20190422 of Central Sun Ascension Report

/富める者と貧しき者/力のある者と力のない者/二極の学び/支配者と被支配者の関係は古来から変わらない/中間層がいちばんよい/日本民族で完結している意識を世界に広げる/頂点を目指すのではなく中間層で満足した生き方を学ぶ/

2019/4/22 宇宙交流会

このメッセージのいいねポイントは

中流意識こそが平和の源


①日本人は頂点を目指すゲームに参加しないこと

光のハイアラーキとしてお話をいたします。今のこの地球の社会、文明の在り方において金銭という貨幣経済のシステムが中心になっており、それによって富める者と貧しき者、この違いがかなり浮き上がっております。皆さん方はどのような時代においても、力のある者と力のない者、この両極の学びを常に行なっております。

古代においては王たる者、支配者たる者が中心で権力をもち、一般の人々は貧しい生活の中で生きることを必死になって行なっておりました。今は経済的にも生産的にも工業的にも発達してきておりますが、基本的に富める者と、貧しき者の構図はそれほど変わっておりません。つまり時代が変わり、技術が進化し、社会も進化してきても、基本的な人間の支配構造はそれほど変わっていないのです。

この支配者と一般の人々、この基本構造はあまり変化することなく、それ自体がある意味では一つの姿ということができるでしょう。一部の権力者、中心にいる者、力のある者を支配者側として力を発揮しながら、多くの大多数の者がそこに仕える者、自分たちの生活がギリギリの範囲内で支配者のために活動していく。こういう基本的な構造が続いております。

この構図は急に変わることはまく、構図そのものはこれからも続いていくでしょう。一部の力のある者、権力者が中心となって多くの者がそれを支えていく。ただ社会の在り方そのものは進化していき、技術的にも工業的にも新しいものがどんどん現れてきております。

今の社会おいても同じように、さらに科学や技術が進化し、高度な科学技術を取り入れた社会構造に発展していっても、やはり基本的には一部の中心にいる者と、多くの一般多数の者、この構図は急に変わることはありません。

ただこの中心にいる支配者的な者、権力をもっている者、彼らは多くの場合、前世において貧しかった者、ただ支配者のために身を犠牲にして働きづめだった者、権力者の言うなりになった、例えば奴隷のように、ただ支配者のために働きづめだった。そういう人々が意外と権力者として振る舞っているのです。

権力者が、実際には愛も徳も身についていない。ただ権力を振り回している。そのように見えるのは前世などにおいて、ただの奴隷だったり、何もできない人間だったりしたために、愛や徳を身につけるレベルには達していないのです。そして今、権力者として力を発揮し、一般庶民からどんどん金銭を取り上げている者は、またそのカルマによって、次はまた、一般庶民に生まれ変わるかもしれません。

基本的に搾取される側と搾取する側は同じカルマのエネルギーで、ただそういった体験を通して、いかに金銭的なものに支配されているかとか、人間としてまっとうな人生を送ることができないか。ただ金銭の虜になってしまう、ただ金銭だけを追い求める。そういう人生だけなってしまう。それを体験することになってしまいます。

その間に存在している中間層、いわゆる普通の人々ですが、人生を会社に捧げたり、経営者に捧げたりしながら最低限の生活をして、なんとか人生を進めています。こういう人は逆にそれほど金銭的なカルマを作ることはなく、生きていくのに最低限の十分な金銭が手に入り、また国に対してもそれなりの奉仕、勤労を行なっています。社会に対してそれなりに貢献しています。そういう人生になっていきます。

したがってこういう人は来世において、急に高い身分に生まれることはありませんが、かといってものすごく貧しい生活に戻ることもありません。したがってそれほどぜいたくさえしなければ、普通の生活を維持することができます。

こういう人が人生において何が必要なのか。自分がそれほど恵まれているわけではないのに、自分が生活できるのが最低限なのに、それでも他人のために何かしようと思ったとき、何ができるか。社会のために奉仕ができる。そのために何ができるか。そういったことに意識を向け、できることをどんどん実行している人もたくさんおります。

やはりこういうレベルの人、ある程度、社会的な常識や一般のことを理解することができ、自分自身もそれほど大きな裕福なものを求めなければ、最低限生きることができ、そして社会にできるだけ多くのものを還元しようとする。こういう人々が今の日本において、実はかなり潜在的に現れております。何か機会があれば他人のために活動してみたい。何かチャンスがあれば力になりたい。こういう人がたくさんおります。

これがほかの国々に行くと、一部の多くの所得を手にしているものがそれを見せつけようとして、何か大きなチャンスの時に金銭を投じて人々のために役に立つようなことをおこしていく。それによって、なお大きな名声を勝ち取ることができ、さらに自分は多くの人から尊敬される、評価されるという効果をもらおうとします。

日本の人々はそういう大きなことをして有名になろうとするよりは、ごくわずか、少しでよいからそれをを何かに捧げる、寄付する、そういう貢献の仕方をする人が数多く存在しています。

宇宙的に見たとき、この日本の人々の心の在り方。自分自身はわずかな貢献の金額であったとしても、それでよいと考えている人がとても多いために、全体的に多くの人の寄付によって貢献をすることができます。一人ひとりで見たときにはそれほど大きな効果はないかもしれませんが、日本民族、日本人というカルマの動きから見たときに、自分で自分を十分に生かすことができる、何か困った時があっても、自分たちの民族の間で解決できる。そういう力を日本人自身が作り出しております。

これがこれからの時間の流れにおいて、日本人という枠、日本人という意識の壁をどこまで取り除いていき、ほかの国の人々が困っているときに日本の人々が皆、暗黙のうちに何らかの貢献をしていく。ほかの民族、ほかの宗教の人、ほかの国々で何か困ったことが起きたときに、日本の人々が、一人ひとりはわずかながらも、全体で大きな貢献しています。そこに向かうのが日本人の奉仕の方向性になるでしょう。

また、日本人はそれができる潜在的な力を身につけており、これまでの時代の流れにおいて、十分にそれを発揮してきました。これからもこの地球においてさまざまな大きな変化が現れてきます。日本において大きな災害があったときに、ほかの多くの国々から援助が渡されたりしてきました。

日本の人々はそれをしっかりと覚えており、理解しており、ほかの国々が困った時があれば、日本からも援助にいこう、助けにいこう、とする気持ちの人が多く現れてきます。こうやって日本という国に限らず、世界全体を見ながら何か貢献できることがあれば、いくらでも貢献できるようにしよう。そういう意識へと変化が起こってきております。

皆さん方もその方向にどんどん進んでいくでしょう。日本という国だけではなく、世界全体で見て援助すべきところ、貢献すべきところ、そういったところが目の前にあれば、迷うことなく行動に移していく。これが自然にできるようになると、日本人としての方向性がだんだん強く現れてきて、日本から世界に働きかける。貢献する、世界のために役立つという流れと意識の動きの中で、日本人が大きな働きをすることになります。

皆さん方自身があまり大きな金銭的な欲をもつことなく、普通に生活できればよい、それほど大きなことを望んでいなくても、とりあえず普通に生活できればよい。そういう意識の人が多くなっていけば、それはそれで日本全体がその普通の意識で進化していき、社会もそれで発展することになります。

日本という社会そのものが大きなメリットは見えない状態になっていたとしても、皆がそこで喜びを感じ、満足し、心の繋がりでお互いが喜びを分かち合っていく。そういう社会になっていけば、それはそれで日本人の大きな効果が現れてきます。

これからも世界全体を見たときに、やはり大きく発展する都市や金銭的にとても裕福な都市も現れてくるでしょう。しかし日本の人々はそういったものに惑わされたり、そこに向かうのではなく、普通の意識でお互いに協力し合う、別に頂点にいかなくてもある程度のところで喜びを感じ、分かち合い、楽しい人生を進めていく。そういう意識が広がっていくでしょう。

光のハイアラーキから見ても、日本の人々に対しては金銭的に頂点に立つとか、何かの点で地球全体の上にいって、地球のトップになっているような立場というよりは、むしろ、ただ安全で安心で、中流的な意識であったとしても、皆が喜びを感じ、平和であり、とても過ごしやすい環境。それが日本のあるべき姿となっていきます。

そのためには皆さん方がどのような状態であったとしても、常に喜びを感じていること。無理して喜びという波動を作るのではなく、本当に現実を体験しながら喜びを感じています。本当に現実を生きていて、それで満足しています。何一つ不平不満がない。そういう心の状態ができれば、それはとても良い効果を地球に与えることができます。

ものすごく裕福な人になっていくと、逆にもっともっとという意識が強くなっていき、裕福な人ほどもっと裕福になろうとする意識が強く動き出していきます。日本人はそのようなトップレベルの裕福さを求めるのではなく、それこそ中流で良いですが、普通で十分、お互いに生かし合う、お互いに喜びを分かち合う。それで十分という意識の方が、日本人らしい平和な世界を作り出すことができます。

皆さん方がこれから地球の社会、文明を新しく作り上げる流れにおいて、裕福さの頂点に向かうのではなく、むしろ中流であってもそれで満足しています。何一つ、不足感を感じない。それで十分という意識。これが一番、日本人らしい普通の生き方になります。

もちろん一部の人は贅沢を好む人もいるでしょう。もっと良いもの、大きなもの、素晴らしいものを手にしようとする人も現れてくるでしょう。それはそれで問題はなく、必ず何らかの割合でそういう人々が現れる必要があります。

したがって一部の人が特権的な身分で、贅沢をしていたり、豪勢な生活をしていたとしても、それは普通の範囲内の人間であるために、あまりそこだけに意識を向ける必要はありません。最低限、決まった数の裕福な人は現れることになっているために、ただそういう役割をしていること。またこの裕福な役割を行なっているものも、前世が貧しかったり、また来世が貧しかったりしている場合があります。そこに意識を向ければ向けるほど、そういう「貧しい」、「裕福である」、このゲームを続けることになります。

そしてこのゲームをもう終了させ、貧しくても裕福でもあまり気にしないという普通の中流の意識の人がだんだん多くなっていき、安定した生活ができるように進んでいきます。皆さん方もそういう観点で社会を眺めていき、一つひとつの現象にこだわらず、大きな観点で眺めていくと、また新しい自分の姿や、自分の世界が見えるようになります。

皆さん方の会社や社会全体で起きているいろんな現象もすべてここから始まる一つの現象、エネルギーの動きであるために、自分に直接、かかわりのない人はただ客観的に見ていき、巻き込まれないようにする。今、何らかの形で金銭的なことや裕福、そういうゲームに巻き込まれてしまった人は、あまりそこに強い不快感をもったり、否定する気持ちをもたずに、ただ体験していく。良いものとか素晴らしいものを求めるよりは、ただ体験するという意識で進んでいけば、そのエネルギーから解放されていき、もうそういうところには影響を受けない生活に入っていきます。

今、自分がどの程度、そういうゲームを終わらせてきたか、今、自分が体験しているゲームはどういうレベルなのか。そういったことも自分で見分けることができるようにしていってください。


それではアドバイスをしていきます。


※個人アドバイスは省略します。

centsun.gif

  Ascension Report

2019.7.9        



Arghartan Messages
CentralSunMessage