20171114 of Central Sun Ascension Report

/現実/創造/現実を受け身で過ごす人/積極的に創造していく人/

2017/11/13 宇宙交流会

このメッセージのいいねポイントは

現実と友だちになる


①現実を敵にするとうまくいかない

光のハイアラーキとして話をいたします。一人ひとりの人生の流れにおいて、自分をクリエイティブに、自分の現実の流れをクリエイティブに生きるためにはどうするか。確かに今の皆さん方の意識のレベルにおいては、現実をクリエイティブに生きるというやり方と、現実をそのままただ受け入れて、すべてを許し認め、受け入れる姿勢で生きていく、こういう2つの生き方が考えられるでしょう。

現実をクリエイティブに生きるという本来の意味は、自分の意識が常に前向きに、世の中に向け、心が大きくなる方向、意識が広がる方向、少しでも多くの人のために役に立つ、社会のために貢献していく、こういう意識をもちながら、自分自身の心の波動を高めていくことが目的になっております。

そのためにクリエイティブに生きるということは自分が高いレベル、大きな自分になることが目的であり、ただそれを成し遂げる際に、周りの人々との協力関係、多くの人々とのやり取りの中で心が大きくなっていく、こうやって人々や世の中とかかわり合いながら自分の意識レベルを上げ、心を高めていく、こういう前向きの意識で生きていくのが現実をクリエーションするという流れの状態になります。

一般にこの現実をクリエーションするという意識の場合は、何か自分がやりたいこと、したいこと、興味のあること、そういったことに向けて自分の方から積極的に歩き出していく。現実を待っているのではなく、自分の方から現実を創り上げていく。こういう意識の人が現実をクリエイティブに生きている状態になります。

一方、自分はあるがままの自分、普段の自分のままでいて、やってくる現実を自分がいかにうまくこなしていくか。幻想とかまやかしとか呼ばれている現実が自分に襲ってきても、そういうまやかしに騙されずいろんな罠に陥ることなく、賢く現実を生きていく、こういう生き方も身についているでしょう。自分の現実の流れにおいて、自分に入ってくるもの、やってくるものを認め、受け入れながら、それを正しく現実の中で消化していく、こういう生き方も十分になされているでしょう。

これはクリエイティブという言葉は必ずしもふさわしくはないかもしれませんが、その人の心がけ、心の持ち方次第によっては心が強くなる、意識も高まり、前向きに生きることも可能になります。やはり現実を過ごす流れにおいて、一番好ましくないのは、ただ待っていてやってくる現実を受け入れながらも、基本的に現実に対して否定的な思いを強く意識していく。いわゆる嫌なこと、不愉快なこと、そこばかりに意識を向け、すべての人のせいにしたり世の中のせいにする、こういう生き方は一番好ましくありません。自分で行動せず、人のせい、世のせいにする、これはエネルギー的に高まることがなく、大きくなることもなく、ただ自分のネガティブなエネルギーばかりを体験し続けることになります。

やってくる現実をすべて受け入れ、前向きに受け入れて、ポジティブに受け入れて、自分のネガティブな部分を変えていこうとする。他人とのいろんな関係があったとしても、人を許し、社会を認め、ただ正しく生きていく、こういうやり方も十分に考えられているでしょう。この生き方は完璧とは言いませんが、言わゆる80点ぐらいの生き方として評価されることがあります。自分自身の弱い部分と調整しながら、切り抜けていく。くるものをしっかりと受け入れ、それに負けずに強く乗り越えていく。こういう強さは身につけることができます。

ただ一般に皆さん方の人生は、人生の流れを作るときにいろんな要素が人生の中に入っております。いわゆる自分からは何も行動しなくてもとりあえず人生を終えることができる、生まれてから死ぬまでの間、自分から努力しなくてもある程度進化し、成長し、人生を終えていく。こういう流れは続けられるようにしくまれております。ただそれは人生を体験するだけであり、それによって何を悟ったか、どこまで成長したか、その本当の部分はまったく決まっておりません。人生の流れの中で気づき、本当に新しい自分になろうとする、こういう意識が生まれてこないときは生まれたときとほとんど同じ状態のままで人生を終えることになるでしょう。

もし生まれたときとまったく同じ状態で死を迎えたのであれば、その人にとってこの人生は何の意味があったのか。確かにカルマを消化したという観点で見れば、それなりの意味はあるかもしれません。しかしなぜカルマを消化させるのか。それはカルマを消化させると同時に、自分が強い力を身につけていく。カルマに打ち勝ったり、カルマと向き合うことによって自分が強くなる。こうやって魂が何らかの成長を成し遂げることが要求されております。

しかし生まれてから死ぬまでの間、結局、魂が何一つ成長することなく、ただ受け身の人生だけを続けていく。こういう場合にはほとんど人生の意味はないような感じになってしまいます。やはりわずかながらでも自分の方から何かを創り上げていく。魂を強くさせる。高く輝かせる。そういったことが必要であり、それによって自分を新しく創り替えていくのです。

一方、自分がやりたいことにどんどん挑戦して、失敗を重ねながらもやりたいことに向かって進んでいく、こういう人の人生もあるでしょう。こういう人の人生はいろんな挑戦を行ない、自分の方から積極的に人生をつくり出しながらも、自分自身の才能を生かして何かを手にしていく。自分自身の眠っていた何かを思い出させ、自分がそれによって新しい自分を体験していく。こういう人もいるでしょう。

こうやって積極的に新しい自分を創り出し、体験していく人は、生まれた時と最後の時ではかなりの魂の違いが見えることになります。日々のさまざまな努力、活動において、生まれてきたときとはかなり違う輝きが魂の中に入ってきます。

日常の生活の中でどちらにしても人生は進んでいき、何らかの意識的な成長が得られることになるでしょう。本来、光のハイアラーキは皆さん方に対して、こうしなさいとか、こうでなければいけないとか言うことは許されておらず、実際そのような話をする人は誰もいません。したがってどの人生が良いのか、あなたはどういう生き方が良いのか、それを言うことは必ずしも好ましくありません。

ただ言えることは、皆さん方自身が自分の人生を自分で創り、皆さん方自身が自分でそれを体験しようとして、いま過ごしております。毎日毎日続くこの人生という流れ、それは魂なりにやるべきことがあり、それをやろうとして毎日仕組みをつくっております。皆さん方が毎日自分をどのように生かし、どこに向かっていくのか、そこに意識を向け、自分で意識的に挑戦しながら生きていくという、この生き方そのものは皆さん方の意識レベルではかなり良い方の意識と認識されていきます。

自分で自分の人生を創り上げていく、自分でやりたいことを自分で行なっていく、こうやって積極的に人生を生きようとする人は、光のハイアラーキの世界から見ても十分に評価される状態になっていくでしょう。

ただその時に、いわゆる欲望、何らかのエゴや欲によってそこに向かっていく。間違った言動、許されない言動を通してでも、自分の目標を達成させようとする人、こういう人は必ずしもハイアラーキからは評価されない状態になります。つまり目標をもち、ビジョンをもって自分の人生を創ろうとしている人の中でも、本来の正しい人間の在り方を目指し、そこに向かって人生をうまく進ませているという人は必ずしも多くはありません。やはりビジョンをもって、前向きに、積極的に生きる人の多くは、何らかのエゴが、欲望があり、執着があり、それによって良い人生を送ろうと考えているのです。

この欲望やエゴでビジョンをもって人生を歩んでいる人、必ずしもまたすべてを否定することはできません。何も自分を成長させることなく、ただ毎日を過ごしている人と、自分の才能を使い、前向きで積極的に人生を創り上げていく。ただしエゴと欲望によって人生を進ませている。これのどちらが良くて、どちらが悪いのかとかいう評価はまったくすることができません。

基本的にはハイアラーキではなく、自分で自分を計ることになります。いわゆる肉体を終えたときに、自分でこの人生のことをどう評価するか。何もせずにただ漫然と過ごしてきた人、アグレッシブにビジョンをもっている生きてきたけれども欲望とエゴの塊で人生を送ってきた人。本当に世のため人のために考え、自分よりも他人を優先して生きてきた人。いろんな人々が現れております。

自分がそれをどのように評価し、自分の人生をどうしたらよいもか。これはハイアラーキではなく皆さん方自身が自分で決めることになるのです。ただ一般にアグレッシブにエゴをもって前向きに前向きに人生を送る人の大部分は、そういう人生を何度も何度も送ってきている状態にあります。これまでの人生がいつも受け身であった人が、今回の人生でいきなり積極的にビジョンをもってる生きるということはあまり見ることがありません。

やはりこれまでの人生がただ受け身の人生、ただ毎日をそのまま過ごすという生き方の人生、そういう人生の人がとても多いため、積極的に前向きに生きるという人生がすぐに身につくわけではありません。そういう意味において、積極的に前向きに生きている人はそれなりの徳を身につけたり体力を身につけたりしている人の人生ということができるでしょう。

今の皆さん方の流れにおいて、自分の人生をどのように創り上げ、どうやって自分の積極的な才能を伸ばしていくのか。自分自身の輝きをどのようにして表に出し、満足する人生を生きていくのか。今、皆さん方がそこに向かっていろんな調整をしようとしているところということができます。

今までのこの人生の流れの中で、いつも受け身で現実をただ待っていて、そこで自分が進んでいく。この人生のパターンに慣れている人は、自分から行動するという力を身につけるのには少し時間がかかることになります。すぐに積極的に自分から人生を創るという流れに入ることはできず、頭ではそう分かっていてもいざ行動に移すとどうしてもいつもの自分に戻ってしまいます。このいつもの自分、油断してる時に現れてくる普段の自分、まずこれをしっかりと見抜いてください。

普段の自分が、ただ待っている人生、受け身の人生の自分なのか、それとも普段の自分は積極的に自分から行動し、前向きに、人に対して奉仕をするような心で接する人間になっているかどうか。自分の心を感じながら、自分の存在そのものも感じてみてください。

自分の人生は深いレベルからエネルギーが流されてきます。表面的な部分だけのエネルギーで現実が動くわけではなく、魂の深いレベルからエネルギーが流されてきて、それで現実を体験しております。したがって皆さん方のエネルギーというのは、魂の深いレベルから流れてきて自分ではコントロールできない、づしようもできないという意識で現実を過ごしていきます。

しかし皆さん方がこの現実という現象、この現実という現象そのものに興味をもち、意識を向け、この現実と友達になると、現実のエネルギーは皆さん方ととても良い関係を作り出していきます。現実を変えようとするときに、皆さん方は何かマジック的なことを考えたり、あるいは現実の中で何か特殊なことをする、あるいは自分の意識レベルを高くする、いろんなことを考えて現実を変えようと思うかもしれません。しかし現実を変える一番の近道は、現実と友達になることです。

現実もエネルギーであり、皆さん方の意識次第、皆さん方の心の在り方次第で現実も自分の友達になってくれるのです。現実を自分の友達にすると、本当に現実が自分の想いや希望によって変わっていくことが感じられていきます。

初めから現実を否定したり、現実を不安に思ったり、現実に不信感や不安をもっていると、現実は友達にはならず、自分の思う通りに動くこともありません。現実を受け入れ、現実を積極的に受け入れ、一緒に楽しんでいく。こういう心をもってる人は、現実は友達になりやすい状態なっていきます。現実をクリエイティブに生きるためには、このように現実と友達になって、友達として現実を変えていく。こういったやり方が皆さん方には本来適しているということができます。

いわゆるスピリチュアルな学び方を進め、ある程度、現実の仕組みが分かり、現実におけるさまざまな問題、さまざまな認識が身についたところで現実を友達にすると、現実は本当に自分に都合のよいよう動くことがよく起こったりしております。

現実に不信感をもつことなく、現実を友達のようにして一緒に楽しんで現実を送っていく。現実を受け入れ、前向きに現実と一緒に進んでいくと、現実は自分の思うように変化していく。こういったことを感ずることも可能になります。ただ皆さん方がそういう発想がないときは、現実が味方として動くことはなく、現実は現実、自分は自分という分離した意識が動いていきます。この分離した意識のときは、現実は自分を裏切ってしまい、予想していない現実、思っていない現実が現れやすくなっていきます。現実を友として現実を楽しんで受け入れていく人は、現実は自分の思いをいろいろを受け取ってくれたり、合わせたりすることが可能になっていきます。

自分の意識と現実という意識、この関係についてアドバイスをしていきます。

Aさん、あなたの意識と現実というエネルギーのかかわりを見たとき、今、あなたの意識と現実との接点、交わりは約10%程度ということができます。いわゆる10%のあなたの意識と現実が交わっており、その部分においては現実化しやすい状態になっております。主にこの10%として現実につながっている部分は、いわゆる肯定的な思い、平和的な思い、こういう思いであれば現実は自分にとって良い現実になる、明るい未来を創り出してくれる。こういうエネルギーのところが接点になっております。ただこれだけでは必ずしも自分の思いで現実が進むことはないために、次の段階としては自分が心から人の幸せを思っている。心から多くの人が平和で幸せな生き方を求めている。それを自分がしっかりと心にもち、宣言したり、それを現実に表そうとしていくと、その部分であなたの意識と現実のつながりが動き出していきます。そうすることによって本当に人々に対する何らかの思い、これが現実化しやすくなっていき、多くの人々に対して影響力を与えることができるようになっていくのです。これからのいろんな現実の送り方において、人々のために積極的に行動していく。この意識を強くもつようにしていってください。

Bさん、あなたの今の意識と現実というエネルギーの接点を見ていくと、今のあなたの意識においてはまだ数%程度ということができるでしょう。ただこの数%の繋がりはとても強いつながりを作り上げております。主にあなたが社会とのかかわりの中で、いわゆる縁のある人、自分とつながりのある人、関係している人、そういう人とつながる、縁のある人や意味のある人、約束した人、そういった人とはうまくつながる、こういう意識があり、この部分において現実がつながりやすくなっております。そういう意味においてはまずこの運命的な縁のある人やかかわりのある人、そういう人との出会いを大事にする、尊重する、この意識はとても重要になります。またこういう縁がある人がすべて自分にとって良い体験、良い人と限ることはありません。いわゆる場合によっては意地悪される、騙されるというのもある意味では縁のエネルギーになります。そういう意味において意識と現実のエネルギーをうまくもっていくためには、自分にとって自分を成長させる良いエネルギー、自分が今よりも良い心、高いレベルへ上がるための人、あるいはその人との縁、そこに意識を集中させ、そういう人とうまくつながりを作っていく。こういう思いを強くもっていけば、それによって現実のエネルギーが動いていき、何らかの縁のある人をもたらすことが可能になっていくでしょう。

Cさん、あなたの日常の現実化の意識と現実を創る現実のエネルギーのつながりを見ていくと、あなた自身の心の中にどこかで現実を否定したり、現実を敵のように思ったり、現実を受け入れたくない心が動いております。この現実を否定したり、現実から逃げようとする思い、これがあると思う現実は必ずしも意識の中に入ってくることができず、どうしても現実は現実、自分は自分という分離した生き方を進めることになってしまいます。現実と自分の思いがつながっていないときは、いくら自分が現実を望み、求めていても必ずしも現実は答えてくれることはありません。もし現実を本当に望み、受け入れたいのであれば、現実を信頼し、今起きている現実でさえもこれを受け入れ、前向きに取り組んでいく、本当に現実を友達のように思う、こういう意識が必要になります。こうやって、現実は自分の友達である、こういう意識をしっかりと身につけ、現実の一つひとつを前向きにそのまま受け入れていくと、あなたの意識の中の何らかの自分の才能を開く心を広くする、自分を目覚めさせる、この現実があなたに働きかけていきます。あなたが現実を使うことによって最初に動き出すエネルギーが、あなたの才能を目覚めさせる、あなた自身の本来の部分が動き出していく、この部分になり、これを目覚めさせる現実を自分で引き寄せて、そこに意識を向け、取り組むようにしてみてください。

Dさん、あなたの意識と現実のエネルギーを見ていくと、今、あなたの意識の中の、いわゆる自分を良くしたい、自分を高めたい、その部分の意識と現実のエネルギーが繋がっており、約10%ぐらいのつながりの関係がつくられております。この自分を良くしたい、自分を高めたい、喜びを感じたい、この部分とつながっている現実のエネルギーは、あなたにいわゆるどんな人でもよいから何か面白いことを教えてくれる、楽しいことを教えてくれる、あなたが前向きに生きられるようなことを与えてくれる、そういう人々や環境を現実化しやすい状態に作り上げられていきます。常に自分が何らかの楽しいこと、面白いこと、気が付くこと、そういった方向にいくように現実が動いていき、それに自分が気づけば気づくほどまた楽しい現実が引き寄せられてくる。こういう部分が10%のつながりであります。これを次の段階の現実に引き上げていくためには、自分自身が本当にためになること、自分のためになる、自分の成長につながる、自分が進化していく、その方向に向けての現実化のエネルギーが次の段階として待っております。したがって自分自身の今後の生き方において、自分がより成長し、進化し、より高い自分へと向かっていく、そういう意識を常にもって、そういう現実化を考えていくと、それに引き寄せられるようにしてあなたを高めてくれる現実が現れることになるでしょう。自分でうまく調整しながら、新しい現実を創り出すようにしていってください。

Eさん、今のあなたの意識と現実を創るエネルギーとのつながり具合は、約15%程度のつながりの状態になっております。このつながり度というのは主に自然な流れを作り出している、自然とともに自然のエネルギーを広げていく、こういう自然とのつながり具合のところの現実がうまくつながっております。この自然とのつながりの意識の部分は、いわゆる自然の流れに任せてうまく進むようになっている、こういう意識の部分が自然とのつながりの状態になっております。これを次のレベルに引き上げていくためには、自然の中にも何らかの光、いわゆる自然の中における成長、進化、そういったことも意識していることが要求されていきます。どのような自然の世界、家族や職場や人間関係の中においても、自然なグループや集まり、自然な別れや出会い、その中にも何らかの進化・成長があること、それを見抜く必要があります。こうやって自然の集や自然の仕組みの中でも、生命進化や魂の進化が隠れている、それを見抜こうとする意識を身につけていくと、次のレベルの現実が動き出していき、自分を高めてくれる現実、組織や家族を高めてくれる現実化のエネルギーが動き出していくでしょう。

Fさんの現実化の仕組みにおいて、あなたの意識と現実のエネルギーのつながり度は約15%から20%ぐらいのつながりということができるでしょう。この15%のつながり度というのは、いわゆる感情的な仕組み、感情的なものによっての人間の出会い、場の出会い、あるいはいろんな地域などとの出会いが作られていきます。この感情的な仕組みというのは必ずしも感情そのものという意味ではなく、感情を動かせる根本的な思い、感情を引き寄せる原点となっている思い、この部分が現実を引き起こしていくのです。実際には感情を体験させようとする本来の始まりがあり、その始まりによって現実を起こされていき、現実が起こされることによって感情が動いていく。こういう仕組みになっております。したがってこの感情を動かそうとする仕組みの本質的なところ、原点のところ、この部分が自分で分かるようになれば、その時点でその現実をコントロールしたり、いわゆる現実化を遅くしたり、現実化を後にしたりして、コントロールすることが可能になっていきます。そうすると、これから感情的な現実が起こりそうだという感覚の時に、それを先に食い止めたり、あとのばしにするようなやり方が身についてきて、その現実を体験しないで済むようになることが可能になるのです。また次のレベルの現実化のエネルギーとしては、自分が何らかの予感や予期によって、次に嫌な現実が現れ、その嫌なことがやってきそう、そういう感覚の時に、それを意識すればするほど、その現実は引き寄せられてきて、本当に現実を作り出していきます。したがって何かの予感を感じたり、気配を感じたときに、それが望んでいないものである場合は、わざとそれを忘れてしまう、意識を向けないようにする、かかわり合わないようにする、何も感じないようにする、そういった意識をもって、いっさい接点を作らないようにすれば、その現実化のエネルギーはつながることができず、結果的に現実化されることがなくなっていきます。これに向けてのトレーニングを進めていき、現実化するやり方、現実化しないやり方、これを自分でマスターしていき、ある程度、現実をコントロールできるようにしてみてください。


それではここまでにいたします。ありがとうございました。


centsun.gif

  Ascension Report



Arghartan Messages
CentralSun  ~2010