20171204 of Central Sun Ascension Report

/キリスト意識/頭ではなく心で感ずる/家族を守るのはキリスト意識ではない/ただ生命を守る/宇宙のキリスト意識へ/

2017/12/4 月例セミナー

このメッセージのいいねポイントは

頭で考えるとただの分別のある行動


①自分よりも他を優先できるか

キリスト意識としてお話をいたします。皆さんの中にはもう何年間にもわたってキリスト意識を学んでいる人がいるでしょう。しかしキリスト意識は頭で理解するものではなく、心で感ずるものでもなく、ただ実践する意識になります。

理解しないと行動できない、分からないと行動できないという人もいるかもしれません。しかし頭で理解して、頭で判断して行動するものはキリスト意識ではなく、ただの分別のある行動になります。キリスト意識は考えた上で結論を出して行動するという意識ではなく、身についた自分の愛なり智慧なり、身についたものを通して自然に行動できるのがキリスト意識になります。

皆さんは毎年さまざまな学びを重ね、1年ごとに大きな成長を行なってきました。魂の分野においても、心の分野においても、精神の分野においても、意識が広がる大事な学びを積み重ねてきました。それによって自分の世界における正しい生き方を身につけ、それが愛となり智慧となり、自分を少しでも高めていく道を歩んでおります。この自分の中で身についた自分なりの智慧や愛を使った方向性、その方向性に向けて、自分よりも他の生命を守ろうとする、自分よりも他を生かそうとする、この他を生かすという愛を原動力にした意識、これが皆さん方にとってのキリスト意識になります。

他を生かすために、自分の知っている智慧を使い、身につけた愛を使い、自分のもっている力を使って、他を生かすために行動していく。これが皆さん方にとってのキリスト意識となりながら、そこに常に歩み続けること、そこに向かって進み続けることが求められているのです。

ずっとキリスト意識で生き続けるというのは皆さん方にとってはまだ難しいかもしれません。そういう機会がある時、そういう状況の時に、キリスト意識で切り抜ける。それ以外は普通の生活、普通の人生を送る。こういう人がかなりいるでしょう。はじめのうちはそれでもかまいません。ただ自分の求めるキリスト意識が目覚めていくと、人のために行動するというその意味、本当の意味を理解していくと、自分を犠牲にしてでもほかの人に尽くし、ほかの人を生かすという行動とっていくと、結果として自分が大きくキリスト意識を実践して、自分の人生を進ませることができ、自分の人生そのものが大きな飛躍をしていく、こういうことが分かるようになっていきます。

しかし自分の人生を大きく生かそうとして、キリスト意識を使って人を救っていく、これを目指しても、それはキリスト意識にはなりません。自分がよくなること、自分が成長することを考えて行動したものは愛ではなく、ただの、ある意味ではビジネス、仕事になっていきます。

そういう交換ややり取りの法則ではなく、キリスト意識はただ自分の方から実践する、ただ大事なこと、必要なこと、やるべきことを行なっていく、それだけがキリスト意識の本当のエネルギーになり、それをすることによって何かを手にする、何かが自分のものになる、そういったことを少しでも考えたのであれば、キリスト意識ではなくなっていきます。

今の日常生活の中でどういうときにキリスト意識が動いていくのか。いろんな状況においてキリスト意識は言動に現れることができます。何かを守ろうとして自分が行動する時があるでしょう。誰かが何かいじめられていたとき、意味もなくひどい仕打ちを受けていたり、相手が勘違いして攻撃してきたり、そういったときに自分の身体を使ってその人を守る。意味もなく攻撃されている人を守ろうとする、これは十分にキリスト意識ということができるでしょう。人を守りながら見返りを求めない、ただその人を守るために行動する。これがキリスト意識の原点であります。

先ほど家族のテーマが話されておりました。家族を守るのはキリスト意識なのか。ここには大きな落とし穴があります。家族という意識をもった段階でキリスト意識はかなり弱くなっていきます。家族を守ろうとするのはキリスト意識とはほど遠く、むしろ敵なるもの、家族とは正反対のもの、まったく血のつながりがなく、縁もなく、人種的にも宗教的にも共通点がない、まったく違う人間に対して守ろうとする心が動き出した、それはキリスト意識ということができます。

同じ環境だから、同じ民族だから、同じような性格の人だ、いろんな条件付けでその人を守ろうとしても、それはキリスト意識にはなりません。そういった意味において皆さん方が本当に守ろうとするものは、本当に自分の身体を使って守ろうとしているものは何であるのか。それは十分に考える必要があります。家族を守るのはキリスト意識というよりは、ある意味ではただの国民の義務に入るのかもしれない。あるいは道徳的なもの、習慣的なもの、そのようにいうことができるでしょう。

それは悪いわけではなく、むしろ必要なことであり、大事なことなのです。家族を守ることは大事なことであり、必要なことであり、当然行なうべき行動になるでしょう。ただそれがキリスト意識なのかどうかという分類で見たとき、キリスト意識には入らないという言い方ができます。

もともと日本語はとても難しく、愛という言葉にしても非常に勘違いされやすい言葉遣いが行なわれます。同じようにキリスト意識もかなり勘違いされた使い方がなされております。元々本来のキリスト意識はまず相手を生かすこと、相手の生命が進化成長するのを手助けしていく。自分の生命よりも相手の生命を優先させる。こういうと意識がキリスト意識になります。

したがって自分の生命を大事にしてしまうと、もうそれはキリスト意識ではなくなってしまいます。自分以上に相手を守ろうとする、自分以上に人を大切にしようと思う、そういったところにキリスト意識が動いていきます。

自分を守ろうとする意識はキリスト意識ではなく、感情的な一つの波動ということができるでしょう。感情でつくられた一つの人間関係、感情でつながっている人間関係において、つながっている人を大事にする。つながっている人と仲良く行なう、こういう意識の場合、どうしても大事な人という価値観が動いてしまい、キリスト意識の本質とは異なるものになっていきます。

こういうキリスト意識の波動の中で、皆さん方が日常的に感じているキリスト意識は、これから大きな大きな変化を生み出していくでしょう。キリスト意識という言葉そのものがかなり誤解を招きやすい言い方ですが、本来、キリスト、イエスキリストと呼ばれた者とは直接的な関係はありません。キリスト意識という場合のキリストは他を救う、他の生命を救う、ただ生命を守るために自分が何らかの行動をとっていく、この生命を守るということがかなり強く入っております。

この生命を守ろうとするキリスト意識、これを大事にしていきながらも、正しく使いこなしていく。このキリスト意識が自分の中で目覚め、動き出すと同時に他の生命を守ろうとする。こういったところまで成長していくと、かなりキリスト意識の感じやすい身体になっていき、自分自身の日常的な行動においても十分に発揮できるようになっていきます。

今の日本という国の流れにおいて、キリスト意識は大きな一つのテーマになっております。キリストという言葉そのものがあまりふさわしくないために、誤解されがちなキリスト意識になっております。本来、宗教とは関係なしに他を守る、他の生命を守る、この他を守ろうとする強い気持ちがキリスト意識につながっていきます。この他を守ろうとするとき、どのようにして守るのか、どうやってどういう手順で守っていくのか。ここに大きな問題が隠されていきます。

基本的に自分の目の前にいる人、自分が何かすべきことが目の前に現れている。このように目の前の人に対して奉仕をしたい、行動をとっていくのがキリスト意識を動かしていきます。目の前にいる人を助けようとする、近くの人を助けようとする、この助けようとする心、成長させようとする心、そこをしっかりと感じていき、そして具現化していく。自分の身体をうまく使いながら、相手にも感じてもらい、キリスト意識的な意識を身につけるようにしていく。こうやって自分の中のキリスト意識が行動を通してほかの人々に広がっていくのです。

楽な姿勢で、自分の魂、あるいは魂のさらなる内面を感じてみてください。

ハートチャクラから自分の中身、ハートの中身を感じていく。

今、皆さん方のハートにはさまざまな思い、さまざまな波動が入っております。それぞれの心の波動の中でキリスト意識には当てはまらないもの、キリスト意識ではないもの、そういったものを取り除いていきます。一人ひとりの心の中からキリスト意識ではないもの、そういうキリスト意識でないものを取り除いていくと、何が残っているか。それを自分で感じてみてください。

キリスト意識として感じられるものから、しっかりと自分で本当のキリスト意識を感じていく。単に願望や思い、空想、そういったもので考えていたキリスト意識的なもの、空想的なものは本来のキリスト意識とは分離されていき、離れていきます。本当のキリスト意識が心の中に残され、自分で感じられるようになっていきます。

皆さん方のハートの中に現れてきた自分のキリスト意識に、宇宙からの光線が入ってきて、皆さん方のキリスト意識をさらなる宇宙レベルの高い波動のキリスト意識へと修正させていきます。まず自分の中の自分のキリスト意識、それを感じながら、宇宙から入ってくる輝く金色の波動をそのキリスト意識の中に入れていきます。

皆さん方のキリスト意識が細くて精妙なキリスト意識の波動に変化を起こしていきます。この細かな宇宙のキリスト意識はどのような人の心にも入っていける、細かい周波数を身につけております。皆さん方の心の中のキリスト意識は、いわゆる、自分の苦手な人やあまり話したことのない人、自分と異なるタイプの人、そういう人であろうとも、皆さん方のハートチャクラから皆さん方のキリスト意識は出ていき、相手を包み込み、相手の身体の半分が高い波動へと変化していき、それによって相手の心の中のキリスト意識も目覚めていき、相手が自分のキリスト意識を感じられるようになっていきます。

そういう使い方ができるように、自分のキリスト意識を使いこなせるようにしてください。まず自分のハートの中の新しいキリスト意識、宇宙銀河レベルのキリスト意識を感じ、その精妙な波動、細かい波動を感じていきます。

皆さん方の心から出ていく新しいキリスト意識によって、周りの人々、皆さんと関係している人々のハートにこのキリスト意識が影響を与えていき、相手自身もなんらかの目覚め、キリスト意識が新しい意識に向けての目覚めが行なわれていき、高い波動の意識へとを成長させていきます。まず自分自身がこのキリスト意識の根源であり、宇宙からきたキリスト意識を自分から広げることができる。自分の言動を通して周りの人々の心へ伝えることができる。これをしっかりと意識しておいてください。

皆さん方のハートに定着したこの新しいキリスト意識は、これから時間がたつに従って、より大きな動きを動きを見せていきます。まだしばらくはそれほど意識はできないかもしれませんが、1~2週間過ぎたころ、皆さん方のキリスト意識はかなり皆さん方の身体と安定して、自分の言動と連動して使えるようになっていきます。自分が何かしてあげたいという思い、その人のために何かすべきだという思いが動き出すと、それに応じてキリスト意識が動き出していき、何かその人のためになるように、その人の生かそうとするために、自分のエネルギーや力、波動が動き出していきます。

そして自分のキリスト意識も波動だけではなく、皆さん方が相手に流したキリスト意識の波動の状態やエネルギーによって、相手が何らかの形で良くなる方向、気がつき、進化する方向と進んでいく。そういう仕組みが動き出していきます。自分が本当に必要な時に必要な人に、必要な気付きとして感じていくと、そこに正しいキリスト意識が動き出していき、その人本人が目覚める方向へと導いていきます。

皆さん方が身につけたこのキリスト意識の波動は、これからの新しい社会に向けての最初のきっかけ、愛を伴ったきっかけの行動や意識として認識されていくでしょう。守るべきものは守る、大切にすべき人を大切にする、そこに向けての一つの動きが進むことになります。

もちろん地球は一つであり、いろんな国々から成り立っています。しかしあまり国とか人種、そういったところに大きな区別を感じないようにしてください。同じ人間として同じ世界で協力し合っている人間として、普通に協力関係を行なっていきます。どの民族はどうだからとか、どの国の人はどうだからとか、そういう枠や制限を作らずに、ただ必要な人を守ろうとする、守るべき人を守ろうとする、そういう意識にキリストをつかっていってください。

皆さん方の細胞のレベルで、肉体の一つひとつの細胞のレベルで、キリスト意識につながり、自分の身体から自然にキリスト意識の波動が出ていくように調整をしていきます。先程、ハートチャクラからキリスト意識の覚醒、目覚めを行ないましたが、ハートチャクラから身体全体に広げていき、肉体の細胞一つひとつでキリスト意識に変化していく、キリスト意識の細胞、キリスト意識のエネルギーが定着しているようにキリスト意識を広げていきます。

細胞のレベルでキリスト意識の変化を受け、皆さん方の人生に少なからず影響を与えていくでしょう。他を生かそうとするとき、迷うことなく良い行動をしてください。誰かを守り、誰かの人生を良いものへと導いていく、あるいはその手助けをしていく、その時のために自分のキリスト意識がいつでも使えるようにしてください。

皆さん方の細胞一つひとつがキリスト意識につながり、ハートに自分のキリスト意識の源が作られていきます。このキリスト意識を自由に使いこなしていく。自分自身がキリスト意識としていきていく。それを感じながら自分の身につけたキリスト意識を自由に使えるようにしていってください。

それでは少し休憩をとります。


※個人メッセージは省略  16人


centsun.gif

  Ascension Report



Arghartan Messages
CentralSun  ~2010