20180723 of Central Sun Ascension Report

/天使界/天使界は役割で分かれる/人間とかかわり合うかどうか/人間界に降りていって人間の意識に染まった/ワークのときは皆で一つになること/高い意識の魂と活動すること/

2018/7/23 月例セミナー:光の天使

このメッセージのいいねポイントは

他者を低く見ると自分が低くなる


①低い人を高くする奉仕をしていくこと

天使の世界からお話をいたします。天使についていろいろ説明がなされておりました。皆さんの人間の物質的な概念から見た場合、神の世界のメンバーの一部として、天使を認識する方が理解しやすい状態になっております。天使のほとんどの者たちは、自分自身を天使と認識している者たちはそれほど多くはありません。

皆さん方が自分たちのことを人間といちいち区別していないのと同じように、ただ自分たちの世界を楽しんでおります。しかし皆さん方の人間という世界と、この天使を見ていたときに、この地球における人間世界は天使の世界から明確に守られており、天使の多くの存在たちの力によって、この世界が維持されております。

天使にもいろんな役割の天使がいて、必ずしもすべてが人間とかかわりをもっているわけではありません。この世界や仕組みそのものを創り上げるために役割をもっている。人間とはまったくかかわりをもつことなく、ただ世界を維持するためだけに活動している者。そういう天使たちもたくさんおります。

したがって、天使にいろんな役割が現れてきます。天使の役割をいう時、いろいろ名前を付けて役割を説明する仕方が行なわれてきました。皆さん方にはそれだけでは理解しにくい天使の状態と思われます。

まず天使から見たとき、人間とかかわりあう天使と、人間とかかわらない天使に分かれてきます。人間とかかわり合う天使は人間の近くで常に人間を意識して活動する天使たちになります。皆さん方から見れば、自分の聖守護天使、守護天使、 あるいは地域や国、世界を守っている天使、また人間の意識の向上のために働きかけている天使、こういう天使たちが人間とかかわりのある天使になります。

人間とかかわり合う天使の中でも、人間の特別なところに働き掛けたり、人間と特別な関係を作ってかかわりある天使と、人間一般に対してかかわりをもっている天使に分かれていきます。人間の一般的な者たちに対してかかわりをもつ天使は、皆さん方から見たとき、土地の神のように思われたり、守ってくれる守護神のように思われたりするかもしれません。

また人間とかかわり合うことなく仕組みを担当していたり、この世界を維持するために活動している天使たちがおります。こういう天使たちは人間と直接かかわりをもつことがないために、人間の理解できる言葉や人間的に名前をつけたりすることはほとんどありません。

ただこの仕組みを作るために活動している天使の数はとても多く、この世界をしっかりと維持している、世界が正しく進化・成長し、ほかの次元世界と衝突がないように仕組みを作り上げている、そういう天使たちがたくさんおります。

皆さんは和美さんという人間の魂、あるいはつながっている天使、そういう関係において学びを深めようとしております。和美さんと呼ばれていた人間の魂は、天使の世界に強いつながりをもっておりました。天使の世界でもさまざまな役割がありますが、和美さんは元々は人間世界にかかわりをもとうとして、人間を調べるところから始まっていきました。

人間を調べて、いろいろ作業をしているうちに、人間の意識レベルがかなり低いこと、なぜ人間の意識レベルが上がらないのか、なぜ同じ間違いを何度も繰り返すのか、そういったところに疑問をもち、その疑問を解決しようとして人間世界の流れに入ってきました。人間世界に入ってきて人間的な体験を重ねているうちに、だんだん人間の意識波動が強くなっていき、天使の意識よりは、人間の意識が優先するようになっていきました。

皆さんも同じように、最初は大いなる存在たちとつながっていた意識がありましたが、人間に興味をもち、人間の流れに入るに従い、人間の世界に閉じ込められてしまう、人間の意識に一体化してしまう、そういう状態になり、天使のときの意識を忘れてしまい、人間という意識が前提となった活動をするようになっていきます。

人間の体験を続けていき、人間のカルマとしてのエネルギーを浄化させていき、意識を高めていくと、人間的な意識から天の意識へと戻ることが可能になります。人間の意識はとても複雑であり、さまざまな考え方、さまざまな発想、さまざまな創造力を使うことができます。

この人間が考えるさまざまな能力、これを本来の天使の世界で具現化できることが望まれております。本来の天使の世界で、自由に作り出していく。世界を自由に動かしていく。そういった力が身についてくると、実際にそれを活動することができるようになっていきます。ただ人間の意識の時は人間のさまざまな思いが概念のようにまとわりつき、結果的にうまくいくことがうまくいかなくなったりしてしまいます。

この皆さん方の物質世界の中において、これから天使という存在、天使というエネルギー体にしっかりつながり、天使と一緒になって行動する、天使と一緒に活動するということが皆さん方自身の成長に大きく役立てることになります。

第三密度の意識は天使を認識せず、人間がすべて、人間が最上のもの、人間を大前提に考えていたのが第三密度ですが、第四密度はいろんな自然界や宇宙回、いろんなものとうまくつながり、自分ができないことは大いなる存在たちが行なっている。いろんな存在たちとして協力しあって、自分自身も成長し、関係しているところすべてが良い方向へと向かっている。これが第四密度の生き方になっていきます。

皆さん方の今のちょうど意識レベルの天使のエネルギーは、アセンションして第四密度に向かうという意識レベルと、第三密度のままで第三密度をまた体験する、この意識に別れていきます。皆さん方の多くはいわゆるアセンション、第四密度に向かうという魂の成長を望んでおります。第四密度の世界に入るためには、いわゆる天使をはじめ、さまざまなスピリチュアルな存在を理解し、一緒になって活動していく、共同作業していくという意識が求められていきます。

皆さん方自身が自分の人生だけではなく、多くの人を含めた世界でのいろんな活動、天使たちの活動、自分ができる活動、こういったものが要求されていきます。

和美さんの元々の魂、光の御魂のレベルで見たとき、この世界に、皆さん方と共にいた世界において、少しでも人間関係において平和がもたらされ、壊された人間関係を正常に戻し、良い人間関係を作り上げていく。本来の正しい流れに戻り、流れを正常なものにしていく。これが根本的に求められておりました。

しかしなかなかうまく進むことができず、どうしての低い波動に影響を受けてしまい、低い波動で現実化させてしまう。こういう状況が多く行なわれておりました。特に皆さん方と共に活動を行なっていたとき、全体がうまくいくための天使の使い方、光の使い方になかなかうまく進めないところがありました。

皆が天使と一緒になって何か活動するというとき、全員の思いが一つにならなかったり、全員で行なうべきところが一部の者たちだけで行なっていて、全員の力にならなかったにしているところがありました。皆で何かをする、ワークをしたり、スピリチュアルなことをするとき、私はよく分からない、ほかの人に任せる、そういう意識があるとリチュアルの全体がとても困難になってしまいます。

ほんのわずかでも、私はしない、できない、分からないという意識があると、その意識が自分で動き出し、妨害をするように働きかけてきます。できないとか、分からないという意識が肉体意識をもつようになり、そして妨害をする活動を始めていってしまうのです。したがって皆で何かをする時、分からない、できないとか、感じないという意識をすべて取り除き、できる、分かる、こういう意識を明確に作り上げる必要があります。

練習のために皆さんと一つワークをやってみたいと思います。

和美さんがいちばん意識していたのは、まったく罪のない人や本当に純粋な人、真面目な人が利用されたり、犠牲になったり、場合によっては生命をなくしたりしてしまうという現実がありました。本来はよい人、真面目な人、純粋な人であるにもかかわらず、理不尽にいじめや攻撃を受けたしまったり、生命を落としたりしてしまう。ここにとても強い疑問をもっておりました。

もちろん宇宙から見ればそれも意味がありますが、だからといってそのまま無視しておくというのは好ましい行動ではありません。たとえどんな理由があろうとも弱い者を守る、少しでも楽にするように手伝ってあげる。こういう意識は必要となります。

皆さん方の意識やこの場の世界から見て、理不尽に攻撃を受けている女性や、ただ被害を受けている女性、意味もなく攻撃されている人たち、こういう、本人たちは真面目に正しくやっているのに攻撃を受けてしまう人々、そういう人に対し光を送り、少しでも自分に目覚め、良い流れを進むことができる。そのためのワークを天使と皆さんと一緒になって行なおうと思います。

もし自分の意識の中で、ただ我慢して耐えている子供や女性たち、意味もなく攻撃されたり被害を受けたりしている女性や子供たち、ただ権力に負け言うなりになっている人、こういうような人をもし身近に感じていたり、あるいは話で聞いたり、自分の意識の中にある場合、そういう人たちに光を送るワークをしていきます。

自分が感じられる人たち、友人でも、あるいは面識のない人でもかまいません。理不尽に攻撃されている、ただつらい思いで我慢している。皆の前でひどいことを言われている。そういうような光が必要と思われる人をまず思い出したり、見つけたり、そういう人たちの意識に繋がろうとしてみてください。

この日本においては全体的に女性が我慢している。言いたいことを言えずにただ我慢して、ニコニコして相手に合わせている、という理不尽な心の波動があります。我慢して仕方なく、表向きニコニコしている。そういう心の波動をも感じてみてください。我慢している、意味もなく非難されたり攻撃されたりしている、そういう人たちに、 天界からの温かい信頼できる素晴らしい輝きをもった光が降りてきます。つらい思いをしている人、我慢している人、言いたいことを言えずに利用されている人、そういう人々の心に温かい、やさしい愛の光を送り届けてください。

そういう人々の心に愛と光を送り届け、自信がでてくるように、自分でできるという意識が動き出すように光を入れていってください。

皆さん方自身の体も変化していき、自分の体が光る体、スピリチュアルな光る体へと変化していき、自分で自分の体を自由に動かしながら、自分の肉体を自由に感じていく。こういう意識や能力も感じてみてください。

光がいっぱい自分の世界に流れ込んできて、自分の世界が光りで充満し、自分の世界から光が外側へと広がっている。この光の変化を感じ取っていきます。

この光の世界全体が輝き、全体から修正をさせる光が流れてきて、皆さん方の感じている一人ひとり、あるいはほかの人々たちに本来の輝きのある光を届けていきます。

光を届けていきながら本来、男性、女性とか、被害者、加害者、そういう別々の極性は必ずしも進化を進めてはおりません。いろいろ区別したり違いを認めていくと、余計にそこに意識が向いてしまい、許すという波動よりは戦う、争という波動が強くなってしまいます。いろんな人々を許す心を身につけていく。一方的に何かされたり、被害を受けたり、不愉快なことがあったとしても許せる心をまず身につけていく。この意識を確立させてください。

どんな状況になろうとも自分の選んだ現実は自分自身が大事に育てていく。

この光を自分の周りからの多くの人々に流すようにしていきます。はじめは自分が理解できる人々につながりやすいですが、だんだん理解しにくい人たちにもつながり始めていきます。相手を生かす、相手を許し相手を生かす、多くの生命を傷つけることなくしっかり生きる喜びを感じてもらう。こうやってほかの多くの人々に生きる喜び、生きる楽しさを伝えていきます。

ほかの人を生かす、ほかの人に楽しんでもらう、こういう意識で働きかけていき、またその相手からそれをしっかりと認めてもらうと、とても強い光のサポートが現れてきて、その人自身が新しい光のサイクルに入っていきます。今、皆さん方が行なっているワークによってほかの人が天使に目覚めていく、ほかの人が自分たちの現実を正しく理解し、正しい人間関係を作り上げていく、そこに向かって進んでいきます。

いろんな人々が光を受け入れ、光に目覚め、光として個別に動き出せるように変わっていきます。

皆さん方がほかの者たちに流し、ほかの者たちを目覚めさせようとした意志と光はそのまま皆さん方自身、皆さん方の世界に戻ってきて、光を与えていきます。皆さん方自身も自分でしっかりと受け入れる意識が必要になります。

目覚めのための光、エネルギーを自分が受け取り、それを実際に使えるようにしていく。そうやって自分自身に新しい光が入ってきて、新しい目覚めが行なわれていくのを感じていきます。



②成長するためには高い意識の魂と活動すること

皆さんの言葉でいう和美さんという意識体から、簡単に話をしていきます。

人間としての学びの時に多くの人がとまに学び、共に遊び、相談を受けたり、お互いに悩んだりして、人間としての生活を十分に体験させてくれたことに感謝を申し上げます。本当に多くの人と時間を過ごし、心の相談、人生の相談、いろいろ受け、相談し、悩んだり、喜びを分かち合って、充実した時期を過ごすことができました。

もともとの和美さんの人生とは少し違う流れに入ってきましたが、それによって多くの人と縁ができ、つながりができ、また心の交流が得られたことを喜びとしております。和美さんそのものの意識体はその後順調に浄化を進めており、今は光の世界の中で光に目覚め、光として活動できるトレーニングを受けております。

人間の時の癖で、自分は光ではないという意識がこびりついていたところがありましたが、今はかなりその部分が浄化されていき、自分を、できない、否定的に思うという意識はほとんどなくなっております。したがって、皆さんから見たときは、もう別の和美さんのように思われることでしょう。

まだこれから和美さんの意識として目覚めさせるべき必要なトレーニングがたくさん残っております。光の世界に戻ってくるためにはもう少し時間がかかることになります。感情的なレベルの光はかなり修得し、もらうことも多くなりましたが、理性の活性化の面で少し不十分なところがありました。この理性における目覚め、開発において、また人生を送るのか、それとも魂の世界で目覚めを行なっていくのか、そこに向けての調整が行なわれております。

理性を魂の世界で身につけるためには高い意識の仲間と常に行動をする必要があります。しかし、今、高い波動の意識のものたちは別次元の作業で時間がとられているために、和美さんを直接導くことは難しくなっております。そのために和美さんは別のやり方で知性を身につける、理性を身につけるという学びを始めております。

これは人間世界から見ると理解できない働きになるために、皆さん方自身は何も行なう必要はありません。皆さん方と共に学び、共に分かち合ったことはとても良い経験として残っております。人間についていろいろ考え、話し合ったことも十分に意味がありました。ただ今の地球の意識レベル、今、行なっているアセンションという現象、こういう状況を踏まえた時、次の役割としてどういうものがふさわしいか、どういう働きができるか、今、その部分の最終調整を行なっております。

まだどのようにして活動するのかは明確には決まっておりません。まだまだ魂の世界でのやるべきことが残っているために、すぐに次の作業に入ることができるわけではありません。それでも皆さん方と少しでもつながりを作ることができ、分かち合うことができたことは喜びとしております。

人間的な和美という意識はほとんどなくなってきていますが、皆さんからの思いの一つひとつは届いております。今回の人生で皆さん方のように、素直で純粋で真面目な人々と多く会えることができたことはとても良い体験として残っております。

皆さん方が大事にしてくれたこと、皆さん方が愛してくれたことをよく覚えております。しかし和美さん自身がさらに前に進んでいく必要があり、皆さん方自身も人間世界で先へ先へ、一歩一歩前に進み、魂が進化をしていく、魂が成長していくという喜びを感じ取ってもらえるようにしていただきたいと思います。

それではここまでにいたします。ありがとうございました。









個人アドバイスは省略

centsun.gif

  Ascension Report



Arghartan Messages
CentralSun  ~2010