^-^;イイタクナイケド でもそれを信じている人は、何もしないとカルマが発生します。信じていない人は何もしなくてもカルマは発生しません。でもそれで生命を奪ったりしたとき、本当にカルマは発生しないのか。

思考や行為などよりも上位のレベルに「信念」があるのです。信念のレベルでのカルマです。つまり、私たちの認識からみておかしいことでも、皆が信じていれば行為のレベルではカルマは発生しませんが、その上位の「信念」のレベルでカルマが発生するのです。しかしこれは第三密度の人間では学びのテーマではないために、カルマとして人生に入ることはないでしょう。ただ宗教家や靈的な学びをしている人はこのレベルのカルマを体験している人もいるかもしれません。

part 2:神々の闘いとは

信念のレベルのカルマに話が及んだ時、ふと思い出したものがあります。アメリカ人の書いた書物だったと思いますが、キリスト教の神についてのストーリーです。ある星の人類の進化を宇宙から見ていた宇宙生命体が、人類が第三密度のレベルまで進化してきたとき、その星に降りていって、その星を大混乱の状態にまでもっていきました。人類は絶望と挫折の日々を送ります。と、その時、キリストなる者が現れ、人々を救い、救世主となってその星の住民を救うことができました。救世主は神として崇められ、永遠に語り継がれています。

アセンションした者たちは集団で次の星を探します。そしてまたどん底にまで落とし、絶望のさなか、救世主が現れ、その星の住民を救い出します。そしてまた次の星へ。これを延々と続けているのがキリスト教のメンバーです。彼らはそれを正しいと信じており、信者はカルマをつくりません。そしてこの地球にもやってきました。

ここまでは本で読んだ内容です。でも part1での「信念は第三密度のカルマにはならない」というメッセージのあと、ひょっとしたら、仏教やイスラム教、共産主義、社会主義など、こういうイデオロギー、宗教はすべて「この宇宙における異なる信念体系」をすべて地球にもってきたのではないか、と感じたのです。この地球では、いつ、どのようにして発生したのか、キリスト教、イスラム教、共産主義、社会主義、自由主義、資本主義など、異なる多くの信念体系が存在しています。もともと、この地球はこの宇宙のさまざまな人間を集めた、と言われていますが、実際には宇宙のさまざまな信念、イデオロギーが集まっているのではないでしょうか。過去にあったオリオンの戦いなど、すべてこの信念の対立から起こされたのではないでしょうか。

しかも正しいと信じているそれぞれの信者たちはカルマを作りません。指導者や神のレベルに位置する人がカルマをつくっているのでしょう。異なる信念体系、イデオロギーをすべてこの地球に集め、もしこの地球でうまく共存できるようになれば、素晴らしい星となることができます。どうやって実現しますか。

やはり日本人がカギです。日本ではすでにキリスト教も仏教もイスラム教も無宗教も、普通に生活できます。年配者の中にはまだ違和感を感じる人もいるようですが、いずれ消えていくでしょう。日本で、多宗教や無宗教、異なる信念体系が共存できるカギは何でしょう。もう答えはいいません。自分で、真剣に考えてみてください。それが地球を救い、宇宙を救うのです。第四密度に入った途端に、すぐに第四密度の学びがやってきました。皆で頑張りましょう



加速化するスピリチュアルティーチャーの幼少化

 「かみさまは小学5年生」「宇宙人は小学3年生」と、スピリチュアルティーチャーの年少化が進んでいます。セントラルサン/アーガルタンでも、和美さんが生前、かわいがっていたK君が今年、小学生になりました。K君も生まれる前のことをちゃんと覚えています。神さまの世界にいて、隣の神さまのところでずっと寝ている龍神がいたので、神さまに「起こさなくていいの?」と聞いたそうです。そうしたら神さまは「自分で起きるまでそのままにしておきなさい」と言われたそうです。

 そしてK君は人間になって生まれることになりました。生まれてきたら、お母さんが、あのとき寝ていた龍神だったのです。つまり、K君が「起こさなくていいの?」と神さまに聞いた時に、すべての計画が始まったのですね。天界で目覚めるには時間がかかるのですが、人間になると早く進化します。「起こさなくていいの?」と聞かれたとき、神さまはこの龍神を人間として生まれさせ、K君からいろいろ教わって目覚めるように仕組まれたようです。この部分、K君親子の了承を得ずに、勝手に書いちゃいました m(__)m   昨年のキリスト意識のところで紹介したK君がこの子供です。当時はまだ幼稚園でした。
富士山.jpgK君が描いた富士山と龍神たち太陽神様.jpgK君が描いた太陽の神様
 先日も、交流会の人間と神さまの話の中で、私が「神さまが人間になるとき~~」と話していたら、すかさず、K君が「違うよ、人間が神さまになるんだよ」と言ってきました。またセントラルサンには、亡き和美さんの写真がいくつか貼っていますが、「写真があるとクロクロが集まってくるよ」と言われちゃいました。

 最近の情報としては、「金正恩はほとんど死に体。北朝鮮もほとんど死んでいるようなもの。後継者は金与正... トランプの次期当選はない。安倍首相はすごい頑張っている。いずれ安倍昭恵夫人の意見の云々でトランプと意見が割れ、手を組まなくなる。世界も安倍首相に味方する」とか。小学1年生の言葉なので、信じるか信じないかは…… なお、このような予言めいた情報は、皆が信じると宇宙は外す方向に進みます。一人の特別な予言者のような人をつくることを避けており、わざと外れるように仕向けていきます。したがって本気にしないで、流し読みしましょう。

 セントラルサンに来ている方々は、有名になろうとかお金儲けしようとか考えている人はほとんどいないので、K君の宣伝の仕方が分かりません。といっても、まだ小学1年生になったばかりなので、つぶされないようにしないといけません。クラリオン星人はかなり強いパワーですけれど、K君は純粋で、すぐに壊れそうです。そのため、大事に大事に、ていねいに育てていこうと思います。今は、K君の支援隊の方々で、報告をしています。今後、「天使は小学1年生(けいちゃん天使)」もご支援をお願いいたします。


約束された真のライトワーカーの世界

2012年12月に始まった7年間の「人類の進化サイクルの切り替え」が2019年末にほぼ終了し、2020年から新しいサイクルに入りました。ただ、まだ魂の1割程度が第三密度か第四密度か試験中であり、もうじき地球人類の全員がどちらかに別れていくでしょう。

ただ第四密度へアセンションした人でも、実際には10程度の進路があり、その振り分けは現在進行中です。ネイティブの地球人型魂の人は五次元地球へと進みます。その中でも進化レベルに応じてまたいくつかに別れていくのでしょう。

真のライトワーカーは光の五次元世界に招かれます(オカルトマジックやニューエイジ、理屈や批判ばかりしているメタフィジックスおたくは偽のライトワーカーなので別です)。真のライトワーカーは孤独感や挫折、よそ者扱いの中で孤軍奮闘してきました。それに対するご褒美として光の五次元世界が約束されていたのです。ただそのためには人間意識を手放し、光の意識を身につけることです。あと30年ぐらいで完全に地球が光の五次元世界の軌道に入り、安定化します。やっと安らぎが得られる世界に入れますよ。


新型コロナウイルス

新型コロナウイルスが世界全体に大きな影響を与えています。コロナウイルスは「生命に対し無関心なところに入り込む」と言われました。被害の大きい国をみていくと、アメリカ、イギルス、イタリア、フランスなど。これって、過去の大戦の戦勝国ですね。しかも中世にさかのぼれば、スペインの大航海時代においては大量の奴隷たちを連れて帰ってきたりしました。平気で殺人をしたり奴隷化していた大国がことごとくウイルスにやられています。

日本はなんだかんだいって、感染者数も死者数も少なく推移しています。世界中から「謎」と言われていますが、やはり文化としての思いやり、いたわり、おもてなし、気配り、心遣いなど、相手の生命/心を大事にする習慣や風習がウイルスの邪念に打ち克ったのではないでしょうか。国の政策がよかったわけではなく、あくまでも国民一人ひとりの心の資質・人徳です。

安倍政権そのものはひどい。「スピード感をもって」と何度も口に出しながら、マスクが普通に買えるようになっても「アベノマスク」が届いていなかったり、給付金などの支給の遅さ。何から何までずれています。

もし風刺画に書くとしたら、安倍さんや麻生さんたちが車に乗って高速道路を進んでいるが、昭和時代の車で40km/hで進行し、口では「スピード感、スピード感」と言っている感じ。自民党の大臣たちも後続車でついていって、迷惑。ナビの使い方が分からず、道路地図帳を見ながら運転している。となりのレーンを救急車や宅急便などが100km/hでどんどん追い越していっている。なんか情けなくなってしまいます。


護護法魔王尊とは




光り輝く美しい城




天使の羽根




人間和美から天使までの足跡




即身成仏あれこれ

セントラルサンと共同運営していたアーガルタンの和美さんが永眠されました。ご冥福を祈ります。

金剛靈氣療法へご招待



オリオンの計画




魂のタイプ(ソウルタイプ)




永遠の生命



サービスソウル(奉仕の魂)


 

永遠なる生命~綾巫姫forever



愛とカルマの駆け引き



樹木希林さん、無地帰還


 

スピリチュアル供養


分断から混乱へ


スピリチュアル供養


お気に入りの金剛靈氣療法










ゼントラルサンメッセージ

セントラルサン メッセージに興味をもっていただき、ありがとうございます。宇宙や天からのメッセージを掲載していますが、その趣旨は以下のようになります。
・この地球にきている人類の魂はさまざまな星、さまざまな銀河、さまざまな次元などからやってきています。
・中にはその星などで問題となっている争い、混乱、トラブルなどのエネルギーをもってこの地球にきています。
・そのためにこの地球はさまざまな争いや混乱の渦に巻き込まれています。
・これらの問題を地球上で解決することができると、そのエネルギーにつながっている元の星や次元などの問題も解決できるようになります。
・つまり銀河レベル、宇宙レベルのあらゆる問題を一度、この地球に持ってきて、地球上でうまく解決できると、銀河レベル、宇宙レベルの問題も解決できるようになり、宇宙が地球を中心にして一つになるのです。
・今は、あらゆる問題が表面化しているだけですが、いずれ地球上で問題が解決され、地球が一つになるでしょう。
・神の創った設計図では、この銀河の問題を正すための雛型としてこの地球を創り、この地球の雛型として日本を創り、この日本の雛形として日本人の魂を創りました。
・日本人の魂にはこの設計図が宿されており、地球の計画、太陽系の計画、銀河の計画なども入っているのです。この設計図を創ったのが宇宙創造主と日本の神々です。
・日本人は、単に日本をアセンションさせるだけではなく、その後も、地球のアセンション、太陽系のアセンション、銀河のアセンションとずっと仕事が続いていきます。
・日本人を特別扱いしたり、選民意識をもつと問題がありますが、日本人の役割がまさしくアセンションのために創られた民族なのは事実です。
・他の人種、民族は他の世界、他の天体、他の次元などからそれぞれ固有のさまざまな問題をもってきて、エネルギー的につなげる役割です。
・日本人はそれらの問題を解決し、大いなる和を地球レベル、宇宙レベルで実現していくのです。
・あたかもラーメン、カレーライスなどの海外の特産品を日本独自の巧みな技で万人の口に合うように創り変え、逆に世界で通用する味に変容させたのと同様に、文化においても、社会においても、いずれ日本発の世界共通のものが生まれていくでしょう。
・無事に問題を解決し、地球がアセンションすれば、その問題でつながっていたさまざまな天体や次元と平和的につながることができ、地球がさまざまな天体と交流できる楽園になるのです。
・この楽園のことを、セントラルサンメッセージでは、20年ほど前から「光り輝く美しい城」と呼んでいました。
・これまでこの銀河、宇宙においては、天体同士のさまざまな争い、混乱が続き、解決のメドがまったくたっていませんでした。
・しかしもし地球が光り輝く美しい城になると、銀河や宇宙のさまざまな天体の生命が直接、この地球に来ることが可能になり、対立していた星同士の生命がこの地球においては仲良く情報交換したり、智恵や技術を分かち合うことが可能になるのです。つまり光り輝く美しい城は宇宙の中での貴重な図書館、博物館、美術館、記念館、オブザーバーやカウンセルの集合場所、などのようなお城になるのです。
・いずれほかの天体の生命たちも、地球に興味を持ち、ぜひ地球に行って、他の天体の情報を手に入れよう、とするようになるでしょう。
・私たちが目指している地上天国はこの宇宙の中でひときわ光り輝く美しい城であり、その建設のためにセントラルサンを通し、メッセージを提供し、協力者を求めているところです。
・現在、地球のアセンションのために活動しているライトワーカー、スターチャイルド、サービスソウルなどと呼ばれている方々がいます。すでに自分にお気に入りの活動をしている方はそこで活動してください。セントラルサンが唯一とかいうつもりは毛頭ありません。自分の魂が共鳴するところで活動してください。
・海外発のスピリチュアルビジネス、ニューエイジには面白そうな情報が山積ですが、日本人には合わないものがたくさんあります。特に西洋人は物質化の右回り意識のため、スピリチュアルもビジネス中心、金儲けで考えており、セミナー講師のための養成講座をたくさんつくってビジネスを広げることが目的です。日本人は靈性を高める左回りの意識のため、お金儲けは得意ではなく、むしろ相手の気持ちを汲んで学び合う社会をつくろうとします。西洋人の情報には日本人の魂を封印させるものもありますので、注意をしてください。
・セントラルサンでは優れた能力者が指揮をとる、ということはありません。一人ひとりが主人公です。特別な能力のない人がほとんどであり、グルや指導者の顔色ばかり伺うとか、能力者の一言一言に夢中になることはありません。
・最初は個人セッションなどでエネルギーを調整したり、自分の魂のことや人生のことを確認してみるとよいでしょう。学ぶ意欲が出てきたら、聖白色同胞団の儀式や覚醒セミナーなどを受けたりしてみてください。オーラや魂が少しずつ変化していき、日本人の役割に目覚めていくでしょう。
・魂の目覚めに合わせ、さまざまなワークやセッションを通し、ハイヤーセルフ、天界、宇宙などとのつながりを強くしていき、自分のやるべきことに目覚めていくでしょう。

あなたのスピリチュアリティは?

スピリチュアルなことに興味を持っている人のスピリチュアルレベルをまとめてみました。自分を知るために御活用ください。

レベル0 不思議なこと、神秘的なことにまったく興味のない人。残念ながら、このレベルの人が一番多いです。今、この文章を読んでいる人はこのレベルをクリアしていると思いますが、あなたがパートナーや恋人、友人、家族などに目覚めさせる役割を持っているかもしれません。いきなり神だの宇宙人だのという話をすると一気に嫌われるので、まずは占いなどで、何気なく遊ぶことから始めましょう。宗教と思われる言葉(神、光、天使など)は口に出すことを控えましょう。「蒔いた種は自分で刈り取る」という教えから始めましょう。セントラルサンではパートナーや家族を連れてきて、その後、ここで学んでも良いという許可をもらい、安心して学んだり、時々一緒に来たりして、楽しみながら学んでいます。
レベル1 血液占い、占星術、姓名判断、タロット占いなどから不思議なことに興味を持っている人。天使や宇宙人など、面白いことは好きだが、すべてを本気で信じているわけではない。スピリチュアルな基本知識を整理して身につけているわけではないので、いい加減なところも多々あり、少しずつ、正しい学びをすることに意識を向けていく必要があるでしょう。個人セッションなどを受けて、人生の目的などを確認してみましょう。
レベル2 ヒーリングなどには理解を示しており、受けたことも何度かある人。エネルギーの感受性が高い。スピリチュアルなことをある程度、信じている。エネルギーの感受性が高いため、自分の感じたことだけで自分の世界にはまっていることがあり、間違った信念をつくり上げている人もいる。ヘタに霊感のある人は自分独自の価値観で他人を判断することがあり、要注意。芽生え始めているスピリチュアルエゴとの戦いが始まる。個人セッションなどで正しい道を知ることが必要。聖白色同胞団の儀式や覚醒セミナーなどで、基礎をしっかりと磨いてください。
レベル3 すでにヒーラーなどとして活動している人。スピリチュアルな興味が強く、いろんなところで学んでいる。オカルトにはまる危険性が高く、要注意。良き指導者のところで学ばないと、一生、取り返しのつかないことにもなる。光、使命、奉仕などに弱い。第一儀式を受け、さらに各種特別セミナー、覚醒セミナーなどで正しい学びをしていってください。
レベル4 チャネラーなどとして活動し かなり長い間、学んでいる。スピリチュアルな教えも説いている。霊的知識も、霊的能力もある。ビジネスではなく、本当の光の道を歩んでいるかどうかがカギ。光と一体化した活動が求められ、第二儀式のレベル。チャネリング講座、意識トレーニングなど、意識レベルを上げる学びがよいでしょう。
レベル5 十分に自分の生き方をつくり上げている。卓越した霊的知識と経験があり、ビジネスというよりは神との契約で活動している。魂のカルマ、地球との契約、神との契約などを理解し、人生を楽しんでいる。必ずしも有名人とは限らないが、高度なイニシエートのことがある。日本や地球のための特別ワークに呼ばれるでしょう。

自己の目覚め

セントラルサンは本当の自分に目覚め、本当の自分として生きることを目指すためにワークやセミナーを行なっております。この地球にはいろんな次元世界から魂がやってきています。地球はいろんな次元世界とつながり、さまざまなエネルギー世界の調和を実現することが目的だからです。そのためにいろんな世界から魂を呼び、地球上でさまざまな魂が調和を作り出せば、宇宙も調和を奏でるのです。

一人ひとりが宇宙の何らかのエネルギーとつながっており、それを地球で目覚めさせることが大事ですが、ほとんどの人はまだ眠ったままです。このホームページを見ている人は魂の呼びかけに反応し、見ているはずです。興味のある方は、宇宙に目覚めさせるために、勇気を出して宇宙交流会、覚醒セミナー、聖白色同胞団第一儀式、ユニバーサルカバラ、、銀河人類の目覚めなどを受けてみてください。

また汚された地球を聖なる地球に取り戻すために、一人ひとりの力が必要です。一人ひとりに自分にしかできない秘義、神技が隠されており、これを皆が目覚めさせれば、地球は急速に聖なる星へと変わることができるのです。誰か、能力のある人ではなく、普通の人が、皆で隠された神技を使うことで奇跡が起こるのです。この奇跡を手にするために、各種の特別ワークやチャネリング講座、神との一体化などを受けてみてください。そろそろ、魂の声に従ってみましょう。

日本の神々を復活させよう

先日のエネルギー練習会(3月9日)で天照大御神のエネルギーを呼ぶ練習をしました。元々、私の場合、天照大御神を呼ぶと太陽神としての男性的な天照大御神がやってきます。太陽にいる天照大御神が男性的な太陽神で、地球にいるのは女性的な側面の天照大御神です。

この練習会で真っ先にきたのは偽物の天照大御神でした。日本には、ニューエイジ系のチャネラーや自称霊能者がチャネリングするとやってくる偽物の天照大御神が3人いて、男性が1人、女性が2人いるわけですが、その女性の方が先にやってきました。でも場の光に勝てず、すぐに自分で「偽物の天照大御神」です、と白状して引き下がりました。そのあとに、ほとんど光を発していない、動けない天照大御神がきて、封印されたままであることを言っていました。元々、岩戸開きで天照大御神を出す時、鏡を使って出したので偽物の天照大御神が出てきた、と言われています。本物の天照大御神はまだ岩戸の中にいるとのことです。今年、伊勢神宮が20年ごとの遷宮の年であり、出雲が60年ごとの遷宮の年と言われていますが、まさに今年、本物の天照大御神と本物の国常立之大神が復活する計画らしいです。

地味な人ほど成長する

このスピリチュアルな世界を支えているのは好奇心の強い人たちです。いわゆる不思議なことに興味を持っている人たちです。

そういったことに興味関心をもつことなく、日常の生活や地位・名誉・金銭にばかり興味を持っている人は直接的にはスピリチュアルに縁がありません。頭から平気で毛嫌いする人も多いです。それでも病気や何らかの現象によって目覚め、悟りへと導かれる人もいるでしょう。あくまでも潜在的に目覚めの可能性を持っている人たちです。

日常生活を満喫しながら、占いや予言などに興味を持ち、面白半分に接している人もいるでしょう、まだスピリチュアルでもサイキックでもありませんが、人生を楽しく過ごすために利用できるものは何でも利用しようと思っている人たちです。意識レベルは普通の人とそんなに変わりません。

生まれつき不思議な世界に関心があり、エネルギーを感じやすい人がいるでしょう。特定の場所などですぐに体調が悪くなってしまう人もいます。いわゆる霊感があり、裏の世界を感じ取っています。でも不安や怖れも強く、正しく師から教わるということもしていません、サイキック能力の高い人ほど、正しく教わっていないのに根拠のない自信に満ち溢れ、一般の人を下にみています。自分の意識レベルが高いと思っていますが、実際には高くありません。

好奇心や興味が強く、さまざまな本を読み、セミナーなどにも頻繁に参加する人がいます。頭の中は知識がいっぱいです。セミナーなどで知り合った人にも知識自慢大会をします。個人セッションを受けても、ガイドやマスターなどから褒められることを期待しているために、普通のアドバイスなどでは気に入らず、怒る人も出てきます。優越感、プライドが高く、意識レベルがなかなか上がらない人たちです。

サイキック能力はほとんどなく、知識もそれほどあるわけではない。それでも純粋に学ぼうとして、関心のあるテーマだけを選んで、セミナーやセッションに来る人がいます。見た目はごく普通の人で、特別なことはほとんどできません。意外とこういう人が長続きして成長していきます。何年も、何十年も学んでいて、着実に成長しているのです。サイキック的な人がやってきて、いろんな判断をしたり、知識自慢する人がいたりしても、心ではほとんど相手にせず、マイペースを保っています。こういう人が本来のスピリチュアルな学びをする人だなぁといつも感じています。

光の道を見分ける

そろそろアセンションの波の中に入っていく人が出てくるでしょう。多くの人は明らかな変化を感じないかもしれません。特にエネルギーワークなどを積極的に行なっている人はあまり大きな変化を感じないかもしれません。普通の生き方をしてきた人が何か、明らかに違う意識を感じる可能性があります。あくまでも意識の変化の世界です。

見た目はまったく同じなのですが、「何か違うぞ」「なんか感覚が違う」というような感覚になります。これは新しい波動の世界に向きを変えた状態です。そこで前に戻そうとしたりせず、そのまま前に進んでください。こうやって一人ずつ、新しい世界に入っていきます。

ニューエイジ、オカルト、マジックなどにはまり、魂を別のものに明け渡してしまった人は、いかにも地球のためにいいことをしていると思わせるような出来事が続き、優越感を味わった後、別のものにすべてを奪われてしまうでしょう。それでも当人はアセンションしたと思っています。闇のささやきに騙されず、ひたすら正しき道を進み、自分の魂の研磨に励んでいる人は、ゆっくりと第4密度に導かれていきます。日本人はこの第4密度に進む魂を与えられています。残念なことに、西洋文明によって次々と破壊され封印され、光が出ていません。今こそ、光を取り戻しましょう。

dai4mitsudo.jpg

日本人の成り立ちについて、新しい情報をもらいました。地球の波動に合うようにつくられたのが日本人ということです。LinkIcon詳しくは...

心眼を発達させるように

 石原元都知事が、「国民は物欲、性欲におぼれ、議員は我欲におぼれている」、「日本としての国柄を明確につくるべき」などと言っていましたが、まさしくその通りと感じます。
・日本人の魂が西洋からきた邪悪なものたちによって破壊されてきており、アセンションの計画が難しくなってきました。そのために計画を修正し、魂の再構築を行なわざるを得なくなりました。LinkIcon詳しくはこちら
・首都圏が先に変動を見せるが、アセンションではない。「我先に」という我欲が変動を先に呼び込むだけで、本当のアセンションはその後。LinkIcon詳しくはこちら
・目に見える現象に惑わされず、その裏にあるものを見るようにしていくと、裏にある真実の世界に次第に焦点があっていき、目に見える世界が表層的なものとして薄れて見えるようになっていく。やがて表層的な世界は見えなくなり、真実の世界が現実として認識されるようになっていく。あと数カ月して大きな波動の変化があり、秋ごろにも大きな変化がある。新たな波動に対応できるようにしておくこと。LinkIcon詳しくはこちら

ライトワーカーはエゴに注意

 スピリチュアルな学びをしていて、ヒーリングに目覚めたり、ライトワーカーと称して各地に出かけてエネルギーワークに取り組んでいる人がいることでしょう。これらの行為は「良いこと」として認識されることが多いようです。ところがマスターたちから見れば、お金儲けの行為としてのヒーリングであったり、売名行為のライトワークであったりします。スピリチュアルな人が皆、人格が高いわけではありません。注意しましょう。LinkIcon詳しくはこちら

ニューエイジカルトにご注意

アセンションというキーワードで、数多くのニューエイジカルトや霊能者まがいの人々による情報撹乱が目立っています。スピリチュアルな勉強をする目的は「自分を知ること」です。私たちは自分で自分を導く必要があるのです。まやかしの導師や教祖に騙されず、しっかりと自立した生き方を身につけましょう。...LinkIcon詳しくはこちら

セントラルサンの交流会などは誰でも参加できます。初めての方は交流会か覚醒セミナーがよいでしょう。チャネリング講座も適宜行なっております。興味のある方はメールなどで連絡してください。なお、偵察や冷やかしでの参加はお断りいたします。

ページの先頭へ

centsun.gif

Ascension Report

2020.7.7        


(1997/5/13から)

schedule



argartanアーガルタンはこちら

alcyonアルシオンズ・コンパスはこちら

alcyon「けいちゃん天使」はこちら





Google
cent-sun.com を検索
www を検索 

これらのメッセージは原則として個人の学びのために活用してください。 悪意のない人に限り、転載自由です。  Copyrght © 1997-2020 Central Sun All Rights Reserved.