20170715 of Central Sun Ascension Report

/マインドの混乱とストレス/期待がストレスを生む/

2017/7/15 特別セミナー:マインドの浄化

このメッセージのいいねポイントは

期待が外れるとマインドが汚れる


①不快感をもたずに相手と接すること

宇宙のハイアラーキからお話をいたします。皆さんの今の地球人類の進化のレベルにおいて、いわゆるマインド、精神、思考において新しい段階に入っていくことを楽しみにしております。これまでの地球の意識レベルとして、家庭や地域を対象にした思考形態、家族を通して地域を通して意識を成長させていくという進化の状態が一段落し、これから新しい意識レベルの流れに入っていく、そういう進化段階に入ってきております。

皆さん方はこれまでの家族や地域としての意識レベルから、より大きなマインドの世界、大きな意識の世界へと入っていく段階になっております。いろいろ学んでいるマインドや精神の在り方の流れにおいて、自分という意識をどこまで拡大させ、自分の世界観、宇宙観をどのようにして展開し、宇宙の意識の中に入っていくか、そこに向けての大きな変化が必要となっております。

これまでの自分の進化の流れにおいて身につけてきた家庭や地域における一つのマインドの形態、精神的な一つの姿形がある意味では完成しており、それを卒業して新しいマインドの形態に入る必要があります。これまで身につけてきたマインドの形態は、家族や地域の集団の中の流れにおいて、自分という存在をどのように確立していくか、家族の中、地域の中、会社の中、学校の中、そういう一つの形態の中における個としての自分の意識を学んでくる段階にありました。

皆さん方はこの段階から次の段階、いわゆるもっと大きな意識のレベル、日本という国でも構いませんし地球規模、あるいはもっと大きな宇宙レベルまで展開しても構いません。自分がどこまで考えを広げることができるか、自分の世界観をどこまで大きくすることができるか、それが皆さん方の次の学びになっていきます。

自分が旅行したいところ、仕事で動ける範囲、自分の趣味や自分の世界観で動き回ってみたいところ、それをどこまで広げることができるのか、日本全体でも構いませんし、アジア、地球全体でもかまいません。人によってはもうすでに月や火星、他の星々まで意識を向けている人、太陽系を飛び越えて他の大きな星々にまで意識を向けている人、いろんな人がいるでしょう。

この大きな世界観をつくるのは次の段階に入っていきます。これまでの皆さん方の意識は家族、地域、地域というのは会社や学校、あるいは自分の好きな場所、いつも行っているところやパワースポット、いろんな場所において興味のあるところ、そこだけの行動範囲で認識できるのがこれまでの人間の意識レベルとして確立されておりました。


さらに大きな世界観を感じていく、単に地理的に広いという意味だけではなく、どの国のどの場所が何に自分にとって興味をもたらすのか、いろんな国々や地域、それぞれに何を感じ、どの地域のどの部分が自分に興味をそそるのか、そういうさまざまな細かいレベルで自分の世界を広げていくのです。

地球といってもさまざまな自然環境やあるいは発達しているところ、いろんな場所があり、とうてい一人の人間ですべてを理解することは難しい広大な場所が広がっております。その中のどこに自分が興味をもち、行動を本当にすることができるか、こうやって自分の世界を広げていく、そうすることによって皆さん方のマインドも大きなマインドへと広がっていきます。

これまでの自分のマインド、家庭や地域、職場や興味のある場所でつくり上げていた自分の世界観、しかしその世界観でさえも、いわゆるストレスやさまざまな状態の在り方において、自分のマインドが平和的でなかったり、あるいは調和の取れたマインドでなかったりして、自分の世界観が必ずしも良い世界観になっていなかった人もたくさんいるでしょう。

自分の世界観を楽しむ、自分の現実の世界を楽しみたい、そう思っていながらも毎日の流れの中でストレスがたまる、やりたいことができない、自由な言動がとれない、そういうことによってストレスを抱えている人がたくさんおります。中にはストレスと意識しないままで精神や肉体がうまく動かなかったり、社会の環境の中で自分自身の存在がうまく言動がとれない場合もあります。

いろんな状態において見えないストレス、感じないストレスも現れており、自分で自覚していないストレス、ストレスといわれても納得できないストレス、いろんな状態が皆さん方のマインド、心に現れております。皆さん方が新しい意識の段階に入るにおいて、これまで自分なりに身につけてきた自分の世界観、自分が意識できる自分の世界、自分のマインドを楽しめる自分のマインドの世界、その部分を修復していき、ストレスに負けないマインドの強さ、あまりストレスに意識を向けずにただ自分の喜びや楽しみを表現できるようなマインドのレベル、そういったものが実現できるようにワークを行なっていこうと思います。

まず自分のマインドをしっかりと自分で認識しながら、自分の日常生活において一番自分がストレスを抱えるのはどういう時で、誰に対し、どういう言動に対し、どういう状況において一番ストレスを感じているのか、それを自分なりに思い起こしてください。

自分の日常生活の中でストレスとして感じているもの、頭の中で思い浮かんでくるさまざまなストレスの原因、そのストレスの原因を客観的に眺めていってください。自分の見方や自分の目線ではなく、客観的にただその現象を眺めていく、客観的に眺めた後、その人本人の意識、本人の観点から状況を眺めてみる、相手に身になって、相手の立場になって自分を見た時、相手の立場になって現実を見た時にどのような意識が感じられてくるか、今それを感じてみてください。

まず状況を客観的に眺めていきながら、相手の立場になって現実を見た時に何が感じられてくるか。もちろん相手は相手の立場で相手の都合でいろんな言動をとっております。相手は相手の立場で言動をとっているために自分のことを考えているわけではありません。自分というのはいかにも自分のことであり、相手から見た場合の自分の状況を理解しているわけではありません。

相手は相手の頭の中で相手の世界観で自分を眺めていることになります。相手の立場になって考えてみた時、自分が望んでいること、自分が期待していること、そこにはほとんど意識を向けることはできません。相手の世界で手一杯であり、自分が望んだり期待しているようなところになかなか意識を向けることはできません。

改めてまた自分の立場に意識を向けてきて、自分の立場から相手をもう一度考えてみる、その状況を客観的に考えていくと、自分が相手に望んでいること、期待していること、当然そうするだろうと思っていること、そういったことが相手には伝わらず、相手は相手の都合によって現実を理解し解釈している、相手の思いの中には自分が期待していることや自分が当然こうするだろうと思っていたことにはまったく理解が及んでいない、こういう状況が見受けられてきます。

お互いに相手のところまで理解することができない、自分は相手を期待し当然こうしてくれると思っていても、相手はそれに気づかず逆に相手は相手の都合で当然こうしてくれるだろう、こうするのが当たり前だろうという感覚で自分を見ています。

一般に今の人々のストレスは期待したことが期待通りにしてくれない、常識と思っていることが常識の通りに反応してくれない、当然分かっていると思ったことが何も分かっていない、こういったことによって相手にストレスを抱える場合があります。まず相手に期待すること、当然そうするだろうと思っていること、常識で見てこうだろうと思うこと、こういう価値観を取り除く必要があります。

普通はこうだから、皆そうだから、大人だからこう、こういった価値観をすべて取り除く必要があります。そして一つひとつ確認する作業、自分はこう思っているけど相手はどうなのか、こういう時はこうするのが普通と思うけれどもあなたはどうなのか、このような確認が要求されてきます。

当然言わなくても分かる、一回言ったから分かっているはず、これは自分勝手な推測になります。自分勝手な推測で相手を責めたり、ストレスを抱えていても、それは自分の問題になります。何度言ったかもしれませんが、それでも相手にまた同じことを言う、確認をとる、この作業は必要となります。

一度言っただけですべて分かってもらえるというのは自分自身の問題になります。相手が忘れてしまっている、相手が理解してくれないという問題ではなく、あくまでも自分自身の問題になります。こうやってなるべく問題を起こさないようにもっていく意識、そのためには当然とか当たり前とか、常識とか、こういった価値観を取り除いていき、その都度その都度初めて接するかのようにして接していく、同じことをまた言うのでもかまいません。

これを当たり前のようにしていくだけで、かなりストレスという現象は取り除くことができます。ストレスの大部分は期待していることが相手に行なわれていない、常識と思っていることが相手は行動しない、こういう自分の一方的な価値観によってストレスを抱えている場合が多いのです。したがってそういう自分の価値観を相手に強制しないこと、いかに家族であったとしても、親しい友人であったとしても、この価値観は一人ひとり異なるものであるために、常識、当たり前、普通という言葉でごまかさないようにすることがとても重要になります。

自分が、では具体的にストレスを抱えている状況、うまくいっていない状況をもう一度思い出しながら、では自分がストレスを抱えるのではなく、もう一度相手に対して丁寧に優しく接してみる、常識とか普通とか期待とかをせずに、そのまま丁寧に説明してみたり、あるいは期待するのではなく、そういうものだと思って普通に接してみる、説明してみる、あるいは初めから期待も何もしない、そういう状況で現実を過ごした時に、自分がストレスを抱えている状況はどう変化していくか、それを自分なりに感じてみてください。

なるべく不快感をもたずに、初めから違和感や不快感をもたずに、むしろ良い心で相手と良い関係が続くような意識で、良い接し方をしてみてください。相手はどのように反応してくるか、そういったことをしっかりと頭で感じていきます。なるべく良い関係が続いていくような感じで、相手の深いレベルまで心が感じられてきて、良い関係が続くような状況をマインドで感じていきます。

もし皆さん方が何かにストレスを感じたり、自分の心が傷つけられた、不愉快になったと感じた時に今のような手法を使いながら、自分が期待していたこと、普通と思っていたこと、そういったこと一つひとつ分析しながら、自分が丁寧に接していたらどう事態が変わっていったかを確認できるようにしていってください。

自分の心がこうやって平和的になっていく、すべての現象を肯定的に相手の立場を感じられるようにして、大きなマインド、心が動き出してくると、自分のマインド、自分の世界が広がるようになっていき、もっと大きな世界観で世の中を見ることができるようになっていきます。

これまでは一番大きなストレスを抱えている人に皆さん方は影響されております。日常の中で一番ストレスを抱えている人、その特定の人に大きなマインドの力が動いてしまい、人生を楽しむことが難しくなっているのです。その大きなストレスを抱えている人との関係を改善し、相手の立場を理解するようになり、自分のマインドが整理できるようになっていくと、自分の世界観が一気に広がっていき、もっと大きな世界観を感ずる余裕が出来上がっていきます。

自分の世界観を少しずつ大きくしていく、もう少し行動範囲を広げたり、興味のあるもの、やってみたいこと、そういったことをどんどん挑戦していく、そういう意識を今感じてください。自分のマインドの中でやってみたいこと、取り組んでみたいこと、興味をもってどんどんやってみたいことを頭の中でしっかり感じていきます。

具体的であればあるほど、それは本当にマインドとしてつくられていきます。行ってみたいところ、やりたいこと、具体的に具体的に思い出したり感じたりつくり上げたりして、自分のマインドが楽しいこと、喜びのあるマインドで充満させていきます。いろんな場所でいろんな地域で、楽しいことを次々と行なっていく、マインドがどんどん大きく大きく広がっていきます。

やりたいことがたくさん増えてきます。単にやりたいという憧れだけではなく、本当に実現したいと思う、本当に具現化したいという気持ちを強くもってください。皆さん方が本当にやりたいと思ったことは必ず現実化の力が動いていきます。そして皆さん方の宇宙の中でそれが本当に行動できるようにエネルギが動き出していきます。

具体的になればなるほど、その具体的な思いを実現させようとする宇宙の仲間たちが近づいてくるのです。そうすることによって宇宙レベルで自分の願いを具現化できるようにエネルギが動いていきます。皆さん方の具体的に思っているマインドのレベルで本当に実現させようとする意識が動いております。

自分でも本当に努力してそれを実現させようとする、そういう意識をもってください。何かアイデアを感じ、それを具現化したいと思う、そう感じた人は本当にそれを具現化することを行動に移してください。行動に移せば必ずそのエネルギが動いていき、現実化する方向へと動いていきます。

初め少しやって何も変わらない、あるいはできないからすぐ止めてしまう、そういう人もいるかもしれません。しかしなるべくそれを諦めずに本当に行動しようとする、具現化しようとする、そうやって本当に行動に移す人は確実にそれが具現化できるように動いていくでしょう。

今皆さん方のガイド、あるいは仲間たち、ハイヤーセルフや宇宙の守護天使たちがいろんなワークを行ないながら、皆さん方のマインドの世界でつくられたものがいつどの時点で具現化できるか、どの時点で宇宙のレベルのエネルギを使っていくか、いろんな調整をとっております。

ただこれを最終的に現実化させるのは皆さん方一人ひとりの行動力、実行力によって現実化されます。いくら宇宙の仲間がエネルギを注ぎ、力を注いだとしても、皆さん方が行動しなければ現実化は行なうことはできません。皆さん方が行動する、実際に行動し自分で現実を引き寄せてくる、これをぜひトレーニングしてください。

自動的に現実がつくられるのではなく、行動することによって現実が動いていく、これをぜひ味わってください。だんだん宇宙の意識に近づいていくと、本当にそれが分かるようになっていきます。行動すると次の状況が現れてくる、行動することによってエネルギが動き次の現実が引っ張られてくる、この感覚が分かるようになっていきます。ぜひこうやって宇宙につながり、現実を自分のものとしてつくり上げていく、この感覚を身につけるようにしていってください。



それでは個人のアドバイスにいきます。

Aさん、あなたのマインドの使い方の特徴において、うまくいかなくなった時に、つい自分のせいとして自分のエネルギを自分で弱くさせてしまう傾向があります。うまくいかない時に自分の問題、自分のせいと思わずに、そもそもそういう現実であること、そういう流れであることを素直に受け入れる必要があります。誰のせいでもなく、そういう流れになっていること、そういう現実を体験していること、そういう意識を身につけ、自分を責めないようにすること、あるいはその現実をもっと良くしようとした時に、ああした方が良かった、こうした方が良かったと悔やむのではなく、自分自身の問題ではなく、現実をもっと変えたい時は誰のせいでもなく、現実そのものが別の現実を引き寄せようとしている、今の現実ではなく別のパターンの現実も用意され、それを自分を含め関係者の人が別のパターンの現実を体験をしたいと望んでいる、ただそういう意識をもつだけで現実が変わる場合があるのです。一般に後悔したり責任を感じたり、いわゆるネガティブな意識をもつとそこの現実に強く引っ張られてしまい、現実を変えることが難しくなってしまうのです。むしろ現実をただそういうもの、単なる現実として理解し否定的な思いを持たないようにすることによって逆に現実が変わりやすくなっていく、この感覚を身につけ自分なりに現実をコントロールできるようにしてみてください。

Bさん、あなたのストレスのエネルギの使い方において、人間とのかかわりの中で自分が他の人間に対して何か劣等感的なものや、自分ができなかった、自分が悪かったという強くもつ傾向があります。場合によっては被害者意識くらいになる時もありますが、基本的には自分が至らなかった、未熟だったという意識をつくり上げることがあります。まずこれも考え方を変える必要があり、自分自身の能力の問題ではなく、ただそういう現実が与えられたこと、自分を責めたり自分がうまくできないという意識をもつと、この意識がなくなるまで現実は何度も訪れてくるのです。一度自分がだめだという意識をつくり上げると、このエネルギは何度も何度も自分に戻ってきて、自分に対して否定的な意識をもたなくなるまで現実は繰り返し自分のところに戻ってくるのです。したがって現実の流れにおいて、自分を責めたり自分の責任でないようにうまく意識をもっていく、そのためにはただそういう現実を体験する必要があった、ただそれを体験すればよい、できればそれを良い方向にもっていくために、単純に次はこういう風にして良い現実に変えていこう、次はこういうところに注意してもっと良く対応するようにしよう、そういう意識をもつだけでかなり現実の体験の仕方が変化を起こしていきます。良い体験のエネルギをつくり上げるために自分自身を前向きに良い方向にとらえながら現実を体験していく、こうやってストレスのエネルギから解放されるようにしていってください。

Cさん、あなたの毎日の現実の流れにおいて、いわゆるストレスというエネルギもかなり影響を与えております。あなたに影響を与えているストレスのエネルギの中でもうまくいかない時、誰が悪いのか、自分なのか相手なのか、それとも別の問題なのか、なぜ噛み合わないのか、それぞれはどっちが正しいのだろうか、いろんなことにおいて考えてしまい、結果的に良く理解できないままそれ自身がストレスとなって自分を苦しめてしまう、こういう状況が訪れております。このストレスのエネルギから解放されるためには、まず現実は現実としてただ認識しておく、誰のせいでもなく、ただそういう現実として認識しておく、その意識において単純にもっと良い方法があるとすればどういう方法が良かったのか、その場合誰が悪いとか、誰の言う通りにした方が良いのかとかいう考え方ではなく、単純にどういう時はどうした方が良いのか、そういう人間の感情に左右されない対応の仕方、そういったところに意識を向けていってください。人間の感情的なところに意識を向けると現実とは違う方向に意識が動き、エネルギが動いてしまい、結果的に判断できない状態に入ってしまいます。感情的なことを考えると結論が出なくなってしまい、ただのストレスを感ずるだけで終わってしまいます。したがってそこに巻き込まれないように意識を向けておく、感情的なところに介入せず現実の流れだけを感じて、どうすればうまくいくか、それを考えるようにして進めていく、こうやってただの現実の対応法だけとらえるようにしていくと、あなたのストレスのエネルギは少しずつ解放されていき、もっと楽に現実を迎えることができるようになっていくでしょう。

Dさん、あなたの日常の意識の方向性において、自分なりの意識の流れにおいて自分という世界から宇宙という世界へと意識が向いております。ただ自分は現実をどこまで理解し受け入れ、今の現実の流れの中で自分を宇宙意識に高めるためにどうしたら良いのか、そういうところでジレンマやストレスを抱えていることがあります。現実という家庭や社会の流れと、自分の意識レベルの進化、これをうまく調和をとるためにはどの方法が良いのか、こういったことで自分なりの心の動きが始まっております。まず現実は現実で多くの人の意識レベルというのを感じながら、意識レベルを高めるためにどう接していくか、常にこの意識レベルを感ずるようにしてください。いろんな人の意識レベル、自分から見て意識レベルの高い人、まだ自分と同じ程度の人、いろんな人を感じながら意識レベルを高めるためには自分はどう行動すべきなのか、いわゆる同じような意識レベルの人や自分よりも低い意識レベルの人と接すると、自分の進化成長にはそれほど結び付くことはありません。やはり自分よりも高いと思われる人、意識レベルが優れていると思われるような人、なるべくそういった人に敏感になること、そういった人の生き方や現実のつくり方を見ていき、ある程度参考にする、勉強する、こういう意識が必要となります。自分よりも意識レベルの高い人を参考にして生き方、現実の過ごし方を参考にして自分もそれを試してみる、これはあなたにとってかなり良い成長の方向に入っていきます。だんだんこれができるようになっていくと、あなたの前にも宇宙意識につながるような人やすでにつながっている人がだんだん現れるようになってきて、そこから直接自分の意識レベルを高める方法とかを学ぶこともできるようになっていきます。いろんな人の意識レベルを感じながら自分にとって良い人をうまく見つけ出していき、そして自分の意識レベルも上げていく、こういうやり方で自分の意識レベルを宇宙レベルへと引き上げるようにしていってください。

Eさん、あなたの毎日の意識の在り方において、自分の意識レベルをどの辺にもってきて、どこまで引き上げようとしているか、この意識の取り組み方がまだ弱いレベルになっております。いわゆる自分の意識レベルをどこまで高めていき、何を目標としてどうあるべきか、そうした考えがまだあまり積極的につくられていないために、ある意味では現実に負けている自分のマインドになっております。自分のマインドのパワーが現実に負けている状態になっており、現実の力に勝てない状態になっているのです。自分のマインド、現実のつくり方の力を強くし、現実よりも上に行くことが必要となります。現実の力よりも自分のマインドのパワーを強くする、そのためには自分が現実をつくろうとする、自分から現実をつくり上げていき、現実を自分の家来のようにしていく、自分が現実に指示を出し、自分の指示通りに現実が動くようにしていく、これぐらいの意識の変革が必要となります。現実に惑わされたり現実に引っ張られるのではなく、自分から現実をつくり出し、現実がそれに合わせていく、こういう意識レベルを身につけていき、実際にそれを実践し行動に移していく、こうやって自分の意識レベルを現実をコントロールできるレベルへと引き上げていってください。

Fさん、あなたの毎日のストレスという意識の中で、どうしても自分自身が表現すること、伝えたいこと、正しいと認識すること、この自分の中でもっている自分の価値観がうまく相手に伝わらず、それによって誤解やうまくいかなくなってしまう状況が度々訪れております。自分としては分かってくれているはず、理解してくれているはず、という思いであまり詳しく何度も話さない状態があります。それが相手に誤解されたり、正しく伝わらなかったり、あるいは勘違いされてしまう場合があったりすることがあります。したがって当然分かっていると思われるレベルで当たり前、普通と思っている場合でも丁寧に説明していく、始めから説明していく、こういう努力を怠らないようにしてください。毎回丁寧に正しく説明するようにしていくと、それだけで相手は理解でき、間違いが少なくなっていき、お互いのコミュニケーションももっとスムーズに進むようになります。自分自身が自分で正しく認識し理解し、言葉をうまく出せるようにしていくと、逆に自分の言葉によって周りが動いていく、自分の言動によって現実が動いていく、これが分かるようになっていきます。そうするとますます自分が言ったことが現実化していく、自分が正しく表現したことによって現実がそうなっていく、この感覚が分かっていき、そうすると現実は自分がつくっている、自分の出した言葉通りに現実が進んでいく、これがはっきりと分かるようになります。こうやって自分が現実をつくっている、自分の言動によって現実が動いていく、この感覚をマスターするようにしていってください。

Gさん、あなたの日常のストレスの状況において、何で分からないのだろう、当たり前なのにどうしてやらないのだろう、こういう感覚の意識が動く時があります。何でいつもこうなのだろう、自分なりにいろいろ理解し分かっていても、相手は相手の価値観の中でしか行動できないことがたくさんあります。あなたは大きな観点で物事を考えたり、いろんな人の立場で物事をとらえることができます。しかし普通の人が皆そうなっているかというと必ずしもそうではなく、自分の世界だけで手一杯の人もたくさんおります。自分以外に他の人のことも考えるということができるのは必ずしも多いわけではありません。したがって自分から見て当然こうあるべきだと思われたとしても、相手にはまったくそれが伝わらなかったりする場合があります。それによって抱え込んでしまうさまざまなストレス、これがあなたを悩ませる場合があります。うまくいかない場合、相手に理解されない場合、ストレスと思わずに丁寧に説明してみる、当たり前のことを当たり前に普通に説明していく、この作業を怠らずに行なう必要があるでしょう。こうやって丁寧に説明するだけでだいぶ誤解や相手の勘違い、勝手な行動は減っていき、だんだん自分が表現したこと、自分がしてほしいと思うことが具体的に相手に伝わっていき、それによって物事がうまく進み始めていく状態が確認されるでしょう。自分自身のいろんなことを感じている意識をすべて相手に期待せずに、相手ができると思うことを感じて、それだけを伝えていく、相手の能力を感じその範囲内で相手に理解してもらう、こういう割り切った考え方をするだけでストレスは減っていき、現実をもっと自分の味方にすることができるようになっていくでしょう。

Hさん、あなたの毎日の現実の在り方において、ストレスのエネルギとしてどうしても人間関係の流れの中で理解できない、理解されない、分かってくれない、分かろうとしない、そもそもつながっていない、いろんな思いが動き回っております。こういう日常の意識の流れにおいて、どのようにしてストレスを解消していくか、自分が感じている心の痛み苦しみは、ある意味では自分だけの問題ということもできるでしょう。相手とのかかわり、相手との問題のように思われるかもしれませんが、基本的には自分だけの問題になっていきます。自分が相手に望んでいること、期待していること、当たり前と思っていたこと、それが相手にはまったく通用していない、まったく問題と思っていない、そこで大きな食い違いがあります。しかしそれを説明しようとしてもかなり難しく、自分の価値観で自分は正しいと思っても相手は相手の価値観で相手の言動が正しいという風に認識されてしまいます。お互いがそれぞれ正しいと思っている時自分はどう接するのか、その時あなたが自分なりに進化成長のために行動するのは、相手の心をやはり理解しようとする気持ちが必要になります。どのような状況であっても相手を理解しようとする、相手が自分と同じ立場だったらどうするのか、相手の心はどのように反応しどう動いていくのか、少しでも相手のことを考えられるような余裕をもってください。相手のことを考えることができるようになっていくと、だんだん行動も見えるようになっていき、相手の行動の一つひとつの意味が分かるようになります。相手の言動の意味が分かってくる、そうすると自分が期待していること、望んでいることと、相手が思っていることがかなり違うことが分かっていき、その段階で必要以上に期待しない、必要以上に求めないという意識が確立されていきます。この必要以上に期待しない、必要以上に固執しないという意識、これが出来上がってくると、ある程度相手を許せるようになっていき、あまり強く反応しなくなっていく、こうやって自分の心の中のストレスも軽くなっていき、あまり大きな心の動きに惑わされなくなっていきます。相手をそのまま感ずるようにしながらうまくストレスの波動を減少化させていく、この練習を行ないながら少しずつ自分の本来の人生を取り戻すようにしていってください。

Iさん、あなたの毎日の流れの中で、いわゆるストレスという意識を眺めた時、自分のやるべきことがたくさんあり、自分の作業できる時間や空間が限定されている、こういう日常の中で自分自身をどう維持し、どのように現実を動かしていくか、こういったことに関して新しい学びが必要とされます。今あなたの現実を動かしているのは、ある意味では古いタイプの現実の動かし方であり、正しくやる、ちゃんとやる、皆をうまく生かすようにしていく、こういう意識で現実をつくり上げております。この古いタイプの現実化のやり方は、一人ひとりが成長していくとだんだんコントロールするのが難しくなっていきます。一人ひとりの自由意志、一人ひとりの信念や思い、それが異なるために人が増えてくるとそれをコントロールすることが難しくなってしまうのです。したがってあなたは次の段階の新しい現実の動かし方を学ぶ時期に入っております。次の段階の現実というのは、一人ひとりの意識をしっかりと感じながら、ある程度一人ひとりの自立、一人ひとりが自分で行動できる意識、こういったものを見ていき、一人ひとりが自由に動きながらも全体がうまくまとまっている、一人ひとりの自由意志や一人ひとりの言動をうまく理解しながらも全体が噛み合っている、この意識が必要となるのです。そのためには自分がすべてを管理する、コントロールするのではなく、ある程度一人ひとりに責任や意識を戻していく、一人ひとりが自分で自分の責任をとる、自分のことに関しては自分が責任をとる、そういう意識を一人ひとりに戻していき、自分は自分の世界を大事にする、全体を感じながらも全体のすべてを自分が管理するのではなく、自分の人生を自分で管理する、それぞれの人生をそれぞれに戻していく、こういう現実のつくり方ができるようになっていくと、新しい現実の意識が動き出していき、本当にその流れに一人ひとりが入っていきます。その時に不安や心配、あるいは間違ったことやできないことを意識するのではなく、うまくいくこと、ちゃんとできること、そういった意識をしっかりともってください。少々うまくいかなかったり間違いがあったとしても、誰かを責めたり、あるいはまた元に戻すというのではなく、それはそれでただの現実として常に次の良い段階へと進んでいく、そういう意識で大きな心で一人ひとりをしっかりと見守りながら、一人ひとりに自分の責任を管理させていく、こういう意識で新しい現実を過ごすようにしていってください。

Jさん、あなたの毎日のストレスの意識の流れにおいて、自分が抱えているストレスはある意味では自分の中でつくられた自分の固有のストレスというエネルギになっております。誰もが感じているストレスのように思うかもしれませんが、実際にはあなたが自分の心の中で自分だけでつくられたストレスという風に言うことができます。いろんな人と話をしたり、いろんな人の意見を聞いて皆がそう思っている、皆がそうだと感ずるかもしれませんが、実際に強く反応しているのはあなただけであり、他の人は必ずしもそこまで強くなかったり、ただ口を合わせていたに過ぎない場合もあります。したがって最終的には自分の問題であること、これを理解する必要があります。ただ自分がストレスを感じている、自分一人でストレスを背負っている、こういう現実の流れの中で自分は何に反応しているのか、当然とか普通とか当たり前、ルール、そういったことでいろんな価値観をつくっている場合があります。この当然とか普通、当たり前、ルールというのはすべて自分の意識からつくられたものであり、逆にそういうルールや普通、常識という言葉によって自分を正当化しようとしている意識が動いております。いろんな面において自分を正当化する、そのために自分のルールに合わない人に違和感を感ずる、不快感を感ずる、そういったことによって常に自分を正当化しようとしているのです。この意識をまず自分で正直に知る必要があります。自分をなぜ正当化させようとするのか、なぜ正当化したいのか、この深いレベルの自分の心を理解する必要があります。自分に何らかの価値観、自分に対する何らかの思いをつくろうとしており、それによって正当化させようとする、この意識を自分なりに取り除いていき、普段の自分の本来の意識、正当化させようとせず比較しようとせず、競争しようとせず、純粋な自分の本来の心、それだけで人間関係をつくり上げていく、この純粋な心が必要となります。いろんな競争社会の流れの中で競争に巻き込まれずに、ただ素直に人生を楽しむ、こういったことがあなたの方向性になるのです。自分自身の心をしっかりと理解し見極めた上で、ただそのままを楽しんでいく、この流れをぜひ自分のものにするようにしていってください。

Kさん、あなたの毎日の現実の流れにおいて、ストレスという意識はあなたの中の小さな部分として染み付いております。小さな部分というのはある意味では大きくないという意味もありますが、実際には小さな染みほどそこに意識が向いてしまい、気になってしまい、なかなかそこから離れることができないという状態もつくられております。この気になっているところ、そこにずっと意識が向いてしまい、大部分はうまくいっているのに小さいところで引きずられてしまい、それによって大きなストレスのように感じてしまう、こういう意識の流れにおいて、自分の気になっているストレスの部分をどう解消していくか、これはある意味では悟りのような意識が必要となるでしょう。惑わされない、気にしない、自分は自分の信念でただ正しいことを行なっていく、こういう割り切り方が必要となります。割り切り方というのは相手の問題とか人の問題とか状況の問題ではなく、気にしている自分自身の問題であるからであり、自分自身がどう気にして何を気にして何に反応し、自分自身はどう心をもっていきたいのか、その部分において自分だけの心の問題ということができるのです。ただ現実はさまざまな形で現象を現していきます。自分だけの問題が多くの人がかかわり合うかのように現れてきたり、小さな問題が大きな問題であるかのように襲ってきたりする場合があります。それによって自分が惑わされてしまう、まるで自分が攻撃されているように感じてしまう、さまざまな心が動いていくのです。問題の本質を見極めていくと、そこまで大きな問題でなかったり、あるいは見方を変えるだけですぐに解決できたりする場合があります。そういう意味においてストレスと呼ばれているのはあなたの場合は自分の心の中でつくり上げた大きなエネルギ、実際には小さなものが大きなものであるかのように襲い掛かってくるエネルギ、それをストレスとして感じているためにその部分を正直に自分で見つめながら、うまく乗り切ることができるようにしていってください。

Lさん、あなたの毎日の現実の流れにおいて、ストレスというエネルギはあなたの心の中では長い間付きまとい、長い時間や長い間心にしがみついている状態として現れております。いつまで続くのか、どうやったら解放できるのか、いろんな思いが付きまとっております。このエネルギからうまく解放されるためには、まず自分が本来すべきことは何なのか、余計なことに意識を向けすぎていないかどうか、自分が本当にやるべきこと、しなくても良いこと、そういったものを分析していった時に本当には自分はそこに自分がする必要があるのだろうか、自分ではっきりと分析し理解し、必要でないものはどんどん手放していく、自分の責任でないもの、自分の世界でないもの、そういったものには惑わされず無視していく、こういう割り切り方が必要となります。本当の自分の人生のために必要なものだけを取り入れ、それを自分のために使っていく、本当の自分に必要でないものは介入せずそのまま放っておく、こういう意識によって自分の現実をしっかり自分の力で進めることができるようになり、必要以上のエネルギに惑わされないようにすることができます。自分にとって本当に必要なものは何なのか、必要でないものは何なのか、それを見極めていき必要なものだけをしっかり選択できるようにしていってください。

Mさん、あなたの現実の流れにおいてストレスというのがいろんな意味において自分の現実にまとわりついてきます。あなたの場合のストレスはある意味では体験すべきものとして入ってきている現実であり、それをすべて無視して良いのかどうか、どこまで接したほうが良いのか、いろんなレベルのストレスが現れてきます。まず基本的に体験しなければならないストレスというのもいくつかあります。それは自分が体験することによって何かを見つける、理解する、乗り越える、力を手にする、そういう種類のためにわざと現れているストレス的な現実があります。それは避けたり逃げたりするのではなく、むしろ本質は何なのかを見極めていき、それによって自分が強くなる、新しい力を手にする、そういうものである場合はむしろ積極的に取り組んでいく、こういう意識が必要になる場合があります。ただ別の種類のストレスとして必要でないものを取り入れたことによるストレスがあります。もう自分は卒業し体験する必要がない現実でありながらも、つい手を出してしまって、また自分の問題としてつくり上げてしまう、こういう種類のストレスがあります。したがってもう卒業してしまったと感じた場合においては、あえてそこに介入したり、引っ張ってくるのではなくそのままただ客観的に見ていく、ただそのまま暖かく見過ごしていく、そうやって自分の中に取り込まないようにする、これができるようになっていくと、だんだんただ観察するという意識だけでそれらを見ることができ、ストレスを抱えることがなくなっていきます。またいろんなところに意識を向け感ずる能力があるために、細かいところにいろいろ深い意識を入れてしまい、それによって自分の世界に引っ張ってきてしまう場合があります。この場合本当にそこに意識を向けて良いのかどうか、どの部分を自分は喜びと感じ自分の世界にもってきて良いのか、これを瞬時に判断できる能力が必要となります。ただ単に人間的な意識で判断するのではなく、展開的な意識で今感じたものを自分の心にもってきて良いのかどうか、自分の世界にもってきて良いのかどうかを感じていき、必要と思うものだけを自分の現実に引っ張ってくる、必要でないと感じたものは無視しておく、こうやって自分にとって必要なものだけを自分の現実に引っ張ってくる、このトレーニングをすることによってストレスを感ずることなく、体験すべきことだけを的確に体験できるようになっていきます。このいろんなレベルのストレスを自分で見抜くことができるようにしていき、それらの能力を活性化できるようにしていってください。

それではここまでにいたします、ありがとうございました。



centsun.gif

  Ascension Report



Arghartan Messages
CentralSun  ~2010