20190204 of Central Sun Ascension Report

/新月/黒いベールを取り除くワーク/選民思想がもたらす弊害/一人ひとりが全体/

2019/2/4 新月交流会

このメッセージのいいねポイントは

日本人に覆いかぶさっている黒いベール




①選民意識がベールを呼ぶ

月の女神としてお話をします。今、日本の人々の意識において、一つの黒いベールのようなものが掛けられております。日本人の集合意識のレベルで黒いベールのようなものがかかっており、それによって日本人の集合意識のレベルで真実を見抜く力が働かないようにされております。この黒いベールはほかの人種のものたちから投げかけられてきた網であり、日本人の集合意識に集中的に掛けられております。

日本人を敵視している者たち、日本人に対して不快感をもっている者たちの波動であり、日本人は、それに気付かないまま間違ったことを信じてしまったり、真実を追求する意識が弱くなるようにされております。

この黒いベールは数年前から掛けられており、日本人をかなり特別に意識した者たちの働きから行なわれております。これは日本人自身が気づきべきもので、このベールを取り除くのはかなり困難な状態になっております。今日はこの黒いベールを取り除く作業をするために、皆さん方と一緒になってワークを進めていこうと思います。

まず、物事の発端は、日本人の中にある何らかの選民思想、自分たちが優れている、自分たちの民族が優れていて、ほかの民族よりは日本民族が神に近い、神から選ばれた民族である、こういう意識が日本人の中に入っており、これに不快感をもったほかの国々の者たちが日本にエネルギー的な仕返しを作り出しております。

日本が本来の神の国ならば、なぜ戦争でひどいことをしたのか、なぜ戦争において日本人はほかの国々にひどいことを行なっていったのか、そういったところからくる一つの意識であり、それによって日本人自身に強い不快感を感じ、その不快感によって黒いベールが掛けられております。

この黒いベールはとても執着的で、根が深くすぐに取り除けるような簡単なものではありません。とても深い強いエネルギーになっており、日本人、皆で協力したとしても、ほとんど取り戻すことが難しいベールになっております。

皆さん方がワークをするためには、まず自分たち、日本人という民族意識が逆に民族意識を破壊させる種にもなっていること。自分たちが良いとか優れているとかいう意識をもつと、必ずほかの国々から否定されたり攻撃されてしまう現実が作られてしまうこと。それを一人ひとりが理解する必要があります。

このベールを取り除くために、日本民族が必ずしも神の波動につながっているわけではなく、選ばれた民族というわけでもなく、この地球人類のほかの民族と同じように同じ役割をもっていること。もちろん日本は日本人としての一つの役割があり、ほかの民族や国においてもそれぞれの国や民族の役割があります。

ほかの国々や民族もそれぞれ大きな役割をもっており、もちろんユダヤ系の人やイスラム教の人、それぞれ大きな役割をもって地上で自分たちの役割を行なっております。日本は日本で日本人としての役割をもっておりますが、基本的に今の段階においては日本人がもっている役割は今のところ日本の国だけの問題になっており、ほかの国々に関して日本が何か大きな役割、大きな貢献をするというエネルギーにはまだなっておりません。

したがって、今の段階において、ほかの民族よりも日本の民族が優れているとか、日本の民族が一番という言葉遣いは適切ではありません。まずそれを自分たち自身が理解し、はっきりと認識した上で、謙虚な心で、今、現在においては、日本は日本のために日本に生まれてきている、日本人は日本のために日本に生まれてきていること。それを理解しておく必要があります。

ほかの国との比較で日本人を見るのではなく、日本という国に関して日本人が日本のことを見ていく。まずそこに意識を向けるようにしておいてもらいます。ほかの国との関係に関しては、今現在のところはまだ表に出せるものは何もありません。日本自身が自分たちで自分たちの人間を変えていく。まだその段階にあるために、日本人が自分の力で新しい日本人を作り出していく。そこに徹するようにしてもらいます。

日本のための日本人。まずそこに意識を完全に向けることにより、ほかの国に影響を与える意識を極力取り除いていきます。

ほかの国に対して日本人としてもっているさまざまな意識、比較競争や劣等感や優越感、さまざまなものをすべてリセットさせていきます。

世界中のどの国や民族を見ても決して比較したり何らかの評価をすることなく、すべて日本と同じように、平等に見ていく。まずそういう意識を確立させていきます。

日本という国を客観的に感じ集合意識レベルで日本人の集合意識をそのまま感じていきます。日本人の集合意識をみていくと、本当に日本人の意識はとても洗脳されやすい意識の構造になっております。

古い人たちにとってみれば、年功序列やあるいは年上の人の言うことを聞かなければならない。上の人、偉い人や立派な人の言う通りにしなければならない。力や権力のあるものには従わなければならない。こんな上下関係の強いエネルギーが未だに日本の人々の意識に影響を与えており、それによって正しい人間関係がとても困難になっております。

自分個人としての人間の評価よりは、組織や会社や人の集まりの中でも、自分の立場、役職や地位、そういったものがかなり強く働きかけており、自分は完全にその地位に合わせた人間になる、個人の自分を作り上げるよりは地位や立場による自分を作り上げようとする、この意識がとても強く身についております。

この組織を大事にする意識、組織における自分を大事にする意識が日本人として普通の意識になってしまい、いつの間にか仕事や会社における自分が本当の自分のように感じてしまい、自分自身が楽になる時間、解放される時間がほとんどない状態になってしまいました。会社や周りの人に思わせた自分だけが存在し、本来の自分の姿が分からなくなる、自分でも本当の自分が分からなくなってしまった状態にあります。

いっけん、会社や団体、仕事に意識を向け、その立場での行動となったときには、とても良い活動をすることがとても多くあります。個人としての自分を生きるときよりは仕事における自分の方が生き生きとしており、それによって評価される、あるいはよい仕事をしたりうまくいったときに評価される。そういうことに喜びや楽しみを感じてしまい。逆に個人の時の喜びがだんだん分からなくなってきています。

仕事における自分の方がやりがいがある。満足感が得られる。そういう意識になってしまい、個としての自分において満足・充実するという意識が弱くなっているのです。集団における日本人の行動は特にその動きがとても強く、集団において個人よりも集団を優先させて集団としての良い評価を手にする。そうやって集団としての評価がとても強くなっていき、一人ひとりの個人で見た場合の評価はそれほどでもないのにもかかわらず、集団で見た場合に、とてつもない力を発揮していく。そういう現実になっております。

したがって、ほかの国々から見たとき、集団としての日本人に恐怖感を感ずる、集団としての日本人そのものがあまり近づきたくない人間として感じられていく。そういう見方がされております。もちろん日本人自身がそういう現実にはまってしまい、日本人そのものが自分の個性を楽しむ、自分の一人の状態を楽しむという生き方が難しくなっております。

しかし今のままでは日本そのものも行き詰まってしまい、また個人として見た場合でも個人の力が発揮できない状態のままになってしまいます。個人の能力をうまく発揮させる、集団の中においても、これまでの集団の在り方ではなく、うまく集団の中でもやりがいがあり、充実した仕事をして個を楽しむことができれば、全体の一体感を楽しむことができる。そういう新しいタイプの意識が目覚めようとしております。

今、皆さん方の頭のところから新しい意識が少しずつ入ってきて、これまでの自分にはなかった新しい考え方、新しい発想が動き出すようになっていきます。

それと同時に集団的にかけられていた黒いベールのようなもの、黒い網のようなものが少しずつ金色のエネルギーで溶かされ、浄化され、その封印から逃れようとしていきます。素晴らしい光が自分の周りや頭のところにやってきて、自分の黒いベールを溶かしていく、削っていく、消えていくという現象が起きてきます。自分の頭のところに覆い被さっていた黒いベールが溶けていき、消えていき、新しい自分が目覚めた感覚に戻っていきます。

これによってもう日本人としての選民思想や日本人が優れているという感覚、そういったものをいっさいもたないようにしていき、さまざまな民族人種がいて、それぞれが自分たちの民族や人種のために役割をもってること。どの人種や民族も必ず役割をもっており、それらの役割を演ずるためにいろんな人々が協力し合い、手伝い、目覚めさせようとしています。

皆さんにも金色の光が包み込んできて、黒いベールがどんどん消えていき、新しい自分のエネルギーで充満されていきます。日本人が優れているとか優秀とかいう意識は削られていき、もうそういう意識がなくなっていき、地球人類として皆が一緒になって生きている。地球人類として協力し合っている。お互いに手伝っている。こういう感覚を思い出していってください。


黒いベールを次々と溶かしていって、何らかの意識の変化、自分の周りの何らかの変化を感じ取ってもらいます。

日本人に覆いかぶさっていた黒いベールがだいぶ消えていき、ほかの国々からコントロールされることのないように、これ以上、おかしな関係にならないようにするために、皆さん方自身はすべての国の人々に対して、愛の心、受容する心を身につけ、それを広げていきます。

自分が感じているほかの国々の人々を感じ、日本に向けて何らかの否定的な思いをぶつけてきているのであれば、それを優しく包み込んでいきます。ほかの国から出てきている攻撃的な思い、破壊的な思いを皆さん方の愛の心で包み込んでいき、そのまま受け入れていきます。

日本民族に対する否定的な思いをそのまま包み込み、受け入れていくと、だんだんその意識の波動は少しずつ変化していき、攻撃的なエネルギーが取り除かれていきます。日本人に対する否定的な思い、日本に対する攻撃的な思いがだいぶ浄化されていき、回避されていき、直接日本人の意識に影響を与えることがないように変化を起こしております。

皆さん方はどんなことがあってもほかの国々に対して否定的に思ったり、下に見たりしないようにしておいてください。

今のワークで日本人全体にかかっていた黒いベールはかなり浄化され、溶けていき、直接的な影響はかなり減ってきました。一部の執着的な人に関してはまだつきまとっている状況がありますが、普通の人においてはかなり浄化が進んでおります。

選民思想、自分たちの民族が優れているという意識は、逆に自分たちを苦しめる波動となって戻ってきます。今の地球の状態においてはすべてそのような状態になっており、ほかの国々や民族を下に見ると自分たち自身が否定的なエネルギーにやられてしまう。こういう状態がまだ続いております。

したがって皆さん方自身はほかの民族や国に対してはいっさい否定的な思いを出さないようにしていく、すべて愛をもって受け入れていく。そういう意識になるようにうまくコントロールしていってください。

②龍神が交替する次期

光のハイアラーキからお話をします。今、日本が大きく変わらなければならない時期に入っております。このままゆっくりとした変化の場合、日本人の意識を変えさせるために大きな事件や事故、あるいは地球自身の変化が起きてしまいます。

これらの大きな変化はすべて人間の意識を変えさせるために起きる現象であり、人間が先に気付いて、自分から変わらなければならない。また全体を生かし、個人も生かすためにはどのようにもっていったらよいか。そこに意識を向け、頭を使い、智慧を見出し、これまでと違うやり方を見つけていく。この作業は本当に求められております。

普段から相反することを両方うまくいくようにもっていく。この考えを完全に自分のものにして、常に何らかの解決策が得られるように意識しておいてください。

皆さんの龍神のワークにおいて、龍神の世界では今、新しい龍神たちが新しい準備を始めており、それによって古い龍神と新しい龍神の交替が行なわれようとしております。この交替は天皇の即位に合わせて交替する可能性がありますが、邪魔が強ければ時期を変える必要があるでしょう。したがって邪魔が入らないように、皆さん方自身が正しい光を保持し、正しい意識を続けていく。それを望んでおります。

特にほかの民族や国々との間における優越感や劣等感、比較競争、こういったものはことごとく好ましくないエネルギーを引っ張ってきて、日本の正しい変化を阻害させるようになります。日本の変化を妨害されることなくスムーズに行なうためにも、ほかの国々に対して大きな心で愛や優しさをもって接していく。これだけは確実に身につけるようしておいてください。

それではアドバイスをしていきます。



※個人アドバイスは省略します。

centsun.gif

  Ascension Report



Arghartan Messages
CentralSun  ~2010