20170609 of Central Sun Ascension Report

/メルキゼデック/民族/民族の闘いから民族の共存へ/協力し合わないと生き残れない/エノク/天使は羽根のある人間型ではない/雲のようなもの/天使につながれば天使のような心になる/バイワモス/真実の扉/ハトホル/統合/

2017/6/9 特別セミナー:宇宙の聖者[韓国]

このメッセージのいいねポイントは

真実の扉はそのとき開く


①民族同士が生かし合う地球へ

メルキゼデックと呼ばれております。この国の人々にお話ができることを喜びとしております。地球の民族という集合体にとても興味をもっておりました。この地球の初期の段階においてこの民族という形態がどのような進化をなし、地球の歴史を練り上げていくか、とても興味をもっておりました。

この地球はさまざまな民族同士の対立、つぶし合い、悲劇が繰り返され、そこから強いものが生き残る、強いものが歴史の勝者となる、このような地球の歴史が続けられてきました。今この地球のアセンションという時期において、この民族という形態がどう変化し、地球の流れに貢献していくか、とても強い意識をもっております。

この地球にさまざまな民族が集められてきたのは、この銀河系宇宙に存在するあらゆる星のものたちを地球に集めてきたからです。とても多くの民族がこの地球に存在しておりますが、皆さん方の銀河系にはさらなる多い星のものたちが住んでおります。その中でもこれからの銀河系の流れにおいて、強い影響力をもつもの、重大な役割をもつものがこの地球に集められてきました。

地球に存在する数多くの民族はどの民族もこの銀河系の流れに重要な民族になっております。どの民族も失わせてはいけなく、銀河系の流れに正しく貢献する必要があります。これまでは民族を排斥し、強い民族が生き残る、そのような歴史を続けてきましたが、これからの地球の歴史はお互いに生かし合う、共存する、共に成長する、そういう流れへと切り替わっていきます。

それぞれの民族が互いに生かし合う、それを心から理解するためにはそれぞれの民族の欠点となるものを他の民族が手にしている、それをお互いに理解する必要があります。自分たちの民族の欠点となるものを他の民族が身につけている、その民族と共に共存し生かし合うことによって民族の欠点を克服し、より素晴らしい民族へと変わっていく、それがこの地球の目的の一つになっているのです。

民族性が異なる、民族の意識が異なる、そういうさまざまな民族が地球に集まっておりますが、他の民族の上にいくのではなく、共に生かし合い、共にさらなる良い民族へと進化していく、それがこの地球自身の目的なのです。この国の民族という意識で見ると、どうしても自分たちの民族にしか目が届かず、他の民族を生かす、他の民族と共存する、そういう意識に弱いところがあります。

これは元々地球に来る前からその意識が身についておりました。自分たちの星だけが生き残れば良い、他の星を破壊してでも自分たちの星が生き残れば良い、そういう意識が染み付いておりました。その民族意識を修正するためにこの地球での体験が始まっていきました。

もちろん民族としての素晴らしいところもたくさん持ち合わせております。家族の絆、身内を守るための強い結束力、ここにはとても強い力があります。ただそこに意識を向け過ぎており、大きな世界が見えなくなっております。小さな世界における結束力や強さを強調しており、大きな世界への意識が弱くなっているのです。

このアセンションという時期において、この意識をどこまで大きくできるか、身内や家族、人間関係、そういう小さな意識から大きな世界観へと意識を広げていく、それが今の時期に必要な情報となっております。大きな意識へ拡大させるためには自分たちの小さな世界だけでは完結しないこと、自分たちで生きているように見えても、実際には多くの広がった世界からいろんな協力が得られていること、この国だけではなく他のさまざまな国からの協力によってこの国が成り立っていること、この国の民族だけで完結できず、さらなる他の多くの民族によって成り立っていること、それを理解する必要があります。

この地球上にいる民族はすべてが互いにつながっており、生かし合い、共存するように仕組まれております。自分の国だけ、自分の民族だけという意識ではどんどん民族がなくなる方向へと進んでしまいます。民族として生き残りたければ他の民族を生かすこと、自分たちの民族だけ生き残ろうとすると民族が消えてしまうこと、これが地球に来た時の最初の約束になっております。

地球にさまざまな民族がいる目的は何なのか、さまざまな国家がある理由は何なのか、それをよく考えておき、アセンションの流れにおいて他の民族を生かす、他の国々を生かす、それによって自分たちが生き残れること、この原理をよく理解するようにしてください。もちろん一人ひとりも同じことがいえます。

自分だけ生き残ろうとすると自分は生き残るのが難しくなっていきます。他の人を生かす、他の人と共存する、そういう意識で自分は永遠の生命を生きることができます。他を生かすことが自分が生かされることになり、自分だけ生き残ろうとすると自分が生きるのが困難になってしまいます。

他を生かす、この地球においてとても強いエネルギーです。アセンションのこの流れにおいて他を生かす、共存する、ぜひこの意識とつながり、素晴らしい人生を歩むようにしてください。これからのアセンションの流れにおいて宇宙レベルで他を生かすという意識、この他を生かすという意識を皆さんに流していきます。宇宙レベルの他を生かす意識を身体全体で感じてください。


Aさん、あなたに入ってきた他を生かす意識は、本当にこれまで苦手だった人、避けてきた人、だんだん遠ざかろうとしている人、そういう人に逆に強く働きかけていきます。意識すればするほど生かしたい、共に共存したい、こういう思いが強くなっていき、心の深いレベルで相手に対する思いやり、いたわりが強く感じられるようになります。一度離れようとした人でも正しく意識を感じ、共に生かし合う感覚を心で身につけるようにしてみてください。

Bさん、あなたに入ってきている生かす波動は、グループに対して効果のある生かす意識になります。グループ内でお互いが共に生かし合う、グループとグループが生かし合う、大きなグループと小さなグループがうまく生かし合う、こういうグループの生かし合う波動があなたに入っております。いろいろなレベルの生かし合う意識を感じながら、その中でグループを感じていき、グループ同士の生かし合う構図をしっかり身につけてください。自分自身がさまざまな生かし合う重要なメンバーになっていること、生かし合う鍵を握っていること、それを感じながらお互いに生かし合う技術を身につけるようにしていってください。

Cさん、あなたに入ってきている生かし合う意識は、家族や友人、あるいは親しい人の中で巻き起こるさまざまなカルマ、愛と憎しみ、信頼と裏切り、これらのさまざまな心の動きで起こる人間関係、そこに働きかける生かし合う波動になっております。愛や憎しみ、そこに巻き起こる複雑な感情、それを理解しながらでもお互いに生かし合う、それを超越して生かし合う、この生かし合う意識があなたに入ってきました。さまざまな人間のドラマにおいて感情的なもの、執着的なもの、さまざまなものが動き回ってもそれを超越してお互いに生かし合う、これをぜひ身につけ、いろんなレベルにおける生かし合う意識を高めていってください。

それではここまでにいたします。

②天使への虚像を捨てること

エノク。皆さん方にお話ができることを喜びとしております。この地球という人々の中で天使と会おうとした人が何人もいました。天使の言葉を聞いたという人は無数にいるでしょう。しかし実際に天使の世界に入り、天使と直接交わった人はそれほど多くはありません。しかし私が唯一というわけではありません。

私のほかにも多くのものたちが天使の世界に入ったことがあります。天使の世界とはどういう世界か、皆さん方に感じてもらいましょう。心を平和にしてください。すべての存在に暖かいまなざしをもち、すべての人間が兄弟、仲間であり、心から愛する気持ちが沸き起こってくる、こういう気持ちをつくり上げていくと、だんだん天使の世界が感じられてきます。

本来は人間はすべて天使につながることができます。ただ今の第三密度という意識レベルではとても強い概念が影響し、皆さん方が認識している天使という器の中でしか天使を感ずることはできません。自分がこれまで身につけてきた天使という枠を全部取り除いてください。人間の形をして羽根がある、こういう天使の姿を壊してください。

天使はそのような物理的な形をもってはおりません。しかし何かをイメージしないと人間は理解できないでしょう。どうしても何かをつくり出したければ、空に浮かぶあらゆる雲、雲の上で輝く太陽の光、これすべて天使の姿と感じてください。光をもたらしながらも一人ひとりの心の状態によって雲のような仕組みが動き、その人に必要な光だけが届けられる、そういう役割をもっているのが天使なのです。

雲の形は一瞬一瞬変わるでしょう。それによって届ける太陽の光が変わってきます。これが天使なのです。雲に意識があり、太陽の光にも意識がある、これを天使と感じてください。皆さん方が自分の考えの中に閉じこもり、人の考えを受け付けなくなる、これはまさしく雲が暗雲になってしまい、太陽の光が届かなくなってしまう、自分の周りに雨がいっぱい降ってくる、こういう状態になってしまいます。自分で心を大きくして、すべてを許し、すべてを受け入れる、そうすれば雲はとても良い形になり、太陽の光を十分に流してくれます。天使は直接語りかけることはほとんどありません。

確かに天使からのメッセージとして皆さん方に伝えられるものはあります。天使の意志を別のものたちが受け取り、天使のメッセンジャーが人間の意識を通して話しております。そういう形で天使のメッセージを聞くことはできるでしょう。皆さん方がこれらの天使とつながり、天の気持ちを理解できるようになってくると、だんだん自分の心も天使のような心へと変化していきます。

天使につながればつながるほど天使のような心につながっていきます。多くの人を暖かいまなざしで見ていく、現実を正しく受け入れ拒否すること、否定することがなくなっていく、こういう天使の心へと近づいていきます。自分の心が天使の心に近づいていくと、他の人から見てあたかも自分が天使のような感じで働き出していきます。

他の人が困っている時、何とかして光を届けてあげよう、悩んでいる時、悩みを取り除いてあげよう、先が見えない時先が見えるようなことをしてあげる、こういう気持ちがだんだん強くなっていきます。こうやって人を生かすという気持ちが強くなり、天使のような心で生きることができるようになります。

天使という言葉は、いわゆる宗教的な言葉、特にキリスト教的な言葉として使われておりますが、本来はどのような表現でもかまいません。神のメッセンジャーとしてとらえてもかまいませんし、神そのものと思ってもかまいません。単なる自然靈、天界の存在、そういう表現でもかまいません。

今の皆さん方の意識では天の存在を細かく見分けることはとても困難といえます。したがってあまり難しく考えず、高い次元からの存在をすべて天使のように理解してもかまいません。ただ基本的に天使は、皆さん方を優しく見ていきながら、少しでも先が見えるようにする、希望が沸くようにする、人生を自分で生きようとする、他の人を生かし共に良い人間関係をつくろうとする、そういう方向へ働きかけていくのが天使の役割になります。

このアセンションという時代の流れにおいて、天使の世界から来た人々も少しずつ分かるようになっていくでしょう。天使の世界にいたことを思い出す人、天界にいたことを思い出す人、あるいは天使につながり、天使の生き方を具現化している人、いろんな人が増えてくるでしょう。

こうやって天使の世界が人間の世界へとどんどん降りてくることになります。皆さん方自身も天使につながり天使として動き出していく、こういう風になっていくのを望んでおります。まだまだ天使という存在に抵抗をもつ人がたくさんおります。宗教的である、そんな存在には会ったことがない、また夢を見ている、いろんなことを言ってすべてを否定する人もいるでしょう。

確かにこれまでの人々の中では単なる願望として、思い込みとして天使を口に出す人がたくさんおりました。でもこれからは本当に天使と出会う、本当に天使を見た、あるいは本当に天使界から来た、こういう人が本当に多くなっていきます。そういう人の言葉を否定しないでください。

それを受け入れていく、優しいまなざしで受け入れ、天使としてのその人を生かしていく、こういうやり取りができるようになっていくと、天使として生きている人一人ひとりがまた違う天使であることが分かっていきます。それまで天使として一まとめにしていたのが、天使としての個性が異なる、そういう人間へと変わっていきます。

非常にユーモアに満ちた天使、とても意識レベルの高い天使、科学技術に優れた天使、文学に優れた天使、いろんなタイプの天使が動き出していきます。これは天使を認め前提とする意識が広がるとそのようになっていきます。天使を否定する人が多い時は、まだ天使という存在そのものしか意識を向けることができません。

しかし天使という存在を明確に認め、天使界につながっている、天使界からきている、そういう人を認めることができるようになると、天使の個性が動き出していき、さまざまな個性をもった天使が現れてくるのです。皆さん方もぜひそういう時代を目指し、いろんな天使が地上で動き回る、いろんな天使が活動していく、そういう時代を具現化できるようにしていってください。

皆さん方が少しでも天使界につながるように天使界からの波動を送っていきます。天使界の中でもいわゆる四大天使という言い方があります。一般にはミカエル、ラファエル、ガブリエル、ウリエル、この方々をよく四大天使という表現がとられております。この四大天使という存在のエネルギーを感じてもらいます。

強いエネルギーを感じた人は、四大天使につながりやすいと感じてください。その他の大天使という世界があります。大天使という世界からエネルギーが送られていきます。何かを強く感じた人は、その大天使とつながりやすいと感じてください。また数多くの天使がおります。人間世界で活動している天使のエネルギーを流していきます。

何かを感じた人はその天使とつながりやすいと感じてください。それでは個人にいきます。


Dさん、あなたにつながっている大天使は、ミカエルの大天使の中の三番目の大天使の形態、この存在がとても強くあなたにつながっております。ミカエルの仲間ですが青白い光線を特にもっており、あなたの強い精神力、あるいは他人を目覚めさせる、他人の先頭に立って導いていく、こういう波動が特に強くあなたに流れております。単にミカエルというだけでもこの波動につながりますが、その中でも一つのトーニング、イーーフォーー、このトーニングをあなたが使うことにより、この存在につながりやすくなります。もちろんこれはあなただけのトーニングであり、他の人にはまったく効果がありません。あなたがこの存在とつながり、自分自身を目覚めさせることによって、さらなる天使の力を使うことができます。知性を使って人々を目覚めさせていく、そういう自分の力を思い出し、天界と一つになって人々のために活動することを進めていってください。

Eさん、あなたにつながっている大天使は、ガブリエルの波動をもつ四番目の天使になります。ガブリエルの仲間でも一番強い行動力を身につけ、現実化する力を強くもっております。この大天使は赤紫色を特徴とし、いろんな現実をすぐに変化させていく、すぐにつくり変えていく、こうやって常に良い現実へと進んでいくのです。この大天使はあなたから見た時、いかにも自分を強くさせる天使のように感じられていくでしょう。あなたがこの大天使とつながる時は、ソーーーシーーハッホゥー、このトーニングを使ってください。たちまちにしてあなたのところにやってきて、現実化の秘密、現実とは何なのか、一人ひとりの現実が異なる意味、神がなぜ現実という仕組みをつくったのか、あらゆる現実の秘密を教えることができます。もちろんこのトーニングはあなたにしか使うことはできません。他の人に教えることもできません。ただ他の人にこのトーニングを教えるともうあなたに現れることはできなくなります。自分だけの言葉をしっかりと身につけ、正しく使うようにしてください。またガブリエルの仲間として人に対して正しくふるまう責任があります。とても強い責任をもっております。間違ったことを教える、違うことを教えると自分の現実にとてつもない悪影響がされてしまいます。常に他人に対して正しく導いていく、自分は自分で正しく自分で正しい道を進んでいく、これがガブリエルの宿命であり、常にこれを行動し続けること、それを心にしっかりと刻んでおいてください。

Fさん、あなたにつながる大天使は、アフロディーティと人間の言葉で呼ばれている世界があり、その頂点にいる大天使があなたに強いつながりをもっております。まだ人間の言葉にはなっていませんので便宜上、大天使のアフロディーティと呼ぶことにします。本来は別の名前ですが分かりやすい名前を使っていきます。このアフロディーティの五番目の光線が特にあなたに強く働きかけており、これは美しさと調和を基本にしており、常に世界を美しく、世界を調和にする役割をもっております。この美しい調和という波動をもつ天使は、必ずしも自らが美しい調和という存在ではなく、美しさや調和を達成するための一つの働きとして活動することになります。したがって調和や美しさを具現化させるために、自分は嫌な役割を行なうこともあります。美しさや調和が乱れている時、それを美しい状態にもっていくために、わざと嫌なことを行なう、わざと否定的な言動をとったりする、こうやって結果的に美しさや調和を保つように行動を行なっていくのです。あなたがこの存在と正しくつながり、調和や美を具現化させるためには、ハーーエイーホーー、このトーニングを使うことにより常に美と調和に向けた大天使とつながっていきます。自分自身が美や調和を具現化しようとしても難しい場合があります。美や調和を具現化するための一部として自分が動き出している、自分がその頂点にいるのではなく、美や調和を完成させるための一部として動いている、この意識が必要になります。しかし同時に全体の美しさや調和の姿をしっかりと認識し、イメージし、そこに向かう決意が必要とされます。この大天使と常につながり、調和と美を目的とした新しい姿へ進んでいく、そういう活動をするように心がけていってください。

それではここまでにいたします。


③時期がきたときに真実の扉が開く

バイワモスでございます。お話ができることを喜びとしております。今新しい時代に向かい、地球もこの国も大幅に変化を起こしております。人間一人ひとりの意識の変化が求められており、本来の人間のレベル、正しい知性を身につけ、正しい判断力をもった人間、そのレベルに到達しようとしております。

一人ひとりが自分は何者なのか、なぜこの地球に生まれたのか、自分は何をなすべきなのか、そこに疑問を持ちながら学びを進めております。これまでさまざまな学びを続け、意識を高め、アセンションへの準備を進めております。一人ひとりは自分から見るとそんなに成長していない、意識レベルが変わっていないと感じているでしょう。

学びを進めているものほど自分は成長していないと感ずることになります。何も知らないものほど私は全部知っている、私に知らないものはない、そういう言い方をしてきます。常に謙虚であること、常に自分自身を成長させること、その気持ちはとても大事になります。

この国における大きな問題があります。正しいスピリチュアルな学びをしようとしても、いろんなところから妨害がやってきます。家庭から来る妨害、常識から来る妨害、宗教的な意識から来る妨害、さまざまなレベルの妨害がやってきます。家庭から来る妨害としてはスピリチュアルな学びを深めるに従い、家族に話せない内容が増えてくる、家族でも秘密にしなければならないものが増えてくる、しかしこの国のある意味では常識として、家族では何でも話し合う、家族での秘密をなるべくなくす、そういう意識があるために、家族への秘密が自分自身にとっての負担になっていきます。

しかしスピリチュアルな真実を家族に話しても誰にも理解されず、結局は非難されスピリチュアルな学びを閉ざすことになります。家族どう向き合い、家族の中でどうスピリチュアルな学びを進めていくか、これは一人ひとりにとっての大きな問題になっていきます。この家族に関する問題もある意味では克服すべきテーマということができるでしょう。

頭を使い、智慧を使うこと、自分がスピリチュアルな学びをしている時、スピリチュアルな学びをしているということをいちいち口に出す必要はありません。ただスピリチュアルな学びで身につけてきた道徳的なもの、真実を知った心の在り方、こういう行動はとる必要があります。

正しく生きる、光に向かって真実の道を進んでいく、これは行動する必要があるでしょう。当然家族の価値観と異なるところが出てきます。家族の皆がうそをついて良いと思っている、スピリチュアルな学びではうそをついてはいけないと教えている、自分はどう行動するか、確かにうそをつくことは好ましくはありません。

しかしうそをつくことによって誰かが大きな悲しみを抱える、誰かが大きな財産を失ってしまう、そういう時にはよく考える必要があります。自分が大きな財産を失うのであれば自分の責任において正しい行動をとることができます。しかし真実を語ることによって誰か別の人が大きな財産を失ってしまう、やはりこの場合はカルマをつくることになります。

しかし自分は真実を語ったという面においては、真実の道を歩むことができます。自分はカルマを請け負っても良い、それでも真実が大事である、そういう決意をもっている時は真実を語り、他の人が財産を失った悲しみを自分がすべて引き受ける、そういう覚悟が必要となるでしょう。

財産を失うことによる悲しみ、苦しみ、それをすべて自分が受け入れ、その人のためにできることを行なっていく、こういう決意が必要となります。自分が真実を語ることにより誰かが大きな犠牲を伴う、それはその人の責任、自分には関係ない、こういう論理も十分に用意されておりますが、宇宙から見た時はやはりこの論理は正しくはなく、自分の責任が必ずそこに関与することになります。

その人のカルマ、その人がうそをついたから、そういう理由で無視することはできません。やはり自分にもそれなりの責任が伴っているのです。もし自分がその責任を請け負うことができない、自分がそこまでその人を弁護することはできない、そこまで自分の力をしっかりと理解しているのであれば、真実を語ってその人が犠牲になるということに少し考える必要があります。

少しでも智慧を使い、頭を使い、その人が自分で気づき、自分から言うようにする、自分からうそを告発するようにもっていく、少しでも人それぞれの責任は自分で責任をもつようにもっていく、そういう意識が必要となります。したがって単純に他の人の犯した罪や他の人の不正な行為において、すべて自分が批判的に相手を責める、相手を正しい言葉で皆の前に出していく、そういう言動には十分に注意する必要があるのです。

自分がどこまで現実に責任をもつことができるか、そういったことを考えながらたとえ家族の中でも自分が言って良いこと、言わない方が良いこと、正直であることや黙っていること、いろんなことを自分で考え、正しい言動をとる必要があるのです。

社会や大きなグループの中での行動も同じようなことがいえます。それぞれがもっている常識、それぞれがもっている考え方、いろんなレベルで変化を生ずる必要があります。高いレベルへと引き上げていく、今の意識レベルを高い方向へもっていくために新しい考え方、新しい常識を説いていき、多くの人々が喜びを共通できるようにしていく、幸せが多くの人に広がる方向へともっていく、そういう方向性が望まれているのです。

一般にその人の考え方や見方が小さな世界に留まっている時は、幸せや喜びも小さな世界のものになります。しかし意識レベルを高め大きな世界を感ずることができるようになると、幸せや喜びも大きな世界へと広がっていきます。意識レベルを高めるということは、大きな世界に入っていくこと、大きな世界の新しい考え方、大きな世界でいろんな人々が同時に幸せを感ずる在り方、そういった事を見つけようとする働きが意識レベルを上げる考え方になります。

常に自分の意識レベルを上げる方向を考えていってください。家族だけで精いっぱいだった人は、もっと大きな世界での幸せを見つけるようにしていく、地域や会社での価値観を大事にしていた人は、もっと大きなレベルでの価値観を見つけるようにしていく、いろんな地域や団体、グループや集まりがあるでしょう。

そこで満足していた一つの範囲から、さらに大きな範囲へと広げていく、常にこうやって大きな価値観へシフトできるようにしてください。特にこの国の人々はある特定の価値観の中に限定されてしまい、価値観が新しく大きくなることができない状態になっております。

一度つくり上げた価値観に意識してしまい、その価値観にずっとこだわっている、たとえそれが古い価値観、小さな価値観であったとしても、そこにこだわり続け、社会や世界がどんどん変わっていても小さな価値観のままに留まっている、そういう人がとても多く見受けられます。社会や国の発展がどんどん広がっているのに、価値観がまったく変わらない、こういう意識のままでは自分の成長がかなり留まってしまいます。

世界の中で自分も意識も広げていく、世界の成長に合わせ自分の意識も成長させていく、こうやって常に成長する気持ちを身につけてください。スピリチュアルな学びを続ける流れにおいて、いずれ自分自身の中の秘密の部分に目を向ける時がくるでしょう。一人ひとりの中に眠っている自分の秘密があります。

時期がきた時にその蓋の扉が開き、自分の真実を目の前に教えてくれます。しかしそれはその時がくるまで自動的に目覚めることはありません。その時という準備は時間的なものだけではなく、その人の意識の目覚め具合によります。どこまで自分について学び、どこまで意識レベルを高め、人を幸せにすること、社会を幸せにすること、そこにどこまで気がついたか、その度合いによって扉の開く時期が変わってきます。

自分自身の前にある閉ざされた自分自身の秘密の扉、ぜひこの扉を自分の手で開き、自分の秘密を自分で見つけ、新たなる意識の段階に入るようにしていってください。

Gさん、あなたの前にある秘密の扉は、まだあなたの前でしっかりと扉が閉まっております。あなたがこの扉を自分の力で開き、本当の自分に辿り着くためには、自分自身の心の中にある本当にやりたいこと、本当はしてみたかったこと、もっともっと取り組んでみたかったこと、そこに秘密が隠されております。このやりたかったことの中に音に関する秘密と、味に関する秘密、これがあなたの中で隠されており、この秘密を解き明かすことにより扉が少しずつ開いていき、自分自身の隠された秘密に辿り着くことができます。自分自身の秘密をぜひ自分の手で開いていってください。

Hさん、あなたの目の前にある秘密の扉、この扉が開きそうになるとなぜか自分で閉じてしまいます。また純粋に自分で努力し、少しずつ扉が開いてくると又自分で蓋をしてしまいます。本当の自分を知る時に自分でなぜか怖がり、恐怖を感じ、蓋をしてしまうのです。あなたの中で眠っている秘密はある意味では自分にとって怖いもの、恐怖のように思えるもの、見たくないものという意識を動かしていきます。それによってやり方が間違っていた、自分は違うことをやっていた、そう思って蓋をしてしまうのです。あなたの中で眠っているこの秘密は、音を使うと同時にある一つのイメージが必要とされております。それは今の自分をはるかに超越した本来の自分の姿であり、今の自分の姿とはまったく異なる姿の自分になります。今の自分とはまったく異なる姿の自分であるために、自分ではないと思ってしまい蓋をしてしまうのです。自分のトレーニングによって何かがどんどん自分に近づいてきた、でも明らかに自分とはまったく異なるもの、そう感じた時蓋をせずにそこに思いっきり入っていってください。今の人間的な自分にこだわらず、まったく異なるものに飛び込んでいく、そうすることによって自分の秘密につながり、眠っていた自分が表に出てくるでしょう。

Iさん、あなたの中にある秘密の扉、あなたに真実をもたらし、真実のあなたを働かせようとしております。あなたはすでにこの扉を何度か開けたことがあります。ただそれを本当の自分とは気づかずに、ただの一つの存在、ただの一つのエネルギーとして感じておりました。ただその力を使う、ただその力と共に何かする、そういう感覚で使っておりました。しかしこれはあなた自身の本来のものであり、そこから無限の力を引き出すことができます。何らかのトレーニングによってどんどん自分の秘密の中に入っていき、また何か特別な真実に近づいた、また何か特別なパワーにつながった、そう思った時、ただパワーを使うのではなく、その中に飛び込んでいってください。完全に一つになってください。自分の細胞のすべてが変わっていくでしょう。細胞のすべてが入れ替わり新しい自分となり、新しい力をもって蘇ってきます。これは今まで自分が使うことのできなかった力を与えてくれます。新しい自分をしっかりと自分のものにしていってください。

Jさん、あなたの中にある秘密の扉は、あなだかそこに近づこうとしてもなかなか見えることができず、いつもその秘密の扉の周りでうろうろしている状態になります。自分で自分の真実を手にしようとしても、その扉を扉として見ることができず、扉を開けるやり方も身についておりません。どうしても考え方がすぐに自分がそのようになれる、ただ信じていたり願っていれば、すぐにそうなれる、そのように信じているところがあります。しかしその扉は願っていて自然に開くわけではありません。扉を見抜くトレーニング、扉に近づくトレーニングが必要となります。今学んでいるさまざまなスピリチュアルな学びにおいて、自分自身の意識を高めるもの、自分の波動を高めるものがあれば休まずトレーニングを続けてください。そのトレーニングによってだんだんこの扉が見えるようになっていきます。扉が見えてきたら扉を開けるようにしていく、扉を開けるというのは自分自身の心の扉を開き、他の人の心の扉を開く、これが鍵になります。今のあなたは自分の心の扉を開こうとせず他の人の扉に興味がありません。そのために自分の心の扉も開いていかないのです。自分の心の扉を開き、他の人の扉を開こうとする、そうするとあなたの中の隠された扉が開いていき、真実の自分を見つけることができるのです。心の扉を開く、そこに意識を向けながらもスピリチュアルな学びを進めていってください。

Kさん、あなたの心の中の秘密の扉において、あなたは何度かこの扉の近くで扉を開こうとしたことがありました。扉に気づき、何かがあり、開こうとしました。しかし扉はまったく開くことはありませんでした。心の扉はただの知識や光のパワーだけでは開くことはありません。自分に対して真実を語り、他人に対して優しさや愛が必要であり、正しい人間関係が必要とされます。特に偽りや暴言、さまざまな言動はこの扉に強く影響を与えていきます。人間関係の流れにおいて常に謙虚であり、真実を語り、相手の心を大事にすること、人の心の痛みが分かり、人の心を尊重すること、そうすれば力を使わなくとも秘密の扉は自然と開けることができます。自分自身の言動をしっかりと理解しながら、相手の心を常に尊重する、そうやって自分の中の秘密の扉を開けるようにしていってください。

Lさん、あなたの心の中の扉は、これまでのいろんな学びや進化において、十分に何度も開きかけたことがあります。開く寸前までいきながら完全に開けることができませんでした。自分の中で染み付いている一つの恐れや違和感、何か違うという感覚、それによって本来の扉を開くことが難しくなっておりました。このあなたの中の真実の扉は自分に忠実であると同時に、自分と一番合わない人、一番波動が異なる人、そういう人に対していかに正しく心から尽くすことができるか、これが大きな鍵になっており、一番異なる人に対して尽くすこと、一番違和感のある人に対して心から接すること、それによって扉が開いていくのです。これまで寸前までいきながらもどうしても何か許せない、分かっていてもできない、そういう意識によって開きかけた扉も開かないままで留まっておりました。自分をしっかりとコントロールし本当に心から相手のために何か尽くすことができる、それが堂々とできるようになった時、この秘密の扉を開けることができるでしょう。

Mさん、あなたの中の心の扉は、あなたの前ではいつも明るい陽気な扉のように感じられております。自分の中の秘密の扉という意識が感じられず、ただ普通の扉、いつもの自分の心、そのように感じられております。そのためにあえてそこに挑戦し、あえて開こうという意識がつくられておりません。この何気ない普通の心の扉、あなたから見た時、心の通える人とただ仲良くする、心の波長が合う人と仲良く接する、そういう感じの心の扉になっております。この心の扉を開くためには、一見仲が良く心でつながっている、お互いに信じ合っている、そういう仲においても本当に言いたくても言えないこと、本当は口に出せないこと、そういったことを抱えているものがあります。ただ良い人や楽しい人として過ごすのではなく、明るさや元気さを感じていながらも、そこにある何らかの悩みや辛さ、そこにうまくつながり、そこからその人のために何か助けをしてあげる、悩みの解決をしてあげる、そうやって相手の中に入り、相手が楽になっていく、そういったことができるようになった時、あなたの自分の中の秘密の扉も開くことができます。この秘密の扉を開くために一見口に出していない相手の本心が分かる、相手の本心を感じとる、そこから自分の心の扉を開いていき、人の心の深いところが感じとれるという秘密を自分のものにしていってください。

Nさん、あなたの前にある心の扉、これまで自分の中にこの秘密の心の扉があるということ自体認めておりませんでした。自分に必要なものは自分で学び自分で分かっている、そう思っているために自分の中の秘密の扉を自分で見つけることができない状態になっておりました。自分をもっと知ろうとする気持ち、自分は秘密だらけであり、分からない秘密が無限にある、毎日毎日自分の秘密を解き明かしても一生かかっても自分の秘密は分からない、それくらいの意識で自分自身の秘密に積極的に取り組んでいく、こういう意識が必要となります。今はそこまでして自分の秘密を解き明かそうとする意識がないために、秘密の扉が見えない状態になっております。自分で自分のことをもっと知ろうとする、そのためには人の秘密を大事にしておく、人それぞれいろんな秘密をもっており、それぞれの秘密はその人のもの、自分が他の人の秘密に介入しようとせず、他の人の秘密は他の人のもの、自分の秘密は自分で解き明かす、この意識をしっかりと身につけることです。自分の秘密にしっかり意識を向け、自分の意識を高めるトレーニングを毎日続けていく、それはただの瞑想などではなく、現実の中で秘密を解き明かす、現実の仕組みを受け入れ理解していく、現実に不満をもらしたり、現実を否定するのではなく、自分の意識が現実化させていること、これを素直に受け入れる必要があります。現実に不満を持ち否定している限り、この扉に出会うことは難しいでしょう。現実をそのまま受け入れ現実を喜びとして体験していく、そうすることによりこの秘密の扉が少しずつ自分の前に現れ、その扉を開けることができるようになっていきます。

Oさん、あなたの心の中の扉において、これまでこの秘密の扉は何度かあなたの前に現れてきました。また何回か自分で開ける直前にまで進んだことがあります。しかしなぜかそこで開けないまま終わってしまいました。何か自分の心の中にせっかくのチャンスが目の前に来ても、このチャンスをチャンス思わず、そのまま見過ごしてしまう、無視する、関与しない、こういう意識があります。現実の中でもせっかくのチャンスが訪れてもそれを有効に活用することができず、逃してしまったり、うまく生かせないことが何度かあります。このスピリチュアルなれにおいてもせっかく訪れたチャンスを有効に使う、この意識はとても重要です。扉が近づいたら開けてみる、何か素晴らしいものを感じたら接してみる、良いものと感じられたらすぐ自分で取り組んでみる、自分の感じたことを大事にして、チャンスを生かす、こういう行動をとっていってください。そうすれば心の扉も自分のものにして自分の中の秘密を自分で理解し、自分自身がチャンスメーカーだということに気がついていくでしょう。


それではここまでにいたします。



④犠牲なくして統合はならない

ハトホルでございます。お話ができることを喜びとしております。特に私の名前を知らない人も多いでしょう。ハトホルという名前に特別に意識する必要はありません。この国の人々に対しては星の女神のような存在として感じられております。この宇宙の中では閃きをもたらすもの、アイデアをもたらすもの、特にその人にとっての深遠なるもの、その人が手にすべき深遠なるものを気づかせるように働きかけていく、そういう働きとして宇宙で認識されております。

ただこの地球に関してはこのアセンションの時代に向け、新しい使命を授かって地球に接しております。新しい使命というのはこの地球のアセンションの流れ、女性性の波動の目覚めに向けてこれから目覚めるべき地球の女性性、その覚醒に向けての働きを行なっております。

この地球の女性性というのは、いわゆるさまざまなものを一つに統合していく、異なるもの、違うもの、受け入れないもの、そういったものも飲み込んで一つにしていく、この統合の波動が新たなる女性性になります。これまでの地球はさまざまな分離を続け、破壊を起こしてきました。異なるものを飲み込んで自分のものにする、対立するものを破壊させ、自分だけが生き残る、このような力が強く働きかけておりました。

これからの地球の流れは異なるものをしっかりと受け入れ、共存共栄できるようにしていく、相手を生かす、相手を生かすためなら自分が犠牲になっても良い、そのような意識がこれから要求されていくのです。このこれからの女性性の波動において、特にハトホルは女性の意識に働きかけていきます。

もちろん女性の意識というのは物理的な人間の女性をいうわけではなく、女性性の意識ということになります。男性であっても女性性の波動は身につけております。生命を守る、生命を育てる、生命あるものをしっかりと大事に育て、生命が続くようにしていく、これが女性性ですが、そこにハトホルが入り真実の女性性が目覚めるように働きかけていきます。

特にこれからの地球の流れにおいて、異なるもの、異質なもの、そこに同じような波動を感じ生かすようにしていく、これはこれからの地球にとってとても大事な波動になります。これまでの地球はわずかな違いがあれば、すぐに非難する、相手を破壊させる、違いにばかり意識を向け、すぐに破壊的な行動をとってきました。

これからの時代は違いがあることは普通であり、違いを認める、共存共栄する、違いを認めながらもお互いに努力し一つになる方向を見つけていく、こうやって常に高いレベルへ意識を向け、大きな大きな統合へと向かう、それがハトホルの波動になります。

この地球においては、統合という言葉がなかなかうまく定着せず、どうしても力のあるものがすべてを支配する、権力のあるものがすべてを自分のものにする、そういう形の統合が長い時代進んでおりました。統合というのは一人の大きな力のあるものによって行なわれてきました。

これからの統合は統合の中にある一人ひとりすべてが統合の力を出す、すべてが統合のメンバーであり、すべてが統合の力を使うことによって本来の正しい統合が行なわれる、たとえ小さな生命でもたとえ目覚めていないものでも、メンバーである一人ひとりを尊重し、全体の統合をつくり上げていく、それがこれからの統合になります。

この統合の方向は皆さん方の家庭や友達関係からつくり上げてください。一人の力のあるもの、権力のあるものに従わず、一人ひとりがメンバーとなる、一人ひとりが統合の力を出し、全体で統合を成し遂げる、この意識が必要となります。たとえ強い力をもっているもの、権力をもっているものがいたとしても、そこに意識を向けないでください。

権力で一つになるのではなく、むしろ弱いものの気持ちを理解し、小さなものを尊重し、全体性を大事にする、こういう意識が必要になるのです。これからの時代における統合、ハトホルのもつ新しい統合、このエネルギーをぜひ体で受け止めてください。この波動で統合をなすためには自分の波動に柔軟になる必要があります。

自分を出し過ぎないようにすること、弱きもの、小さきものを尊重し、一人ひとりの個性も尊重する、違いを尊重する、全体がうまくまとまらない時は、自分が譲る場合もあるでしょう。誰もできないところは自分が補う場合もあるでしょう。全体が素晴らしい統合をなすためにはある程度の犠牲も必要なのです。

犠牲なくして統合は成り立たないのです。異なる価値観のもの同士が一つになる時、必ず誰かが何らかの形で犠牲になっている場合があります。この犠牲を理解すること、誰かが犠牲になっている、そこに意識を向け、その犠牲をなるべく救うようにしていく、自分もその犠牲を感じ、共有できるようにしていく、こういう意識も必要なのです。

どんなものでも完全なる統合をなすためには、全員が必ず何らかの犠牲が必要となります。しかし第四密度以上の存在は、この犠牲を犠牲と思わず奉仕と考えております。犠牲を奉仕と感じ、奉仕を喜びとしてとらえ、それによって成し遂げられる全体の統合に喜びを見出していくのです。

一人ひとりのわずかな犠牲を全体への奉仕と感じ、完全なる全体を喜びとしている、この感覚が身についてきた時、本当に皆さん方は第四密度の統合を感ずることができるでしょう。このハトホルの波動をしっかりと心に刻み、完全なる統合に向け一人ひとりのささやかなる犠牲を感じながらも、自分自身は犠牲を喜びとして全体に奉仕する、全体に貢献していく、そういう意識で素晴らしい統合をつくり上げるようにしていってください。


Pさん、あなたの中にハトホルの光が入ってきております。これまで自分の体の中で自分の女性性は何なのか、自分に女性性の波動がどこまで目覚めているのか、いろいろ疑問をもったことがあるかもしれません。しかしあなたの波動の中にハトホルの女性性がどんどん入ってきております。統合に向け新たなる女性性の目覚めになります。あなたがこの新しい女性性を使う、自分で意識して使えるようになる、そのためには常に自分から見た何らかの女性的なもの、シンボルを感じてください。何らかの花を常に感ずるとか、あるいは小さな子供を感じ命の喜びを感ずる、あるいは男女が一緒にいる時の愛に溢れた喜び、何らかを感じとれるようにしてみてください。イメージが難しい時は自分の心の中にハトホルの波動を感じ、ハトホルが自分の中にいる、それをしっかりと感じてみてください。あなたの中の新しい女性性が動き出していきます。特にあなたにとってハトホルの女性性を強く引き出すためには、何らかの甘味のあるもの、甘いものがあなたにとってハトホルの女性性を引き出すのに役立っていきます。甘いものから優しさを感じ、喜びを感じ、全体的な一つの統合を感じていく、これがあなたにとってのハトホルのつながりになります。このハトホルと一つになった時、多くの人々に対しても心からの喜びを感じながら優しく接し、愛をもって統合に向かっていく、こういう意識が動き出していきます。ただあなたにとってのテーマは、いわゆる自分に攻撃的な人、自分に強く当たってくる人、そういう力で来る人に違和感を感じ、どうしても感情的に抵抗を感じてしまいます。この新しいハトホルの女性性はそういうあなたに新しい気づきを与えていきます。言葉荒々しく、大きな言動でやってくる人ほど、本当は小さい心の持ち主で弱い存在であること、声を荒げれば荒げるほどその人は弱い存在だということを感じていってください。弱い人がいきがっている、無理に強く見せようとしている、そういう心の小さい人だと感じてください。そしてそういう人をもハトホルの大きな心で包み込み統合に向かい優しく接していく、ここに意識をしていけば、これから多くの人に向けて、良い統合の関係をつくることができるようになります。常に甘味を感じながらハトホルとの統合を感じていってください。



それではここまでにいたします。

centsun.gif

  Ascension Report



Arghartan Messages
CentralSun  ~2010