20170321 of Central Sun Ascension Report

/意識レベルがなかなか上がらない日本人/謙遜と卑下を混同している/身分の格差がない時代の敬語は昔と違う/口に出した言葉は現実化する/夏~秋から大きな変化/自分は社会のために何ができるか/マイトレーヤ/日本人はスピリチュアル的に進んでいるわけではない/スピリチュアルリーダーは西洋人が多い/西洋人はエゴが強いがそこに意識を向けることはしない/

2017/3/20 宇宙交流会

このメッセージのいいねポイントは

日本人はスピリチュアル的に優秀ということはない




①社会のために何ができるかを真剣に考えること

私は光のハイアラーキーの仲間としてお話をいたします。皆さん方のこの時空の流れにおいて、今がアセンションにおいての重要な時期に入っており、皆さん方の一瞬一瞬の心の動き、思考の動き、感情の使い方がとても大きな力をもっております。一瞬一瞬の心の使い方において、自分を高めることもできれば一瞬にして落ちてしまうこともあります。

人のために尽くすという行為をすることによって光輝き、自分のことだけを考えることによって光がなくなり、大きな観点で意識を上げようとする思考の使い方によって意識レベルが上がっていき、何も考えることなくただ周りに合わせることによって意識レベルが下がっていく、こういう心の動きの中で着実に着実に成長を行なっております。

この地球全体の人類の意識からすると、まだまだアセンションという重要な変化にはもう少し時間がかかりますが、かなり意識レベルを高くしている人、スピリチュアルな学びという意味ではなく、心を正しく常に奉仕や世のため、人のために活動している人は高いレベルで波動が動いており、十分にアセンションする状態になっているでしょう。

この高いレベルにいるもう十分にアセンションできている人の場合でも、本人はアセンションできるとか、アセンションしているとかいう意識はまったくもっておりません。むしろ意識レベルが高まれば高まるほどいかに人々のために尽くしていくか、いかに世のため人のために行動し、自分ができることがあれば何でもしていく、こういう意識状態になっております。

自分がどこまで成長してきたか、どういう意識レベルなのか、そういうことを意識する人はほとんどおりません。自分のことよりも世の中、世の人々、そこに意識が向いており、どうにかして平和な地球にしたい、人々を幸せにしたい、そういう意識だけが動いております。

日本の人々を平均で見ると比較的国同士の平均のレベルよりは上の方にありますが、だからといって日本人が優れているとか、日本人が高いという意味ではありません。平均というのはとてもごまかしやすい数字であり、高い人もいれば低い人もいるために、平均という数字そのものはほとんど意味がありません。

あくまでも平均ではなく、大多数の人の集まっている意識がどの辺に集中しているか、そういう観点で見ていった時、日本人の意識の中心となっているところは、比較的温和な人々ですが、どうしても意識レベルは高まるというよりは皆と同じに、皆に合わせていく、皆と一緒という意識の人々が多いために、たとえ低くても皆と一緒であれば安心してそれを維持しようとする意識が強くなっております。

そのためにある一定レベルから上に上がることがとても難しく、むしろ皆よりも上にいくこと自体が皆と異なるという意識をつくってしまい、何か良くないこと、自分だけ上に先に上がることが良くない、皆と合わせて下にいた方が良い、こういう意識によって成長する意識が弱くなっております。

日本人の心の中で皆に合わせるのか、それとも自分一人でも成長して上に上がっていくか、これはその人にとって大きな選択になっております。宇宙的に見れば皆に合わせるということに何の価値もなく、成長できる人がどんどん成長していくことは何の問題もありません。

仲間から外れて成長していくということに罪悪感をもつのは日本人の特性ということができるでしょう。罪悪感をもつことなく皆から離れても進化成長することを喜びとする、これを皆が認め合い、許し合い、成長する喜びを一人ひとりが感じていく、こういう意識レベルに上がっていくことが要求されております。

日本人の今の意識レベルの中で、光の仲間たちから見てかなり問題となって認識されているところは、一人ひとりは自分は愛があり皆のことを考え、普通に良い人間として認識している、このように自分を評価している人がかなり存在しております。

いわゆる自分はとりわけ悪いことをしているわけではなく、普通に皆のことを考え、普通に社会に適応し普通に良い人間として暮らしている、こういう普通という意識の人がとても多く、こういう人々は自分自身が正しく良い人間であるという意識を身につけております。

光の観点から見た時、こういう意識の人が一番問題をつくり出している、普通だからこれで良い、私は良い人という意識によって、とりわけ自分がもっと成長しようとか、もっと上にいこう、もっと意識を高めて人々を優先的に導いていこう、こういう意識がつくられてこないのです。

皆と一緒という安心感で成長進化することを何かはばんでおり、成長や進化しなくても皆と一緒という安心感で満足している、この意識によって成長しない人が大多数並んでおります。この皆と一緒という安心感によって成長しない、この心を基本的に自分で見つけ理解し改める必要があります。

成長しないことが宇宙から見て悪であること、宇宙は進化の法則に従い進化の流れにそって成長していくことを標準としているために、進化の流れに乗らずに停滞していること自体が悪であること、これをはっきりと理解する必要があります。

よく皆さんの会話でも、私はこの一年何も成長していない、ここに来て私は何も進化していない、こういうことを普通に会話にする場合があります。これは絶対に口に出していけない言葉であり、日本的な控えめの表現とか謙遜という見方をする人もおりますが、実際にはこのようにできないとか、低いとかいう価値観に対して謙遜するということはあまり良い表現ではありません。

なぜならば宇宙の法則として口にしたことは必ず現実化するからです。私は成長していないという言葉を使うと本当に成長しないエネルギーがつくられていきます。そして他の人も私も私もと言って皆が成長していない状況を確認して安心する人がおります。

皆が成長しないということはとんでもないことであり、成長する方向へと皆で頑張る、こういう意識をつくり上げる必要があります。謙遜や自分を卑下する言葉として成長していない、まだチャネリングできない、まだ分かっていない、こういう言葉は絶対に口に出してはいけない言葉であることをしっかりと肝に銘じておいてください。

そして自分は頑張っている、努力している、気をつけている、こういうことを常に意識して口に出していき、お互いに頑張っていく、お互いに成長していく、常にこういう意識を確立する必要があります。もちろん何もしていないのに無理して成長しているという言葉は使いづらいかもしれません。

しかし現実的に毎日を過ごしていて何も成長していないということは有り得ないのです。毎日毎日必ず何かを体験し、それによって何らかの成長が行なわれております。ただ何をどの程度成長させたか、その自覚が認識できていないだけであり、基本的に意識そのものは成長を行なっているのです。

この日本人特有の謙遜、あるいは自分を卑下する心、これを少しずつ認識を改めていく必要があるでしょう。本来謙遜というのはあくまでも公家や武家の世界において、自分よりも身分が上のもの、階級が上のもの、位が上のものに対して、下のものが上を評価するために使われていた敬語や謙譲の使い方があります。

しかし今の時代はそのような身分の格差、階級の格差はなくなっているために、本来昔使われていた謙譲や敬語と同じ表現をとる必要はなくなっております。今の時代は敬語や謙譲というよりは、いわゆる単なる丁寧語という世界になっております。相手に対し失礼のないように丁寧な言葉を使っていく、乱暴な言葉ではなく丁寧な言葉で相手をねぎらったり、相手を喜ばせ雰囲気をつくり出していく、その程度の丁寧語という世界が今の世界になっており、敬語や謙譲という身分や階級の格差で言葉使いを変える時代ではなくなっております。

しかしだからといって日本の文化として使われてきた敬語や謙譲、これをすべて破棄するという意味ではありません。ある程度そういう相手を敬い、自分をどこか相手よりもへりくだって言う表現そのものの心はとても良いものであり、相手を大事に扱う、どのような身分やどのような人であっても、相手を敬い自分をへりくだって言う、この心そのものは間違ってはおりません。

ただ口に出したことは現実化するということ、したがって必要以上に本当に自分はだめであるという表現を使ってしまうと、それがそのまま現実化する状態になってしまうのです。言葉としての敬語、謙譲というその世界だけでうまくまとまっていれば十分ですが、本当に私はできない、私には分からない、私はそんな身分ではない、こうやって自分を否定する言葉ばかりを使ってしまうと、もはや謙譲や敬語の世界ではなく、完全に自己否定、卑下する心、自分の無価値観をただ口に出している状態になります。

いつの間にか日本人はこの謙譲の言葉と、自分の無価値観、卑下する心、自分を下にしてしまう心を混同してしまい、謙譲のつもりでどんどん自分の価値観を下げてしまう人がたくさん存在しております。まず皆さん方はそこのところをはっきりと理解しておき、単なる謙譲ではなく、自分の無価値観やできない、卑下する心を強調したくなったのであれば、その心を改めていき自分自身はしっかりと生きている、やるべきことをやっている、自分が価値があり正しいことをしていく生き方をしている、そういったことを常に自分で理解し、自分で自分を導いていき、正しい生き方を進めるようにしていってください。

これからの日本の流れ、地球の流れにおいて、今、地球自身は大きな荒波の流れに入っており、一瞬一瞬で流れがすぐに変わってしまう状態になっております。いろんな国の首脳陣の人々も一言で急に流れが変わったり、急に考えていたことが破棄されたり、新しいアイデアに変わったりする状況が行なわれております。

この国ももう数カ月するとおそらくそういう状況に入っていきます。誰かの一言一言で大きく流れが変わる、誰か一人のアイデアで急激に方向性が変わる、そういった状況が現れることになります。その時に一人ひとりがどう考え、どう判断するか、自分はどこをしっかりと見据えているか、こういったことがかなり重要になってきます。

一つひとつの言葉や一瞬一瞬の感情に惑わされず、しっかりと方向性を見据えていること、自分が目指している世界がどこなのか、常にこれを認識し、ぶれることがないようにしておくことです。いろんな人々の言葉の一つひとつに反応し、一つひとつ感情を動かしてしまうと、自分自身もいろんな荒波にまかれてしまい、自分の浮き沈みが大きくなってしまいます。

あまり言葉やいろんな流れに惑わされず、自分は自分の道をしっかりと進んでいく、やるべきことを行ない、正しい認識力をもって前に進んでいく、これをはっきりと理解するようにしておいてください。


今年全体の日本の方向性としてこの夏くらいから秋くらいに訪れる大きな荒波を越えていき、年末くらいから少しずつ流れが安定することになるでしょう。その時にある程度方向性が見えてくる状態になっていきます。皆さん方自身も自分はどこに向かっているのか、どういう方向性に入っていくのか、それを少しずつ認識できるようになっていきます。

その時に自分の進んでいる方向性、その方向性において自分は何ができるのか、世の中に貢献し、社会のためになる自分の行動として何ができるか、これを改めて考える状況になっていくでしょう。自分は人々のために社会のために何ができるか、そこに意識を向けていき、自分自身の心をしっかりと高めていく状態に入っていきます。

自分がどういう奉仕ができるのか、どのように社会に貢献するか、これがとても大事になってくるために自分ができること、自分がやりたいと思っていることを早め早めに挑戦していき、少しでも自分が社会に貢献できるものを身につけるようにしていってください。

②他人の欠点などに意識を向けないこと

マイトレーヤーとしてお話をします。マイトレーヤーの波動を人間の意識レベルに降ろしているために、人間の口から出てくる言葉の表現はマイトレーヤーから見ればかなり荒い波動になっております。それでも精いっぱい人間の言葉として真意が伝わるように努力を行なっていきます。

日本の人々はスピリチュアル的に優れているという間違った感覚を身につけております。確かにスピリチュアル的に優れているという見方をする人もおりますが、平均的に見た場合にはそのように見られるかもしれません。しかしスピリチュアルな人の高い人々を見ていった時に、日本人の高いスピリチュアルな人々というものは、必ずしも地球全体から見て高いわけではありません。

今スピリチュアル的に進んでいるのはやはり西洋の人々であり、西洋のスピリチュアルなリーダーと呼ばれている人たちはやはり高いレベルで人々を導いております。日本におけるスピリチュアルなリーダーといっても西洋の国々のスピリチュアルなリーダーに比べると、まだまだかなり未熟なレベルということができるでしょう。

やはり日本のスピリチュアルなリーダーは使命感や本当の奉仕、自己犠牲という面でとても弱いものがあります。スピリチュアルなリーダーといってもやはり世間の目、人の目を気にしており、あまり特別なことはしない、目立つことはしない、控えめで大人しく活動していく、こういうスピリチュアルな人々がとても多く、そのために日本からスピリチュアルな光が大きくは広がっていない状態になっております。

したがってこれからのしばらくはやはり、西洋人のスピリチュアルなリーダーの人たちからいろんなスピリチュアルなツールがもたらされてきて、それで日本のスピリチュアルな人々が目覚めていく流れに入っていくでしょう。西洋のスピリチュアルなリーダーはスピリチュアルな能力としてとても高いもの、素晴らしいものを身につけております。

当然皆さん方が感じているように、自己本位、自分中心という意識も強いものがありますが、私たちは今はそこには目を向けておりません。少々のエゴや自己本位の心があったとしても、それ以上にスピリチュアルな才能の素晴らしい人が多いために、まずはそのエゴ的なものには目をつむり、少しでもスピリチュアルな才能を生かし、人々を目覚めさせていることに意識を向けていきます。

できれば日本にいる人々も同じくらいにスピリチュアルな人々の欠点に目を向けたり、他を批判したり非難したりして落とすことをないようにして、お互いに協力して高め合っていく、スピリチュアルな人同士がお互いに協力して全体の意識レベルを上げていく、ぜひその方向に向かっていただければと望んでおります。




Aさん、あなたの身体や肉体的に現象において、いつも心を痛めております。ある意味ではカルマや学びという言い方もできますが、あなたの心から見た時、ここには大きな使命が入っております。まだ数年は使命という意識が目覚めてこないかもしれませんが、あなたがこの経験を通して本当に子供たちのため、新しい人のために何かしたい、自分の経験から学んだことをぜひ共有したいという時期がいずれ訪れてきます。したがって今の段階において自分が体験したことを整理しておき、まとめておき、それぞれのケースにおいて正しくアドバイスができるようにしておいてください。自分の経験が多くの人々のために役に立つ、こういう時期がいずれ必ずやってきますので、自分が分かったこと理解したことを克明に記録にとっておき、いつでも人々に教えることができるようにしておいてください。

Bさん、あなたの心の中にある寂しさや悲しさ、また人々に何とかしてうまく接していこうとする純粋な心、いろんな心を感じている中で、あなたにどうしても言いたいことがありました。人を本当に信用することです。なぜか信用できない心が身についてしまい、この人は大丈夫なのか、この人は大丈夫なのか、いつもそこに意識が向いていきます。でももうそういう心を完全に忘れてください。この人は信用できる、この人は大丈夫、こういう心をしっかりと身につけてください。もう今の瞬間からあなたのところにやってくる人は信用できる人ばかりに設定をしておきます。自分のところに来た人はマイトレーヤーがつれてきた人、そう理解してすべての人と心でつながるように行動をとっていってください。

Cさん、心の中にさまざまな葛藤やわだかまり、不安、いろんなものが動き回っております。喜びにあふれたハッピーな心にしようとしても、すぐに沸き起こってくる不安、心配、恐れ、自分の楽しい心がすぐにかき乱されてしまいます。この心を自分の普通の心と思わないでください。まずそういう心そのものが異常であること、そういう心そのものが健全ではないこと、それを自分で自覚する必要があります。これまでの長い自分の人生において否定的に考えたり、悪く考えることが普通と思うようになっております。否定的に考えたり悪く考えることは良くないこと、あってはいけないこと、それをはっきりと自覚する必要があります。こういう心に馴染んでいる、これが普通であるという意識を完全に取り払い、これはあってはいけない心、異常な心なのだ、明るく元気な心にならなければならない、人と明るく元気に接しなければならない、そういう危機感をもつくらいに認識を変えていき、明るく元気な心で毎日を過ごすようにしていってください。

Dさん、なかなか他の人に自分のことが理解されていない、自分の思っていることが他の人に通じない、こういうことがたびたびあなたのところに訪れてきます。まずあなたに一番理解していただきたいのは伝わらないとか、分かってくれないのではなく、あなた自身が正しく表現していないのです。あまりにも早口であるために周りの人に通じない、肝心なところが何なのかがよく分からない、ポイントがはっきりとしないために相手が理解できない、こういうあなたの表現力の問題であり、分かってくれないとか、相手が感じてくれないのではなく、自分自身の問題であること、これを明確に理解する必要があります。話をする時、明確にはっきりとした言葉でゆっくりとゆっくりと相手をしっかりと観察し、相手が理解できたと思ったら次の文章へ、相手が分かったら次の文章へ、一つひとつ確認して進めてください。相手が理解しようが理解しまいがただ勝手に自分でしゃべっていく、これでは相手に伝わることは不可能です。相手にちゃんと理解してもらおうとする心、相手に本当に伝えたいという心、この心をしっかりと身につけゆっくりとゆっくりとはっきりと大きく表現していく、この自分の言葉を正しく使うように意識を変えていってください。

Eさん、ここに来て長い間いろいろ苦しい状況がありながらも、学んでいることに喜びを感じております。あなたの自分自身の意識ではまだまだ自分が成長している実感がない、自分は何もできていない、けれど何か来なければならない、いろんな意識が葛藤して学びを続けております。光のハイアラーキーの世界から見た時、あなたは十分にいわゆる努力賞を与えられております。ただ自分自身をもっと高めるというところに意識を向ける必要があるでしょう。やはり自分の世界や自分の周りの環境に合わせてしまい、世俗な心に戻ってしまう、周りが世俗だとすぐ世俗に染まってしまい、自分自身の意識が下がってしまう、こういったところが大きなテーマになっております。周りが世俗になってきた時、自分から話題を変える、あるいは高いレベルの話題を見つけそこに戻そうとする、そうやって自分が話題を変え高い波動の世界に行くようにこれから心がけていき、自分が意識を高めていくためのリーダー的な存在になる、それくらいの心構えでいろんな人々と接するようにしていってください。

Fさん、光のハイアラーキーの世界から見た時、あなたは順調に順調に成長を遂げております。ただあなたの成長は光のハイアラーキーから見る成長とは少し異なる成長の仕方をとっております。いろいろ人を導く時、この導き方や教えに少しずれがあり、どうしても自分の概念が教えてしまう、概念で先に行ってしまうという傾向があります。いろいろ人にアドバイスをしたり導きをする時に、本質的なことは何なのか、その人が理解すべきこと、その人が成長すべき方向は何なのか、これを理解してそこに向けていわゆるヒントだけを与えていく、ある程度自分で考え自分で成長できるようにヒントを与えていく、こういうハイアラーキー的な教え方が要求されております。自分が分かっている知識をただ相手に伝えたところでそれは教えたということにはなりません。あくまでも自分で考え、自分で辿り着くことが必要であるために、一人ひとりが次に向かうべきところにむけてのヒントを与えていく、そのために一人ひとりに違う言葉が要求されたり、人によって答えが変わったりしていきます。毎回同じことをいろんな人に言っていく、これは教えるということにはなりません。自分の意識レベルを考えながら他の人に何か導きを与える時、何をどのようにアドバイスしていくか、そういったことを正しく学べるようにしていってください。

Gさん、光の世界での学びを続けてきていながら、自分の心の中にさまざまなわだかまりや葛藤、光と闇の戦いが行なわれております。あなたの中で繰り返されるこの光と闇の戦いにおいては、あなただけの独自の戦い方が行なわれております。自分にとって何が善で何が悪なのか、他の人にとって何が善で何が悪なのか、この区別がついていないために全部いっしょくたにして、自分にとっての悪を他の人の悪と思ってズケズケと言ってしまう、自分にとっての善を他の人の善と思ってズケズケ言ってしまう、これによって大きな問題が常に起こされております。自分にとっての善悪と一人ひとりの善悪、これはまったく異なるものであること、まず自分にとっての善悪を正しく理解するようにしていき、その後一人ひとりの善悪を見極めようとする、この意識から始まっていきます。自分にとって何が正しく何が間違っているのか、他の人にとっては何が正しく何が間違っているか、この見極めを正しく行なうことが必要であり、この見極めができないといつまで経っても自分自身のイライラやフラストレーション、不平不満が募ることになります。自分の心を理解するために他人の心を理解する、自分の不平不満やイライラをなくすために他の人の善悪を理解していく、こうやって自分の心の中を整理整頓していき、次の段階へと早く進むようにしていってください。

Hさん、自分の環境の変化によって今心がかなり疲れております。しかしあなたはこの仕事においてとても良い仕事を行なうことになるでしょう。今は心の疲れから良い発想ができないかもしれませんが、しばらくして環境が変わってくるとだんだん良いアイデアが浮かぶようになっていきます。そうするとあなた自身のこれまでの経験が一気に動き出していき、流れ方向性が明確に変わっていきます。この方向性が変わり始めたという時、決して油断しないように細かいレベルで注意をし、些細なことでもミスをしないように十分に注意をしてください。細かなちょっとしたミスが大きな傷をつくる場合があります。細かく細かく注意をして傷をつくらないようにしておけば大きな大きな流れへと入っていきます。自分の言動に注意をしながらまず細かいことにも意識して、そして大きな流れへと入っていく、ぜひこの数カ月間大事な大事な生き方をして大きな流れを自分のものにしていってください。

Iさん、自分自身の流れや方向性でいつも頭を悩ましております。今あなた自身はまさしく変化の切り替えの段階にあるために、どこに向かうのかはあなた自身が自分で決める段階に入っております。ただ自分自身の心が整理されてくると、そこに向けてエネルギーが動き出し、それが実現しやすくなっていきます。したがって今はどの方向が良いかとか、どこに向かうのかとかいう思いよりも、自分は何を具現化したいか、自分がしたいと思っていることは何なのか、そこに意識を向けそれを集中的に意識していくだけで、そのエネルギーが一つひとつつくられていきます。基本的にあなたにとって一番必要なのは、今本当に困っている人や悩んでいる人、どこに行っても何をしても答えが分からず、体が良くならず本当に困っている人、そういう人にこそあなたの力が発揮されていきます。普通のやり方、一般的なやり方では何も解決されなかった、いろんな治療をしても、いろんな癒しを行なっても何も解決されなかった、そういうところにあなたが強い力を発揮することができます。あなたの周りにいる天界の存在の中でも、新しい天界のものたちが準備を始めております。いわゆる第七光線の存在の中で織姫やさまざまな天女たちがあなたと活動する準備をしており、あなたがそれに向けてトーニングしたり、言葉を唱えたりするだけで、彼女たちが降りてきて癒しやヒーリングとして十分に働けるように進めております。自分の直感を使いながらも、うまく彼らと一緒になってまだ困っている人、解決できないで困っている人たちをうまく救ったり、癒しを行なえるように自分の作業を進めていってください。

それではここまでにいたします、ありがとうございました。



centsun.gif

  Ascension Report



Arghartan Messages
CentralSun  ~2010