20180212 of Central Sun Ascension Report

/第四密度/現実は自分で選んでいる/意識的に行動する/執着は思い込みは同じ現実ばかりを引き寄せる/

2018/2/12 特別セミナー:正しい選択

このメッセージのいいねポイントは

現実は自分で選んでいる


①深いレベルの意識が選択肢を招いている

第四密度の世界から話をいたします。第四密度の世界から皆さん方の第三密度の世界をみたときに、いくつかの注意すべきことが現れてきます。皆さん方は自分の人生を自分のペースで自分のやり方で進んでいる、自分の思った通り、自分の人生が進んでいる、あるいは自分で決めなくてもうまく流れに合わせて自分の人生が進んでいる。そのように自分の人生を考えているでしょう。

第四密度という世界から皆さん方の人生を見たとき、皆さん方は自分の望んでいるものを自分で選んで、それを体験している。自分が体験したいことを自分で選んでいる。そのように現れていきます。この自分で選んでいるという意味が、皆さん方には理解できないかもしれません。たとえば暴力的なパートナーにいつも悩まされている、会社に行くと嫌な人ばかりで一緒に仕事したくない、。このように思っているかもしれません。

自分で選んでいるというこの自分は、皆さん方の自分の脳で考えている自分の思いとは別のレベルの自分になります。ただ、この自分というものが、ではハイヤーセルフが選んでいるのか。そう思うと、実際にはハイヤーセルフではなく、やはり皆さん方自身が自分で選んでいることになります。ハイヤーセルフでさえも皆さん方の人生に介入することはできず、皆さん方がただ自分で選択するのを眺めているに過ぎません。

ハイヤーセルフは皆さん方が体験する現実を数多く用意してきて、皆さん方の目の前にいていく。ただそれを皆さん方が選択するかどうかは、皆さん方に任されております。では嫌な人に出会うという現実をなぜ皆さん方が選択するのか。いわゆる心の深いレベルで気になる、この気になるという人や印象、この気になるという心そのものが現実を引き寄せていきます。いつも嫌な目にあう、あの人とは会いたくない、こんな仕事はしたくない、こういう思いが強く心の中にあると、その現実を自分が選択するという流れを進むことになります。深いレベルで気になる、いつも気にしている、こういう思いそのものがその現実を選択することになります。

 では気にしなければいいのか。まったく気にしなくても現実として現れてくるものがあります。皆さん方が選択する場合でも、選択肢として与えられている無数の現実、この無数の並行現実の中にはまったく皆さん方が思ってもいない現実があれば、望んでいる現実、さまざまな現実が用意されております。その時の一瞬一瞬の心の在り方によって、この現実が選択されていきます。

深いレベルで気にしている、気になっている、そういう場合でも、明らかに自分が意志をもって行動する、意志をもって行動することによって、自分が意識的に選択するという場合が現れてきます。こうやって意志を使って意識的に現実を選択する、この現実がまず優先されていきます。

やはり意識的に行動する。無意識的に行動したり、ただ人の言う通りに動かされていると、優先順位は下がっていきますが、意識的に行動すると高い優先順位に並んできます。では意識的に良いことを考えたとします。たとえば宝くじが当たる。良い人に巡り会う。これを意識的に考えたとしても、ほとんどの人はその現実を手にすることはできないでしょう。

ここが皆さん方の人生のエネルギーの流れの難しいところであり、皆さん方がもっている体験すべきエネルギー、皆さん方の人生の中にある体験すべきエネルギーが用意されていきます。皆さん方が身につけている体験すべきエネルギーの中に、宝くじに当たるというエネルギーがなければ、これは現実化させることはできません。

また偶然良い人に巡り会うというエネルギーも、そういう現実が初めからなければ、現実として現れることはできません。つまり、大きな前提条件として、皆さん方が人生の流れの中で体験すべきもの、体験する必要があるもの、このエネルギーが優先されていきます。

皆さん方のほとんどすべての人が人生で出会うべき人が用意されており、出会うべき人と出会うことによって必要な体験を進めている。この大きな前提条件を変えることはできません。ただこの出会うべき人の体験のエネルギーによって、その人との体験がほぼ終了した、体験が終わったという場合にはそこにエネルギーが終了し、次の段階へと進んでいきます。

この体験すべき人との間で体験すべきエネルギーが終わった時に、その時の終わり方やエネルギーの状態によっていくつもの現実が現れてきます。いわゆる別れるときにさらに新しいカルマ的なエネルギーを作り出してしまったかどうか、カルマ的なエネルギーをいっさい新しく作らずにすべてきれいな形で人間関係を完了させたか、そういったエネルギーの体験の仕方によって、次の段階が異なってきます。

仮に新しくカルマ的なエネルギーを作り出した場合、その人との出会いは終わったとしても同じような人を引き寄せる現実が作られていき、そこで新しい人間関係が現れてきます。その時に用意されていた人にそのエネルギーが重なってくるのか、それともまったく別の人を作り出してその人との間で体験を続けていくのか。ここでは決まっていないために、皆さんが自分の現実を自分で選択するという状態になっていきます。

一般にただ自分では意識的に行動することができずに、ただ流れにまかせる、人に合わせる、言われたとおりにする、そういう人の場合は次に出会うべき人にこれまでのカルマのエネルギーが重なって一緒になって体験することになります。しかし意識的に行動している人の場合はカルマとして体験する人と本来体験すべき人は別のエネルギーとして動き出していき、より多くの人間を通してそれぞれを別々に体験することになります。

つまり意識的に行動している人は、より多くの人との関係や交流、人間関係を通して、それぞれ別々の体験を行なうことになります。しかし一般に自分で意識的に行動できずに、ただ流れにまかせる、言われた通りだけで行なう、人に決めてもらう、こういう人の場合は、特定の人を通して、そこですべてのエネルギーを体験するような流れを選択することになります。

皆さん方がより自分の意識を成長させ、アセンションに向け、高いレベルの意識を身につけるためには、なるべく意識的に行動して、多くの人を通してそれぞれ別々のエネルギーを体験していく、こういう意識を身につけた方がアセンションに近い意識が身につくことになります。

多くの人を通してそれぞれ別々の人間関係を体験していく。そうすると、自分にとってやりやすい人から始まり、やりにくい人、いろんな人が目の前に現れてくるでしょう。それはそれで一人ひとり別々のエネルギーを体験していくために、ある意味ではエネルギーとしてはとても分かりやすくなってきます。

そしてエネルギーの体験が終了したら、その人との関係はそこで終わったり、また新しい人が現れてきて新しいカルマのエネルギーを体験していく、そのような流れが続いていきます。どちらにしても、皆さん方は、ある意味では人間関係において自分と接触する人を意識的に選択する、意識的に人間関係を変えていく、これはある意味では自分の人生を選択している、意識的に選択しているという状態に近づいていきます。

自分で意識的にいろんな人に近づいていったり、いろんな人との関係を作り出していく、こういう人はクリエイティブな人生を進んでいるということができ、いろんな意味においていろんな人との流れの中でなるべく良い人との間では良い関係を維持できるようにする、自分にとって苦手な人、やりにくい人でも否定せずにその人間関係を大事にして、自分にとって苦手なエネルギーを体験していく。こういったことをうまくコントロールできるようになれば、自分の人生をうまくコントロールできるようになっていきます。

しかし自分でコントロールできずに、ただ人から何か言われるのを待っている、現象が変わるのをただ待っている、こういう受身的な人生を過ごしている人は、一般に一人の人間にさまざまなエネルギーがかぶさって体験することになるために、一人の人と長く続くことが難しくなってしまいます。

なるべく自分にとって良い選択をしながら、良い人生を進めていくためには、意識的に人間関係を作り、体験していく。そういう気持ちをもった方が良い人生を進めるようになるでしょう。

意識的に人間関係を作り上げ、人生を進めるようになっていくと、明らかに自分よりも優れている人、自分よりも意識レベルの高い人、自分よりも意識の使い方が優れている人、そういう人が分かるようになっていきます。そういう自分よりも何かが優れている、自分の人生において参考になる、そういう人を感じたり、友人になったり、接することができるようになると、なるべくそのよいところを自分もうまくできるようにしていく、そういう人を参考にしながら自分も高い意識レベルを身につける練習をしていく。そうやってなるべく自分よりも優れている人と接しながら、自分もそれを身につけようとする意識を常にもっておいてください。

こうやって十分に参考になる人、自分を育て高めてくれる人とのつながりをうまくもっていくと、流れはかなり良い方向へと進んでいきます。常に自分を高めてくれる人、自分を導いてくれる人が現れるようになってきて、仮にその人とのつながりがきれたように見えても、代わりにまた別の新しい良い人が現れてくる、常にこうやって自分の人生を良い方向へと思う高めることができるようになります。

この人間関係において執着しないという意識が重要になります。自分のことをとても大切にしてくれて、とてもいい人なので、ずっと友達でいたい。こういう執着的な意識があると、この執着によって自分の意識が成長できなくなる場合があります。仮にその人が高い意識レベル、優れた意識の人であったとしても、執着してしまうと自分自身の成長ができなくなり、現実を変えることも難しくなってしまいます。

したがって執着しない意識のもち方、常に臨機応変に自分に一番ふさわしい人が常にやってきているという現実を受け入れること、これによって意識レベルを高く維持することができるようになります。

皆さん方の一瞬一瞬の現実の選択において、常に同じ現実ばかりを選択してしまう、執着や思い込み、感情的なものによって同じ現実ばかりを進んでしまう、そういう人のエネルギーを浄化し、もっと臨機応変にいろんな現実を選択できるように、エネルギーの調査を行なっていきます。

マインドや感情を楽にしながら、自分の普段の意識の在り方を思い出していってください。自分の普段の意識の在り方を思い出しながら、いわゆる自分にとって良い人、自分にとって苦手な人、両方を感じていきます。

まず自分にとって良い人、この良い人を感じたとき、なるべくその良い人から、その人自身にこだわるのではなく、その人の良い面、考え方にしても、話し方にしても、知識や教養にしても、その人の人物に執着するのではなく、その人のもっている良いところ、自分が良いものと感じているところ、そこを見抜くようにしてください。

そしてその人の良いところに自分がつながり、その人自身につながるのではなく、その人のもっている良い波動、良いセンス、良い意識、そこにうまくつながり、良いものを自分も受け取れるようにする、そういう感覚を身につけてください。

決して人間そのものに執着するのではなく、その人の素晴らしいところ、そこにつながるようにしていく、そうすればその人自身のエネルギーではなく、その良いエッセンスにつながる人がさらに近づきやすくなっていきます。

また自分にとって苦手な人、自分があまり近づきたくない人、その人を思い浮かべていきます。その人自身が苦手というのではなく、その人の何が苦手なのか。その人の言動なのか、考え方なのか、感情なのか、その人の何に自分が苦手な意識をもっているか。その人の心や考えを分析していき、自分の苦手なものが何なのかを見つけていってください。

この自分が苦手というものを見つけたとき、その人そのものを憎んだり嫌いになったりするのではなく、その人のもっているその波動、その心や感情や考え方、なんらかに自分が抵抗を感じている、その部分を見つけ、その部分に自分の心が反応しているという現実を認識していきます。

その人を嫌ったり、その人が悪いわけではなく、その人のもっている何らかのエネルギー、感情か、思考か、あるいは何らかの特性、癖なのか、そういったものを見つけていき、ただそこに反応している。それを見つけたらなるべくそれを理解しながら、自分の方ではそれをあえて否定的な思いを出さないように、ただそれを許していく、その人自身の個性の問題であり、気にしている自分自身が同じ波動になってしまっている。自分がそれを気にしている段階で、同じ波動になってしまい、相手からそのエネルギーが自分に流れてしまう。それによって、相手と同じ時空、同じ現実を自分が選択してしまっている。これを認識していきます。

自分が気になると思った瞬間に、相手と同じ現実を自分が選択しているのです。それを理解していき、自分は相手と同じ現実を選択しない、相手をそのままただ理解し、そのままにしてあげる。自分はその心に同調せず、その現実を選択しないようにしていく。そうやって自分が苦手意識をもってる人とは繋がらないようにする。同じ現実を歩まないようにする。そういう心の切り替えを行なっていってください。

今、行なったワークは、ここにいる皆さんは家に帰ってからでも、いつでもどこでも行なうことができるようになります。自分が何か気になった人がいた時に、どの部分が気になったか、気になっている部分に繋がらないようにして、ただ相手を理解し、自分はその波動に意識を向けないようにする。そうすることによってその人とは別の現実を歩くことができるようになります。

また自分にとって高い意識レベルの人、そこに合わせることによって自分も高い意識レベルの現実を選択していく。このやり方を自分でも身につけていき、いつでもどこでもできるようにしていってください。

自分なりに心のエネルギーが解放され、自分の心での選択が意識的にできるような感覚になった人は、自分のペースでゆっくり戻ってきて、楽にしていってください。

※個人アドバイスは省略します。

centsun.gif

  Ascension Report



Arghartan Messages
CentralSun  ~2010