20170204 of Central Sun Ascension Report

/白龍/龍神は本来、神ではない/人間も神といえる/創造の力をもつものは神/人間と龍神が協力して創造する/第四密度では富を分配させる意識/心に見合った分の富が与えられている/動物植物にもっとつながること/自然界の心につながって心を豊かにする/心の深いレベルが現実化する/他人を下に見ないこと/

2017/2/4 特別ワーク:白龍で豊かさを

このメッセージのいいねポイントは

心の器が現象化している




①自然界とつながって大きな心にすること

白龍としてやってきました。人間世界において白龍と名乗れる場が与えられ喜びとしております。人間の意識で白龍というのがいわゆる白い龍、白いドラゴンとして認識されているでしょう。しかし私たちの世界においてはまったく異なる意味をもっております。

まず日本人にとって龍、ドラゴンはある意味では龍神、神の一つの化身、現れという風に認識されております。古代においては神をそのように認識した時期があるために、日本人にとって龍というのが神の姿と信じられておりました。しかし龍、あるいはドラゴンと呼ばれているものは皆さん方の神とは認識しておりません。

太古の時代においてそのように思われた時期がありましたが、神という立場ではなく、この自然世界の守り神、自然世界の統括者、自然世界の調和を保つもの、そういう意味において神のような存在ということができます。しかしこの自然世界を統括している存在と、皆さん方人間という存在は必ずしも神と人間という関係ではなく、皆さん方自身もある意味では神のような存在になります。

いわゆる創造、クリエーションの力をもっており、皆さん方の思っていること、考えていることが皆さん方自身の人生をつくり、社会をつくり、地球文明をつくり上げていきます。しかし自然界のものたちはそういう力はもっておらず、いわゆる龍神たちの意識、龍神たちの思いを自然界を通して具現化していることになります。

人間はそういう意味においてクリエーションの力を強くもっており、今のこの社会、この地球の姿、これは皆さん方人間がつくり出した産物と言えます。自然世界は龍神が担当しているといっても人間と龍神が協力し合い、お互いに調整をとっていればもっと素晴らしい地球の姿になっていたでしょう。

しかし人間と龍神の関係が分かれてしまい、調整をとることができなくなり、人間は人間で龍神は龍神でこの地球をつくる流れに入っていきました。今人間の意識から見て人間の社会、人間の文明、すべてを人間がクリエーションを行なっております。人間のつくり出したこの地球の姿、これが今後どのように発展し、広がり、さらなる地球を変えていくか、そこに大きな大きな目が向けられております。

したがって龍神と人間は神と人間という関係ではなく、お互いに協力し合ってこの地球を進化させていく、地球の文明を発展させ、調和を保ち、素晴らしい地球文明をつくり上げていく、そういう仲間という方が本来正しいといえるでしょう。ただ人間自身の個別意識があまりにも強く、一人ひとりの個別意識の分裂によって人間の文明も分裂を起こし、人間社会が分断された社会になっております。

これはすべて人間の文明がつくり上げたものであり、人間の意識がつくり上げたものということができます。この分断された人間の意識、分離された人間の意識が今後どのように変化し、どのようにして第四密度へと向っていくのか、それが皆さん方にとってのテーマになっていきます。

第三密度から第四密度の流れに向うにおいて、今のこの時期はとても大事な時期になっております。いわゆる富や豊かさ、この分野においてもとても大きなものがここに隠されております。第三密度の意識において、富を手にするものと富が手に入らないもの、少しずつ分かれていき分断されていき、富を手にするものと富が手に入らないもの、はっきりと分かれる状態になっております。

第三密度の意識では富を手にした人が成功者、合格者であり、富を手にできなかった人が落第、そのように認識されている場合がたくさんあります。皆さん方はいろんな学びを進めているために、そうではないということが心のレベルで理解されております。富があるからといって成功者ではなく、富がないからといって敗者でもない。成功か成功でないかは自分自身の心で判断することであり、一見物質的に恵まれないように見えてもその人が満足し、心豊かな人生を送っていれば十分に豊かな心ということができます。

いくら富を欲し物質的なものを手にしたとしても、常に何かの不足感、満足できない心があり、もっと手に入れたい、もっと自分のものにしたい、こういう意識をもっている人はさらなる貧しい心の持ち主ということができます。もっともっとという心が社会をどんどん富と富のないものとに分けていき、富でないものをつくり出していきます。

第四密度の流れに向う際には、このもっと、もっとという意識が完全になくなること、もっと手にしたい、もっと欲しいという心が完全になくなる、これが第四密度における最低条件になります。他の人よりも多く手にしたい、自分の知っている周りの人よりも多く手にしたい、こういう意識は第三密度の意識であり、第四密度の世界に入ることはできません。

自分がもっているものをさらに他の人とお互いに分け合う、皆で分配し合い、皆で共有し合う、この意識が第四密度につながる富の意識になっていきます。自分のものではなく皆のもの、皆で共有し、皆で分かち合い、心が皆とつながっている、この意識が第四密度に向う意識であり、この意識によって自分自身の第四密度に向っての意識がうまく育っていきます。

富や豊かさを手にしたい、貧しい生活ではなく、富のある生活をしたい、そのように皆さん方は思っているかもしれません。一人ひとりの富の器が与えられており、自分は自分に見合った富が自分の周りに現象化されていきます。自分の心をよく感じてみて、自分はどれだけの富が自分に見合っているか、自分の心を感じてみて、どういう富があれば自分は満足できるか、どの程度自分を手にしたら自分は満足できるか、この深いレベルでの心の在り方、どれだけあると十分、とれだけ手にしていると十分という、その心のレベル、これが一人ひとりの富の器をつくり上げていきます。

富の器の大きな人はいつでもどこでも常に皆のことを考え、皆が豊かになること、皆が一つになって協力し合う、そういう社会を常に感じております。この富のエネルギー、自分がもっている心の広さ、こういったものを確立するために、自分自身の富をしっかりと理解し、見つけ、富のエネルギーを使っていく必要があります。

自分の心をよく観察してみて、日常の生活で自分はどの程度、金銭、あるいは富のエネルギーに影響を受けているか、金銭がないと不安と感じたり、不安にならないためにある程度の蓄えをしておきたい、このように金銭で物事を考えていくと、いろんな面においてすべて金銭で考え、金銭で価値観をいろいろとつくり上げていく、こういう意識の人はどうしても金銭という尺度から抜け出せることができず、常に金銭のエネルギーに巻き込まれた生き方をすることになります。金銭のエネルギーに影響を受けない、金銭のエネルギーとは直接関与しない、そういう意識で自分自身の人生を良いものへとつくり変えていくことになります。


ゆっくりと深呼吸をしていきながら宇宙からのエネルギーを身体全体で感じてもらいます。宇宙から白い繊細なエネルギー、細やかな白いエネルギーが降りてきて、自分の頭に限らず身体全体に細かい粒子状のエネルギーで体の中に入ってくる、自分の身体と一つになっていく、こういう感覚を感じていってください。

この白い細かい粒子状のエネルギーが自分の体と一体化していき、自分の体の内側も内臓も骨もすべて白いエネルギーで一つになっていきます。白い龍がゆっくりと呼吸をしていきます。この白い龍の呼吸を白いエネルギーを通して感じてみてください。白い龍が行なっている呼吸を自分の身体全体で感じていき、龍の呼吸を感じながら自分も呼吸を一緒にしていきます。

ゆっくりと呼吸を続けながら自分の体の中で染み付いていた豊かさを阻むエネルギー、私は価値がないとか、豊かでなくて結構とか、豊かになれないとか、あらゆる豊かさに対しての否定的なエネルギーを呼吸で吐き出していきます。白い龍からのエネルギーを吸い込みながら、豊かさに反するエネルギーを口からゆっくり吐き出していく、豊かさに反するエネルギーを吐き出していきながら、自分がだんだん豊かさに目覚めていく、豊かなものを手にして大丈夫なのだ、自分は豊かになれるのだ、豊かになる必要がある、いろんなものを思い出し感じていってください。

本当は豊かになる人生と豊かにならない人生、両方が用意されておりました。ただ自分は豊かにならない人生をわざと選択し、この人生を歩んできました。豊かにならない人生はもうここで終わりにします。口から吐き出していき豊かにならない人生はここで終わる、自分は豊かな人生を生きる、人を豊かにし、社会を豊かにし、皆が豊かになると自分も豊かになっていく、この豊かな人生を取り戻していきます。自分は豊かになる価値がある、心から信じてください。

身体の細胞一つひとつがすべて白い龍のエネルギーとつながっていき、自分自身が豊かな人生をつくり上げていく、自分が豊かさをつくり上げていく、これを強く感じていきます。呼吸するたびに染み付いていた貧しい心が口から出ていき、一息ごとに豊かなエネルギーが入ってきます。

皆さん方は第四密度の世界に向かい、第四密度の豊かさを体験する流れに入っていきます。第四密度の豊かさ、他の人をいかに豊かにできるか、人間界だけではなく自然界においても多くの動植物たちをいかに豊かにもっていくことができるか、動物、植物たちの心を感じとれるようにしてください。

動物、植物たちの心を感じ、彼らの心を豊かにしていく、龍となった皆さん方は動物、植物の心を感ずることができます。植物の心を感じてみてください。


桜です。日本の人々にはいつも良い心をいただき、喜びを感じております。春と共に日本の人々からの暖かいさわやかな心が感じられてきて、桜の花の一輪、一輪が喜びをもって咲こうとしております。桜の花を観賞するたびに暖かい喜びをもった心になっていき、それは桜にとっても良い感覚になります。

この桜を見て喜びを感ずる心、これをぜひ人間同士でも動かしていってください。桜を見た時にほっとする喜びや自然な感覚、これをいわゆる苦手な人、嫌いな人に感じていってください。自分の苦手な人や嫌いな人の心に桜を見た時の喜び、うれしさ、それを感じ、その人を桜のように愛していってください。


人間の心が荒んでいくのは、こういう植物や動物たちの心を感ずることができず、人間の心だけで人間関係をつくろうとするからです。いろんな植物や自然界の存在一つひとつの心につながり、それで苦しんでいる人や悲しんでいる人の心にこれらの優しい心や、暖かい心を送り届けてください。

皆さんが自然界とつながり、自然界の良い心を人間の心にもってくるだけで人間関係はもっともっと改善されていくのです。人間が植物や動物とのつながりを絶った時から人間だけで心を動かし合い、そして対立し合い、否定的な思いで辛さを感じております。人間からただ愛してもらうことを考えるのではなく、動物植物の心にもつながり、他のいろんな人々に良い心のエネルギーを流していく、こうやって自分が良き人間の心を自由に動かせるようにしていってください。

日本人の心は動物、植物に限らず、季節感、いろんな天気や自然現象、そういったもの一つひとつにも心を感ずることができます。満月や新月といった現象、お正月や春分、そういう季節ごとに感ずる心、実は日本人はいろんなところに心を感ずることができます。これはこの地球にある多くの人間たちと比べてもとてもユニークな特殊な人間ということができます。

さらに龍神とのつながりを強くすれば、こういった自然界のさまざまなところに心を感ずることができます。白龍とつながりながら自然界のいろんなところで心を感じていく、川の流れ、せせらぎ、鳥の鳴き声、自然界のさまざまなところに美しさ、大きな心、いろんなものを感じとることができます。

この心を豊かにする、心を豊かにするというのは自分一人の心で満たすのではなく、さまざまな心を感ずる、相手の人の心を感ずるだけではなく、自然界や自然現象、動物植物、偶然の一致、いろんなところに心を感ずる、この多くの心を感ずることが心の豊かさになるのです。

心が豊かになってくると、皆さん方の願っていること、これを実現させようとしていろんな精霊たちが動き出していきます。自然界と心をつなげていくと皆さん方の望んでいることを実現させようとして、妖精や精霊たちが動き回っていくのです。これが皆さん方の物質的な富、豊かさとなって現象化されていくのです。

皆さん方が第四密度という世界に進んでいくために、この心を豊かにする、それはさまざまな動植物や自然界、いろんなものの心とつながり、自分の心が大きな心になっていく、そうすることによって自分が本当に望んでいるもの、それは自然界にとって人間界にとって必要なもの、豊かになるもの、そういったものを願った時、それを実現させようとして精霊たち、龍神たちが動き回っていくのです。

この富の現実化をぜひ理解していってください。今感じているこの龍や自然界、さまざまな心のエネルギー、これをすべてこの絵の中に入れていき、常に自分の心の現れとしておいてください。この絵を見るたびに心を大きくして自然界につながる、他の人を豊かにさせようとする、そういう心が常に動く、思い出されるようにしてください。特に現実化したいこと、自分が願っていることがあれば純粋な心で、それを頭の中で唱えたり、口に出したり、念じたりいろいろしてみて、自然の精霊たちに分かるようにしてみてください。

豊かさを現実化させるためには一切の不安や恐れを出さないでください。すべての現実を受け入れる、現実は自分の心をそのまま現したもの、もし現実が望んだ現実と違っていると感じたならば、自分の心にこの現実化させる力があることを素直に受け入れた上で、さらに心を改め、自分が本当に望んでいる方向へ向うように心を入れ替えていく、こうやって現実をまず受け入れていく、現実を変えたければ心を変えていく、これをしっかりと行なえるようにしておいてください。

心の深いレベルでその人の計画通りに現実が現れてきます。心を大きくしてすべて受け入れる心になっていけば豊かな現実が早く実現しやすくなっていきます。自然界とつながる、龍神とつながり自然界とつながり、精霊がしっかりと現実をつくってくれる、これを心から受け入れていってください。

白龍です。豊かな人生を進む流れにおいて、気をつけなければならないポイントとして、他の人を決して下に見ないでください。他の人を下に見た途端に自分の豊かさが変えていくと思ってください。常に他の人を敬い、感謝し、他の人をもっと豊かにさせようとする、こういう気持ちが動くようにしておいてください。

どのような状況にあっても、決して他の人を下に見ないこと、すべての人の心をしっかりと感じ、もしその人の心を見て貧しいと思ったら、自分が貧しい心でその人とつながったと思ってください。その人を貧しく感じたのではなく、自分の中にある貧しい心でその人とつながった、自分に貧しい心がある限り貧しいと思わせる人が現れてきます。

その人のせいではなく、自分の心に貧しい心があること、それを理解しながら常に謙虚に、そして人をしっかりと優しく愛していく、この心を忘れないようにしていってください。では休憩をとります。



Aさん、あなたの豊かさのエネルギーにおいて、第四密度の豊かさの世界に入るために、自分が日ごろ気になっているもの、心の豊かさを阻むような捉われや心に襲い掛かってくるもの、これがある意味では一つのテーマになってきます。わざと自分を何か不安にかき立ててくる、落ち着かせないようにしてくる、常に捉われが起こるようにさせてくる、そういうことによって心に余裕がないように感じさせたり、自分の思い通りにいかないかのように思わせていきます。しかしこれらはすべて幻であること、現実の現象ではなく、そう思わせてあなたの心で現実化させないように仕組んでいるネガティブなもの、わざとそれを感じさせているのです。したがって自分で何か心にひっかかるもの、自分が喜んで前に進ませないようにしているのは本当のエネルギーではなく、単なる一つの惑わし、あるいは錯覚として思わせておき、わざと自分がそれに負けないようにしっかりと喜びをもって前に進ませるようにさせる現象として仕組まれているものです。したがって何か自分の日常の心において憂鬱感や不安や心配を装うエネルギーが来た時、それは本当は何の意味もないこと、そこに意識を向けるのではなくそういったものに捉われず、ただ喜びの世界へ、光ある世界のことだけを信じそこにひたすら向っていく、これができた時あなたに第四密度の豊かさのエネルギーが充満していき、信ずるもの、願っているものがそのままストレートに現実化されるようになります。すべてそれを阻んでいるのが一瞬一瞬浮かび上がってくる不安や恐れ、心配、こういったものが現実化を阻んでいるのです。そういう幻に捉われず、すぐに無視してひたすら良い意識でクリエーションを続けていく、こうやって第四密度の世界を自分でつくり上げていけるようにしていってください。


Bさん、あなたの現実の周りに多種多様の精霊たちが一緒に動いております。これらの精霊はあなたの現実化に関してはあまり力を注いではおりません。なぜならばあなた自身が特にそれを求めていない心の状態だからです。何とかなる、普通にやっていて問題がない、そういう心であるために、あえて特別な現実をつくろうとせず、特に豊かにもっていく必要もないと感じ、あなたの流れをただそのまま感じている状態になります。あなたが本当に心から何かを願い、純粋に良い思いでそれを信じていると、精霊たちはそれに向けて動き出すことができます。もちろんそういう時は何か大きなもの、本当に必要だと思っているもの、そういう現実がなければならないと思っているもの、そういうものを心から信じ、それが本当に現実がする必要がある、そういう確信を心でもってみてください。そうすればそれを感じた精霊たちがそれに向けて動き出していきます。ただあまりそれを心の深いレベルで期待していない、望んでいない、そういう意識があれば精霊はあまり動くことはなく、あなたの人間の力だけで現実化させるようにもっていきます。そういう意味において本当に必要だと思う現象、本当に望んでいる現象がある時は、心の深いレベルで真剣に信ずる、願う、そうやって精霊たちと一緒に現実化させることを行なってみてください。


Cさん、あなたの現実の流れにおいて、精霊たちがあなたの周りで活動を行なっております。ただこの精霊たちはある意味ではただあなたの周りで動いているだけであり、あなたに何かしようとか、特別なことをしようという意識はそれほど強くはありません。あなた自身が期待していない、望んでいないという意識から精霊もそのように行なっております。あなたがもっと自分の周りの精霊を信じ、本当にそこに意識を向け願ったり、何かしてあげるという意識が強くなってくると、これらの精霊たちは動けるようになっていきます。まだそういう意識が強くないために、精霊はただあなたの周りにいるだけでただ毎日を過ごしております。見えなくても分からなくても話しかけたり、何かを望んだりするアクションが必要となります。本当に親密な感じで本当に願っていることを口に出してみる、本当に望んでいることを相談してみる、こういうアクションが必要となります。これまでずっとあなたの周りで付いていてもほとんどアクションがないために、精霊たちもただ周りにいる状態になっております。自分一人で考えるのではなく、一緒になって相談してみる、話し合ってみる、そうやって精霊とうまく交流できるようになっていくと、現実は少しずつ変わっていきます。第四密度の世界に向うためにもその一つの練習としてまず精霊とつながり、一緒になって動いていく、この感覚をぜひ味わえるようにしていってください。


Dさん、あなたの第四密度への豊かさにおいて、心の中に何か釈然としないもの、何か自分の心においてすっきりとしないものが常に動いております。学びを一つするにおいても何かひっかかる、何か釈然としない、こういう思いが付きまとっていて、自分が勉強する場合でも仕事する場合でも100パーセントそこに入りきれない、こういう心が動いております。自分の心をしっかりと分析し、自分の心は本当はどうなっているのか、何かをする時何かをしたいという心、あるいはそれを阻む心やそこに乗り切れない心、いろんなものをしっかりと見ていってください。自分の心の中に本当の心とそうでない心、どういう心があるのか、これを見つけていき、深い心のレベルで何か自分にとって否定的なもの、何かをやっていてもそれが良いかどうか分からないといっている心、何かを学んでいても、こんなもの役に立つのか、常に何か反発する心が深いところにあります。この心が常に変なところで足を引っ張り、前に進めなくさせたり、また現実をおかしくさせたりしているのです。この深いところにある自分の心、これをしっかりと自分で見つけていき、その正体をあばく必要があります。肝心なところで肝心なことをさせないようにしたり、大事なところでふん切りをつかせないようにしたり、いろいろ邪魔している心です。これによって結果的に行動すべきことを行動しない方向へ誘ったり、必要なことを無視されるように誘ったりしている心があるのです。自分の心の中でこの深いレベルで抵抗している心、この心としっかりと向き合うことが必要になります。この心があると肝心なものが手に入らない、豊かさを願ってもどこかで否定する、自分が大きなものを手にできるチャンスがあってもこの心が足を引っ張る、こうやって肝心の豊かさが手に入らないように常に騙しているのです。肝心な時に迷ったり、考えが変わったり、急に心が変わったりしている張本人がこの心なのです。これからはこの心に騙されず、どのような干渉や妨害、気の迷い、ささやきがあっても無視する、耳を傾けない、自分と思わない、そうやって徹底的に戦い、そこにつながらないようにする必要があります。あなたにとって第四密度に入るかどうかはこの心との戦いになります。この深い心に騙され、負けた時は第三密度の心に落ちてしまいます。これに負けずに見つけながらも負けずに強く本当の進むべき道を進んでいく、これができれば第四密度の心につながり、また豊かさも自分の心に戻ってくることになります。ささやいているこの深いレベルの心に騙されず、本当の豊かさを手にして、自分はもっと豊かで大丈夫、自分が豊かになり他の人を豊かに指せる、これを幻想と思わず、妄想と思わず真実として受け入れていく、こうやって大きな大きな心を身につけていってください。


Eさん、あなたの心にさわやかな精霊が入っております。このさわやかな精霊はあなたに少しでも元気になり、喜びを感じ、あなたが常に明るい心を身につけさせようとしてあなたの心の中で頑張っております。しかしあなたの考え方としてネガティブにネガティブに考えてしまう傾向が強く、一度良くないことがあるとどんどん良くないことを考えてしまう、うまくいかないとうまくいかないことだけのエネルギーで染まってしまう、こうやって自分で自分を苦しめてしまう心をつくり上げております。この心の在り方を完全に変える必要があります。どんなものでも喜び、楽しさを感じて受け入れていく、すべての現象に感謝と喜び、まず自分でこういう喜びの心をつくることができないと、他の人を幸せにすることもできず、喜びを与えることもできません。他の人から喜びをもらうおうとしてはいけません。自分の中で喜びをつくり、これを他の人に与えていく、こうやって幸せや喜びは広がっていくのです。まず自分の心の中に喜びをつくり出し、これを持続させる、これが最低限の心であり、これが本当にずっと持続できる、これをどんどん広げることができる、それによってあなたは第四密度の世界に進んでいくのです。したがって自分の心をしっかりと明るく元気にできない限りは第四密度の世界はなかなか目の前から入ることができなくなってしまいます。常に心を明るく元気にして近くにいる人すべてを明るくさせる、自分の方から明るく元気にさせていく、こういう心を身につけ豊かさを自分からつくり出し、周りの人を豊かにさせる、こうやって第四密度の流れに入るようにしていってください。


Fさん、あなたの周りに多くの精霊たちがいていつもあなたの周りで活動を行なっております。ただあなたの周りにいるこの精霊たちは、あなたを守るというよりは別の意味であなたの周りで活動しております。いわゆるこれらの精霊たちはあなたの人生の流れにおいて、あなたの人生そのものを守っております。あなたの人生の流れがある中であなたは自分の意識とは異なる世界の体験を望む傾向が強く、本来の自分の流れを感じていても、なぜかわざと別の流れを選んでしまう、分かっていても別の選択をしてしまう、こういうことが頻繁に行なわれているために、本来の自分の人生の流れとは異なる選択肢を何度もとっており、それによってあなたの人生の流れが少しずつ変化を起こしております。そのために大きな人生のずれが起こらないように精霊たちが周りで守っており、あなたが別の選択肢をとったとしても、何とか人生の流れとして大きな問題が起こらないように調整をとっているのです。しかしそのために本来の人生の流れとは異なる現実を体験することも頻繁にあるために、それが致命的にならないように、いわゆる仮の現実をつくる、あるいはそのように思わせるという現実をつくって本来の現実の流れから大きくずれないように調整が行なっております。あなたがこのような現実を体験しているのは、あなた自身が自分の本当の心で自分の人生の選択を本当の自分の心で選んでいるかどうか、あなたは本当の自分の人生を自分で進んでいるかどうか、これが大きな鍵になっております。あなたの選択の一つひとつがどこから出てきているか、本当の自分の心で選んでいるかどうか、これによって人生の方向性が変わったり、変化したり、戻ったり、いろんな現象を起こしております。あなたが本当に求めているものが何であるのか、自分が本当に願っているもの、具現化したいものが何であるか、これを自分ではっきりと理解しない限り、あなたの人生はあなたのものではなくなってしまいます。自分の願っているもの、本心から願っているものが何であるか、そこにつながった時人生を取り戻し、精霊たちはあなたの本当の思いを具現化させるように活動することになります。今はあなたがそれを見えていないために結局はどのような選択であろうとも何とか人生の流れにうまく合うように精霊たちが調整が行なっているのです。自分の人生は本当はどうなのか、何をしたいのか、何を望んでいるのか、自分の本当の心をしっかりと見つけ、つながり、人生を取り戻すようにすると本当の豊かさがあなたに蘇ってきて、もっと楽にいろんなものが手に入り、いろんなものが具現化できるようになっていきます。頭で考えるのではなく、心でしっかりと理解し心で歩んでいく、この生き方を取り戻していってください。


Gさん、あなたの人生の流れにおいて、今あなたはとても大事な瞬間のところに入ってきております。いわゆる第四密度の世界に向け今大きな大きな調整が進んでおります。今日の白龍のエネルギーはあなたにしっかりとつながり、あなたに大きな心の豊かさを与えていきます。あなたがそれを素直に受け入れ、本当に一人ひとりの心を感じとろうとする、周りの人が何を求めているか、何を望んでいるか、それを感じとろうとすると、精霊たちがあなたにそれを伝え、周りの人の望んでいるもの、願っているものが何かをあなたに伝えていきます。あなたがそれを感じとり他の人の幸せのために動き回っていくと、本当にあなたのエネルギーは白龍と一つになっていき、第四密度の世界に確実に進んでいくのです。周りの人の願っていること、考えていることを感じとろうとする、感じたらそれを具現化させようとする、そういう意識をしっかりともち続け、周りの人のために具体的な活動を行なっていく、こうやって第四密度の世界へと進んでいってください。


Hさん、あなたの心と精霊たち、白龍とのつながりを見ていき、あなたの心がいわゆる高いレベルで振動し、豊かさも十分に手に入るような状態になっていることが見られております。精霊たちの中に特に豊かさに関する精霊が存在しており、あなたの心が本当に良い時はこの精霊はとても良く動き回っております。そのために恐らくものすごく苦労するとか、辛いとかいう現実はよほどのことがない限り体験することはないでしょう。いろんなものに恵まれている、特にいろんな人々に支えられている、いろんな人のお陰で生かされている、常にこういう心をもっている限り、この精霊は正しくあなたに富を届け、あなたもその恩恵を預かることができます。いろんな人々、いろんな人に常に感謝を感じ、生かされている喜びを感じていく、そうすることによって順調に順調に心が育っていき、第四密度へと向っていくのです。ただ自分自身の中に時々いわゆる怠け心、あまり成長しなくても、そこのままにしておくという心が時々襲ってきて、それによって自分自身が怠惰を体験したりする場合があります。その時にいかに自分でコントロールし、自分でさらなる成長、もっと自分をコントロールし高いレベルへと心を上げていく、秩序へ向かい、より高い意識へと上がっていく、こういう心を常に取り戻し思い出し、自分を高めていく、これができれば確実に第四密度の流れへと進むことができるでしょう。


Iさん、あなたの心の状態を見ていくと、心のさまざまなポイントにあなたの心を監視している精霊たちが見られております。あなたの心を監視しているというのは、ある意味ではあなたの心が明るく元気な時は精霊たちも喜びをもって心の中で遊んでおります。しかし心の中に何らかのわだかまりや不快感、違和感があるとこの精霊たちは急に固まってしまい、動けなくなってしまい別のエネルギーで心が支配されてしまい、まったく良い意識が動かなくなってしまいます。そうするとあなた自身もつい余計なことを言ってしまったり、感情が表に出てしまったりする現象が動いていきます。その瞬間がどのように訪れ、どうやって自分で取り戻していくか、それをしっかりとチェックしていくために、精霊たちが少しでも元に戻せるように、意識を戻せるようにと働きかけているのです。したがって自分の心に何らかのわだかまりや違和感、不愉快という現象が起きた時、心が不愉快という状態だけではなく、精霊たちが苦しんでいること、精霊たちがネガティブなエネルギーにやられていること、これをすぐに思い出してください。精霊たちは救うために良い心にすぐに戻っていく、良い心に切り替え精霊たちを元気にさせる、そのように働きかけてください。そうすることによって精霊たちもすぐに良い光を取り戻し、元の良い状態へと心が動けるようになります。感情がいろいろ動いたとしても心を常に清らかに元気にさせておくと、結果的にそのエネルギーによって感情が癒され、自分が良い心の状態に戻り正しい判断を行なうこともできるようになっていきます。まず心を良い心にすることによって感情や考えを取り戻していく、このやり方を身につけていき、常に心の浄化で乗り切る、良い心にして良い感情、良い思考を取り戻す、そのために精霊たちが心の中で頑張っている、これを理解して常に良い心が動くようにしておけば、第四密度という世界を確実に手に入れることができるようになります。


Jさん、あなたの心の状態において、いわゆる豊かさというエネルギーの動きが自分の深いレベルで本当に自分は豊かな心なのか、自分の本当の心は豊かさを望んでいるかどうか、それをしっかりと感じてみてください。表向きは豊かになりたい、もっと大きな広い心で豊かな心にしたい、そう思っていても深いところで何かそれを受け入れられない、自分はもっと小さい心、こういう意識が動いております。大きな心で豊かな心で過ごそうとしても、深いレベルでどこかで自分はまだまだだめという意識が残っているのです。この部分があなたにとっての大きなテーマになり、これが第四密度に向う豊かさの大きなポイントになっていきます。自分の心を正直にすべて見ていき、深いレベルで自分の本当の心を動かしているものが何なのか、日常の言動で自分を動かしている本当の心は何なのか、そうすると深いレベルにある自分の心が意外と主導権をとっているのです。自分に価値がない、大きなものを手にする力がない、周りを動かす力がない、いろんな意味で主導権をとっているのが深いレベルにある自分の心なのです。しかしこの心はあなたの本当の心ではありません。いつの間にかあなたが身につけてしまったうその心になります。これまでの長い人生の中でいつの間にか自分はこう、自分はこうと自分に言い聞かせ、それによって強い心として自分でつくり上げた心なのです。この自分でつくり上げた自分の心をもう今から手放していく必要があります。自分の中でずっと居座っているこの心、できない、価値がない、小さくて良い、この心はうその心であり、自分ではないこと、いつの間にか自分でつくり上げ自分だと思い込んでしまった別の心、これをはっきりと理解してそれを自分から切り離していきます。本当の自分の心は自分を幸せにする力をもっている、何でもできる大きな心、周りの人を明るく元気にさせる大きな心、これが本当の自分の心であり、自分は意外な力をもっている、自分はしたいことすべてをすることができる、この大きな力をもっているのが本当の自分の心です。そこにつながると周りのいろんな精霊たちもそれによって動き回り、あなたの本当に望むことを現実化させようとして動いていきます。この本当のあなたの心、大きくて力がありどんどん自分から動こうとしている本当の自分にだけ意識を向け、それによって精霊たちも動き回り現実がどんどん良くなっていく、この流れをはっきりとつくり上げた時、あなたは確実に第四密度の流れへと進んでいくことになるでしょう。


Kさん、あなたの豊かさの心として、あなたの周りにいる精霊たちは常にあなたの心を楽しみ、心と一緒になって動いております。ただあなたの心の中に開放的でとても良い心の状態と、なぜか自分の世界にはまってしまい、そこから抜け出せなくなってしまう状態のいろんな変化が行なわれております。心が大きくて快活な時は精霊たちも喜びをもって動き回っておりますが、自分に対してネガティブな意識が動いてきた時、精霊たちもだんだん動きが鈍くなってしまい、周りに近づかなくなってしまいます。したがって自分を豊かにさせるためには、まず大きな心で明るく元気にしていると精霊たちがすぐ近くで動き回り、自分の思っている通り、考えた通りに現実化をつくるように動いていきます。したがって自分は常にいつも良い心の状態で、すべてがうまく進んでいる、大きな心で豊かな心ですべてを受け入れていく、そうすることによって精霊たちも確実に動くことができ、現実をうまく導いてくるのです。この現実を導く流れにおいて、人の心をもって深く感ずることができるようにしてみてください。今は人の心の表面的なもので留まってしまい、表面で分かった感じ、表面だけで良いという感覚があり、相手の深いレベルの心にまで入っていかない状況があります。そうすると相手の本当の気持ちが分からなかったり、心を勘違いして受け取ってしまうことが多くなってしまい、それによって人間関係がうまく進まず、逆に苦手になったり、話しても合わないという状態になってしまいます。表面的な心で接するのではなく、相手の心の深いところを感じてみる、自分も相手に合わせた表面的な心ではなく、深いレベルで本心とつながってみる、そうするとだんだん相手の本当の心が分かるようになっていき、自分も本当の心で接することができ、そうすることによって良い人間関係が進んでいきます。いろんな人と深いレベルで人間関係をつくり上げていくと、それによっていろんな富や豊かさが動き回っていきます。いわゆるあなたにとっては表面的な人間関係ではなく、深いレベルでの人間のつながりが豊かさをもたらし、相手のいろんな豊かさを精霊たちが見つけて、あなたが使えるようにもってくるのです。深い人間関係に意識を向け、豊かさを自分で動かせるようにする、そうやっていろんな人々との関係をつくり上げてみてください。


Lさん、あなたの豊かさの心において、今のあなたの豊かさのレベルは、いわゆる自分自身の身の周りや自分の世界の中での豊かさになっており、これをさらなる豊かさに広げていくためには、価値観そのものを根本から変えていく必要があります。まだ自分の世界が本当に自分の個人の世界になっており、自分と他人、他の人と自分というかかわりのエネルギーがかなり強く動き回っております。この意識のままだといわゆるビジネス的な意識の状態になってしまい、本当の豊かさ、富がすべてビジネス的な感覚の取引になってしまいます。自分も周りの人も同じ自分の意識として感ずることができ、自分が豊かになれば周りの人も豊かになる、周りの人の豊かさが自分の豊かさにつながってくる、このような豊かさの意識が必要であり、取引ではなく大きな心での一体感、自分と他人は同じ意識のつながり、いろんな意味での意識の変化が必要であり、そうすることによってあなたの豊かさが変化していき、また自分自身のこれからの心の在り方、生き方も根本から変わることになります。こうやって心の在り方、豊かさの心、こういったものを新しく身につけ、つくり上げ、そういう人生を普通に進むことができると、第四密度の流れにうまく入ることができるでしょう。


Mさん、あなたの心の在り方において、あなたにとっての富、豊かさは確かにあなた個人のものだけではなく、もう少し大きなレベルでの豊かさや富のエネルギーにつながっております。少しでも他の人が豊かになるように、他の人が恵まれるように何かできないか、できることはないかを常に感じとろうとする意識が動いております。あなたの周りにいる精霊たちもその情報をあなたにもたらそうとしており、あなたの意識に合わせ、どこに富のエネルギーを流していくか、どういう人々が幸せになると良いのか、いろんなことをあなたにもたらしております。あなたはそういったものを精霊から受け取りながら、どのようにして人々を豊かにさせていくか、どういうワークをして人々が豊かになっていくか、いろんなことを考えながら自分が他の人にできること、自分の力でできることを探そうとしております。第四密度に向けての豊かさにおいて、あなたの豊かさは第四密度へと着実に向っておりますが、さらなる良い第四密度の心につながるために、自分にとって本当にその人のためにした方が良いと思うもの、その人が豊かになり、その人が良い心の状態にあるために、ぜひ自分がしなければならないこと、した方が良いことを感じた時に、本当にすぐに具現化できる力、すぐに行動できる力、これを確実に身につけていくとあなたはかなり早いレベルで第四密度の豊かさを手にすることができます。ただ第四密度の豊かさというのは、あくまでも第四密度の世界において具現化されるものであり、それは望んでいなくてもいつの間にか手に入る、願ったことが本当に現実化してくる、すべてがうまくいく、そういった感覚で現実が豊かにつくられていき、現実そのものをすべて豊かなものとして受け入れることができる、すべての現実が豊かさの反映として感じられてくる、こういう感覚になるのが第四密度の豊かさになります。そこに向け意識レベルを少しずつトレーニングして引き上げていくようにしてみてください。


Nさんの心の豊かさ、富のエネルギーにおいて、あなたの今の心は多くの人々を何とか幸せになってもらいたい、多くの人々が良い心になって成長してもらいたい、こういう気持ちを常にもっており、それによって多くの人々が少しでも幸せな流れに入れるように精霊たちが活動を行なっていきます。自分が願っていること、望んでいることがあれば常に精霊たちがそれに合わせて動き回っていき、その人が幸せになるように、うまくいくように働きかけていくのです。こうやって良いエネルギー、良い意識があれば常に精霊が動き回っていきますが、自分がそこまで意識が動いていない時は精霊もすぐには動かなかったり、動けない場合があり、あなたの心の状態によって精霊たちも動きが変わっていきます。ただ本当にその人が明るく元気になり、良い幸せな人生に進んでもらいたい、そう思った時は精霊が本当に多くの種類たちで動き回り現実化させようとして動いていくのです。第四密度の豊かさを手にする場合、いろんな人々がたとえ一見他人のように見えても本当は自分とつながっていること、一人ひとりの豊かさも自分とつながっており、自分の豊かさ、一人ひとりの豊かさがすべて共通のものであること、同じ豊かさが感じ方によってただ違っているように見えてくること、これがいずれ本当に分かるようになっていきます。個別の人間がいたとしても豊かさがつながっており、誰がいつどの時点でどの豊かさを使うのか、自分はどの豊かさを感じていてこれからどういう豊かさを感ずるのか、いろんなものが豊かさというエネルギーの関係で分かるようになっていきます。あなたはその能力をすでに手にしており、いろんな人々の豊かさと自分との関係、あるいはどうやって豊かさが目覚め動き出し、その人の人生を変えていくか、いろんなものが感じられるようになっていきます。したがってこれから人を見る時、表面的に心を感じたり、流れを感ずるだけではなく、豊かさという観点で自分とのつながりや一人ひとりの流れを読み取っていく、そうすることによって豊かさの流れ、人生の流れ、動き、そういったものも確実に見えることができるようになっていきます。そうすればその豊かさを具現化させるために、どういう人生をどのようにもっていくか、どういう人生を選択すると豊かさから離れていくか、そういうことも見えるようになっていき、いろんな良いアドバイスができるようになります。ぜひこの豊かさとうまくつながりながら、人々に対して良いアドバイスができるようになっていく、そうやって確実に第四密度の世界に入っていきながら、さらなるアドバイスを行なえるようにしていってください。


それではここまでにいたします、ありがとうございました。












centsun.gif

  Ascension Report



Arghartan Messages
CentralSun  ~2010