20190210 of Central Sun Ascension Report

/サナトクマラ/光のマスター・サナトクマラ/ロード・サナトクマラ/マスター・サナトクマラ/シャンバラ創造の主/

2019/2/10 埼玉セミナー

このメッセージのいいねポイントは

目的によって現れる姿を変える


①複数の側面をもつサナトクマラ

私はサナトクマラ。今、皆さん方はいろんな波動の特性でサナトクマラの特徴を学ぼうしております。今やってきたこのサナトクマラという意識は光のマスターという側面をもって現れてきました。光のマスターという側面というのは、この光のハイアラーキのメンバーであるという意味をもって、光のマスターという名前を使っております。

この太陽系における光のハイアラーキ、このハイアラーキで活動している光のマスター、これがいわゆる普通の光のマスターであり、この光のマスターにもそれぞれいろんな役割が与えられております。

私はこの光のマスターという活動の中で、地球の進化に関する役割を与えられております。本来はこの太陽系の光のマスターですが、その中で地球における役割を与えられております。この地球における進化の流れに関して、かなり早い段階からこの地球に関与を行なってきました。

もともとはこの地球に来る前は確かに金星というところで活動をしておりました。金星のときにはまだこの太陽系における光のマスターという役割ではなく、金星における進化の役割をもっていた働きをしておりました。

大いなる神々からさまざまな情報や指示を得て、この地球の進化に関与することになりました。そのとき、この地球に関してさまざまな計画が伝えられ、その計画に応じていろんな役割を作り上げることになりました。

その時にこの地球の進化の流れにおいて、この地球上にいずれ人類が中心となる光の世界、いわゆるシャンバラという世界を作るのが大きな目標であり、この地球におけるシャンバラを作る総責任者としてサナトクマラが任命されてきました。

したがってこの地球に来た目的は、そもそもが地球におけるシャンバラを作るためであり、このシャンバラの世界を作るにあたって、さまざまな仲間を呼び寄せることが必要になりました。そのためにいろんな星々を調べながら、この地球のシャンバラにふさわしい仲間たちを集めることになりました。

まだその時は光のマスターのメンバーにはなっていませんでしたが、いろんな存在たちとやりとりをしたり、いろんな次元世界にいくに従って、さまざまな能力が必要となり、そのための修行を積み重ねることによって、光のマスターとしての段階に入っていきました。

そして地球上におけるシャンバラの世界をつくる大きな計画の一環として、私がその正式な責任者として活動することになり、その時に人によっては地球のシャンバラの主、ロード(Lord)という呼び方をする人もおりました。地球のシャンバラの中心、シャンバラの総責任者という意味でロードという名前が与えられてきました。


まだ最初の段階においては、地球人類はまだそれほど進化していなかったための、実際にはシャンバラの世界といってもほかの星から来た者たちが中心となっている世界になっていました。そしてそれぞれ役割を作り上げ、この地球上を素晴らしいシャンバラの世界にする計画が進んでいきました。


このシャンバラの中心となっているロードサナトクマラとしてのエネルギーを強くした状態でワークとメッセージ行なっていきます。

ロードサナトクマラ。シャンバラ世界の完成に向け、皆さん方とともに活動できることを喜びとしております。皆さん方もぜひシャンバラを創り上げるメンバーの一員として活動していただきたいと願っております。

皆さん方は、まだイニシエートとしての自覚やシャンバラを創るメンバーとしての意識がそれほど強くはありません。しかし、その部分を明確に強くしていただきたいと願っております。今、皆さん方が学んでいるこの勉強は、ただの知識の勉強ではなく、実際に創り上げる勉強をしてほしいのです

シャンバラという世界をどのように創り上げていくか。いろんな人々、人種や国々、宗教の違いを克服して、いろんな地球の人間同士が仲良く平和に共存する。そういう世界をどのようにして創り上げていくか。ぜひそういう計画に積極的に参加していただき、素晴らしいシャンバラの世界をこの地球上に作り上げていただきたいと願っているのです。

このシャンバラの世界を創るときの総責任者、相談役のようなものとしてロードサナトクマラが皆さん方と向き合うことになります。シャンバラのエネルギーを流していきますので、このシャンバラのエネルギーを身体に充満させると同時に、シャンバラの役割に目覚め、活動していただけるのを望んでおります。

ロードサナトクマラでした。続いて光のマスターとしてのサナトクマラ、先ほどの光のマスターとしてのサナトクマラです。皆さん方と普通に接するときはこの光のマスターとしてのサナトクマラが普通になるかもしれません。しかし、一部の人たちが、地球ロゴスとしてサナトクマラを理解しており、地球ロゴスサナトクマラという意識をもっている人が多くあります。地球ロゴスという場合はロゴスという一つの意識のレベルがあり、そのレベルにおけるサナトクマラを現すことになるのでしょう。

実際にはこの地球における地球ロゴスは、必ずしも一つではないために、地球ロゴスをただサナトクマラといってしまうと、誤解されてしまうところがあります。地球ロゴスとしてのサナトクマラという言い方は、必ずしも適当ではありません。ただ先ほどの地球のシャンバラの総責任者、ロードサナトクマラをおそらく地球ロゴスと誰かが勘違いした可能性があります。地球ロゴスとしてのサナトクマラは、本来は存在しませんが、そのように信じている人がいるときにそのような地球ロゴスのサナトクマラが現れてきます。

一つ、実験をしてみたいと思います。

地球ロゴスとしてのサナトクマラです。地球ロゴスのサナトクマラという要求が人間から出されたとき、地球ロゴスの世界に神が意識を向け、地球ロゴスの世界で、地球人が認識するサナトクマラという意識を調べ、その意識に合うものが地球ロゴスのサナトクマラとして呼ばれてきます。

今こうやってやってきた地球ロゴスのサナトクマラは多くのチャネラが地球ロゴスのサナトクマラとして話を聞きたいときにやってくるエネルギーになります。あくまでも人間が作り上げた地球ロゴスサナトクマラになります。それでも神は地球ロゴスサナトクマラという存在がいるかのように神がメッセージを与えていきます。

皆さん方の進化を見ていく流れにおいて、今は人類が争い、人類が破滅に向かっている状態をとても悲しく眺めております。人類が衝突し合う、破壊し合うという歴史は太古の時代から続いており、いつまでたっても統合することができず、破壊が繰り返されております。

しかし、もう地球人類はこれを最後にして、破壊のない、素晴らしい地球を作る時期に入ってきております。皆さん方が目指しているアセンション、第四密度という地球においては、もう破壊は起こらなくなります。そこに向け、皆さんと一緒に確実に地球が素晴らしい平和な世界を作れることを望んでおります。

今のが人間によって作られた地球ロゴスというエネルギー体に、大いなる神がメッセージを送り込んで与えたやり方になります。

ただのマスターサナトクマラ、このただのマスターサナトクマラという呼び方がされたとき、一般には光のマスターのサナトクマラが現れていきますが、光のマスターということを理解していない人においては一定のレベルまで達した存在、人間よりは進化した存在としてのエネルギーで現れてきます。

これも人間の作ったマスターサナトクマラというエネルギー体に、光のマスターのサナトクマラが情報を送り込み、人間にメッセージを与えていく場合があります。それを練習してみます。

マスターサナトクマラです。皆さん方とお話できることを喜びとしております。今、日本において危険な現象があちこちに見られております。危機感を煽ったり、分裂を引き起こし、人間関係が悪化する働きが目立っております。この人間関係を悪化させるいろんな波動は、ある意味では人間が正しく考えることができるかどうか、人間が理性を使い正しい方を選択できるかどうか、それをテストしている最中ということもできます。

いろんな困難な問題、いろんな状況がある時に、一人ひとりがどういう選択をするか。どういう行動をとるか。それが確かめられているのです。その時の行動によって光の存在たちが人間のレベルを調べていき、これからの新しい光の地球に進むのか、それともまた同じような流れを再体験するのか、それを振り分ける作業に入っていきます。

皆さん方がいろんな困難な問題、困難な状況があったときに、ただ混乱しているという状況に入らずに、理性を使い、正しく判断しながらこの地球が良い方向へと進むことを願っております。


今のが人間の作ったマスターサナトクマラというエネルギー体に、光のマスターのサナトクマラが情報入れて送り込んだ内容になります。多くの場合、特にそういう細かい分類をせずに、ただサナトクマラ、たんにサナトクマラと呼んだ場合は、ほとんどの場合、光のマスターとしてのサナトクマラが情報やエネルギーを与えていきます。

したがって皆さん方はあまり細かいことは気にせずに、ただサナトクマラという風に呼んで何も問題はありません。ただ鞍馬山に現れるサナトクマラというのは、これはまた別の者たちが作り上げたサナトクマラと呼ぶものが存在しており、いわゆるこの光のマスターのサナトクマラとはまったく関係のない、まったく別の波動のサナトクマラが鞍馬山の領域でサナトクマラとしている活動している状況があります。

特に靈氣という世界でサナトクマラを召喚したり、メッセージをもらっている場合がありますが、靈氣とこの本来の光のマスターのサナトクマラはまったく関係はありません。もちろん臼井甕男、鞍馬山、まったく光のマスターのサナトクマラとは関係はありません。ただ人間がそう信じていると、その信じているエネルギーが作られ、多くの人間がそれを信じることによってさらに強いエネルギーとなって動き出していきます。

皆さん方は、ただのサナトクマラと理解している光のマスターと繋がる、それを普通のように理解しておいてもらいます。この光のマスターのサナトクマラと、より強いエネルギーが作られるように、皆さん方とエネルギー的なつながりを強くもっていきます。

頭の周りに何か細かい波動のエネルギー、頭全体を包み込みながらも心地よく、細かい波動のものが近づいてきて、ある意味では浄化するような感じでネガティブなものが溶けていく、不愉快なものが頭から少しずつ消えていき、爽やかな気持ち良い感覚で頭の部分がサナトクマラのエネルギーで囲まれていく。それをを感じてみてください。

頭の周りがこのサナトクマラのエネルギーで充満し、心地よくなってきた人は、このエネルギーをまたさらに下に降ろしていき、ハートチャクラをサナトクマラのエネルギーで充満させてください。

このエネルギーを身体でしっかり覚えておいてください。このエネルギーで皆さん方はサナトクマラのエネルギーを召喚することができます。ただのサナトクマラと呼んでもよいですし、このエネルギーを思い浮かべながら光のマスターサナトクマラと呼んでもかまいません。このエネルギーを呼んだり、サナトクマラの名前を呼ぶと、このエネルギーとともにサナトクマラに繋がることができます。

一人ひとりこの地球をシャンバラにするために活動していただきたいことがたくさんあります。このサナトクマラにつながり地球を素晴らしいシャンバラの世界に導いていく。そのための活動をするようしていってください。

それでは休憩をとります。




※個人アドバイスは省略します。

centsun.gif

  Ascension Report

2019.7.9        



Arghartan Messages
CentralSunMessage