20111025 of Central Sun Ascension Report

2011/10/24 月曜交流会

宇宙のドラマを再体験している

①大きな影響力を持つ人が優れているわけではない

私は光のハイアラーキーの仲間で皆さん方のこの領域において監視をしていたものたちです。この世界は私たちの観点からすると、ある学びの場所であると同時に私たち自身の計画の実行場所でもあり、また宇宙で繰り広げられている大いなるドラマの凝縮でもあります。

地球の人々がお互いの人間関係により不愉快な思いをしたり、気に入らない現実を体験するという状況が演じられております。そしてこれは宇宙のドラマの一つひとつの状況でもあり、またそれを改善するためにつくられた作業場所でもあります。

私たち光のハイアラーキーは太古の昔から地球人類の進化の流れを見てきました。数十万年、あるマスターによっては数百万年、数千万年というこの流れを見てきており、人類という生命体がどのようにして進化していくかを見てきました。

この進化の流れの中で目標としているこの地球での人類の姿があり、その地球での姿の目標に向って流れを進めております。今皆さん方がお互いに姿を見てごく普通の人間と思っていることでしょう。アトランティスやムーの頃も同じようにお互いの姿形を見て普通の人間と思っております。

しかしもし皆さん方がレムリアやアトランティスの人間を見た時、未開人とか原始人とか呼ぶことになるでしょう。また同じように人類はさらにこれから進化していき、本来の目標に向かって進んでいきます。今後の皆さん方の未来の人間から皆さん方を見た時、あたかも未開人や原始人を見るがごとく姿を見ることになります。

皆さん方は決して完全な人間の姿ではなく、目の前にいる人も自分も完成されているわけではありません。まだまだこれから人類は進化を続け、姿形を変えることになります。特にこれから生まれてくる子供たちはこれまでの人間とはまた違う要素を見せるようになり、明らかに能力的に違うものが明らかに別の星から来ている、別の人間の型から来ている、そういうことが分かるようになっていくでしょう。

今の皆さん方の頭では到底理解できない能力の持ち主が次々と現れ、今の人間にとって不可能なことを一瞬にして実現させてしまう人間たちも現れてきます。人類はまだまだ進化を続け、能力を目覚めさせ開発しながら、地球での目標に向って進んでいきます。

今人種という分類で差別が起こされ、貧富の差があり、また宗教的な違い、大きな人種間の問題が現われております。この大きな違いも新たなる人間たちの登場により少しずつ意味のないものとなり、むしろ新たなる能力の違いによって新しい組み合わせが現れてきます。

肌の色や言語の違い、人種の違いで分類されるのではなく、能力の違いによってそれぞれが分類されていく時代も来るでしょう。さらに進化を続け、男性女性という違いも意味のないものとなり、人間の意志によって肉体を、姿形を自由に変えられるようになると、もう外見で区別する意味がまったくなくなってきます。

むしろ思考の違いによって姿形の変わり方が変化していき、新しい観点で人類を見ることになります。地球の人々はこの地球の流れに関与してきた他の星々たちの種を持っており、他の多くの星々の統合された理想的な姿を現しています。

地球の人々の種には宇宙の希望が宿されており、地球の人々が素晴らしい進化を遂げるということは宇宙にとって宇宙の人々が一つになる大きな意味が入っております。今地球の人々がお互いに憎しみ合ったり、傷付け合ったり、争ったりしているのは、これまでの宇宙の流れの中にそういうドラマがあり、それを地球の人々が改めて体験しているに過ぎません。

皆さん方は目の前の人を嫌になって不快感を出しているわけではありません。これまでの宇宙のドラマの中にそういう状況があり、それを皆さん方が再体験しているに過ぎません。すべてはこれまでの宇宙の中に存在した実際のドラマであり、皆さん方はそれを何度も繰り返し再体験しているのです。

そのドラマを再体験する時、相手を思う気持ちがなく、自分のことだけを考えていると、そのドラマに光が入ることがないため、もう一度体験するように戻ってきます。そのドラマのエネルギーに光が入るまで何度も何度もドラマのエネルギーは戻ってきて、光を求めていきます。

したがって、目の前の状況に関して自分がどれだけ愛と光をそのドラマに入れることができたのか、どれだけ入れようとしているのか、それによってまた同じことが繰り返されたり、あるいはそこで終了になったりします。これはドラマであるということに気が付き、目覚め、不快感を与えないようにして理性で切り抜けていく、相手のことを考えて感情に走らないようにする、こう思うことはそのドラマに光を入れる最初のきっかけであり、それをさらに心からの愛と光によって強くしていき、最終的には本当に相手のことを考え、本当に自分が相手を生かそうとする思いが沸いてくる、これが出てきた時、ドラマの中に光が入っていきます。

しかしそのドラマにおいて自分の都合の良いように進めようとしたり、ただのルールにしがみついてルール通りに進ませようとすると、そこには光は存在せず、またドラマが繰り返されてきます。常識やルールにこだわっているとそこには光はないために、同じ現象が何度も繰り返されていきます。

今、地球の人々は異なる人種や宗教、国を超えて相手を許すという学びをしているために、こういうドラマはすべての人が同じように何度も何度も体験を重ねることになります。嫌な思いをすることがないとか、不愉快な現実はまったく来ないということは、今の地球の人々ではとても難しく、ほとんどの人が嫌な経験、不愉快な経験を体験することになります。

ただどのような辛い現実が来たとしても心の底から辛いと思わず、感ずることがなく、それ以上に相手のために何かしたい、何かしてあげたいという強い思いがあれば、不愉快な現実にはならないでしょう。宇宙の仕組みからしてそういう人には普通の人の何倍もの大きな不愉快なエネルギーが流されてきます。

そしてそれでも不平不満を言うことなく受け入れていけるかどうか、わずかでも不平不満を出せば、たちまちにしてそのドラマが押し寄せてきて、何度も何度もエネルギーを完全にするまで繰り返されることになります。

今の地球の人々の意識レベルがこのレベルであり、誰が卒業できて誰がまだ卒業できていないという人間的な差はありません。人類の集合意識のレベルで存在しているものであり、処理できる人には多くの悩みが流されていき、処理できない人にとってはわずかな悩みしか流されていきません。

それでも一人ひとりが受け取る不愉快の度合いは同じ不愉快の度合いになります。したがって自分よりも辛いという人は本来はなく、自分より楽という人も本来はありません。皆が同じ辛さ、同じ不快感を感じているのです。しかし大きなエネルギーを体験しても不愉快と思わず、不平不満を感じない人は普通の人の何倍も何十倍もの否定的なエネルギーを体験していることになります。

あくまでも人類の集合意識のレベルで進んでいることであり、どの人間が優れているとか、どの人間が足手まといということはまったくありません。集合意識におけるエネルギーの分配によって差はありますが、だからといってどの人間が進み、どの人間が遅れているということは一切ないのです。

集合意識から流されてくるカルマ的なエネルギーは一人ひとり処理能力が異なりますが、それと霊的な成長はまったく関係がありません。多くのカルマエネルギーを体験できるからといって、進化しているというわけではありません。またわずかしかカルマエネルギーを消化できないからといって遅れているというわけでもありません。

例えば、残虐な事件を起こしたり、世界規模で影響を与える大きな事件を起こす人がいたとします、カルマエネルギーはとても大きなものを背負っており、その人の体験するエネルギーは普通の人の何十倍、何百倍ものエネルギーを体験するでしょう。

しかし、だからといって精神性やスピリチュアリティが高いというわけではありません。単に大きいということだけであり、大きなエネルギーを正しく処理することができず、また何度も何度も繰り返しさらに大きくしていく、こういう人たちがたくさんいるのです。

戦争を好んでどんどん大きく増やしていっている人がたくさんおります。影響力のある人、パワーのある人を見ると何か優れているかのように勘違いする人がたくさんおります。確かに器は大きいでしょう。影響力もたくさんあるでしょう。

これまでの人類の進化の流れにおいて器の大きい人、影響力の大きい人が本当に高い波動の世界に迎え入れることができたのか、そう考えると必ずしもそうでないことがたくさんあります。やはり影響力の強い人ほどうぬぼれが強く、プライドが高く、いまだに地獄界で生存しているものがたくさんおります。

本当の光の世界で明るい幸せな生活をしている人々は、必ずしも影響力を大きくした人ではなく、日々を地味ではあるけれども真面目にこつこつと生き抜いた人であり、それでも何一つ文句を言わず、根性があり、自分のやるべきことはきっちりと行なう、どのような課題が来ても不平不満を言わず、こつこつと成し遂げていく、自分に与えられたものは自分がしっかりと行なっていく、こういう人が清らかな世界で平和な暮らしをしております。

これから地球の人々は新しい能力の人々の登場により大きな意識改革を行なっていくでしょう。これまで不可能と思われていたことが新しい人々によって可能になり、これまでの人は真似をすることもできず、教わることもできず、ただ新しい人々が活躍するのを見るだけになります。

そして新しい人々が新しい流れをつくり出していくでしょう。これまでの人々は概念や執着によってそういう人々と敵対する人もいます。自分たちの方が優れている、自分たちの方が社会をよく知っている、そういう屁理屈により何とかして新しい能力の人間たちを封印し、自分たちが主導権を握ろうとします。

これからの争いや混乱はこのような人々によって起こされていきます。新しい能力の持ち主は基本的に争うことはほとんどありません。むしろ今社会の中心になっている人々が比較し、うぬぼれが強く、争いを引き起こしていきます。自分たちの心の中に争う心がわずかでもあれば、そこにかなりの大規模な争いのエネルギーが押し寄せてきて、瞬間的にむかつき、傷付け合い、争うというドラマを引き起こしていきます。

これからの地球の流れを見た時、まさに今とても重要なところに人類は立っております。心の中から沸き起こる不愉快、気に入らない、この波動が最後の最後まで人間の心を蝕み続け、争いを引き起こしていきます。気に入らない、この波動がいつ自分の心に登場し、どのようにして成長し、自分の心を蝕んでいったのか、目の前の人のどの言葉で気に入らないと反応するのか、目の前の人のどの行為、行動を見て気に入らないと反応するのか。

目の前の人の言葉や行動を見て気に入らないと反応する時、そこで一呼吸おき、深呼吸をして自分の心と向き合ってください。なぜ気に入らないのか、偉そうにしている、まだ若いくせに口の聞き方がなっていない、何も知らないのに知ったふりをしている、私の価値をまったく認めていない、このような感情がほとんどでしょう。

このような感情は自分の心の中にあるものであり、自分の問題になります。この感情を自分が好きであり、この感情をずっと心に持っていたいと思っているのです。自分は無視されている、この感情をずっと持っていたいとする、自分は何と哀れなのだろう、ちゃんと自分の価値を認めてくれていない、こういう感情にしがみついているのです。

そして自分を認めてくれる人を探す、自分の価値を認めてくれる人がいると良い人と思ってしまう、そしてその人には優しく接していく、自分の心の中に自分のことを認めてくれていない、この感情をつくり、これにしがみついている限り何一つ状況は変わることはありません。

もちろん目の前の人の問題ではなく、自分自身の心の問題になります。目の前の人の言葉や行動の何に反応したのか、一つひとつを分析してすべて自分の感情に始まりがあり、自分がその感情にしがみついている、手放そうとしない、そうすることによって自分は哀れな人間、かわいそうな人間でいたいと思い続ける、こういう気持ちがある限り、今の人類の流れを変えることはできません。

人類のほとんどがこのような感情にしがみついており、皆が自分を良くない感情の持ち主に留めており、しがみついており、先に進もうとしないのです。この感情を自分でよく分析し、そして理解することが必要です。自分の感情を自分でしっかりと見つめ、それを自分で受け入れることはとても難しいでしょう。

私たちがそれを述べたところでおそらく認めることもないでしょう。いかに自分で気付き、自分で克服していくか、本当に一人ひとりの問題になります。ただ今自分の心を本当に見つめ、相手の言動のどこに自分が気に入らないと反応するのか、それを自分でよく見つめ、自分で解決しようとして心の底からしがみついている感情を解放しようとする人は、皆さん方の背後の存在たちがそれを理解し、手放せるような現実が流れてきます。

今この話を聞いている皆さんの中でもいろいろ自分の心の状態を分析し何とかして前向きに変えていこうという思いを持った人はこの一、二週間の中でガイドや仲間たちがうまく現実をつくってその感情をしっかりと見つめ、手放せるような状況がつくられていくでしょう。

私たちは光のハイアラーキーという観点で皆さんを見ております。皆さん方一人ひとりは私たちの子供たちであり、また私たちと同じ仲間であり、また私たちそのものでもあります。皆さん方の行なっている現実を見ると、まさしく私たちがつくり出した現実でもあり、私たちが体験してきた宇宙でもあります。

本当に私たちの宇宙、私たちの現実を皆さん方が体験しているのです。しかしだからといって皆さん方が楽に現実を済ませるようにエネルギーを勝手に変えたり、ドラマをなくしてしまうことは許されないのです。皆さん方一人ひとりが自分で直接体験し、自分で気付き、自分で考え方を変えない限りドラマは何度でも押し寄せてくるのです。

目の前の人の言動のせいにしないこと、かといっていたずらに自分の能力を否定したりしないこと、自分がしがみついている感情が何なのか、それを見つけようとする前向きの姿勢だけを持ち続けてください、またそこで否定的な感情を見つけたとしても自分自身を否定的な存在とは思わないでください。

あくまでも宇宙のドラマを解決するために皆さん方が宇宙のドラマを体験しているに過ぎないのです。わざわざその感情のエネルギーを皆さん方が自分で選んで持ってきたものであり、それを良い悪いという評価は一切できないのです。自分自身でそれをただしっかりと処理していく、光を入れていく、そういう観点で現実を見ていくこと、その原点を決して忘れないようにしておいてください。

②新たなる日本に向けて

私たちは新たなる地球の次元世界から話をいたします。新たなる地球の次元世界というのはこれから皆さん方が向おうとしている次元世界とは少し異なります。この地球には、地球自身の平行現実があり、皆さん方の進んでいる現実とは別の現実があるのです。

私がいるこの地球は、すでに日本が世界のひな型となって光を地球の各地に送り届けている世界になっています。ここに来るまでに日本という国は何度もつぶされ、立ち上がり、復活し、そしてエネルギーを強くして蘇ってきました。ちょうど今皆さん方が生存している2011年という時間的な軸で見た場合に、私たちの世界においては日本は壊滅的な状況になっておりました。

諸外国の力と天変地異により日本の人々の基盤が破壊されていき、ほとんど生存が難しい状態になっておりました。この混乱した日本という状況の中である進化した人間たちが日本の中にある特別な場を見つけ出し、そこを通して異次元世界、あるいは秘密の世界に通ずる出入り口を見つけ、そこに避難することが可能になり、能力のある日本の人々が多数その世界に避難をしました。

諸外国の人間にはその出入り口を見つけることができず、純粋に見えるものたちだけがそこの場を通して避難し、そして光の存在たちに出会い、今後の日本のための特殊な訓練を受けることになりました。地球の本来の役割や流れ、日本人の持つDNAや特殊能力、いろんなものをトレーニングされ、そして十分にトレーニングが終わる頃、地球の様相が一変し、他の国々が瞬く間に破壊的な状況になっていきました。

そして新たなる日本人のための土地が現れ、トレーニングされた新しい日本人たちによって新しい地球が動き出し、その日本の人々によって地球自身が新しく生まれ変わる状態になっていきました。世界のあちこちにいる人々の中でも概念や執着、欲望にしがみついているものたちは次々と海の中へ消え、地面の中へと消えていきました。

そして心正しきもの、愛と光に守られているもの、このものたちが地上で生き残り、新たなる日本人たちと一緒になって地球をつくり直していきました。この新たなる地球がとても素晴らしい働きをなすのに数百年もの時間が掛かりました。しかし宇宙においてはとても短い期間で地球が復活し、誕生し、多くの星々から素晴らしい技術や生命が地球へともたらされました。

今私たちの地球は多くの銀河系と交流を図り、いろんな新たなる生命たちが次々と地球に訪れ、喜びを分かち合い、平和に浸っております。しかしこの地球のあちこちに皆さん方の時代と同じような痕跡が残されており、この平和を勝ち取るまでにどれだけ地球が大きな犠牲を払ってきたか、どれだけ多くの人間が関与してきたかが分かるようになっております。

この私たちの現実と皆さん方の世界の現実は別の現実であり、普通は交わることが絶対にありません。しかし今日は神の特別の計らいや、たまたまこの地球における特別なエネルギーの状況、まさしく私たちの次元世界と今の皆さん方の次元世界が歪みを持ちながら極めて近い状態になっていることが分かっております。

皆さん方が心から平和を願い、愛と光を使って宇宙のドラマをしっかりと照らしていくのであれば、この新たなる現実世界に進むことが可能になる状況があるのです。実際にはあとしばらくこのねじれの状況があるために、このしばらくの間皆さん方がどのような言動を取り、どのような感情を発するかによって私たちの世界に繋がるか、これまでの現実世界で進むかが区別されていきます。

ぜひ今のこの特別な時期において目の前の人を見て何にむかつくか、そういったことを感じながら愛と光をもってドラマを平和にしていく、喜び溢れる現実にしていく、そのようにして現実の流れを変えるということを挑戦してみてください。これまでの話とはかなり変わるかもしれませんが、アドバイスをしていきます。

Aさん、大いなる宇宙の観点から見た時、今あなたはとても大事な分岐点に立っております。本来のやるべきこととして、地球に持ってきた波動と今自分が直接やろうとしている波動に若干のずれがあるために、そのずれを自分では何かうまくいかない、何かおかしいという感覚で受け止めておられます。どうすれば良いのか、どこに向かえば良いのかが少し分からなくなってきた状況といえるでしょう。宇宙の流れから見た時、あなたの進むべき方向性はこの地球の波動を上げることであり、個人の波動を上げることではありません。この地球の波動を上げるためにはこの地球の波動に関係するものが何であるか、確かに一人ひとりの心がテーマかもしれません。しかしあなたの場合は宇宙の流れ、そして地球の状況、これが一番大きく関与します。宇宙の状況と地球の状況を考えて地球の波動を高めるにはどうしたら良いのか、常にその観点で考えるようにしてみてください。

Bさんの状況を大いなる宇宙から見たとき、あなたの心が今自分で小さくなってしまい、自分で自分を傷付ける状態にもなっています。まず誰もあなたを傷付けてはいないこと、誰もあなたを制限してはいないこと、これに目覚めることが必要です。自分で自分を制限してしまう、自分でできないと思ってしまう、それによってそういう現実が引き起こされてくるのです。自分を小さくする、そうすることによって自分を守ろうとしてきました。何かパワーが怖い、力が怖い、まずその恐怖や恐れをどのようにして取り除いていくか、本来は誰一人あなたを攻撃したり、あなたにパワーで来るものはおりません。あなたがそう思って、そういう風な現実をあなたが引き寄せているということ、自分でその力を変えていくことが必要です。パワーに屈するという思いを持っていればいる程、パワーを引き寄せていきます。自分の方が強い、自分は大きい、自分はパワーに屈しない、根本からそう信じてください。

Cさんを大いなる宇宙の観点から見た時、あなたの頭の構造としてとても面白いメカニズムがあります。自分を納得させる、自分を理解させるためにはとても良くできた構造と言えます。またそれによって世の中がある意味では理解できるようになり、またこれを進めていけば悟りを得たような境地へと進んでいくでしょう。ところが周りから見ると実際には誰一人悟ったと思う人はいなく、誰一人その生き方が良いと思う人もいないでしょう。あくまでも自分のメカニズムの中でうまく流れ、うまく理解し、着実に悟りへ進んでいるように感じているのです。現実の中に入り込むと実際にはそのようには進んでいないものがたくさんあるのです。自分の見ている現実が他の人にも同じように受け入れられているという思いを完全に取り去ってしまい、一人ひとりがまったく異なる現実世界にいるということ、一人ひとりの宇宙の法則が違うということ、それを前提にして新しい見方を養っていってください。

Dさんを大いなる宇宙の観点から見た時、あなたの日常の生活の中で何が一番大事であり、また自分が心から信頼しているものが何であるか、本当の自分自身の宝物は何であるか、そういう観点で毎日を見ていく時、自分が本当に大事にしているもの、それを見失うことがたくさんあります。どうしても人間的な世界のものがそこに入ってしまい、大切なもの、大事にしたいものがある意味では人間的な世界の中に留まってしまうのです。本当に大切なもの、大事にしなければならないのは自分の中の尊さ、自分の中にある尊厳、但しそれを人間的なエゴやプライド、自尊心と結び付けてはなりません。そういうものではなく自分の中の神々しさ、光の輝き、神に繋がる部分、その部分が一番自分にとって尊いものであり、これを汚すことは絶対に許されないのです。日常生活の中でこの部分を特に大事にし、絶対汚さないようにするということ、ここに意識を向けるようにしてみてください。

Eさんを大いなる宇宙から見た時、あなたの精神的な強さはとても素晴らしいものがあり、あなた自身の心の進化や強さをしっかりと身に付けていっております。この精神的な強さを現実の中で生かすことができず、せっかくの強さが現実の中では他人に利用されてしまったり、他人のパワーで屈してしまうことがあります。心の強さがあるにも関わらず、それを自分で気付かずただ相手に合わせるような言動になってしまうために、せっかくの強さが人間関係によってすべて封印されてしまうのです。自分の中に強さがあるということ、自分は自分の信念をしっかり持って、これを大事にするということ、まずこれを意識してください。今までそれを信じていないために大事なところで人に合わせてしまう、人に負けてしまうということを繰り返しました、そして後で後悔してしまいます。自分が強い力を持っている、自分がしっかりとした心を持っており、これを持っている限りは絶対に負けることはない、この信念を強く持って自分の心に従っていってください。

Fさんを大いなる宇宙から見た時、あなたの意識のレベルの中において、自分自身のいろんな思いが常に他人との関係の中で位置づけられていきます。自分の中におけるいろんな価値観が他との関係性でつくられていき、自分がどういう位置関係にあるか、自分がどの程度のレベルにあるかを自分で知ろうとするのです。そして相対的な価値観で感情をつくり出し、それによって自分と他人との関係の中でいろんなドラマをつくり上げていきます。自分と他人を比較したりするのではなく、他人の中にある自分を見つけることが必要です。他人の中に必ず自分の波動が入っており、それを映し出しているに過ぎません。他人を見た時に思うこと感ずることは自分の波動であり、自分であると認めること、そうすると他人と比較したり競い合うことがなく、むしろ自分で自分のあるべき方向性が感じられてきます。どのようにして他人と接していくか、自分をどう変えていくか、それを理解する始まりになるのです。ぜひ目の前の人の中に自分の心があるということ、それを見抜くようにしていってください。

皆さんへの簡単なアドバイスをしていきました。今日はいろんな意味において難しい話があったかもしれません。しかし体験するに従い、その意味も理解される人がいるでしょう。ぜひ現実を通して流れを良いものへと進んでいくようにしていってください。それでは休憩を取ります、有難うございました。

centsun.gif

  Ascension Report



Arghartan Messages
CentralSun  ~2010