20170212 of Central Sun Ascension Report

/本来の男性性は神に向かう力/間違った男性性の競争心/向上心/知性/

2017/2/12 男神のイニシエーション

このメッセージのいいねポイントは

第四密度の男性性を活性化


①神の方向に進む力が男性性

ミカエルです。皆さん方の人間としての進化の流れが新たなるサイクルに向っていることを喜びとしております。これまでの人類の進化はあまりにも辛く、悲しい流れになっておりました。必ずしもすべての惑星がこのような辛い歴史とは限りません。

地球人類がここまで辛い、悲しい歴史を体験するのは、ある意味ではカルマの力ということもできますが、やはり陥れたものたちの悪巧み、仕組んだものたちのずる賢さ、そういったものが人類を正しく進化させようとするものたちよりも、強かったということができるでしょう。

本来この地球人類はもっと早い段階で第四密度に入ることが望まれておりました。いわゆるアトランティスという時代の区切りにおいて、多くの地球人類が第四密度に入っていくことが望まれておりました。しかしアトランティスの時代において多くの地球人類が欲、名誉、何らかの価値のあるもの、そういったものに対する執着的な意識がとても強く、第四密度の世界どころか第三密度として見ても意識がかなり低い状態になっておりました。

とても悲しい人類の歴史ということができるでしょう。今新たなるサイクルを目の前にして、この地球上の人類の魂が第四密度という世界のサイクルに入っていくか、それともまた第三密度のサイクルを繰り返していくのか、その選択に迫られております。この第四密度へ向かう魂たちは、人間的な意識からすれば合格者、準備ができたものという意識を得るかもしれません。

宇宙的な見方からすると、それぞれの役割があり、必要な人が第四密度へと招かれていく、第四密度において必要とされているものがすでに準備されており、第四密度で必要とされている器に応じてそれを満たす人が選ばれてくる、そういう流れとなって見えております。これははじめから決まっているという意味ではなく、実際には誰がどの程度第四密度に入っていくかは、今の時点ではまったく決まっておりません。

もちろん私たちは時代を超越しているために、皆さん方の時空の未来を読み取ることはできます。しかしそれはあくまでも皆さん方の意識からすれば可能性の一つであり、明確に決まっているわけではありません。そのために皆さん方の流れを変える情報を与えることは許されていないために、あくまでも皆さん方と同じ意識で未来を見ることのできない同じ意識でメッセージを与える必要があります。

これまでのサイクルにおいて、いわゆる男性性としてのエネルギー、この男性性としてのエネルギーが汚されたエネルギーになってしまい、野蛮なもの、攻撃的なもの、破壊的なもの、こういう男性のエネルギーがつくられてしまいました。本来の男性性のエネルギーは、破壊的なものでなければ不幸を招く波動でもありません。

本来の男性性のエネルギーは成長させること、進化させること、神の方向に向かい自分から神に近づいていく、どんなことがあってもひたすら神に向って進んでいく、この強い意識が男性性のエネルギーになります。神に向かってひたすら歩み続ける、これを妨害する人がでてきたり、方向を間違えた方向にもっていかそうとする人が現れてくると、それに負けないような強さを発揮して、本当の神の元へひたすら進もうとする、妨害を防いででも邪魔するものを防いででも、自分は神の方向へと進み続ける、これが本来の男性性のエネルギーになります。

したがって妨害するもの、邪魔するものが現れた時は、攻撃性、戦うという力が見えてしまうために、常に妨害するものが多いと戦うという力ばかりが強調されてしまいます。こういう妨害するもの、邪魔するものがいなければ男性性のエネルギーはただひたすら神に向って成長し続けるという力を持つことになります。

今の皆さん方の時代は妨害する力がとても強く、本当のものや正しさ、真実を手にすることがとても難しい時代になっております。そのためにある意味では常に戦っている、常に妨害を受けているという状態と言うこともできるでしょう。神の方向が分からない、神が見えない、したがって向かうべき方向性が分からないために結果的にただ戦うだけになってしまい、何のために戦っているのか、どこに向っているのか、それがまったく見えない状態になっているのです。

いわゆるスピリチュアルな学びを始めてから方向性が見えてくる、向かうべき方向性、神としての方向性が見えてくる、そういう意識が動き出していきますが、そういう学びをしていない人は方向性が分からず、神に向かうこともできず、ただ戦うだけの意識になってしまいます。また、スピリチュアルな学びをしても神なる方向性が正しく伝わっていないことも多く、いわゆる間違った宗教の意識、間違った神の概念によって自分の進むべき方向性が正しい方向へと進まないこともとても多く現れております。

この第三密度における男性性は、方向性を見失いただ戦っている、ただ妨害するものと戦い、結果的に自分を守るためだけに戦っている、こういう男性性のエネルギーになってしまっております。これからの第四密度というサイクルに入っていくためには、この男性性のエネルギーの修復が必要であり、新しいサイクルに合わせたチューニングが要求されてくるでしょう。

今の男性性のエネルギーには戦うという意識があまりにも強く染みこんでいるために、戦うことが当然のように働きかけております。競争して勝つ、少しでも先に行く、少しでも他の人よりも上に行く、負けると悔しい、友人や知人が先に行くと嫉妬する、こういういろんな意識、負けると悔しい、勝たないといけない、先に行かないといけない、いろんなこういう間違った男性性のエネルギーがつくられてしまい、これが人類全体に染み通っているのです。

自分の心の中で悔しいと思う時、どういうことが多いか、何に悔しいと感ずるか、いろいろ自分で自分の心を眺めてみてください。特に親しい人自分と近い人が自分とのかかわりでその人に対して悔しいと感ずる時、どういう時に悔しいと感ずるか、先に何かされてしまう、常に自分ができないという感覚を得てしまう、その人だけが周りから良く評価されてしまう、いろんな意味において悔しい、これは男性性のエネルギーのネガティブな働きかけによります。

自分の心の中に浮かび上がってくる悔しいの心、そこに天からの金色に輝く光が入ってきて、悔しいと感ずる心に修正が入っていきます。宇宙から降りてくる金色の光を感じ、自分の心に流し悔しいと感ずる心の中に金色の光を入れていってください。

他の人から注意されたり指摘されるとムカツク、自分の欠点を指摘されるとムカツク、あらゆる面において自分が劣っている、できないという言葉に対し敏感に反応する、こういったこともネガティブな男性性のエネルギーになります。そこに金色の光を入れて修正していきます。

自分の心の中にある競争心を探してください。比較する、負けたくない、先に行く、この比較から始まるさまざまな競争心、そこに黄金の光を入れていきます。この競争心の心に金色の光が入り、修正していき、向上心に変わっていきます。自分が自分で上に上がっていく、これまでの自分よりもより高い意識レベルに上がっていく、この自分との比較、自分を強くする向上心へと変えていきます。

競争心を黄金の光で充満させ、向上心へと変えていく、他の人に対しても人間同士の比較ではなく、その人自身の以前と今を比べ、向上しているかどうかだけを見て喜びとしていく、以前よりも向上していれば喜びを感ずる、成長することの喜び、進化することの喜びを一人ひとりに感じていく、こういう男性性の向上心へ変えていきます。

また知性をたくみに操り、ごまかす、自分だけ得になるように論理を進めていく、相手を言いくるめ騙してでも自分が得になるように仕向けていく、こういう間違った男性性のエネルギーに黄金の光を流していき、正しい知性へとつくり変えていきます。

自分の欲で知性を動かすのではなく、他を生かすための知性につくり変えていきます。社会を生かす、人々を生かす、そのための知性に変えていき、多くの人が喜びを感ずる、皆が得をする、皆が良いことにつながる、自分だけが得をするのではなく皆が得を得る、そういう意識の男性性のエネルギーへと変えていきます。

自分の考え方が身体全体に浸透しているために、実際には心や頭だけではなく自分の人生の至るところにおいて、戦う、競争するという意識が染み通っております。宇宙からの金色の光を自分の肉体のすべて、エーテル体のすべてに浸透させていき、自分の存在すべてが浄化されていく、本来の正しい男性性に変わっていく、これを感じていきます。肉体のすべて、細かいところまで金色が入り込んで浄化していきます。

皆さん方が第四密度の新しいサイクルに入るにおいて、新しい男性性のエネルギーが流れて入っていきます。この新しい男性性のエネルギーを体で取り入れるためには、まず皆さん方の魂のレベルである種のエネルギーの変換が必要となります。魂のレベルで少しエネルギーの調整を行ないますので、そのまま楽にして宇宙からあるいは魂から流れてくるエネルギーを感じていてください。

古い魂の仕組みから新しい魂の仕組みへとシフトさせていき、新しい男性性のエネルギーが入れるように仕組みをつくっていきます。この器がしばらく安定するのに2~3時間かかるかもしれませんので、その間魂のエネルギーをあまり急激におかしくさせないように、安定した状態で過ごしておいてもらいます。

特に感情的なものにもの凄く敏感に反応するために、あまり大きな感情を動かさないように、できるだけ平和的に幸せな感覚を維持するようにしてください。大きな心で受け入れる意識、これをしばらく維持させてもらいます。皆さん方のワークにおいて邪魔が入らないように少し身体のシールを設定しますので、そのまま楽な姿勢で自分の身体がただ守られている、安全であるという意識を強くもっておいてください。

それではこのエネルギーを保持したままでしばらく安定した時間を過ごしていただき、午後になってさらなるイニシエーションに向けてのワークを行なっていきます。

②歪められた男性と女性

私たちは光の世界からお話をいたします。男性性のエネルギーの修復と新しい時代に向けての男性性のエネルギーの目覚め、イニシエーションに関してメッセージとワークを行なっていきます。まず皆さん方の地球の人類の進化の流れにおいて、男性性のエネルギーが恐ろしいもの、破壊的なものというイメージがつくられてしまい、それだけで男性の世界を陥れてしまう、悪くしてしまうという働きが行なわれておりました。

また、文化の流れにおいて男性が女性を否定するという意識によって女性も歪められてしまい、低くされてしまうという意識がつくられてしまい、男性も女性もそれぞれが悪いイメージ、被害者的なイメージになってしまい、どちらにしても好ましくないエネルギーがつきまとっております。

これまでの人類の歴史は文明の初期においてはここまでは激しくありませんでしたが、文明が進むに従って男性と女性の間の対立的な意識が強くなっていき、今となってはお互いに異性の関係が不十分、うまくいかない、お互いに相容れないという意識が身についております。

このままでは第四密度の世界に向かうのはとても難しく、いわゆる男性性も女性性も両方がカルマを強くつくり上げている状態になります。異性に対する根強いカルマ、これがとても強くつくられてしまい、次のサイクルに向かうには厳しい状態になっております。

一概に男性という生命体が悪いという意味ではなく、あくまでも競争心、相手を打ち負かそうとする意識、あるいは自分が独り占めしようとする意識、こういう意識そのものが男性にも女性にも襲い掛かり、それによって両方が悲惨な意識を身につけてしまっている状態になっています。

午前中のワークである程度浄化を進めておりますが、一人ひとりどうしても根深いところ、深いレベルにおいて異性に対し素直に接することができない、何か不信感を感ずる、心から異性と一緒にいることに対し何か心配を感じてしまう、こういう深いレベルでの男女間における相容れない波動が動き回っております。

表面的には異性を許し、相手を許そうとする意識があっても、深いレベルにいくとどうも理解できない、一緒にいて心が安らげない、いろんな思いが動いております。この深いレベルの異性に対する思い、この部分を浄化していくためにまず自分にとって本当の深いレベルの心を探り出していき、自分は深いレベルで異性に対しどういう思いをもっているか、期待とか願望ではなく素直に今異性に対してどういう思いをもっているか、それを自分で見つけていき、自分が異性に求めているもの、期待しているもの、そういったものを探していきます。

どの人も異性に何らかの形で裏切られたとか、傷付けられた、嫌な目にあった、こういう記憶が入っております。異性に傷付けられた、否定された、その何かされたという意識に目を向けていき、これを回復するのは単純に許すことから始まっていきます。自分の心の中に許せないという意識が残っており、許せないという意識がこの傷付けられたという意識を強く手にして話さないようになっております。

自分が異性から受けてきたさまざまなもの、それらを理解しながらも執着をせず許していく、相手を責めることもなく、相手に意地悪することもなく、ただ許していく、深いレベルで相手を許すということを今しっかり行なってください。心の深いレベルで本当に心から許すということをつくり上げていきます。

これが表面だけで許しても心で許すことができないと第三密度に引きずられてしまい、第四密度に入ることが難しくなります。心の深いレベルで本心で心の底から異性から受けた仕打ちをすべて許す、そういう気持ちにもっていってください。私は異性から受けた仕打ちをすべて許します。これが完全になくなるまでずっと言葉で出してエネルギーを解放していってください。

③穢れを恥じ祓い清める

天之御中主神、日の本の新たなる人々が新たなる日の本の流れに入ることを喜びとしております。日の本の人々は汚れを断ち、神につながる心で日常を喜びとして生きることが求められておりました。日の本の人々は常に神の心をもち神とつながり、清く正しい生き方をする、そのように約束して肉体に降りてきました。

汚れを恥じとして清らかな心をもってお互いに生かし合う、こういう意識を身につけていた日の本の人々が、次第に心が汚れていき、言葉が汚れ、行ないも汚れるようになってしまいました。新たなる時代に入るにおいて、今一度心のあり方、言葉、行動のあり方を思い出し、神の心を取り戻す。自らの心に神の心を取り戻して神として生きる、これを取り戻していただきたいと望んでおります。

男性性としての波動、女性性としての波動、それぞれが汚れてしまい、汚れたことを気づかず、むしろ当然のように思ってしまい、汚れを祓おうともしないまま長い年月を過ごしてきました。今自らの心の汚れに気づき、祓い清め新たなる時代に向けての新しい御霊をつくろうとしております。

もちろん御霊はこれまでと同じ御霊を使い、さらなる清らかなる御霊へと磨いていく必要があります。しかしこの国に生まれるものは大いなる役割があり、神との約束をしっかりと守る必要があります。そのためにも心の中にある神なる御霊をしっかりと取り戻し、思い出し、自らが神のごとくに振舞っていく、神の意識として考え行動する、こういうことが望まれていきます。

男性性の波動を新たなる時代に向けての波動に切り替えるにおいて、自分の心の中の古き男性性のエネルギーを自分で理解し、しっかりと認識しながらも、それを祓い、心から消していく、そのためにもまず許すこと、自分にさまざまな傷つける言葉を与えてきた人に対し許す、自分の価値を落とそうとしたもの、価値を否定しようとしたものたちを許す、どのような妨害、障害があろうともそれを不服としたり、戦おうとしたりせずにただ自分は神なる方向へと向って進んでいく、妨害されても妨害と戦うのではなくただ神なる方向へと向っていく、そこに意識が向くこと、これが次の時代の男性性になっていきます。

妨害や障害がある時、妨害をなくす、障害をなくすという意識が第三密度の男性性でした。第四密度における男性性は障害や妨害があってもそこにはまったく意識することなく、ただ向かうべき目標、目的だけを見て、そこに向っていく、ただ正しい方向、神なる方向だけを意識しそこに向っていく、これが第四密度の男性性になります。

妨害があったとしても妨害に惑わされない、妨害があるということすらも感じない、ただ目的に向っていく、これが第四密度の男性性になります。光以外のものに惑わされ、光以外のものに目を向けてしまうと、第三密度のさまざまなる妨害が戻ってきます。したがってこれからの生き方として妨害、障害がある時、妨害を取り除く、障害を取り除くという発想ではなく、そこに意識をすることなくただ目的に向っていく、ただ良いことをやり続ける、この強さを身につけてください。

まだ第三密度の意識に染まっているとどうしても否定的なもの、妨害するものに意識がとらわれてしまいます。初めのうちは妨害や障害に目を向けてもすぐに取り戻し、いやこれは違う、そこには意識しない、騙されない、そうやって自分で言い聞かせすぐに意識を変え、無視してただ進むべき方向を向かっていく、そうやって意識を切り替えていってください。

第四密度における男性性は他にもさまざまな特徴があります。しかし今皆さん方にとって一番重要なのはまずはこの障害や妨害に惑わされない、騙されない、意識を向けない、これがどうしても強く影響を与えているために、まずこれをうまく乗り切ること、そして次のレベル、次のレベルへと向っていってください。

今は妨害、障害に惑わされない、そこに意識を向けないという生き方ができるようにエネルギーの調整を行なっていきます。自分の心の中で自分がうまくいかない時、人のせいにする、社会のせいにする、誰かのせいにする、そういう自分の言動を思い出していってください。

反射的にすぐ誰かのせいにしてしまう、反射的にすぐ人のせいにしてしまう、その心を見つけていき、その心に自分の力でその心をなくしていきます。金色の光でその心を浄化していき、まず素直に受け入れる、うまくいかなかったという事実そのものを受け入れていきます。誰のせいでもなく単なる現象としてうまくいかないという現象が起こっていること、これは誰のせいでもありません。

ただこの現象が起こる必要があったこと、それをただ受け入れていくのです。誰かを責めることもなく自分を責めることもなく、現象としてうまくいかないという現象がただ起きていること、そうやって認識できる心をつくり上げていきます。人のせいにしてしまう心に金色の光を流していき、ただそのうまくいかない現実を受け入れていく、こうやって自分の心を変えていきます。

自分の右手を前に出してもらいます。右手の手のひらのところに宇宙の神々から次のサイクルの男性性の祝福のエネルギーが流れてきます。まず手のひらでこの祝福のエネルギーを受け取り感じてください。手のひらにたまってきた祝福のエネルギーをあたかも水のようにして口からすすって、体の中に入れていってください。

手のひらにある祝福の光、水のようなものがすべてなくなるまで飲み込むような感じで身体の中に入れていってください。これを体の細胞すべての染みとおらせ、自分の体そのものが何らかの極性の変化が起こるような感覚を感じてください。新しい男性性のエネルギーの中に命を守るという強さが蘇ってくるのを感じてください。

生命を守る、か弱いもの、小さいもの、弱きものを守る、この命を守るという強さ、これをしっかりと取り戻していきます。戦うよりもまず守る、右手を心臓の上において、まず心臓の鼓動を感じていきます。自分の命、この心臓の鼓動は神の意志が入っております。皆さん方を生かそうとする意志、生命を与えた意志がここにあります。

これは他を生かすため、他を守るための意志であり、男性性は他の生命を守る、他の生命を救うことを神から与えられております。生命を守る、この生命を守るという力に新しい光が入ってきます。神からの光が右手を通して自分の心臓に伝わり、新しい生命を守っていく、これから生まれてくる子供たち、弱く生きていけない人々、自分で自分を守ることができない人々、そういう人たちを守っていく、その力が渡されていきます。

そのまま神に向けての宣言を行なっていきます。私、誰々は神との契約により生命を守ること、他を生かすこと、そのために自分の生命を使うことを約束します。それでは手を離して構いません。宇宙のさまざまなる存在、マスターや天使たちから祝福と男性性の新しいエネルギーが流されてきます。

ただこれは一人ひとり違います。自分と関係のあるマスター、あるいは自分の役割に関係している存在、そういう自分との個人的なつながりでエネルギーが流されてきます。しばらく自分でエネルギーを感じながら、自分の中に取り入れてエネルギーと一つになっていってください。


Aさん、あなたの男性性のエネルギーにおいて、第三密度として固まっていた一部の意識があり、やはり否定されるとムキになってしまう、感情的になってしまうという波動があり、自分がやられる、被害を受けるという部分に強い抵抗の意識が動いていきます。この部分の浄化を行なっていきましたが、まだ深いところでどうしても手放せないものがあり、何か攻撃を受けると今までのことを全部意識してしまい、思い出してしまい無意識に反発してしまう、こういう力が残っております。毎日毎日そこに意識を向け手放していく、許していく、無視していく、これを続けていくと徐々に徐々に力が弱くなっていきます。特に今日の浄化のエネルギーは、三カ月くらいは続いていきますのでその期間になるべく意識して浄化していく、手放していく、それを強く行なうことによってかなり浄化を進めていき、新しい男性性が動き出していきます。特にあなたの新しい男性性としては大らかに許していく、自分が危害を受けたとしても大らかに許していく、こういう新しい男性性が動き出しており、それをうまく使えるようにしていってください。

Bさん、あなたの男性性のシフトにおいて、これまでの男性性のエネルギーの中でも異質なものに抵抗を感じる、いろんな意味において異質なもの、考えであったり、感情であったり、行動であったり、異質なものに反応するという波動があります。それによって自分が受け入れられる範囲の同質的なものと受け入れることができない異質的なもの、そこのところに一つの境目があり、異質なものに強い嫌悪感を感ずる、そういう敵対心のようなものが動き出していきます。これがあなたのこれまでの男性性の波動として染み付いてしまい、頭で許そうとしても心がどうしても反応を起こす状態になっていました。今日の浄化のワークによってかなり浄化を進めていきましたが、まだ三分の一近くが残っているために、この残っている部分のエネルギーをおよそ半年以内ですべてを浄化していく、そのためにも異質な考え、異質な人がいた時でも、大らかな心で許していく、見守っていく、その人を生かす方向で見ていく、こういう新しい男性性、大きな心でどのような人でも生かしていくという男性性で切り替えていく、こういうエネルギーワークをしばらく続けていき、少しずつ少しずつ新しい男性性が動き出すようにもっていってください。

Cさん、あなたの男性性のエネルギーにおいて、自分がとらわれているもの、考えであったり、言動であったり、何かにとらわれているところ、執着しているところが時々つくられており、そこにはまってしまうとずっととらわれていることに入ってしまい、それで自分自身が抜け出せなくなってしまう、あるいは正当化してしまう、自分をそのようにまた強く意識してしまう、そういう言動によって自分のはまっている世界にずっとはまり続けてしまう傾向があります。これは男性性のエネルギーの中でもある意味では自分だけでも納得し安定すれば、それで自分が満足できる、こういう一つの意識波動からつくられており、これによって正しい男性性の力が弱くなってしまいます。ある意味では自分を守るためにそういう現実の中に留まっているのかもしれません。これを新しい時代の男性性に修復するために、まず自分で安心したり居心地の良いところにずっと留まっているのではなく、そこから出ていき、少しでも新しい考え、もっと良い考え、もっと神なる方向に合った考え、そこを見つけようとする、自分で定義した自分の世界で安住するのではなく、そこから抜け出てさらなる神に近いところに近づいていく、こうやって常に自分を先に進ませる、自分を前に前に進ませていく、こういう意識へと変えていく必要があります。そして第四密度への男性性のために常に神なる方向、善なる方向を自分の心のレベルで感じとれる、頭で理解するのではなく心で感じとる、これが要求されてきます。頭で考え出して答えを探すのではなく、ただ心で神そのものを直接感ずる、この力を身につける必要があります。心で直接神なる方向を感ずる、心で直接善なる方向を感じとる、これを身につけていき、そこに向ってただ進んでいくという第四密度の男性性、そこに向けて日々心をうまくもっていけるようにしていってください。

Dさん、あなたの第三密度における男性性のエネルギーに、自分のペースでやっていきながらもうまくいかない時にそれをつい誰かのせいにしてしまったり、あるいは自分でないことのようにもっていったりしてしまう傾向があります。自分の言動に自分ですべての責任をとる、自分で行なったことをすべて自分で理解していく、まずこれが第三密度の世界の修復になります。こうやって自分の言動に自分ですべて責任をとる、理解しておく、これをうまくできるようになった後、第四密度の新しい時代のサイクルとして自分の望んでいるもの、求めているものが自分の手でしっかりと確保できる、自分が求めているもの、それが目の前にやってきた時ただちに自分のものとしてしっかりと受け取っていく、これはあなたにとっての第四密度の男性性になります。目の前に訪れてきた自分だけのもの、自分が手にすべきもの、それを直観で感じ、そして自分のものとしていく、これを間違ってしまうと頭で否定したり、別のものだと勘違いしたりして自分の手に入らなくなります。自分のために入ってきたものを自分がしっかりと受けとる、これがあなたの第四密度の男性性であり、それを自分のものにするためにも、まず第三密度において素直な男性性のエネルギーにつくり変えていく、こうやって次の時代の男性性が目覚めるようにしていってください。

Eさん、あなたの第三密度における男性性のパワーは、やはりムキになってしまうところ、特に自分が責められたり、自分の欠点を指摘されるとムキになってしまうというパワーがあります。これは第三密度の典型的な波動ですが、これまでの多くの生まれ変わりの流れにおいて染み付いている波動とも言えます。今日のエネルギーワークでかなり浄化は進みましたが、まだどうしても表に出てしまう波動が残っており、自分で心をしっかりと動かして自分でコントロールしていく、ムキにならずに相手を尊重し相手を許していく、大きな心で受け入れていく、こうやって古い男性性をあまり表に出さないように心でコントロールをしていってください。第四密度に向けての男性性の波動として、あなたに一番働き掛けている新しい男性性のエネルギーは、自分が決めたことは確実に実行する、自分が信念としてつくり上げたもの、自分が目標としてつくり上げたものは確実に成し遂げていく、こういう男性性のエネルギーがあなたに入ってきました。それによってあなたは自分のやるべきこと、しなければならないこと、それに関しては確実に最後までやり通す、こういう力が動いていきます。この目的に向ってずっと行動し続ける新しい男性性は、途中でつべこべ屁理屈を言ったり言い訳したりせずに、ただ実行に移していく、いちいち言葉に反応したりせずに、ただ行動を起こしていく、これによって良い現実が訪れてきます。新しい男性性を動かし始めた時、いちいちへ理屈を言ったりいろいろ言ったりせずに、ただひたすら行動して前に進んでいく、この新しい男性性をうまく使って自分の目的としているもの、手に入れるべきものを確実に手にすることができるようにしていってください。

Fさん、あなたの男性性のエネルギーに、自分が自分の心の中でいつも何かの被害者意識的なもの、弱さ的なもの、他の人から悪く思われているような気持ち、こういう感覚になって自分でどんどん下がっていってしまう意識があります。これは第三密度における男性のエネルギーの中でも一度破壊されるとどんどん下に落ちていってしまう、否定されると完全に自分がやる気をなくしてしまう、どんどんだめになっていってしまう、こういう男性性のもろさ、弱さがあなたの中で動いておりました。この男性性の弱さ、一度壊されると戻れない、この弱さがあなたにつきまとっており、どうしても自分が元気に進めない状態になっております。この部分の修復を行なっていきましたが、まだ少し深いところで残っている部分があり、表面的にはだいぶ取り除いても深いところで影響を与えているところがあります。したがって何かそういう現実が訪れた時、自分で負けない、諦めない、そのまま落ちていかないという意識を強くもって、自分で自分をうまく導けるようにしてください。第四密度に向けての男性性のエネルギーに、自分が信頼できる人、安心できる人に対して本当にその人を信用しついていく、信頼できる人とは完全に良い関係をつくり上げる、表裏なく完全に良い関係をつくり上げていく、これも男性性の波動になります。心からすべて信頼できる人、受け入れることができる人、そういう人に対して完全なる信頼関係をつくり上げていく、これがあなたの第四密度の男性性に発展していき、それによって最終的には神との強い信頼、神との間の強い約束が動き出していくのです。常に神に向けての流れの中で強い信頼関係をつくり上げていく、そのために本当に安心できる人には完全なる信頼関係をつくり上げる、この男性性のエネルギーをうまく使って自分の流れを良い方向へともっていってください。

Gさん、あなたの第三密度における男性性のエネルギーは、自分の弱さをいつも感じているために、何かしようとしても自分でストップさせてしまう、自分で弱気になったり自分で目標を下げてしまう、こういう意識によって何かに向おう、進めようとしても自分でどんどん変えててしまう、目標を下げてしまうという意識がありました。結果的に目標を下げてそこで達成して安心する、本来の目標から下がっていても自分ができたことで満足する、こういう男性性のエネルギーがつくられていたのです。この部分の修復を行なっていきましたが、まだ深いところでやはり妥協してしまう、諦めてしまうという意識が残っております。これからは一度決めたことは最後まで達成させる、スタートさせたらゴールまで進んでいく、こういう本来の男性性に戻すように修復が進んでおります。自分でもそこを意識しながら何か始めたら目標を下げずに最後まで進めていく、まずこれを完成させてください。第四密度に向けての男性性の波動に、いろんな人の目やいろんな人の思いを感じて、それに惑わされたり左右されてしまう傾向があります。いろんな人からの思いや意見を感じたとしても、いちいちそこに意識を向け惑わされたりせずに、本当の自分の進むべき必要なものだけを受け取れる、自分にとって大切なもの、必要なものだけを受け入れていき、それ以外は受け入れない、こういうはっきりとした進み方、目標の持ち方、ここに向かうように男性性のエネルギーが動き始めております。この第四密度の男性性、いろんなものにもうとらわれず、ただ一つの本来のところに向けて進んでいく、これが少しずつあなたに入ってくるためにこれからは目移りせずに本来の一つのものだけを達成していく、身につけていく、そういう意識で新しい男性性を目覚めさせていってください。

Hさん、あなたの第三密度の男性性は、やはり勝負心や競争心、やはり上に行く、先に行く、うまくやるという意識が強く働きかけており、今日のエネルギーワークで浄化を進めましたが、どうしても深いレベルでかなり強く残っているものがあります。自分が負けると気に入らない、悔しい、負けたくないという意識が強く身についているために、言葉の一つひとつで反応してしまうところがあります。したがってこの第三密度の男性性の浄化はまだしばらく毎日自分で浄化していき、少しでも心からなくなるように意識をしていってください。第四密度に向けての男性性のエネルギーは、あなたには強さをもっているために自分がやろうとしたこと、やるべきこと、しなければならないことに関しては強く行動する力を身につけております。この具現化する力そのものにはとても強いものがあり、これは良い方向で使うことができます。第四密度におけるこの実行力、行動力はあくまでも正しい方向、自分の本来の進むべき方向や宇宙や神が願っている流れ、その流れに合わせることが必要であるために、その流れそのものが何であるか、神や宇宙、自然が考えている方向性は何であるか、これを感じとることが必要になってきます。したがってそういう他の意志、宇宙や自然の意志を感じとってそれに合わせてうまく進めていく、こういう能力が必要になるためにそういう意識をしっかりと育てていき、本来のあるべき方向に正しく進んでいく、こういう男性性を目覚めさせるようにしていってください。

Iさん、あなたのこれまでの男性性のエネルギーにおいて、自分の心の中にある種の優柔不断なところが染み付いております。あまり結果にこだわらない、あまり小さなことにこだわらないという意識が結果的に優柔不断のような心をつくり上げております。男性性のエネルギーの中のいわゆる良くない側面ということもできるために、やはり正しい方向、しなければならないこと、決めなければならないことに関しては正しく判断していく、こういう男性性が要求されていくのです。先ほどのワークで優柔不断にさせているエネルギーをだいぶ修復させていきましたが、心の中、意識の中で優柔不断で構わないという意識があるために、その部分は自分で意識して自分で修正する必要があります。優柔不断ではなく善悪を正しく見極めていく、そこに意識を向けていきしっかりとした判断をできるようにしていってください。第四密度における男性性のエネルギーとして、自分の言動の一つひとつにパワーが備わってきて、言葉のパワー、言葉の力で人や自然、すべてのものを動かしていく、こういう力があなたに入ってきます。言葉にパワーが入り神の力が入ってくると、それを聞いた人や自然界のものたち、いろんな存在たちがその言葉によって動いていく、言葉の通りに動いていく、こういう現象が起こっていくのです。この言葉で具現化し言葉でつくり上げていく、この男性性のパワーをぜひうまく使い、良い現実をつくるためにも言葉のパワーをうまくコントロールできるようにしていってください。

Jさん、あなたの第三密度の男性性のエネルギーは、自分が自分を理解しようとしても自分でもよく分からない、いろんな意味において理解しようとする時に具体的なものや物質的なものに関しては理解できますが、抽象的なものや明確でないもの、言葉で現せないものに関して理解しようとすると、まったく理解が進まないという傾向があります。物質的なもの、明確なものに関しては男性的な意識で割り切る、乗り切るということができますが、抽象的なもの文学的なものや明確でないものに関しては取り扱いがうまくできない、こういう意識になっております。これは男性性のエネルギーのメリハリを明確にする部分がまだ未熟であるために、そこまで意識が働いていない状態になっています。この部分は修復というよりはもっと成長させていく、理解力や判断力をいろんなレベルにまで展開できるように発展させていく、こういう力が要求されていきます。したがって第三密度に関しては自分の判断力やいろいろ見抜く力を非物質的なもの、抽象的なもの、理解しづらいところ、いろんなところに広げていき、それを明確に理解できるようにしていく、このトレーニングをさらに進めていってください。第四密度に向けての男性性は、あなたの意識の中では目標に向かい、うまく進むという意識がつくられております。しかしこれはあなたの世界の中での働きかけであり、現実のあなたの世界そのものに関してはまだ自分をコントロールすることができない状態になっております。決断すること、決めること、行動することが自分の世界すべてに影響を与えるように力強くもっていく、頭で思うだけではなく、自分をつくり出している自分の世界、自分の世界のすべてを自分の力でコントロールしていく、こういう強さが第四密度で動いていくのです。そのためにはまず自分が自分の世界すべてをコントロールしている、自分の意志で自分の世界のすべてを動かしていく、これをはっきりと意識し、この力を身につける作業を進めていく必要があるのです。そのためにもそれを意識して頭の中で自分が決めるという意識ではなく、自分の世界のすべてを自分が動かしていく、こういう大きな自分をしっかりと想定して、自分の世界のすべてを自分でコントロールしていく、こうやって第四密度の男性性を活性化させるようにしていってください。

Kさん、あなたの第三密度の男性性のエネルギーは、これまでは自分なりに決め自分なりに判断し、自分なりにやってきたことで自分なりに満足することができました。自分はよくやっている、自分はできる範囲内で頑張ってよくやってきた、こうやって自分の世界で満足している自分の意識があります。ある意味ではこれそのものが第三密度の男性性の意識と言うことができます。結果はどうであれ、成果はどうであれ自分はできるだけのことをやってよくやってきた、こういう自分に満足する心、この第三密度としての自分が明確に存在しているのです。これはこれである意味では自分をただ納得させたり、自分が満足するためだけに使われている意識になっているために、やはりそれ以上先に進むことが難しくなってしまいます。この第三密度の男性性のエネルギーを浄化していき、それに留まらずにさらなる良いものを求めていく、さらなる真理のあるもの、さらなる高い本当のもの、そこに向って常に意識を向けていく、そういう意識になるようにエネルギー的な調整が進められておりました。これが身につくためには毎日これを意識した上でさらに数ヶ月は要求されると思われます。その間自分で意識して自分の満足度を変えていく、この作業を進めていってください。第四密度の男性性に向けては、あなたのこれから流れてくる男性性のエネルギーの一つに、いわゆる天界の思いを感じとる、天界の思いを感じとってそこに向っていく、こういう新しい男性性が入りこんできます。ただこの男性性のエネルギーは先ほどの第三密度の男性性が完全に浄化された後、完全に新しくなった後に入ってくる波動になっているために、まず男性性の波動を取り組んでもらい、それを完全に新しいものに変えるという作業を進めていく必要があります。それを自分でうまくコントロールしてこれまでの男性性を完全に変えて、新しい男性性にシフトしていく、これを意識して行なえるようにしていってください。

Lさん、あなたの第三密度の男性性の力は、これまでの意識の動き方の流れとして、自分が責任をとり自分がやらなければならない、自分が頑張らなければならない、自分がしなければならないという意識が強く入っておりました。それによって自分を奮い立たせ自分が行動に移す、自分が確実に責任をまっとうするという強い意識によって行動がつくられております。これは第三密度の男性性としては良い結果をもたらしていきますが、ただ自分自身がかなり疲れてしまったり、自分が自分の力を弱めてしまう場合も起こったりしていきます。そのためにあまり強く責任をつくり上げたり、自分を厳しく見つめることなしにもう少し喜びや楽しみをもって現実を体験していく、一つひとつを楽しさ面白さという観点で眺めていく、こうやって第三密度の男性性に少し余裕を与えることもやってみてください。第四密度に向けての男性性の流れにおいて、あなたにこれから訪れる男性性のエネルギーに、一度目標を決めたら確実にそこに向かい、決して道に反れない、一度決めたところに確実に進んでいき、間違わないという男性性が流れてきます。この男性性のエネルギーはあなたにとても強い力を与え、それによって自分の能力が一つひとつ身につき開花することができます。これまであなたの中で眠っていたさまざまな能力が第四密度の男性性の力によって一つひとつ目覚めていく可能性がたくさん残されているのです。したがって自分を高めていく、自分を磨いていく、そういう意識が動いた時確実にそこに向ってトレーニングしていく、こうやって新しい男性性の能力をうまく目覚めさせ、自分自身の能力を高めるようにしていってください。

Mさん、あなたの第三密度の男性性のエネルギーに、一度自分がたたかれると弱くなってしまう、一度嫌な目にあうとずっと落ち込んでしまう、こういう弱さが染み付いております。これもある意味では男性性のネガティブな側面であり、いわゆる成功した時は喜びを感じますが、うまくいかない時は挫折感で自分を苦しめてしまう、こういう男性性が動いているのです。この部分の修復を行なっていきましたが、まだ根強いところで残っているために自分で意識して挫折してもうまくいかなくても自分でしっかり立ち直って元気を取り戻し、大きな心で前に進んでいく、これを確実に実行できるようにしておいてください。第四密度に向けての男性性のエネルギーに、自分自身が困難や難しいところ、できないところにぶつかった時にそれをすぐに諦めたり、誰かの力を借りるのではなく、それを徹底的に追求し解決策を見出す課程において、直観的に方向が見えてくる、やるべきこと、しなければならないことが見えてきて、そこで解決が早く進んでいく、こういう男性性の力がこれから入ってきます。これを身につけることによって自分が何かに意識を向け、やるべきこと、しなければならないことが感じられた時に、とりあえずそこに向かって努力していく、困難やできないことに一杯ぶつかった時に、そこで諦めたり投げ出すのではなく、そこに取り組んでいくうちに直観的に答えが分かってくる、感覚的にやるべきことが分かってくる、そうやって困難を克服してうまく先に進めるようになっていく、これがあなたの男性性になるのです。したがってこれを使いこなすためにも諦めない、投げ出さない、とにかく挑戦し続けていく、こういう心をもち続けて直観を引き出せるようにトレーニングを進めていってください。

Nさん、あなたのこれまでの男性性のエネルギーにおいて、自分が取り組んできて身につけてきたもの、自分なりに役に立ったもの、いろんなものが一つひとつ染み付いており、それはそれで良いエネルギーにもなっていますが、あるいはそれが良くない影響も与えたりするところがあります。いろんなものを身につけたことによってそれが自分の中で衝突したり、噛み合わなかったり矛盾があった時に、自分でその使い方ややり方、エネルギーの動かし方が分からなくなってしまう、それで結局進めなくなってしまう、良いもの素晴らしいものを手にしながらもうまく使えず前に進めない状態になってしまう、こうやって第三密度の男性性のエネルギーがお互いに干渉し合ってうまく使えないという状態がつくられておりました。先ほどの浄化において、少しずつ洗練されたものへと取り戻しておりますが、やはり頭の中で執着しているもの、意識しているもの、これに関してはエネルギーではなく意識の問題であるために、自分が意識のレベルで変えていく必要があります。何が有効で何は有効でないのか、何と何を合わせるとうまくいかないのか、意識のレベルでコントロールしていき、うまくいくものを正しく使っていく、こうやって自分のエネルギーをうまくコントロールできるようにしていってください。第四密度に向けてのエネルギーの流れは、あなたの男性性の新しいエネルギーは、本来の天なるもの、神なるものから授かった能力をそのまま使って正しい方向にだけ使っていく、こういう波動が入ってきております。元々あなたの中にもっている新しいサイクルにおける男性性、それは神なる力、天なる力から授かったもの、それを正しく使ってひたすらその方向に向かって使っていく、これがあなたに与えられたものになります。この神なる力、天なる力はあなた自身が自分で見つけ使えるようにしていくものですが、ほとんどのものはあなたの意識の中にすでに入っているために、それほど難しいわけではありません。自分の意識をしっかりと見ていき、新しく使えるようになるもの、新しく使える能力、それを一つひとつ感じていき、確実にこれは自分が使える、これは自分が使わなければならない、そういったものを確実に感じたならばそれを本当に使えるようにトレーニングしていく、そうすると本当にそれが使えるようになっていき、その力を正しく使うこと、人のために世のために正しく使っていく、これがあなたの第四密度における男性性の力になります。

Oさん、あなたの第三密度の男性性は、自分の心の中にどうしても許せない、そのままでは許せない、うまくさせないという意識が染み付いていて、何か嫌な目にあったり、不愉快なことがあるとそこにずっと執着して留まってしまう波動があります。いわゆるうまくできないこと、前に進めないことを何かのせいにしてしまう、こういう意識であり、これが男性性としての前に進む力を止めてしまいます。この部分のエネルギーの浄化は先ほど行なっていきましたが、まだ残っているところがかなりあるために、自分で意識してコントロールして数ヶ月かけて浄化していく必要があるでしょう。この第三密度のエネルギーを浄化した上で新しく動き出す第四密度の男性性は、自分が本当にやるべきこと、しなければならないこと、決めなければならないこと、そういったものに対して直観的に本当に方向性が分かってくる、直観的に理解できる、こういう力が第四密度の男性性に入っております。したがって第四密度の男性性がうまく動き出していくと、方向性ややるべき目標、ゴールにおいてこれまで分からなかったことが感覚的に分かるようになっていく、方向性を見つけ出し、そこにひたすら進むということができるようになっていく、これがあなたの男性性のエネルギーになります。これをうまく使わすためにはこれがうまく働く意識が必要となるために、直観で仮に方向性が入ってきたとしてもあなたの意識がそれをしっかりと男性性の意識として使いこなすことによって発揮されていき、いくらそれを感じても優柔不断な意識や結局は誰かのせいにしてしまう意識のままでいると、この男性性のエネルギーはうまく働かなくなってしまいます。したがって新しい男性性の意識が方向性やゴールをあなたに与えた時に、それをしっかりと自分で理解し受けとり、そこに向かっていくという意識の強さ、これをしっかりと身につけて男性性を自分の力でうまくコントロールできるようにもっていってください。

Pさん、あなたの第三密度の男性性のエネルギーに、ある意味では男性的な強さ、いろんな面において負けたくない、あるいは勝ちたい、こういう力が常に心の中で動いているために、負けるということに対して強く反応してしまう部分があります。これについての浄化を行なってきましたが、まだ意識の中で残っているところがあるために、どうしても意識が勝手に動き出してしまいます。心でエネルギーをかなり浄化を進めたので、後は意識のレベルでコントロールしていく、勝ち負けにこだわらず誰か相手を許し優先させていく、こういう意識を育てていき、自分をもっと穏やかな意識に戻すようにしてみてください。第四密度に向けての男性性の波動としては、本来この第三密度の男性性をうまくコントロールできた後、あなたに入ってくる第四密度の男性性は、この男性性としてはとても素晴らしい優雅さや柔軟性、いわゆる高い目標や高度なところまで行く意識を身につけながらも、それを美しく現実化させていく、人よりもすごいことや高いレベル、素晴らしいことでもそれを美しい形で、見ていても芸術的なやり方で解決していく、こういう能力があなたの中に入ってきます。そうすると男性的なただ早いとか、強いとかいう意識ではなく、それを美しさ素晴らしいものとして感じさせていく、こういう次のサイクルの男性性が動いていくのです。それを実現するためにも強いとか早いとか一番という意識にこだわらずに、むしろただ素晴らしいやり方、良いやり方、美しいやり方を身につけていく、そうやって第四密度の男性性がうまく発揮できるような意識をつくり上げていってください。

Qさんの第三密度における男性性のエネルギーは、自分が否定されたり無視された時に強く反応する男性性のエネルギーがあります。無視されるということに強い反応があるのは、いわゆる男性性の中の自分が中心、自分で進めていくという力の反転したものであり、それによって無視される、認められないというところに強く反応してしまう部分があるのです。このエネルギーの浄化を行なっていきましたが、まだ心の深いレベルでこのエネルギーが残っており、無視される、否定されるというところに反応してしまうところがあります。したがって自分でそれを意識しながらだんだんその思いを浄化していく、感じないようにしていく、相手を許していく、そうやって自分自身が無視されたり否定されても大きな心で維持できるようにしてください。第四密度に向けての男性性のエネルギーで、自分の方向性、天や神に向かっての方向性がどういう方向に向かっても確実に神や天に達する、いろんな情報やいろんな人々の意見によって道を変えたり曲がったり、いっけん戻ったように見えても実際には確実に神や天の方向に向かっている、そうやってどのような状況に入っても、最終的には必ず進むべき道が神や天の方向であること、こういう男性性のエネルギーが入ってきました。このエネルギーをうまく使うことによって自分は焦らず、意識したりしなくても自分のやりたいこと、楽しいことをただ進めていくだけで結果的に確実に神や天の方向に進んでいく、こういう男性性の力を使いこなせるようになっていきます。これが自分のものになっていくと、いちいちどれが神の方向かどれが天の方向か、そういったことを意識したり考えたりしなくても結果的に自分の進んでいる方向が神の方向、天の方向になっていくのです。これを身につけ自分のものにするためには、まず誰のせいにもせずただ楽しんでいる、一切を受け入れ現実を受け入れ、すべてを自分のものとして楽しんでいく、これが完全にでき上がると結果的に自分の進むべき道がすべて天につながる流れに入っていきます。こうやって新しい男性性のエネルギーをうまく現実の中で動かせるようにしていってください。

それではここまでにいたします、ありがとうございました。


centsun.gif

  Ascension Report



Arghartan Messages
CentralSun  ~2010