20120117 of Central Sun Ascension Report

2012/1/16 月曜交流会

謙虚な姿勢で魂を輝かせること

①魂が襲われている日本人

私は仏教と呼ばれている教えの中のマスターとしてお話をいたします。マスターとして紹介しましたが、皆さん方の言葉で言えばお坊さんのようなイメージで構いません。ただ日本的なお坊さんではなく、もっと太古の昔のそれもかなり古代の文明の中でのお坊さんととらえておいてください。ある民族の始まりの段階で人々を導き、教えを体系化し、そしてこの地球にある一定の役割をなしてきました。

皆さん方が毎日のように喜怒哀楽を現し、喜びを感じたり怒りを出したりして日常生活を続けております。この喜怒哀楽という感情の仕組みがなぜつくられたのか。この地球における最初の人類の頃はまだ感情というシステムを身に付けておらず、本能的にただ動き回っておりました。必要なものを求め、ただそれを毎日のように繰り返していく、こういう生活を続けておりました。

欲しいものを手に入れようとする思いが少しずつ強くなってきて、皆で協力して分け与えるとか、一緒に分配するという意識が少しずつ薄れてきて、ほかの人々よりは自分の方がより多く手にしたい、少しでも自分の方が得になるような分配にしたいと願うものが現れてきました。

これはこの地球上で生まれた波動ではなく、ほかの星々から来たものたちによって地球上で広がり、また人間にすみついたものでした。人間の心にこのような欲が現われ出し、他人よりも多く獲得することによって喜びを得る、人より少ないものを手にすることによって不満を感ずる、こういう意識がつくられていきました。

これが感情的な感覚をつくり出すようになっていきました。当初は今の感情システムとはまったく異なった状態であり、心から喜びを感ずるという感覚ではなく、ほかの人よりは自分が単に多くのものを所有しているというただ一つの目安のようなもの、一つの量的な差による感覚、こういったものがつくられた状態でした。

だんだん意識が成長し、多くのものを手にするという人類が増えてくると、極端に多くのものを手にするものと、ほんのわずかしか手にできないものが現れてきて、そこの差における人種的な差、人間的な差というものがだんだんつくられ始め、そのうちには民族全体、部落全体が得意になったり、あるいは不満を感じたりする状態がつくられていきました。

人種的なもの、民族的なものの違いがそのまま何らかの得意、不満という状態をつくり出し、このような感覚が次第に心としてつくられていき、感情的な仕組みを動かし始めていきました。

初めは、自然を称え、自然との一体感を満足として生きていたものたちも、自然との一体感を味合わなくても自分は楽をしてほかのものたちに自然との一体感を行なわせる、自分はほかのものとは違うという意識をつくり出してくる、こういうものたちが現れてきて、だんだんほかのものたちは自然の中でただ分からず言われたことだけを行なう、一部のものがそういったものたちを扱いコントロールし、自分の都合の良いように持っていく、こういう仕組みが動き出していきました。

このように心が進むにつれ、だんだん自分の利益になるようなことばかりを追求する意識が強くなり、ごくわずかなものが大多数のものを支配するという仕組みへと変化していきました。そして上にいるものは下にいるものを支配して喜びを感ずる、下にいるものは上にいるものに利用されて不満を感ずる、こういう意識へと変化していきました。

このような分離が進むにつれ、人間の心がどんどん荒くなっていき、感情という仕組みをどんどん荒い波動に落としていき、喜びではなく、不平不満、競争、戦う、そういった心へとどんどん落ちていき、感情の動きも低い方の感情ばかりが先に動くようになっていきました。

それ以降の民族の発達はすべて心の波動を低くする方向へと動いていき、それと同時に感情も低い波動の感情を先につくるという流れで進んでいきました。結果的に今の皆さん方の多くが感情というシステムの波動の低いところだけを使っていき、波動の高い部分の感情がまるで分からない、使ったことがない、自分にはないという感じがする、こういう感覚になっています。

日本の民族はその中では比較的高い方の感情を長い間保持することに熱心であった民族といえます。ほかの民族のように低い波動へどんどん落ちていき、他を悲しませる、苦しませるというのを喜びとした民族ではなく、いかに下に落ちないように一人ひとりが自分で心を引き締め、高い方の感情を少しでも発達させようと意識して備えていく、こうやって相手を敬う、思いやる、相手のことを先に考える、全体の幸福や平和を考える、こういう気持ちを大事にしてなるべく落ちないように皆で意識を保っておりました。

本当は日本の人々は高い心の波動を呼び戻し、使い分けることはおそらく可能であり、良い機会さえ恵まれれば思い出して使える時期がやってくると望んでおります。ほかの多くの民族は高い方の感情の波動を目覚めさせるのはとても難しい状況があり、何らかの自分の利益や自分の得になるところがない限り、それを手に入れようとは思いません。

無条件にほかのために尽くすとか、無条件にその場を良くする、そういった発想を自然に行なうのは極めて難しいと思われます。日本の人々は単純に汚れていれば綺麗にする、邪魔だったら片付ける、いろんな徳質を身に付けており、特に褒められなくても認められなくても自然の中で行なうという心が身に付いておりました。

その高い波動の日本人の心に急速に噛み付いてきたのが欧米の魂のものたちであり、日本人の高い波動の心の部分をとにかく破壊する、砕いてしまう、使わせないようにする、そういう意気込みで日本人の一人ひとりの心に直接破壊しにやってきています。

私たちの目から見れば野獣のような獰猛な者たちが日本人の純粋な心の中に突然襲い掛かり噛み砕いて、魂の良質の部分を噛み砕いてばらばらにしようとしている状態に見えております。西洋的な競争心、自分を偉いとする気持ちやほかの人が劣っているという気持ち、こういった気持ちを少しでも日本人の心の中に植え付け、育て、そしてそういう心が動き出す時に野獣のようなものたちが即座に入ってきて、綺麗な魂の部分を噛み砕いていく、こういうような現象が毎日のように行なわれております。

何万年、何十万年掛かって磨かれてきた日本人の魂が今では見るも無残にことごとく野獣の牙でガタガタに削られ、ヒビが割れ、穴が開き、破片を持ち取られてしまったような、このような状態に映っております。魂を打ち砕かれ持ち去られた破片を自分の手で取り返してくる、自分の手で修復する、これが日本人の一人ひとりに与えられたテーマになってしまっています。

日本人がただ光れば良いとかいう問題ではなく、もう削られ、破壊され、破片を持ち去られた日本人の魂は、ただ黙って光っていれば良いとか、そのままで良いというレベルではありません。持ち去られた自分の魂の破片を自分の手で探し出し、自分の手で取り戻し、自分の手で元に戻し、自分の手で元の丸い魂につくり直していく、これが全員に要求されているのです。

当然長い時間が掛かるでしょう。わずか数年や数十年で完成するものではありません。物事は破壊は一瞬ですが、それを元に戻すのには何万年、何十万年、何百万年と要するものがたくさんあるのです。宇宙のドラマにはいろんなドラマがあり、このようなドラマも宇宙の錚々たるドラマのたった一つに過ぎません。

まだまだいろんなドラマが宇宙にはたくさん存在しています。皆さん方の多くが愛を発揮しようとしても発揮できない、意志で行動しようとしても意志が発揮できない、光を出そうとしても光が出ない、何度も口に出しております。またこうやって口に出せば出すほどそれが現実化されるように動いていきます。

こうやって日本人自身をどんどん封じ込めていき、いかにも自分が光がない、自分は愛が無いのだと思わせるように、またいろんな仕組みがつくられているのです。口に出せば出すほど現実化するように、パワーが強まるように、頑丈な仕組みがつくられております。

日本の人々がわずか数年でどんどん落ちていく、わずか数十年、数百年前には想像もできなかったくらいに日本人の行動が狂っています。他人のことを考えない、社会のことを考えない、地球のことを考えない、すべて削り取られた魂の破壊された状況から行なわれているものであり、これをどのようにして元に戻していくのか、どのようにして一人ひとりが復活するのか、本当に難しいところがあるでしょう。

一人ひとりを自分の本来の仏性と呼ばれるもの、自分の真我、本当の自分というところに意識を持っていき、そこと繋がる、話としては本当に良い話であり、またそれを多くのマスターや宇宙の仲間が望んでいることでしょう。できるものであれば本当にそれをすぐに行なってあげたいと思っているところです。

しかし本来の自分の仏性や自分の真我に目覚めるためにはある程度魂が完全でなければなりません。皆さん方の魂で食いちぎられた場所というのはほとんどが日本人としての大事な部分を削り取られ、かじり取られ、奪い取られております。自分よりも他を優先する、少しでも皆のために自分を犠牲にして活動していく、この部分がほとんどのアメリカから来た野獣的なものによって噛み砕かれ、粉々にされております。

また、一人ひとりが持っている素晴らしい能力、神から与えられ、高次元から活性化させられていた素晴らしい能力、この能力は全然別次元から来たものたちによって削り取られ、バラバラにされ、ほとんど使えなくなるように悲惨な状態に変えられております。

本来は今ごろは日本の人々は一人ひとりが目覚め、日本人としての力を発揮し世界の中で主導権を取るくらいに浮かび上がり、目覚めたものたちが中心となって世界を変えるくらいの光を放っている時期になっておりました。そして日本人がアセンションの頃に光を持って現れた頃、ほかの国の人々も日本人の光によって目覚め、思い出し、本来の役割を思い出してきて、日本人と一緒に協力していく、こういうシナリオがつくられておりました。

しかしほかのものたちはこのシナリオを絶対に行なわせないようにするために、完全に日本人の魂に噛み付き、次から次と陥れていきました。今となっては本来のこの計画が完全に駄目なくらいにまったく機能しない状態になっております。今の日本人という魂のレベル、意識レベルで見た時、この地球を救うのにほかに方法があるのか。宇宙の方では常にいろんな計画が用意されており、うまくいかない場合の別の案を必ず用意しておきます。

今の段階で言えるのはまずそういう計画をこの場で言うことは絶対にできないということを理解してください。いろんなところに悪魔の手がはびこっており、ここから出る情報をすべて聞き出して邪悪なるものへと届けていく役割を持っているものが無数にいるのです。

そしてここで話される情報を1文字ともたがわずそのまま邪悪な集団に持っていき、そして計画を潰しにくるのです。これまで予定されていた計画のほとんどすべてがここに来る邪悪な者たちによって邪魔されておりました。ここは光を求めてくるものと、光でないものたちに興味を持ってそのまま光でないものたちを引き連れて来るものたちの集まりになっています。

光だけでやってきている人は意外と少なく、光でないものを引き連れてやってきている人もかなりの割合でいつも存在しているのです。それ故に普通のメッセージもすべて邪悪なものたちに知られてしまい、計画がことごとく潰されていきます。宇宙での計画は常に変化していきます。

今まではここに集まるものたちの意識レベルを高め、少しでも一人ひとりが自分で自分の意識を高めることができるようなアドバイスを与えてきました。そして中には本当に成長し、わずか数年前では到達することのできなかった意識レベルに到達した人もたくさんおります。

ここで本当に真面目に学びを続けてきたものたちは、ほかのどのサークルで学びをしても絶対到達できないようなレベルにまで高まっているものもおります。しかしそういう成長の早いものがいればいるほど、邪悪なものが目を付け、必ずここに来させないように導いていきます。

そしていつかはここに来なくなり、結局成長していた意識レベルもそこで留まるか、あるいはまた意識レベルを下げてしまい、邪悪なものたちとの集団の中でどんどん意識レベルを下げていきます。これらはすべて日本人の魂を食いつぶし、破壊させようとするものたちの計画であり、本当の根源は日本人を破壊しようとするものたちの策略にあります。

なぜそれほど日本人の魂を恐れるのか、なぜ日本人の魂にそれほど敵対心を持ってくるのか、それほど日本人の魂は本当に素晴らしいものがありました。どのような状態にあってもすぐに相手を非難したり、相手のせいにしたり、相手を悪く言うという人はそれほど多くいなかったのです。

問題があっても自分に落ち度がなかったかどうか、天は常に自分の心を見透かしている。嘘を言うことはできない、常に正しく行動しなければいけない、こういう意識を身に付け、心の高い波動の部分を常に活性化させておりました。地球にある多くの民族の中でも高い波動の心を長く保持できたのは本当に珍しい民族といえます。

それが日本民族全体が荒々しい野獣に次から次と襲われていき、魂を食いちぎられ完全に破壊されてしまったのです。宇宙において今新たなる日本人の魂を再構築しようとする計画が進められていきます。ここまで優秀であった日本人の魂を完全に破壊されるまで見過ごすことができず、この地球を救うための最後の希望として日本人の魂を使うしか方法がないのです。

今日本に残されている魂の中でできるだけ傷が少ないもの、まだ何とか形の維持されているもの、こういう魂の再構築に必要な魂を探しているのです。この集まりの中で約1年位前から方針が変わり、ここに来る人々も急激に変更させてきました。

日本人としての魂の再構築に必要な人々を探し、集め、そして導こうとしているのです。もう完全に魂の再構築が不可能なもの、完全に復活できないものはここに来る意味がなくなってきているのです。そして少しでも魂を再構築して本来の日本人の持っていた美しき部分、清き部分を復活させ再調整し、そして新たなる日本人の魂としてつくり変えようとしているのです。

しかし魂をつくり変える、再構築するというのはそんなに簡単にできるものではありません。また、マスターや天使たちが協力してできるものでもありません。神ならできるのか、それすらも分からない状態にあります。この魂の再構築の計画は皆さん方から見ればかなり高いレベルの指示で降りてきました。

皆さん方がこれまで学んできたどの神というレベルをも超越したさらに高いところからの指示によるものです。それだけ日本人の魂が今重要であり、また鍵を握っているのです。自分の魂のレベルがどうかとかいちいち考える必要はありません。いちいち比較したり自分と他人を分けたり、優越感を持ったり、劣等感を抱いたりするようなことはいっさいしないでください。

また今後もここに来る人すべてがまたそうだとか、来れない人はどうかとかいう考えも取り除いてください。一人ひとりの魂の波動に意味があり、修復できるかどうか、そういったことにかかわりなしにただ必要に応じて来る人が時々いるのです。

したがってここに来たから全部魂が再構築されるとか、ここに来ない人は再構築されないとかいう発想はいっさい持たないようにしておいてください。ここに来ている人の中では魂の再構築に向けすでに準備が進んでいる人も何人かおります。しかしそのためには日常生活においてかなり苦しい状況が続く場合があります。

失われた魂の部分を修復するために、特別な手段を使う必要があり、自分でも訳の分からない状況に入ったり、自分が誰だか分からなくなるような状態になったりしていきます。そういう状態になった時に決して自分を否定したり、また他人を責めたりすることをいっさいしないようにしておいてください。魂の再構築には少し時間がかかり、短時間でできるわけではありません。また再構築中にあまりにも強い感情や怒りを出されると再構築の工事がまた破壊されてしまい、とても困難な状態になる場合があるのです。

したがって皆さん方はできれば今年1年間1回も怒らないくらいの気持ちを持って、一度も不快感や不満を言わないというくらいの決意でぜひ一年を過ごしていただきたいと望んでいるのです。この魂の再構築がうまくいけば皆さん方一人ひとりの人生だけではなく、地球にとっての未来が変わっていくのです。

地球自身の未来を変えるためにぜひ皆さん方の魂の再構築が必要なのです。そのために常に再構築の作業が進みやすいように、常に天を信じ、良き心を持ち、潔白で清い心、他を温かく見守り、自分に対して厳しく他人に対して温和に、自分の罪に対して厳しく正義感を持ちながらも、他人に対しては寛容で優しく接していく、常にこの心を保持し続け、この精神力を長く保持して一年間決して怒ることも責めることも自分を呪うこともしない、この決意で過ごしていただきたいと願っているのです。

これからの1年間特に再構築が進んだ人にはさらなる試練がくるかもしれません。皆さんを破壊しようとたくらんでいるものがそれに気付き、攻撃をしてくるからです。皆さん方をこっそり救うとか助けるということは残念ながら許されておりません。それすらも自分の力で自分で乗り切っていただきたいのです。

自分で破壊し自分で傷を付け、自分で削り取られた責任をそれぞれが取る必要があるのです。私たちはそれを勝手に挽回することはできないのです。しかしもし今年一年皆さんが頑張りどのような攻撃にあっても決して油断せず、すべてを暖かく見守り、決して他人を責めることがなければいくら野獣がやってきても皆さん方の魂に噛み付くことができず、噛みちぎることもできないのです。

自分が恨みを出したり、怒りを出した時に噛みちぎられてしまうのです。皆さん方が何一つ否定的な波動を出さなければ、どのような野獣が襲い掛かっても魂は無傷なのです。自分がほんの少しでも不安や恐れ、心配、怒りを出した時にたちまちにして魂が傷付き噛み砕かれてしまうのです。

ですから今年1年どんなことがあろうとも絶対に自分の魂は自分の手で守る、自分で自分の魂を精一杯つくり変える、その意識を強く持っていただきたいと願うのです。一人では難しいという人はここにいるメンバーと助け合いながら、協力し合いながら何とか乗り切っていってください。

②真面目に謙虚に地道に自分のために学びを

私はシリウスと呼ばれている領域から派遣されてきたある生命の保持者です。シリウスはある意味では拠点の名前であり、必ずしも特定の状態ではありません。長い間この地球に関与し地球の生命進化を見守りながら意識レベルが早くシリウスのレベルになるように導いてきました。

シリウスの連合の状態から見た時、地球の意識レベルはまだまだ小学生レベルといわざるを得ません。しかも長い間小学生のままで留まっているのです。しかし地球にそれほど長い時間が許されているわけではなく、もうすでにもっと上の段階へとシフトしても良いくらいの時期に入ってきています。

皆さん方は今の話にあったように一刻でも早く魂を再構築し、もっと上の状態へと進んでもらいたいのです。皆さん方を見て多くの人は、なぜこういう人が、なぜこんな人が波動が高いのだと思うでしょう。特別な能力があるわけでもなく、霊的に優れているわけでもない、そういう人ばかりが集まっていて、なぜ新しい魂を手にすることができるのだろう、普通の人はそう皆さん方に言うかもしれません。

しかし私たちから見れば皆さん方はここ数年ここで学びをし、真面目に謙虚に地道に自分のために学びを続けてきました。時には嫌な目に遭いながら、時には対立しながらも何とかして新しい地球のために、新しい自分のために学びを続けてきました。

宇宙にはすべての記録が残っており、皆さん方が真面目にここで勉強していた状態もすべて記録が残されております。必ずしも優越感や自慢話で集まっているわけではなく、純粋に自分の魂を良くしようと集まったり、純粋に自分の波動を高めようとして集まってきました。

早く自分の内なる神と繋がりたい、早く自分の魂を目覚めさせたい、ハイヤーセルフと繋がり言葉を直接聞きたい、そういう人ばかりが集まってきました。何かが見えるようになったからといって自慢することもなく、人を下に見ることもなく、さらに次のステップを目指して練習していく、こういう基本的な姿勢が大事であり、それがしっかりと宇宙に残されているのです。皆さん方のそのような心が大事であり、その心が魂の再構築の許可を降ろしたのです。

しかしこれから本当にうまくいくのかどうかはまだ分かりません。これまで1年以上皆さん方は頑張ってきました。今年1年頑張れるかどうか、今年1年怒りを出さず憎しみを出さず、常に他を優先し、地球のために光をただ差し出していく、これを1年間継続できれば皆さん方の魂は本来要求されていた日本の魂にかなり近いものが約束されるのです。

そしてそれがうまくいけば皆さん方に続く人々も用意されていき、少しずつ数を増やしていくでしょう。宇宙では内緒でいろんな計画を同時進行させております。多くの人が何らかの計画に必ず入っております。しかし誰がどの計画に入っているかをいちいち伝えることはしないようになっております。

人によってはすぐそれで比較したり、競争したり、自慢したりする人がいるからです。そういうことは私たちは望んではおりません。単純に人々同士が助け合い、協力し合い、喜びを分かち合うだけで十分なのです。皆さん方もいくつかの計画に入っていろんな手伝いをすでに行なっております。

自分は何もできない、価値がない、ただ家に居るだけ、そう思っている人がたくさんいますが、本当はそれ自体がとても大事な計画の一部であったりするのです。その中で人間には理解できないようなことをたくさんやってもらっているのです。一人ひとり決して自分を責めないでください。むしろ自分の魂を褒め、魂に感謝をし、魂を活性化させてください。

自分の魂を元気にしてください。自分の魂がまだ分からない、力がない、光がない、こう言うと本当に魂がそうなってしまい、光のなくなった魂に野獣が噛み付いてくるのです。野獣に噛み付かれないために魂は美しい、魂は輝いている、私の魂は大好きだ、そういう意識を常に持っていただきたいのです。

間違っても私の魂は分からないとか、光がないとか、愛がないとかいう言葉は絶対に出さないことを望んでいるのです。日本人の魂が次々と削り取られ破壊されていったのは最終的には自分自身の責任なのです。自分で自分の魂なんかどうなっても良い、こういう思いを持ちそれが現実化させたものなのです。

魂を大事にしてください。傷をまったく傷付けないということ。傷付けられた、傷付いたという言葉が魂に傷をつくり、そして削り取られていくのです。決して自分を責めたり自分のせいしたり駄目だと思わないようにして、常に魂は輝いている誰も近づけない、魂のまぶしさによって自分が守られすべてが守られている、常にそう信じてまたそうであるということを確信して過ごすようにしていってください。それではアドバイスをしていきます。

Aさん、今年の流れの中でいかに自分に自信を持ち自分を責めることなく自分の意志で堂々と生きていけるか、そのためには自分に対する評価を完全に変えることが必要です。自分自身を常に何か高いレベルにわざと持っていこうとして、別の自分をつくり上げ別の自分になろうとして毎日を意識しております。そのために本来の自分が見えなくなってしまい、本来の自分と別の自分との間を行ったり来たりして、どれが本当なのかが分からなくなってしまうのです。本当の自分の方にしっかりと意識を向け、それだけを大事にしておく、人に合わせた別の自分や自分の妄想でつくられた自分に意識を向けるのではなく、ありままの自分、そのままの自分をそのまま愛していく、自分を認め許していく、これが行なわれると本来の自分にパワーが沸いてきて光が充満し本当の自分が目覚めていきます。本当の自分から意識をずらしていくと常に本当の自分に光が入らず、自分は何なのか、自分が誰なのか、いつまで考えても何も分からない状態が続いていくのです。ありのままの自分、素の自分に意識を向けそこに光を入れ目覚めさせること、それを行なっていってください。

Bさん、自分の持っている意識や想念、感情のシステムの中でまだまだ自分を中心に考えていく傾向があり、どうしても自分と他人との間に線を引いてしまう傾向があります。自分と他人との間に線を引くことをやめ、実際にはすべて自分の世界である、他人がどうであろうとも自分の世界である、まずそれを理解する必要があります。他人は自分の世界を見せるためにただ行動を取っているだけであり、最終的に自分の見えるものはすべて自分の世界になります。自分の世界を自分で見てそれを美しいものにつくり変えていく、自分の世界を変えるのは自分の心で変えることしかできません。言葉で出したり行動でしても世界は中々変わりません。ましてや他人に直接言っても変わることはありません。自分の世界を変えるのは自分の心で自分の世界を変えていくのです。これが分かってくると他人と自分とのかかわりが少しずつ理解されていき、言葉は他人に発するためではなく、他人を喜ばすためにしか使ってはいけないことが理解されていきます。心、これが現実をつくっている、その仕組みを理解できるようにしていってください。

Cさん、あなたの心のメカニズムに他人から何かされた時の心の反応と、自分が何かした時の心の反応に大きな違いが現れております。他人から何かされた時、必要以上に自分に何か落ち度がある、あるいは何か違いがあるという意識をつくりやすくなっており、他人に何かする時には自分が何かしてあげたという感覚が強くなる状態にあります。この意識のつくり方によりいろんな人とのかかわりの中でエネルギー的に不十分な状態がつくられていきます。まったく同じ他人との言動でも常に自分が何か多くされた感じ、そういう風に受け取っていき、またほかの人には多くしてあげたという感覚が多く残っていき、その意識自体が自分の世界をつくり上げていきます。結果的に自分のエネルギーが大きく相手に影響し出しており、それによって自分の世界がエネルギー的に不十分な状態に変化していきます。他人とのエネルギーのやり取りに対等なエネルギーの関係ではなく、そこで不釣合いなエネルギー関係がつくられていくのです。他人から受けること、他人にすること、これを単純な状態で理解していき、必ずしも感情を入れずにそのまま正しく理解していく、そのまま受け取っていく、そういう風にしてエネルギーバランスを対等な状態にするようにしていってください。

Dさんのあなたの魂のメカニズムに魂が自然に動き出す特定の波動が備わっており、あなたの近くの人でもあなたの心にそのまま静かに馴染んで入ってくる人と、あなたの魂にはまったく響かずにあなたの魂でキャッチできない人が存在します。あなたの心のレベルで受け入れやすい人はある意味では素朴で単純な心の持ち主であり、シンプルな分だけあなたも受け入れやすくなっていきます。しかしいろいろ複雑な心やいろんな裏を持っている人がやってくると、あなたの魂に響かず、あなたはその人と中々心が合わない感覚を持っていきます。これはある意味では少し修正をしていただき、なるべくその許容範囲を広げるように自分から努力していく、許容範囲を広げながら受け入れていく、こういう意識が要求されてきます。許容範囲を広げるのは自分にとって辛く傷付きやすくなってきますので、場合によっては自分にとって良くない状態のように思われますが、今の許容範囲のままでは極めて少数の人しかあなたを受け入れることができず、人間の波動を十分に学び取ることができなくなってしまうのです。人間同士でお互いに学び波動をやり取りするためにはもう少し許容範囲を広める必要があるのです。自分自身の心の許容度を広げるために少し自分の心を勇気を持って広げるようにしてみてください。

Eさん、あなたの心の波動に自分にとても正直で健全に生きるというとても強い波動が備わっております。自分に厳しく自分に徹底してやるという波動が人によってはとても厳しく感じられてしまい、まるでその人そのものが自分が責められたり、攻撃されているかのように勘違いされていきます。あなた自身は自分のことで話していても他人はその人のことを言っているかのように勘違いしていくのです。そのために少し工夫が必要となるでしょう。一般論や自分のことを話す場合でもほとんどの人は自分のことを言われていると勘違いしていきます。そのためになるべく自分のことや一般論で言う場合でも相手が勘違いしないような言い方を考えたり、相手のために良くなるような話し方に変えたりして、相手が自然と受け入れられるような話し方に変えていく、また本当に相手の人のためのことを優しく言うように話を変えてみる、そういう工夫が必要になっていくでしょう。そうすることによりあなた自身の魂が逆にかなり変化しやすくなります。自分に厳しくする魂の波動が少しずつ和らいでいき、相手に優しく寛容な波動へと移り変わっていきます。この波動がこれから必要な時期であり、自分の魂とよくエネルギーを感じながらうまく相手に合わせたやり取りを出来るようにしていってください。

Fさん、あなたの魂の波動のレベルにこれまでのいろんな人々とのかかわりの中でいくつか傷付き、欠損しているところがあります。あなたが信じ大事にしていた状況で油断をした時に噛み付かれてしまい、物の見事に取られてしまったところです。そしてそこには本来宇宙において大事なものがあなたの中に隠されておりました。長い間あなたはそれを保持し、時期が来たらこの地球で使えるように魂にずっと残しておりました。その部分が物の見事に削り取られているのです。この部分の修正をどこまで行なえるかが今あなたの周りのものたちが考えているところです。やはり同じようにいろんな修復作業が行なわれていきますが、決して自分を否定したり、自暴自棄になったり、価値のないものと思わず、一つひとつ真面目にまた一から取り組んでいく、初めからやり直しをして丁寧に地道に作業を進めていく、そういう気持ちでこれから望んでいってください。とにかく自分に正直に真面目に正しく行なっていけば修復するチャンスがかなり高くなるでしょう。自分に正直になりながらも自分の魂のことを考えしっかりと一歩一歩着実に取り返していく、そういう気持ちを忘れないで進めていってください。

Gさん、これまでの学びの中であなたに失われていた部分がある意味では修復可能な状態に着実に戻ってきております。しかしまだ完成するには時間が掛かりますが、とりあえずはこれまでと同じペースを続けていき、決して道を間違わないこと、いろんな誘惑がやってきてあなたを騙そうとしてくるでしょう。でもあなたは決してそういったものに騙されず自分で考え、自分の魂を信じ、ひたすら魂の望む方向へと進んでいってください。自分に自信を持ちどういう事態になっても心は明るく元気にしていく、誰を呪うこともなく誰を責めることもなくひたすら元気に自分の魂を育てていく、この気持ちでこれからをぜひ進んでいってください。

Hさんの魂は、同じように魂の修復が進まれており、それぞれの修復の場所において刺激が入ると、ついそこに意識が向いて自分でいつの間にか影響を受けてしまうことがあります。いろんな感情や思いが沸いてきたとしてもそれはすべて修復の作業の一つであり、またそれを妨害しようとするものがわざと感情をつくらせ、あなたの自分の意志で魂を破壊させるように持っていこうとしているものです。どのような状態になっても決して騙されず罠に落ちることなく自分でコントロールしていく、あまりにも強い力の場合自分でもコントロールできずどうしようもできない時もあるかもしれません、しかしそれでも何とか自分で自分の魂のためと思い、コントロールできるようにしていってください。ある程度それが続きどのような事態になってもあなたが絶対に負けない、コントロールできたということが続けば、もう攻撃することはなくなり諦めて戻っていくでしょう。これらの誘惑に負けてしまえばまた何度でも襲ってきます。しばらくの間だけ何とか耐え忍んで、そしてそれができれば、後はどんどん離れていき、楽になっていきます。今が一番正念場と思って自分の力で何とかコントロールできるように持っていってください。

今日は日本人の魂についての秘密的な内容を伝えることになりました。本来は人間には話すことのできない内容であり、極秘に進める内容ですが、ここに来ている人はおそらく優越感を持ったり比較するものはいないという判断が出され、話す許可が出されておりました。皆さん方もそこの仕組みをよく理解してひたすら自分の魂の再構築に意識を向けていただきたいと願っております。それではここまでにいたします、ありがとうございました。

centsun.gif

  Ascension Report



Arghartan Messages
CentralSun  ~2010