20170626 of Central Sun Ascension Report

/太陽神/太陽人/銀河連盟/どんな生命も神は自分の姿形に似ている/陽の太陽と陰の太陽/火の元素と日本人/太陽ロゴスは創造が目的/創造が時間を進める/この太陽系は救いの太陽系/進化に苦しんでいるものを救う/地球は進化の歪みを正常化させる役割/

2017/6/26 月例セミナー

このメッセージのいいねポイントは

宇宙においても貴重な太陽系


①地球の進化に必要な歪み

私は銀河連盟のメンバーでこの地球人類の進化の流れを担当している一人の人間です。皆さん方が太陽という役割や人間たちについて意識を向けております。まず太陽と惑星という仕組みから話をしていきます。この銀河系宇宙が生命を動き出し、銀河系としての進化の流れを進めていく時、この銀河系を構成する星々、皆さん方の言葉でいう星々は皆さん方の体で言えば、ある意味では細胞、あるいは肉体を形づくる器官や組織のように見ることとができるでしょう。

ただ皆さん方の物質的な観点からした時、ただの星の集まり、ただの星が無数に存在し、それぞれが運動している、おそらくその程度にしか見えていないものと思われます。皆さん方の人間という意識レベルの観点から見た時にはただの星の集まり、星の集団という銀河系ですが、より大きな高次元の世界から銀河系を見ていくと、この銀河系一つひとつが独自の形や役割をつくっており、それぞれが素晴らしい世界を現しております。

皆さん方の属するこの銀河系は、より上位の高次元の観点から見た時、生まれたばかりの新しい生命が動き出し、この新しい生命をもつ新しい星の生命はまったくこれまでのどの銀河系とも違う新しい役割をもった生命あるものとして認識されております。

銀河系一つひとつがある意味をもつ生き物という認識ですが、この生き物という観点はあくまでも理解できるために使っている表現であり、実際の銀河の大きな仕組みに意識を向ければ、明らかに意志をもち、意識があり、進化を願い、それぞれさらなる高いレベルへ自らを進化させていこうとする意識で活動を続けております。

大きな大きな銀河の集まりの中にいくと、より巨大な生命あるものが感じられてきて、一番大きなレベルの生命あるものを見つけようとしていくと、とても不思議なことに皆さん方の人間という形をもつ認識から見た時に、最終的な大きな生命あるものは、あたかも自分自身の巨大な人間であるかのように感じられていきます。

したがってすべての宇宙の元々の根源となるものは、巨大な人間の形をしているもの、そのように人間が認識をしていきます。しかしもちろんこれは他の生命あるもの、他の姿形をもつ生命あるものから見た時は、最終的な巨大な生命あるものは、それぞれ自分の姿形と同じようなものとして認識されていきます。

認識するものの主体に合わせて根源となるものの姿形はそれぞれの観点で独自に見えてくる、そこまでいった時に人間という姿形だけで頂点となるものを認識しても、すべては理解できないということが分かってくるために、人間以外の形をつくり、人間以外の生命を進化させることによって、最終的な根源となる姿形を見つけていこう、こういう意識が動き出し、さまざまな生命形態を体験することによって初めて根源的なものが理解できる、そういう意識を身につけることによってさまざまな銀河や星々で進化を進めることになっていきます。

こういう星々、銀河の進化の流れにおいて、皆さん方は地球という星で人間という意識で進化を進めております。この惑星、地球という星に生命の光、生かすためのあらゆる仕組みがどこからやってくるか、もちろんそれが太陽であり、太陽から皆さん方の意識の進化に必要なことがすべて行なわれております。


今現在の皆さん方の太陽、この太陽という星は、まさしく地球と同じような星が存在しており、星自身が熱や光を出しているわけではありません。いずれ地球も太陽となる時期がくるように仕組まれております。ただ地球が体験しようとしている太陽は、今の太陽のような仕組みではなく、別の形態の太陽の仕組みを学ぶように運命づけられております。

したがって今地球で行なわれているさまざまな現象、いろんな民族が集まり民族同士が対立する、いろんな国々が存在し国同士が対立している、競争し他者を滅ぼすことによって自分が生き延びる、これらの体験はすべていずれ地球が太陽になった時に、必要となる力を手にするために今自らが体験している状態ということができるのです。すべてはいずれ地球が太陽となった時に必要なもの、太陽として活動するために必要なものという体験が今地球で行なわれており、皆さん方一人ひとりもそこに向けて奉仕している最中といえるのです。

皆さん方一人ひとりは自分のカルマ、あるいは自分の意志で地球に来て人生を送っている、そう感ずるかもしれません。しかし地球から見れば地球に必要なこと、地球の進化の流れに必要なものが先にあり、それを体験するために人間を引き寄せ、人間に体験させている、そのようにいうことができます。今皆さん方が感じている太陽は、あくまでも陽、陰と陽でいう場合の陽としての太陽であり、光線を出し、太陽系を照らし、太陽系の中心としてしっかりと支えている、こういう陽の太陽が皆さん方の認識している太陽になります。

地球が進化して太陽になるのは、陰としての太陽であり、陽の太陽とは異なります。この陰としての太陽は物質的に見えることはありません。ただ陽の太陽とペアになり、太陽系を維持する上において、とても大事な働きを行なっていきます。今この太陽系にも陰としての活動をしている太陽はありますが、まだ皆さん方はそこに意識を向けることはできず、まだ理解することもできないでしょう。

でも基本的に皆さん方の陽の太陽は、陰の太陽と一緒になって活動しており、それによってこの太陽系を支えております。皆さん方の太陽、そこにも人間型の生命体が存在し、人間型の生命体に限らずさまざまな種類の生命体のものが共存して活動をしております。

今の皆さん方のレベルをいわゆる三次元、第三密度という言い方をすれば、太陽は五次元から六次元、あるいは第六密度、あるいは第七密度、それぐらいの意識として見ることができるでしょう。したがって直接的に皆さん方がすぐに太陽に行って太陽の人間と出会うということはとても難しいということができます。

銀河連盟の仲間たちが太陽に入っていく時は、いわゆる時空間の調整をしながら太陽の中に入っていきます。いわゆる別次元に入るような調整をして太陽の中に入っていきます。もちろんこの電磁的に放射されている領域を通過すれば、あとは普通の星のように認識することができます。

この太陽の星の領域に降り立ち、そこにいるさまざまな状況を説明していくと、太陽ももちろん普通の惑星と同じように海や山があったり、陸地があって活動していたり、さまざまな状況は他の惑星と同じということができます。皆さん方の第三密度の人間意識では何も見ることはできませんが、同じ進化した次元の意識で見た時に、太陽は素晴らしい楽園のように感じられてきます。

進化した星の観点から見た太陽は、さまざまな種類の生命あるものがある意味では本当の調和、最高の調和という仕組みの中で良い関係を続けております。ほとんどの生命あるものはいわゆるテレパシー、精神感応、あるいは思念での伝達が普通になっており、言葉を通してやり取りすることはありません。

少しぐらい離れていても思念でお互いの意思を疎通することができ、感じとることもでき、必要なこと、いろんな情報が思念を通して行なわれていきます。どのような小さな生命あるものでも大きな自然の生命あるものでもすべて意思を感ずることができ、この意思をお互いに感じとって必要なことを行なっていきます。

知的に発達した生命あるもの、生命体は、それぞれの活動に無駄なことがなく、必要なことしか行動に移しておりません。それでもある意味では皆さん方から見れば自由に好きなことをしているように思えてくるでしょう。あるものは音を奏でて宇宙にいろんな響きを渡したり、あるものは暑さや寒さを調整しながら自分で楽しんでいる、あるものは振動を自分で感じながらさらに振動を調節して他に広げていく、それぞれ自分が好きなことをただ自然に行なっております。

それが皆さん方から見た時、暖かい熱が感じられるかのように、あるいは光が変わったかのように宇宙に何かが届いているかのようにいろいろ感じられたりしている状態になります。この太陽系に属するあらゆる生命あるものを感ずることができ、この生命あるものにもっとこうしてあげたい、こうしたら良い、そのように感じた時、生命あるものはただ自然に何かをしていく、まるで動きを歌のように表現して空間を正しい状態にもっていったり、いろんなことをすることが結果的にそれぞれ生命あるものに正しい光が届いていく、正しい意識の目覚め、正しい気づき、そういったことが行なわれるように働きかけていく、このような形でそこにいるものたちが自然な活動を行なっているのです。

したがって太陽にいる住民たちは、皆ある意味では自由意志でそれぞれ感じたことを楽しくやっておりますが、結果的に太陽系に属する生命あるものたちを生かすために必要なこと、今必要なこと、その時必要なことをただ住民たちは行なっているのです。この住民たちはお互いに協力し合ったグループで何かをする場合があります。

グループで一緒になって何らかの波動を出したり、音を共鳴させたり、光の仕組みを動かしたり、いろんな仕組みを共同で行なっている時に結果的にある星に強い光が流れてきたり、強い振動を与えたりするような影響が出るようになっていきます。

この太陽の住民たちは、いろんな惑星から集まってきたものたちがとても多く、今の太陽の住民で見ていくと、この太陽系から進化して辿り着いたものたちは、まだ二十パーセントくらいしか存在しておりません。残りの八十パーセントの住民は他の太陽系、他の宇宙、他の銀河系からやってきたものたちであり、それぞれ高度に進化したものたちが太陽の住民として活動を行なっております。

この他の領域からやってきたものたちがいろいろ教えたり、いろいろ伝えることによってこの太陽系の惑星から入ってきたものたちが成長し、進化し、より良い仕事ができるように導かれていきます。人間型だけではなくさまざまな形の生命あるものが一緒に共存しており、彼らはそれぞれ自分のいわゆる姿形に似たものたちに対して、意識の進化や光を届けたりする役割を行なっております。

したがってこの太陽系に存在するあらゆる生命あるものに合わせた役割をもつものたちが太陽に存在し、すべての生命あるものに対し適切な働きができるように活動を行なっております。太陽はそういう役割を行ないながらも、自分たち自身の進化も進めており、今太陽系のシステムそのものが新しい進化の流れ、新しい太陽系の流れに入ろうとして新たなる活動を始めております。

この太陽系のシステムそのものが新しい役割、新しい仕組みに変わろうとしており、それに合わせて太陽の住民の入れ替えがかなり進んでおります。本来はこの太陽系からもっともっと進化した存在たちが直接太陽に来るのが望ましいですが、今の状況においてはまだそれほど太陽に直接入って来れるものは多くはありません。まだまだこの太陽系の進化の状態が未熟であるために、さらなる進化が求められている最中といえます。

②日本人の魂は火の元素を通しやすい

私は太陽の住民、特に名前はありませんが通称としてベータと呼ぶことにしましょう。このベータの主な活動を説明していきます。まず私、あるいは私たち、常に集団で考え行動するために、私たちという表現をとることにします。私たち、この活動の主な目的は、この地球の進化の流れにおいていわゆる火のエレメント、火の元素、この火の元素の調節を行なう役割を行なっております。

地球にはいわゆる四大元素として認識されている元素の考えがあります。本来この四大元素と呼ばれている元素は、太陽が星をつくる時に最初に物質化のためにつくり出す元素の役割であり、この太陽からつくられてくる元素を地球上でうまく物質化させ、さまざまな状況をつくり出していきます。

その四大元素の火の元素を私たちのグループが担当しており、さまざまな火の元素を調節しながら地球自身の物質的な現象や生命、進化の流れをつくり上げていきます。この火の元素で皆さん方に一番関係するのは、いわゆる日本人、日本人の魂がこの火の元素をとても敏感に反応する魂の仕組みになっており、太陽から私たちを通して出される火のエレメントが日本人の魂にそのままストレートに流しやすい状態になっているのです。

そういう意味で私たちから見た時、日本人という魂はとても火の元素を渡しやすい、火の元素を通しやすい状態として認識されていくのです。地球に必要な火の元素の大部分を日本人を通して地球に送ることができるために、日本人の魂を通して火の元素を地球で動かせるようにする、そういう観点で私たちのグループは日本人の魂にとても親しみをもって接することができます。

いわゆる民族の違いというのはこの四大元素の役割、四大元素の働きが違うものと思って構いません。日本人が特に受け取りやすい火の元素のタイプは、本来火の元素そのものは情熱的なエネルギーを使うことによって物事の始まりをつくり出し、勢いをもって最初の創造を進めていく、創造するには何らかの抵抗となっているところ、あるいは動かない、固くなっているところがあり、そこに強い火の元素を入れることによって動きを加えクリエーションへと進ませていきます。

そういう何かの始まりのエネルギーとしての火の元素、これが日本人が一番使いやすい火の元素になります。日本人はアイデアとしてとても良くこれを使うことができます。いわゆる何らかの良いアイデアが沸いてくる。こういう困った時にはこういう風にして使う、つまり何か限界があったり、だめになった時に湧き出てくるアイデア、このアイデアにとても良い状況が感じられていきます。

日本人は困難と思ってもそれに負けずに何かアイデアを使ってうまく乗り切る、不可能と思われたことも何かアイデアを使って切り抜ける、こういう特徴をもっており、諦めることなく何らかの智慧を使い頭を使って解決する、こういう力がとても優れており、これが私たちから一番送りやすい火の元素になっております。

今地球においてさまざまな問題が現象化されております。国の問題や民族の問題、さまざまなレベルで問題が現れております。日本人は行き詰った時、限界に達した時、もうだめと思われた時に、そこで何かアイデアが沸いてくる、智慧が沸いてくる、新しい方法を見つける、こういう意識を身につけており、それによって新しいやり方が見つかり、うまく切り抜けることができる、こういうことを特徴としてもっております。

この火のエネルギーをぜひうまく使い、この困難な時代、この限界とも思えるとても難しい時代の状況を変えるために、ぜひ日本人の火の元素をうまく使っていただきたいと感じております。この私たちの太陽という星も普通の星と同じように山もあり、川もあり、海もありますが、日本ととても良く似た地形のところがあります。

いわゆるきれいな山が存在し、自然がとても良く発達しており、きれいな山の周りはとても美しい緑ある草木や湖、さまざまな生命で覆われており、いかにも生きた素晴らしい山となっている場所があります。日本人が富士山や山を信仰し、そこで生命を感ずる、そこでいろんな生命あるものが一緒になって生命を分かち合う、まさしくそういう意識と良く似た場所が太陽にもあります。

この聖なる山は日本人の意識をうまく使いながら日本の山ともつながっており、聖なる山同士でうまく太陽の山につながるように仕組まれております。皆さん方が太陽に意識を向ける時、太陽にもいわゆる富士山のような山があり、自然が美しく、いろんな生命あるものが平和的に過ごしている、そういう感覚をぜひ感じてください。

太陽にある素晴らしい山や自然、生命あるもの、そこに意識を向けた時、富士山とも波長が合ってとても良い平和的な光が日本に流れてくるでしょう。まだまだ日本は本来の目覚めに達していないために、いろんな問題が表面化してくるでしょう。国のレベルでの問題や国家間の問題、いろんなことが表面に現れてくるかもしれません。

しかし日本人は必ずそこを切り抜けることができます。本当に智慧を使い、アイデアを感じ、うまく切り抜けていく、これを行なうことができます。それを行なうためにはごまかさないこと。ずるしたり、うそをつかないこと。正しい方法で正しい心で何とかして切り抜けようとする。この正しく解決しようとする心が火の元素をうまく呼び込み、良いアイデアを与えてくれます。

しかしごまかそうとしたり、逃げようとしたり、見て見ぬふりをする。誰かのせいにする。こういう意識が多くなると日本はかなり破壊的な状態を体験することになります。日本という国が正しく正常に進化するために問題や限界がきた時に逃げたり、ごまかしたりせずに、誠実に正しく向き合い、何とか正しく解決しようとする、この気持ちをぜひもってください。

本当に正しく切り抜けよう、正しく解決しようとする心があれば、必ず何らかの良いアイデア、良い解決策が与えられてきて、日本人は生かされることができます。しかしごまかしたり、うそをついたり、騙したりして、ずるして生きようとすると、太陽からのアイデアは一切くることがなく、それで日本が間違った方向へ進むこともあります。

常に正しい心で正しい道を進んでいく、正しいアイデアを受け取り正しく行動していく。これを決して忘れないようにしてください。これだけを正しく行なっていけば日本は太陽に生かされ、太陽の住民と共に良い進化の流れを進むことができるようになるでしょう。

日本と太陽のエネルギー的なつながりをつくり上げ、皆さん方が少しでも良いアイデア、良い意識を感じられることができるようにエネルギーの調整をしていきます。自分の身体全体を感じながら、自分の身体が高い波動へと振動していく、肉体の細胞一つひとつが目覚め、一つひとつが太陽からの波動によって振動し目覚め動き出していく、それを感じていってください。

自分の身体の細胞一つひとつが、一つひとつが振動し、太陽からの光線にうまく反応している。太陽から送られてくる光線一つひとつに細胞が反応し、細胞一つひとつが太陽の光線で目覚めていく。自分の第三の目や脳も太陽の光線で振動し、目覚め、新しく動き出していく。第三の目が少しずつ少しずつ動き出し、活性化していきます。

太陽の住民から皆さん方の第三の目に向けてある光線が流されていきます。第三の目で光線を感じてください。一人ひとり光線が異なりますが、感じて必要と思ったことを行なってみてください。第三の目で感じた光を身体全体に広げたいと思った人は身体全体に広げてください。光につながって太陽に行きたいと思った人はそのまま太陽に向かってください。

自分が感じたことをそのまま行なってみてください。また皆さん方の能力を活性化するために、自分で何か目覚めようとしているところ、目覚めたいと思っているところ、そういったことを感じたら、そこに意識を向けもう自分が目覚めたかのような感じ、新しい人間になったような感じで光線と一つになってください。

それではそのまましばらく楽にして休んでいてください。


③創造することが時間を

太陽ロゴスという意識をこの空間に伝播させて、言語化を行なっていきます。この太陽系の太陽ロゴスとして認識されております。実際には太陽ロゴスという呼び名や意識はもっておりません。皆さん方の世界でそう呼んでいるだけであり、私たちの世界においてそのような表現は使っておりません。

私たちの世界はとても美しい創造の世界になっております。創造の世界というのはさまざまな生命あるものがそれぞれ創造の手伝いを行なっており、この創造という意識が皆さん方には理解しにくい波動と思われます。皆さん方の第三密度という人間の意識は、毎日をただ生きる、与えられた現実を体験していく、やってくる現実を一つひとつ体験していく、このように認識されております。

私たちの創造の世界を一瞬一瞬を創造することによって時間が進み前に進んでいきます。何もせずに現実がやってくるということはありません。体験したり現実を待っているのではなく、自分から創造することによって時間が進んでいく、創造しないと進化はなく時間も進みません。

創造することが新しい現実をつくり、自分が先へと進んでいきます。皆さん方は未来を予想する、期待する、思う、そういう意識によって未来を常に感じていきます。皆さん方が頭の中につくり出した願望やさまざまな思いが未来を引き寄せてきて、ただこの引き寄せられてきた未来はカルマや過去のエネルギーによって現実をつくり出していきます。

しかし私たちのこの創造の世界は、まだ体験したことのないこと、まだやったことのないこと、さらなる新しいものを常に創造していく、これが常に行なわれていきます。一度体験したこと、分かっていること、知っていることは創造することはできません。新しいことだけが創造されていきます。

太陽ロゴスというのはこの創造を担当しており、皆さん方の世界のいわゆる太陽系というシステムを常に創造する役割を担当しております。太陽系を創造する、そうすると太陽にいる生命あるものたちがこの創造を手伝ってくれます。太陽としての創造というのは、常に新しいところに向かいながらも一つひとつの生命が進化していく、一つひとつの生命が次の段階へ進化することが前提であるために、さまざまな生命あるもの、進化の流れにあるものが次の進化の段階に向かうことを常に考えていきます。

進化するためには新しいことを理解する、新しい智慧、新しい気づきが得られる、これが常につくり出されていきます。そのために創造する時にはまだ自分では理解できていないこと、分からないこと、有り得ないと思うようなもの、そういうことを創造していくことにより理解できるようになる、分かるようになっていく、こうやって進化が進んでいきます。

したがって創造を行なうためには生命あるもの一つひとつの次のレベル、次の進化、そこを常に理解していき、どのような生命あるもの同士がお互いに協力し合う、工夫し合って進化していくか、こういったことを考えながら創造を行なっていくのです。したがって創造をつくり出すためには、そこにいる進化するものたちを確実に理解し、進化させる役割をもっているのです。

しかし進化の流れにあるものたちは、自分自身の状況を知ることはできません。今自分がどこまで進化し、次はどのレベルに行くのか、そういったことはまったく分からないままいわゆる体験を続けることになります。したがってこの体験する、現実を体験するという意識があるものと、もうある程度自分自身の体験する方向性は分かってきて、自分で創造して生きる、クリエーションして生きる、そういう意識に入ったものとで大きく変わってきます。

いわゆる第三密度と呼ばれている皆さん方の人類は、まだ現実を体験する、未来が分からない、ただ流れに任せる、こういう意識で進化が行なわれていきます。まだまだ生命あるものの初期の段階の生き方であり、この体験を通して現実をどのように受け入れていくか、それを学ぶ状況が進んでいきます。

かなり現実との学びが進んでいき、ただ現実を体験するのではなく、自分でつくり出していく、クリエーションしていく、現実はやってくるものではなく自分からつくり出していくもの、これが分かってきた時、意識の根本的な転換が起こり自分の現実を自分でつくり出していく、現実を待っているのではなく自分からつくり出していく、こういう意識へと大きく変わっていきます。

こうやって現実を自分からつくり出していく、こういう意識レベルに到達したものたちが太陽で活動を始めていき、そして次の段階へと進んでいくのです。したがってこの太陽のレベルを超越したものたちは、皆現実に対しての見方が異なっており、今の皆さん方のようにただ現実を毎日過ごす、与えられた現実を体験する、そういう意識をもっているものは誰もいなくなります。

そして現実は自分でつくり出していく、自分から現実をつくっていく、こういう意識へと変わっていき、大きな宇宙の流れに入っていきます。この宇宙の流れにおいて太陽と直接つながり関連をもち、太陽の活動を手伝っているものは必ず何らかの進化に向けての手伝い、宇宙の進化、銀河の進化における何らかの手伝いを行なっております。

皆さん方のこの太陽系、この太陽系は大きな世界から見た時、救いの場所のような感じになって役割を行なっております。極めて高い次元世界から見た時、進化がほとんどうまくいかずに、どうしようもなくて困っている生命、どの進化の流れにもうまく噛み合うことができず、進化の流れがずれてしまったものたち、進化を終え創造の世界に入るべきものたちがまだその創造の仕方が理解できず、ただ体験するという意識で留まっているものたち、こういうものたちを救うための場所として、この太陽系の働きが行なわれております。

皆さん方から見れば太陽系というシステムですが、高次元から見たら魂の進化の流れを取り戻す、正常化させる、復活させるという場所としてつくられた領域がこの太陽系になります。魂ということがよく使われてきます。皆さん方の魂は人間としての進化の流れを進んでいきながら、大いなる神のような存在になっていく、そういう進化の流れを体験しております。

すべての生命あるものがこのような人間的な進化の流れとは限りません。それぞれの生命によって仕組みがまったく異なっており、場合によっては地球とはまったく異なるところでやっと進化ができるという生命もあります。さまざまな生命の進化の仕方において、この地球における進化の流れはとりわけ珍しい状態となって宇宙で輝いております。

まったく異なる進化の流れにあるものがお互いに共存している、さまざまな種類の生命あるもの、さまざまな種類の進化の途中にいるものたちが地球で一緒になってお互いに生かし合っている、こういう状況として地球が認識されております。地球はそういう意味においてとても珍しい素晴らしい役割をもっております。

地球の人々がある程度進化の流れを進めていき、いわゆるマスターとなる、聖者となる、そういう意識レベルに達した時、生命の本質的なものを理解できるようになっていきます。生命あるものは必ず進化を進めており、進化はどこに向かっているのか、進化という現象が自分とどのように関わり合っているか、これが大きなポイントとして自分にやってきます。

この地球の人々はまだ自分の進化について理解していないために、生命あるものは全体としてどういう流れに入り、次はどういう展開になるか、ほとんど何も予測がついていないでしょう。しかしこの地球の人々もそういう多くの生命あるものの進化の状況を理解するレベルへと入ってきております。

これからは自分だけではなく生命あるもの、生命でつながっているもの、そういったものたちへすべてと良い関係をつくり上げていく、共に進化のために良い道を進んでいく、こういう意識がとても重要になってきます。この太陽系において太陽系の役割を演じているいろんな存在たちがいて、それぞれが協力し合って太陽系のシステムを維持しております。

ただ皆さん方の人間という意識レベルでは、この太陽系はとても理解が難しく、どうしても単純な考え、間違った考えで受け入れ理解し、そのように決めていこうとしております。この太陽が宇宙の中でどれだけ価値があり、意味があり、重要な役割を担っているか、それを知る時期がどんどん近づいてきております。

決して自分たちのため、地球のためという意味ではなく、生命あるものすべてにとって重要なこと、生命あるものすべてが生かされていること、そういったことが分かるようになっていきます。この地球の流れにおいて、これから地球は少しずつ波動を変えながら新しい役割を行なうことになるでしょう。

これまではさまざまな星から来たさまざまなものたちを受け入れ、それぞれの進化を正常化させる、宇宙の流れで間違って身につけてきたものを修正し、本来の正しい流れに戻していく、そういう役割をもってこの地球にやってきました。この地球である程度修正し、正しい進化の流れに進んでいくと、新たなる役割が与えられていきます。

ある程度進化を正常に戻した場合、この地球をさらなる良い地球の星とするための何らかの奉仕を行なう、地球に対してできることを行なう、そういうことが行なわれていきます。まだ今新しい流れに向けての力が弱いために、完全に動き出すのが少し遅くなっておりますが、それでもこれから少しずつ新しい流れに向けての意識が強い意識で動き出していくでしょう。

正常な地球、本来の地球へと進ませるために、いろんな星々が協力し合う、いろんな状況において問題となっているところをより分かりやすく理解できるような形で解決していく、そういったことが求められていきます。皆さん方はぜひそこに意識を向け、少しでも良い流れに入っていく、一つでも良いエネルギーが地球を動かしていけるようにもっていく、そういう手伝いをしていただくことになります。

この地球においてはさまざまな体験が行なわれてきました。それぞれ貴重な体験として地球人類にしみこんでおります。しかしこれからは皆さん方一人ひとりが自分でクリエーションしていく、自分で現実をつくり出していく、そういう意識が必要となっていきます。

新しい流れに向けて一人ひとりが自発的に動き出し、協力し合う、一人ひとりが良い行動をとっていく、そういう時代へと入っていきます。自分がこれからの地球の流れにどのようにして協力していくか、どのようにしてお互いに生かし合っていくか、ぜひそれを感じとってください。

太陽系ロゴスという意識から人間を見た時、どうしても皆さん方は今の現実という意識ですべてを理解しようとするために、なかなか理解されないところが多く感じられていきます。今という現実に惑わされず自分で現実をつくり出していく。自分がクリエーションしていく。ぜひその意識をしっかりと身につけていき、自分からつくり出せる現実、その大きな流れの中に入っていってください。

皆さん方の脳の中にこの現実に関する一つの意識の波動があり、これが皆さん方を現実の流れに閉じ込めさせております。その部分に光を当てていき、現実のとらわれからクリエーションという流れに入っていけるように光の調整を行なっていきます。第三の目から光を感じ、自分が現実として認識しているところ、現実というところについ意識が向きこだわってしまうところ、そこに光を流していってください。

現実を待つ、体験する、現実がやってくるのを待っているという意識の根幹のところに光を流し、その現実のとらわれを解放させるようにしてください。現実はやってくるのではなく、これから自分がつくり出していく、自分が現実をつくっていく、そういう意識に変わるように現実の部分の調整を行なってください。

これからの生き方を現実を待つのではなく、自分からつくり上げていく、ぜひそういう意識で取り組んでいくようにしていってください。それでは個人メッセージに移っていきます。



Aさん、あなたのこれからの現実のつくり方において、常に意識が小さい意識を前提にして周りを認識する状態になっております。これからは自分という意識が大きな意識になっており、自分の意識が周りを包み込んでいる、自分の意識が周りを包み込んで周りにいる生命すべてを感じとることができる、こういう意識へ変えていってください。そうすれば生命の一つひとつを感じとることができ、何が必要なのか、何をすれば良いのか、それが感じられるようになっていきます。それらの生命を感ずるようになっていくと、何をすべきか、何が必要かが分かってきて、自分の現実をクリエーションできるような方向へと進んでいくでしょう。

Bさん、あなたの現実の流れにおいて、今太陽からあなたに流れている現実の光は、あなたのハートで一旦留まりながら自分の概念の壁で衝突し、概念の動きによって現実が引き寄せられてきております。つまり太陽から発せられる光が概念で現実を引き寄せるという状態に変化させ、どうしても嫌なこと、体験したくないことが先に引き寄せられやすい状態になっております。これをあなたなりのクリエーションの流れにもっていくためには、できるだけ良いこと、楽しいこと、喜ぶこと、そういう現実をリアルに心の中で受け入れる、あるいはそういう現実の時に喜んで体験していく、こういう意識を強くもっていってください。この良いこと、リアルに体験し良いという感覚をもつことによってだんだん良いことを引き寄せる力が強くなっていき、それがクリエーションの力へと変わっていくでしょう。

Cさん、あなたの現実の流れにおいて、あなたの場合は太陽から来る今という現実を体験する光線があなたの意識によってなぜか今よりも過去のことや、ずっとこだわっているところ、あるいはもう終わったことに引きずられているところ、そこに意識が向いていき、今という現実が常に過去とだぶっている状態で意識が動かされております。これは太陽から送られてくる今という現実が常に過去のエネルギーで引き寄せられてしまうために、過去の嫌なことが現実化しやすい状態となって現れてきます。これをクリエイティブな現実の体験にもっていくためには、今現れていることはただの過去の鏡であり、自分は良いことをこれから体験する、過去の鏡の上で良いことを自分が見つけていく、こういう意識を強くもってください。見えているものはただの過去の鏡であり、現実とはいっても過去の鏡に過ぎないこと、自分が体験するのは良いこと、良いことばかりがこれから自分で体験していく、そういう心を強くもち、それを常に現実で味わえるようにしていく、これを続けていくとだんだん過去にとらわれない意識が動いてきて、クリエーションの現実をつくれるようになっていくでしょう。

Dさん、あなたの太陽から送られてくる今という現実の体験において、心の中では大きな心で、大きな社会で少しでも自分という存在を進化に向けて体験していこうという意識があります。ただどうしても何か一つの嫌なこと、何か一つのネガティブなことに強く引っ張られてしまう傾向があり、せっかく良い現実の流れを進んでいても、一つの嫌なことで大きくいろんなものが引き寄せられてしまい、そこから先に進めなくなってしまう状況があります。この何か一つあるいは影響力の大きいものに左右されてしまう、こういう現実の流れをクリエイティブなものにもっていくためには、実際にはどういう状況であろうとも自分の意識が引き寄せたもの、自分の意識によって引き寄せられてきたもの、まずそれを受け入れながらも一つひとつを感謝をもって受け入れていく、どのような嫌なこと、ひどいことでも感謝をもって受け入れていく、何にどういう感謝をするか、たとえ嫌なこと、自分が間違ったり、自分がミスしたことであったとしても、それを気づかせてくれたり教えてくれたり、指摘されることによって自分が成長できる、すべては自分が成長するための現象であり、成長させてくれる現実に感謝をする、この感謝する気持ちが自分を過去から解き放ち、これから良い現実をつくるための一つのきっかけになっていきます。どのようなものもすべてを感謝として受け入れ、これからの現実を輝きをもって見ていく、良い方向へ良い方向へと意識を向けることができるようにする、こうやって自分の現実をクリエイティブなものへと向けられるようにしていってください。

Eさん、あなたの現実の体験において、あなたの心の中には現実を客観的に受け入れる、現実に支配されないという意識が動いております。ただどうしても現実は現実として避けられないという意識があるために、ただ現実をそのまま感ずるという状態で進んでおります。これをクリエイティブな現実をつくるという意識にもっていくために、現実はすべて自分自身であること、現実は自分の味方であり、自分の姿そのものでもあり、否定することもできず、ただ自分そのものとして認識していく、これをはっきりと感じた後、自分がどういう人間になりたいか、どういう進化の方向へ進んでいきたいか、自分自身がどう進化したいかを常に感じていってください。自分が成長したいところ、進化したいところ、そこをしっかりと感じ、そこに向けて意識を進めていくと、それに現実が付いてくる状態が行なわれていきます。自分が目指すこと、自分が身につけるべきこと、そういった方向に意識を向けると現実が自然とそのような状態になっていく、こういうやり方でクリエイティブな現実をつくれるようになっていくでしょう。

Fさん、あなたの現実の体験において、あなたの現実はある程度そのまま受け入れる、否定もせず肯定もせず、ただそのまま現実を受け入れる、こういう意識が身についており、これはこれで執着の少ない現実を体験していることになります。これをクリエイティブな生き方にもっていくためには、現実はただ過ごす、ただ体験するという意識を改めていき、何かそこに秘密がある、何らかの未来への鍵があること、現実を細かく見ていくとより良い未来にもっていくための何かが隠されている、それを常に感じてみてください。現実の中に何か足りないもの、何か歪んでいるもの、何かおかしいと思うもの、そういったものを感じた時、その歪みを直す、何か不都合なところを直す、そういったことが自分の未来をつくり出すことになります。つまりあなたにとってのクリエーションは現実を見つけていき、その中から歪を修正する、足りないところを補う、不調和なところを調和にする、そうする意識によってそれに合わせる現実が近づいてくる、こうやってあなたなりの現実のクリエーションが可能になっていきます。現実をヒントにしてそこから現実をクリエーションしていく、このコツをぜひ身につけるようにしていってください。

Gさん、あなたの現実の状態において、太陽から送られてくる今というこの現実の意識において、調和のとれた現実の体験の仕方が行なわれております。いわゆる現実を否定するわけでもなく、かといって現実を自分でうまく修正しようとする気持ちも強くありません。これをあなたなりのクリエーションという流れにもっていくためには、いわゆる大きな理想を自分の中でもつことが大事になるでしょう。ただ現実をそのまま体験するというよりは、何か大きな目標やアイデア、進むべき方向性、そういったものを大胆に大きく設定してみてください。そしてそこに向けて自分なりに努力していく、自分なりに大きなところへ向かっていく、そういう意識で現実を過ごしていくと、本当にそこに現実が進んでいることが感じられるようになっていきます。つまりあなたの場合は大きなところに向かっていく、それを自覚しながら現実を引き寄せてくる、こういうやり方でクリエイティブな現実を過ごしていくようにしていってください。

Hさん、あなたの現実の体験において、太陽からの今という現実の波動は、あなたの心の中で自分の永遠の今という感覚の状態で体験が行なわれております。この永遠の今という体験はとても良い感覚であり、それなりに心の平安が感じられているでしょう。ただこれをクリエイティブな現実にもっていく、そのためには永遠の今を感じながらも、何かその中で自分が成長すること、自分が進化すること、自分がさらなる高いレベルへと上がっていくこと、常にそれを意識することを感じてみてください。今の自分で永遠の今を感ずるのではなく、自分自身が高いレベルに引きあがっていきながら今を体験していく、そこに向けて自分自身の心の向上を行なっていくと、それに向けた現実が入ってきて、自分なりのクリエイティブな現実を体験することができるようになっていくでしょう。

Iさん、あなたの今という現実の流れにおいて、あなたの今の現実は自分の心の平安や、あるいは毎日のやるべきこと、時間との兼ね合い、いろんなものによってなかなか安定が難しい現実を過ごしております。自分なりにもっと心を穏やかにしたい、楽な時間を過ごしたい、そういう気持ちをもっていても現実が、いろんな状況がやってくるために、自分ではコントロールできない意識になっております。あなたの場合のクリエイティブな現実というのは、ある意味ではコントロールできる現実というのがクリエイティブな流れに入るコツになるでしょう。現実をコントロールするというのは、実際にはどこかで諦めていたり、あるいは自分の力ではないと思ったり、あるいは他の人の意志や力によって動かされている、そういう意識のところがあるために、すべてを自分の意識で動かせるのではなく、いろんな人の意識があなたの現実をつくっているという状態で現れております。したがって自分の現実は自分の意志で自分の力でつくっている、他の人が自分の現実に入ってきているのではなく、自分が引き寄せている、これをはっきりと理解する必要があります。いわゆる他の人が入る余地をつくっている、他の人が入ってきても良いという許可を与えている、こういうことによっていろんな人のエネルギーがあなたの現実に入ってきております。現実をコントロールするというのは自分がしっかりと現実を意識し理解し、自分が許可したものだけが自分の現実に入ってくる、自分の許可していない人は現実に入ってこないことをしっかりと心の中で信じている、こうやって自分の現実をコントロールする、これができるようになっていくと、自分の現実は自分の心でしっかりとコントロールできるようになり、許可された人だけが現実で動き出していく、こういったことがうまくできるようになっていくと、だんだんそこからクリエイティブな現実をつくれるようになっていき、自分の流れも自分の意志の通りに動き出していくでしょう。

Jさん、あなたの今という現実の状況は、自分の心の中では自分で良い現実を体験したい、自分の幸せな現実を体験したいという願望がありながらも、多くのいろんな力によって自分の現実がうまく動かない状態が続いております。これはある意味では過去のこだわりや、あるいは自信がないところ、仕方がないと思うような心、そういったもので現実がいろんな力でつくられております。これをクリエイティブな現実にもっていくためには、まず自分自身の心の中で自分がクリエーションの中心であること、自分がすべてをつくり出し、すべてを自分が体験したいと願っている、この根源の自分をしっかりと意識し思い出す必要があります。現実をただ受け入れるのではなく、今の自分が自分の現実をつくり出していく、私が現実をつくる、私が現実をつくり出して自分が楽しい現実を体験していく、この意識をまず強くもってください。そしてそれを思った後はどのような現実も自分がつくり出したもの、自分が引き寄せたもの、それを受け入れていきます。それを否定することなく、自分がつくり出した、自分が望んだ、これを理解していった時に、たとえ嫌なことが現実で現れてきたとしても、自分がそれをつくり出した、それを自分で理解していくといつその現実をどういう形でつくり出したかがだんだん分かるようになっていきます。いわゆるつい言葉に出してしまったこと、つい人のせいにしてしまったこと、つい愚痴を言ってしまったこと、そういったことが現実として戻ってきている、それが分かるようになっていくと、一つひとつ無駄な思いや無駄な言葉を出すことがすべて現実で戻ってくることが理解されていき、無駄な思いや無駄な言葉が出なくなっていきます。そうすれば本当に現実化したいこと、正しいことだけを口に出すようになっていき、本当に自分の現実は自分でつくっているということが実感できるようになっていきます。こうやって自分の意識を少しずつ強くして自分で現実をクリエーションできるようにしていってください。

Kさん、あなたの現実において、あなたの現実の現れはこれまではどうしても自分の弱い部分のエネルギーが現実化しやすくなっていました。いわゆる望んでいないこと、自分にとって苦手なところ、弱いところが現実化しやすい状態になっており、自分が本当に望んでいること、求めていることが現実化しにくくなっております。弱い部分のエネルギーが逆に余計な力を与えてしまい、それによって現実化を強くさせてしまっております。これをクリエイティブな現実にもっていくためには、苦手意識や不安、あるいはできないという言葉を使わないようにすること、なるべくポジティブな言葉、できること、そういったことだけに意識を向け、可能なこと、できることを積極的に受け入れていく、こうやって常にできることやクリエイティブなこと、可能性のあること、そこにだけ意識を向けて、自分でそこにしっかりと向かって進んでいく、あるいは進んでいる、こういう意識を確実に身につけることによってクリエイティブな現実をつくれるようになっていきます。ある意味では信念の違いでもありますが、自分で良い言葉、しっかりと前を見据えて良くなることだけを考えていく、こうやってクリエイティブな現実を引き寄せるようにしていってください。

Lさん、あなたの現実において、いろんな人のエネルギーがあなたの現実に介入しております。したがって自分一人の力ではなくいろんな人の力が自分の現実に影響を与えている、つい人に合わせたり、人の言うことを聞くことによって現実がすぐに変わってしまう、こういう状態の現実になっております。これはあなたにとってのクリエイティブな現実にもっていくためには、関係する人間がすべて自分の手のひらにあり、自分でコントロールできること、他の人に動かされているのではなく、自分が他の人を動かしている、こういう意識をしっかりもってください。自分が自分の現実の主導権を握っていること、どのようなことでもすべて自分の主導権で行なわれていること、こういう意識をしっかりと身につけ、常に自分が現実の主導権をとっているという意識が出来上がってくると、本当に自分の意識によって現実が動き出していきます。そうすれば常に他の人を自分が生かしていく、自分が他の人を生かすということによって他の人が自分のエネルギーや光で動いていき、自分が主導権をとり、自分から現実を動かしていく、こういう感覚が分かるようになっていきます。自分が他の人を生かしていく、こういう意識を身につけ、そこから現実をクリエーションしていけるようにしていってください。

Mさん、あなたの現実において、あなたの現実はいろんな人の意識の集合としてあなたの現実の中に現れてきております。常にいろんな人の思いがあなたの頭の中にあり、それによって自分で判断できなくなったり、いろんな人の思いで惑わされてしまったりして、自分の意識が安定化できない状態が続いたりしております。つまりあなたの現実はあなたのマインドがつくり出した多くの人のマインドの集合体として感じられております。これをあなたのクリエイティブな現実にもっていくためには、自分に関係してくるいろんな人のエネルギー、いろんなマインドのエネルギーに騙されず、自分は自分であること、自分自身のマインドをしっかりと確立し、クリアにし、他の人とのつながりを明確に分けていくこと、他の人のマインドに騙されたり利用されたりせずに、自分で自分のマインドをしっかりコントロールしていく、まずこうやって自分のマインドを明確に分離させてください。その後自分のマインドで自分の現実をつくり出していく、人のマインドで動かされるのではなく、自分のマインドで現実をつくり出していく、そこに意識を向けることになります。自分のマインドで冷静に判断し、いろんな人に邪魔されたりしないようにしながら、自分の進化の流れにおいて必要なこと、自分が体験したいこと、そこにしっかり意識を向け、そこを願ったり意識を向けたりしていくと現実がその方向へと動き出していきます。こうやって現実が自分の方向へと動き出したら、そこの意識をしっかりもってください。もう二度といろんな人のマインドに戻らずに自分で現実をつくり、その流れに入っているという感覚を忘れないでそのままうまく進めることができるようになると、クリエイティブな現実を体験することができるようになっていくでしょう。

Nさん、あなたの現実は、あなたの現実をつくる意識の流れにおいて、いろんな状況、いろんな人々、いろんな時空の絡みが複雑に関与してあなたの現実を動かしております。したがってあなたの現実は単純な現実の流れという状況ではなく、いろんな人やいろんな人につながる時空の複雑な絡み合いで現実が動いております。したがって自分でも先が見えなくなったり、急に現実が変わったりする状況がとても多く、それが現実、コントロールできないのが現実という意識が身についております。これをクリエイティブな現実の体験の仕方にもっていくためには、自分がつくり出したその現実の形態を一度リセットする必要があるでしょう。自分が認識している現実の体験の仕方は、もうそこで終わりにしておき、新しい意識で現実を体験していく、新しい意識というのは、いろんな人やいろんな人の時空の流れ、いろんな人のエネルギーに関与された現実ではなく、自分の意識で自分の現実を進めていく、自分の意識というのは自分の心の中にある深いレベルの本当の自分の世界、人に動かされず惑わされず、人に関与されず、自分の深い心の世界、それが現実を動かしていく、そこに意識を向け、本当に自分が望んでいること、自分が喜びとしていること、自分が体験したいこと、そこだけに意識を集中させていきます。そうすればそれに合わせた現実が自分の必要な時に、調度良い感じで現実化が行なわれるようになっていきます。この感覚をぜひ身につけて自分のクリエイティブな現実を体験できるようにしていってください。

Oさん、あなたの現実の体験は、常に自分の心の中でいろんな人のエネルギーを感じやすいために、いろんな人の現実と自分の現実の流れが重なり合い、重複したような感じで現実が進んでおります。自分のためにしていることがいつの間にか人のための現実になっていたり、人のための現実が自分の現実につながったりしている状況が何度か訪れております。そのために現実といっても自分の現実なのか他人の現実なのかが時々分からなくなってしまう状況があります。これをあなたのクリエイティブな現実の流れにもっていくためには、ある意味では自分は自分、他の人は他の人、このエネルギーをしっかりと見極める必要があります。エネルギーの違いだけをしっかりと見極めていき、その人のために何かする時はあくまでも別のエネルギーでその人に何かをしてあげる、つまり自分と他人を一つの空間、一つのエネルギーとして感ずるのではなく、自分という場のエネルギーから他の人の場のエネルギーへエネルギー変換を行なって、何らかの手助けをしていく、こうやって自分は自分、他人は他人というそれぞれの世界をしっかりと感じ、尊重する、こうやって自分と関連する人々の世界観を分離させていくと、自分の現実の世界がだんだん見えるようになってきて、自分の世界だけを自分で管理する、自分の世界は自分でしっかりと請け負い自分でつくり出していく、こういうやり方がだんだん分かるようになっていきます。自分の世界だけを個別に感じられるようになっていくと、後は自分が望む方向、成長する方向をしっかりと意識しておくと、そこに向けての現実が動き出していき、自分の世界における自分の流れが分かるようになっていきます。こうやってまず自分の世界を分離させ、自分の世界の中で自分を進化させる方向へと進めていく、そういう意識をもって自分の現実をクリエーションできるようにしていってください。

それではここまでにいたします、ありがとうございました。


centsun.gif

  Ascension Report



Arghartan Messages
CentralSun  ~2010